笑い袋の正体。簡単には壊れない柔らかな鎧。脱共依存に体からのシグナル

テレフォン人生相談 2022年3月21日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女65歳 35年前に離婚して現在35歳の息子と2人暮らし 息子が18歳までは母と3人で暮らしていた。

今日の一言: 許されない感情に従って生きたときに、人は自分を自分が軽蔑するようになります。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です

相談者:
よろしくお願いします

加藤諦三:
最初に年齢教えてください

相談者:
65歳です

加藤諦三:
65歳
結婚してます?

相談者:
35年ぐらい前に(苦笑)離婚しました、はい

加藤諦三:
あ、そうすると、35年間は、お一人ですか?、それともお子さんと一緒だった・・

相談者:
あ、はい、あの、長男だけなんですけど、わたしと息子と2人です

加藤諦三:
で、今長男の方何歳ですか?

相談者:
もう、35です

加藤諦三:
35歳
で、今、一緒に住んでるわけ・・

相談者:
はい、◆#$%

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
実の母の、ことなんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが、30歳で、離婚、したんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのとき、あの、ま、乳飲み子の子どもを連れてきたんです

加藤諦三:
はい
それが35歳になってる◆#$%、はい

相談者:
そうです、そうです。
そして、行くとこが(苦笑)ないので

加藤諦三:
ええ

相談者:
母の家に、帰ったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そんとき、も、父は死んでしまっていたんです。

加藤諦三:
ああ、そうですか、はい

相談者:
ですから、母とわたしと息子と3人暮らしに、なりました

加藤諦三:
はい
はい

相談者:
で、離婚は殺人と同じだ、みたいに、随分そのときも、すごく怒られたんですけれども

加藤諦三:
あなたのお母さんから怒られたの?

相談者:
そうです、だから正座させられて、「離婚と殺人は、わたし同じだと思っているから、どんなにはずかしいか分かるか?」みたいな、お説教はありました、すごい

加藤諦三:
はい

相談者:
だけどここの家でお世話になるんだから、

加藤諦三:
はい

相談者:
母がそういうふうに思っている以上は、そういうふうに考えなきゃいけないんだな(苦笑)とは思いました。

加藤諦三:
はい

相談者:
だけど心の中でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
殺人と離婚(苦笑)◆#$%□本当は思っていました。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしはすぐ仕事を探して

加藤諦三:
はい

相談者:
お仕事に就けました。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、あのお、ま、一応、5年間ぐらいは順調に、働けたんですけどお

加藤諦三:
はい

相談者:
35で、わたくしが、躁うつ病に、なりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで、その、ウツの間に、その、何も出来ないですよね?、たとえば洗濯とか掃除とか

加藤諦三:
それは出来ないですね。

相談者:
できない・・それを、やっぱ、すごく母としては不満で、「もういなくていい!」とか、「もう、こんなだったらどうだ」とかって、ガンガン、ガンガン言われました。

加藤諦三:
おそらく小さい頃から、あなた、責められてたんじゃないの?

相談者:
◆#$%そうです。
母、怒るの好きなんです(笑)

加藤諦三:
いや、怒るの好きというよりも、あなたを、責めないでは生きて行かれない、かったんじゃないのかな?

相談者:
んー、なんかよくわかんないけど、いっぱい怒られおりました(笑)

加藤諦三:
それで?、今日の相談というのはどういうことですか?

相談者:
あ、そいでえ、息子が18のときに、もう、これじゃダメと思って家を出たんです、2人で。

加藤諦三:
だけど、2人で出るってことは、

相談者:
はい

加藤諦三:
2人で生活を立てていかなきゃいけないですね。

相談者:
でも、マンションとかも自分であの、貯金で買えましたし、仕事もしてたので大丈夫でした。

加藤諦三:
マンション買うだけの、

相談者:
ええ

加藤諦三:
貯金あったということは、この間に、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ウツとはいいながら、

相談者:
ええ

加藤諦三:
働いて、あなた、貯金が出来てたわけね?

相談者:
そうです、ずうーっと働いてました。
そしたら、ま、具合悪くても、母に怒られる心配も全然ないから

加藤諦三:
はい

相談者:
随分楽になりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、去年母が、ガンで手術をしたんです、すごい大きな。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたらやっぱりカラダが弱って、その、元気はもう歩けたりはするんですけど、些細なことを気に入らなく、なっちゃったあ、んですよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そいで、またあ、すべての気に入らないことを、全部あたしに言うんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そしたら、こんなにひどいことを言われるんだったら、もう、会うのはやめようって思ったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで、一年でも、2年でも会わないって決めたらあ、カラダの調子が悪くなってきちゃったんですよね。

加藤諦三:
カラダの調子が悪いってのは具体的に言うと、どう

相談者:
あ、胃腸、とかですね。特に

加藤諦三:
胃腸ですか

相談者:
はい

加藤諦三:
はい
それに対してどうするか?ということです・・

相談者:
ええ、だけど母とのことは、どうやったらいいんだろうか?と・・はい

加藤諦三:
はい、今日はスタジオに心についてのエッセイストとして、おなじみの

相談者:
はい

加藤諦三:
マドモアゼル愛先生がいらしてるので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
あ、お願いします

(回答者に交代)

「笑い袋の正体。簡単には壊れない柔らかな鎧。脱共依存に体からのシグナル」への9件のフィードバック

  1. 相談者さん、
    理解出来な〜いんじゃない?

    う〜ん・・・みたいな感じね

  2. シングルマザーで頑張ったと思いますが、シニアの仕事で新しい出逢いを作ろうか?
    介護や仕事に相当時間が行っていたと思うので、何とか自分の時間も作って欲しい!

    1. 体調不良と親子の確執の相談に「仕事で出逢い」を勧めるのおかしいでしょう。

  3. 「離婚と殺人はわたし同じと思っているから……。」
    ってすごい思考だな。
    心身共に傷ついて帰ってきたのに、
    こんなんネチネチ怒られたらソッコー縁切るわ。
    相談者さんには、さっさと新しい人生を生きてもらいたいです。

  4. この相談者さんに限らず
    変なとこで笑ったり不思議な癖のある人は多いけれど
    みんな鎧だったのかと思ったら納得。
    軽めの鎧なら大人は皆装備しているもんだとは言え
    ふさわしくないところでは脱げる人になりたいなと
    思いました。

  5. テレ人にも妙にケラケラ笑う相談者多いよね。笑って誤魔化す人生の人。女性に多いわね。この相談者は驚くほど自分見つめのしてこなかった人なのね。一見楽天家ぽくても、それでも鬱になるんだね。憶えとこう。

  6. 毒母だと思うのだけど。
    憎しみは墓場まで持っていくつもりだったって。
    相談で聞いて欲しかっただけだったのかな?
    お互い高齢になり、今のままなんとか穏やかにやっていけたら
    いいのかな…とも思いました。

  7. https://telephone-soudan.com/20210825-tamaoki-ai/
    ↑「鎧」と聞いて、上の相談に寄せられたコメントを思い出す。

    「(相談者の)長男、家に居座って我が儘放題だな。普通の大人はみんな無理して鎧兜を着て、やりたくない仕事を我慢してやってるというのに。(略)」

    鎧を着て頑張ってるつもりなのは当人だけ。世間の目には歪んだ人間にしか見えない。相談者の母親もこのように歪んでいたのかもしれない。「離婚せずに頑張った。私は娘よりマシ」という自負を最期まで持って墓場へ行った。これはこれで幸せかもしれない。相談者から見れば堪ったものではないが。

  8. 過去に正義マンの相談者を非難してたけど
    あなたたちこそ正義マンだね

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。