統失には勝てなかった愛。全てを受け入れて結婚したら離婚理由になるか?

テレフォン人生相談 2021年12月24日 金曜日

DVとかならいざしらず、
中年の域の夫婦に両家の親ともに干渉しすぎ。

というのは大前提としてあるのだけど、
とりあえず横に置く。

 

あちらのご両親のエゴが半端ない。

15年前「治るから」
15年後「治るから」

背筋が寒い。

捨てられる娘不憫さ?
違うね。
扶養義務は配偶者にあるが、離婚すれば親。

 

坂井眞 「夫婦関係が破綻してると言える状況なんだろうか?その辺の具体的な話が出て来ないので・・」


14年別居っていう、これ以上の具体的な破綻状況なんてあるかしら。

 

坂井眞「今そこまで先走って考える必要ないんじゃないですか?」

テレ人に相談した動機とも言える質問に答えないのはいかがなものか。

本人以外が離婚届に署名なんてことが許されないのは言うまでもないけど、そんなのは建前。

結局は離婚することになるのなら、金銭的にも、時間的にも、代筆が最も全員の負担が少ない。
あちらの両親さえ合理的に判断してくれさえすれば文句を言う人は誰もいない。

一転、調停にしろ、訴訟にしろ、裁判所を介すとなると面倒至極。

本人に判断能力がないとなればまず成年後見人を立てないといけない。
普通なら配偶者が有力候補だけど、当たり前だが離婚を希望する夫がなれるハズもなく。

親が後見人に就いて訴訟代理人となるか、もしくは弁護士が後見人も兼ねるか。
もっとも、弁護士に依頼するのなら後見人を立てる必要もないかも。
ここらへんはケース・バイ・ケース。

 

類似案件。
今日よりはもう少し詳しく回答する坂井弁護士。

離婚やむなし?措置入院となった産後うつの嫁を実家と嫁ぎ先で押し付け合う

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女64歳 夫は8年前に他界 44歳の娘と二人暮らし 長男41歳 別居中の嫁41歳

今日の一言: 攻撃性は弱さに偽装されます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい
最初に年齢教えてください。

相談者:
64歳です。

加藤諦三:
64歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
主人は亡くなりました。

加藤諦三:
何年前ですか?

相談者:
8年・・前

加藤諦三:
8年前・・そうすっと・・8年間お1人で暮らしてたんですか?

相談者:
娘と2人だけ、の暮らしです。

加藤諦三:
はい、そうですか、お嬢さん何歳ですか?

相談者:
44です。

加藤諦三:
44、はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
長男のことで、と、お聞きしたいんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男は結婚してるんですけど・・

加藤諦三:
長男は、何歳ですか?

相談者:
長男は41です。

加藤諦三:
40?

相談者:
41

加藤諦三:
1?はい

相談者:
はい
で、あの、15年前ぐらい前に結婚したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのとき、から、もう、あの、お嫁さんが統合失調症で?

加藤諦三:
・・統合失調症ということを

相談者:

加藤諦三:
知って結婚をしたということですか?

相談者:
そうですねえ・・
結婚したての頃は、わたしも、あの、その、嫁さんと・・ちょこっと会った、り、してたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんとに、15年間の間にわたしが、嫁と顔を合わせたのが2、3回ぐらい?

加藤諦三:
うん

相談者:
あとは症状が、あの、酷くて、顔も合わせられない状態で・・
で、

加藤諦三:
つまり症状が酷くてえ、

相談者:
あはい

加藤諦三:
顔を合わせられないというこ、と、は(わ)あ・・病院に入院してたわけではないの?

相談者:
あ、入退院もしてたあ・・んですね。

加藤諦三:
あ、入退院をしていた?

相談者:
も、してた・・

加藤諦三:
で、あなたが・・2、3回、会、ったというのは、病院の、中ですか?それとも・・

相談者:
いえいえ。嫁さんは実家にずっと帰ってるんで・・

加藤諦三:
ずっと帰ってるということは、

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してるけれども、

相談者:
いうけどお、一緒にあの、暮らしたのはほんとに、総合して1年もなかったような状態?、うん

加藤諦三:
つまり、結婚して、しばらく一緒にいたけれども、すぐに、別々に暮らし始めたということですね?

相談者:
そうですね、あの、息子も、あの、転勤の多い、会社、なもので、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと転勤が多かったせいか、一緒については行かれなく、て・・

加藤諦三:
はい
ちょっと、統合失調症の症状が・・どの程度重いのかあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
それとも軽いのかよく分かりませんけれども。
・・あの・・

相談者:
最初、わたしが会ったときは、

加藤諦三:
ええ

相談者:
今の娘さんにしては素直で良さそうな子じゃない?っていう感じの・・だったんですね。

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
そういう印象でした。

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで、何年かしてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あちらの・・ご両親と顔合わせしたときに、

加藤諦三:
うん

相談者:
病名・・を・・知らされたんですね。

加藤諦三:
で、さっきの話だと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
統合失調症ということが分かって結婚したという・・

相談者:
あ・・息子は分かってた・・と思うんですね

加藤諦三:
あ、あなたは分かってなかった?

相談者:
わたしは知らなかった。

加藤諦三:
ということは当然これは、恋愛結婚ですよね?

相談者:
あ、恋愛・・です。はい

加藤諦三:
それで、あなたが統合失調症だということを知ったのは、誰から聞いたんですか?

相談者:
結婚する前、なんか親との顔合わせ?、のときに、

加藤諦三:
うん

相談者:
あちらから、言って来たんですよ。
でも、あの、「病院も行ってるし、治るから、大丈夫だから」っていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
結婚したんですね。

加藤諦三:
・・それで、そのあと、あな、たの息子さんとあなたとの間の話し合いで何か、このことがテーマになることはなかったんですか?

相談者:
それを言うと、あのお、息子がちょっと嫌な顔するし、あんまり、ん、で、転勤も多いからわたしもあんまり息子とも会う機会もなく、

加藤諦三:
うん

相談者:
忙しいから電話もあまりしないしっていう感じで、

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・たまに、聞いてもね?
「うん、大丈夫じゃない?」みたい、な、感じで?

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう話題は出なかったですね、息子と・・

加藤諦三:
ほいで、先ほどあなたは8年前にご主人が亡くなられたということですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
このときはご主人はまだ・・元気でしたん・・

相談者:
&#△%、て、一緒に・・顔合わせもしたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
主人もやっぱり、なん「なんでなあ?、あんな、病気の人と」あの・・「結婚しなくてもな?」とかって言ってね。

加藤諦三:
◆#

相談者:
ちょっとお・・反対は反対だったんです。わたしもあの、主人もね。

加藤諦三:
そいで・・今の状態はどうなんですか?

相談者:
嫁さんの実家のほうで・・ずっと・・

加藤諦三:
あ、実家のほうにずっといるう?

相談者:
嫁さんだけがね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、息子は1人で、あの、暮らしてます。

加藤諦三:
で、実家にいるお嫁さんは何歳ですか?

相談者:
あ、同い年の41

加藤諦三:
同じ、41歳

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、あなたから見て、

相談者:
はい

加藤諦三:
実家のご両親は、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうように感・・

相談者:
あの・・お母さんは、穏やか人で、

加藤諦三:
うん

相談者:
息子が、1週間くらい前にあの、「もう別れたい、んだけど」って言ったらあ、
「あと1年ぐらい待ってくれれば、治るから」って言ったそうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、お母さんからお父さんのほうに言ったかどうか分かんないんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
お父さんのほう、が、ちょっとたぶん、怒り出して、「ダメだ」なんて言うんじゃないかな、と思うん、てるんですけど・・

加藤諦三:
それで・・ご本人はどうなんですか?この・・お嫁さんご本人は。

相談者:
んん、わたしはね、会ってないから分かんないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうことが分かってるかどうか?
主人のお葬式にも来られなかったんですね。

加藤諦三:
あ・・じゃあ・・離婚したいと、

相談者:
うん

加藤諦三:
息子さんは言ってるけれども、

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
奥さんのほうは・・自分の夫が離婚したいと、思っているということが、分かってるか分かってないかも、分からないということですね?

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
そいで今日のあなたの相談というのはどういうことですか?

相談者:
病気だって分かってて、結婚した場合、

加藤諦三:
うん

相談者:
離婚できない、ような、のを、何かで見たのか聞いたのか、そんな・・あれがあったんですけど・・

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
そうなんでしょうか?

加藤諦三:
あ・・こういう状態の中で息子が、

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚したいと言ってるけれども息子は離婚できるかどうか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「統失には勝てなかった愛。全てを受け入れて結婚したら離婚理由になるか?」への11件のフィードバック

  1. 相談者が途中でなぜ泣いたのかわからなかったんですが、そういうことだったんですか。
    攻撃性が弱さに偽装される。
    自分を含め周りにそんな人いないので、いまいちピンときませんが…。

    1. 心配していたこととはいえ、『奇跡体験!アンビリバボー』でよく出る、障がい者の結婚の「感動のアンビリバボー」ようにはいきませんよねえ。
      統合失調症、かつて精神分裂病と言われましたが、治療するの、本当に大変なんですよねえ。周りのサポート、これが一番ネックになりますから。
      ギャンブル、共産党と並ぶ、日本の3大アレルギーの1つが精神科系疾患アレルギーですが、厄介者視されてしまうというのが正直なところです。
      病院も含めてですが、しっかりサポートできる環境にないと、治療するのは大変です。離婚ですが、子供がいないようなので、壁は薄くて低いか?

  2. 統合失調症の人が身近にいないので大変さが想像するしかないけれど
    分かってて結婚したのは息子さんだし、離婚するかしないか決めるのも息子さんたちだと思う。
    息子可愛さ余ってと言うけれど親が離婚を勧めたり
    相談の途中で泣き出したり
    このお母さんご本人も似た傾向があるのではないかと感じた。
    最初からお嫁さんのことが嫌いだったのだろうな。

  3. 統合失調症の娘を「治るから大丈夫」と言って結婚させ、15年後に相手側から離婚を切り出されたら「あと1年待ってくれたら治る」と言って引き留める親御さんにびっくり。
    どっちにしろずっと親元にいるなら離婚に反対する理由も無い気がしますが……。
    息子の人生とはいえ、『もっと早く離婚してれば違うチャンスがあったかも』『今頃孫の1人や2人いたかも』と思ったら、隠れた攻撃性が芽生えてしまうのも無理ないかもしれない。

  4. 統失は治らない。できて小康状態に保つくらいで。当人は人生の大部分を夢現の中で過ごす、なんてザラ。相談者の怒りも当然だろう。息子の人生まで振り回されたのだから。実家の返品禁止な態度が黒幕とも言えるが、かと言って引き取っても8050問題が見えてくる。入院させるにしても、近年は入院させない風潮が強い。統失娘を嫁家と実家で押し付け合うという、何とも救いの無い相談。相談者視点限定に見据えれば、離婚一択ではあるが。

  5. 息子さん、統合失調症の彼女と15年の結婚生活は大変だったと思います。症状悪化で入院歴もあり、転勤が多いとはいえ一緒に暮らせないなんて。
    統合失調症は完治が難しいです。彼女の親がここまで引き留めるのは、息子ささんからの生活費のためではと疑ってしまいます。
    相談者さんの攻撃性かも知れませんが、息子の状態を見て離婚勧めるのは当然だと思います。

  6. 息子さんが別の女性を好きになったとか、
    病気の奥様が犯罪に近い迷惑行動をしたとかじゃないと、
    息子さん本人に離婚のへのエネルギーが沸いて
    こないだろうからね
    相談者さんの気持ちよくわかるな

  7. これ、どこまで本当かいな

    大迫先生に「18才の少女の相談みたい」と失笑された
    彼女でしょ
    話をダラダラ急に変にややこしくさせたり、わざとらしい。
    電話魔だから話せればどうでもいいんでしょ

    お父さんが反対したらどうしたらいい??
    死んでないの?向こうの?設定ざっつ!!

    これ、息子は実は「元旦那」じゃないのww??
    ブハハ!より戻したいんでしょ

    最近は統失も怪しい診断多いみたいだし、うそばっかり

      1. 12月30日am911の匿名氏こそ、統失なんだろう。でなきゃ、いないはずの大迫先生の声が聴こえたり、関係無いはずの別相談を繋げて「相談者こそが統失娘」という結論に至らん。本相談の相談者はエキサイトこそしているが、それなりに文章は構成されている。モノホンの統失には無理。

  8. 相談者さん可哀想です。せっかく
    テレ人相談に電話したのに
    加藤先生も坂井弁護士冷たすぎ。
    病気の嫁を捨てたいという相談とは
    ちょっと違うのに。だって結婚生活完全に破綻しているよ。息子さんは一生この『嫁さん』の面倒を見なければ
      (あえて嫁さんという言い方を
      強調される相談者さんの心情が痛
      いほどよくわかる)
    いけないの?
    おかしいよ!
    ふとラジオ聞いていて思い出した
    映画がある。
    ヒッチコック監督の『レベッカ』
    男性は嫁さんの兄に騙されて
    病気(心)の娘と結婚してしまった。
    結婚はただ病気の娘の治療費
    を出すためだった。
    無駄に年取って若い女性を愛し始めた事に感づいた嫁さんは嫉妬で自ら放火して大きな屋敷を全壊させて世を去った。昔の映画そのものの同じような
    話が今現在もある事実にゾッとする。
    色々大変だけど地元の弁護士さんなど良い専門家を見つけられ円満に解決できる事を祈ります。
    嫁さん側は莫大な慰謝料を請求するでしょうね。
    結婚生活全く成り立っていないのに❗
    こんなのあり❓❗
    嫁さんの両親は自分達で娘が困らないようにお金を残してあげて下さい。
    金づるの婿殿を騙し騙し縛り続けていてとても人間と思えない。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。