「親という字は‥」かけ離れてた自分。戸建て男ヤモメの息子との3食に何思う

テレフォン人生相談 2022年7月22日 金曜日

冒頭のスムーズなやり取りは二度目だからなのね。

嫁が出て行った頃に相談を寄せたのが4年前。
もろ嫁姑問題だったことがうかがえる。
黄金タッグ相手にイラついてますw

女「だからぁ、そうじゃなくてぇ」、怒らせて、そしてねじ伏せる黄金コンビ

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女73歳 夫75歳 二人暮らし 離婚して一人暮らしの長男46歳 次男44歳と三男41歳は家庭持ち

今日の一言: 本当の理由は内なる障害があるのに外に障害を持ち出す人がいます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、あの・・

加藤諦三:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、はい、&#

加藤諦三:
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
わたしは、70、3です。

加藤諦三:
73

相談者:
主人が75です。

加藤諦三:
75

相談者:
3人男がいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
40・・6

加藤諦三:
はい

相談者:
40、4・・

加藤諦三:
はい

相談者:
40、1かな?

加藤諦三:
はい

相談者:
一応、3人共結婚、し、て、独立しております。

加藤諦三:
そうすっと、今は、ご主人とお2人で暮らしてるわけですね?

相談者:
わたし達は、小さな家(うち)で、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男だけはすぐ脇に、土地がありましたので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ある程度大きな家(うち)を作って、生活し始めたんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚をしましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今は、息子が1人で、

加藤諦三:
はい

相談者:
生活しておりま、す。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま・・ほんとに、幸せ、すぎるぐらいで、こんな、んでいいかしらと思うほどだったんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
彼女、が、結婚してから分かったことなんですけれど。
統合失調症だ・・ていうことが・・まあ、初めからちょっと行動的におかしいな、とは・・思いましたけど、わたしは産後鬱みたいなのかな?っては考えてたんですけどお、彼女も、大学のときとか、お勤めしてるときに・・っぱ、そういう病気で、休んだことがあるんだそうです。

加藤諦三:
恋愛結婚ですか?

相談者:
もちろんそうですねえ、

加藤諦三:
お付き合いをしてるときに、

相談者:
はい

加藤諦三:
相手が、おかしいというふうには思わなかったということですかね?

相談者:
んあー・・、やっぱり、わたしもそれはすごく思うんですけど、
新婚旅行もハワイに行ったんですけど・・

加藤諦三:
はい

相談者:
今・・子どもが、6歳と4歳のがいるんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
ですけど、上のが、まあ・・

加藤諦三:
そ、そいで、ちょ、ちょっと待ってくれ、今日の相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さんと息子さんのお嫁さん・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それとお孫さん、という・・その相談ですか?

相談者:
いえ、今日の相談はわたくしがどういうふうに、息子に・・あ、息子も、もう40代ですから大の大人ですけど、ま、自営え、なもので、食事はあ、全部3回こっちで食べてるもので・・どういうふうに接したらいいか、まあ、ずいぶん、立ち上がって、自分の好きなことを、やったり、ま、お友だちも、多く、山登りとか、ま、ゴルフとか、最近は、できるようになって・・
でま、だんだん立ち上がった&#んですけど、ま、親は・・字のごとく、木の上に立って見るっていう、ので、

加藤諦三:
ちょ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと今日の相談ていうのはあなた、ご自身の、

相談者:
うん

加藤諦三:
問題ではなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの、

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さんについての相談ですか?

相談者:
それも、でも、先生もう、一応離婚したから、もう、それで、解決、したと思ってんですけど・・
そのあと、その弁護士さんは、「2人で、連絡して、面談の日を決めたり、しなさい」って、言ってるんですけれど、一切向こうからは・・お父さまが指揮をとって、彼女は1回も、面談に行っても、1年以上経ってるんですけど1度も、会ってないんですね。
だから、今回問題は、あたしかな?や、あたしが、そのどういうふうに、息子と、接したらいいか・・

加藤諦三:
で、息子は、先ほどのあなたの話だと、もう40代だし・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
山登りもするようになったし、ゴルフもやってる、好きなことをやってると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いう話でしたけれども、それで、どう接していいか分からないということですか?

相談者:
(苦笑)なんか、分かんなくなっちゃ&#△%

加藤諦三:
こ・・いや、つまり、あなたが、何を相談してるのか?っていうのが、はっきり分かんないんですけれど・・

相談者:
あー、はあ、はあ、はあ

加藤諦三:
そうすっと今日の相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
40代の離婚した息子さん、と、どう付き合ったらいいかっていう、そういう相談というふうに考えていいですか?

相談者:
そう、です、ねえ・・やはりい、親ですのでえ・・

加藤諦三:
ん、親ですのでっていうより、その・・何を訊きたいんですか?

相談者:
考えてみると何も問題はないんですけど(苦笑)、なんせ、わたし、あの先生、そういう病気があるのにい、彼女は一切それを言わないでえ・・(吸って)酷い目に遭ったっていうか、それもやっぱりすごい・・

加藤諦三:
あ、要するにこういうことですね?
息子さん・・の「お嫁さんに酷い目に遭ったと、わたしもう、とにかく、面白くないと・・不満だ」と。

相談者:
はい・・

加藤諦三:
「どうしたらいいでしょう」っていう、そういうふうに考えていいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ、今日はあの、心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてんので、話を伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「「親という字は‥」かけ離れてた自分。戸建て男ヤモメの息子との3食に何思う」への23件のフィードバック

  1. 初めから最後まで笑わせていただきました。
    話しながら相談なんだかわかんなくなって(笑)
    犬は吠え出すわ、マド愛さんは切れだすわ(笑)
    どうなるんだろう、と思ってたら、諦三さんが、もつれた頭を
    ほどいてあげて、落ち着いて、ほっとしたなあ
    まだ73歳、よい年の取り方してほしいと思いました。

    1. 「迷走しまくり」、この一点に尽きた感じの放送になっていたのが本心です。理由は夢さんが仰る通りですが、聴いていてちょっと困惑しました。

  2. 聴視者もろともしびれを切らしたタイミングで犬も吠えだした!
    何年も前に離婚した息子夫婦のことを考えてないで
    犬にゴハンあげよ!
    散歩連れて行こう!

    1. 相談者さんは「ごめんなさい犬がいて」とわざわざ仰っていたので、息子さんではないと思いますが?

  3. 自分の気持ちをよくわかっていない相談者。こういう人は頭が整理されていないから余計なことを喋りすぎる。
    新婚旅行はハワイに行ったなどどうでもいいことを言う。
    おそらく冷静にものを考えることのない人生なのではないだろうか。
    おそらくそんな母親を疎ましく思う息子や、一度も話に出てこなかった夫との関係に、不満、不安を抱いて、人に話を聞いてもらいたかっただけでは?

  4. 両先生が話の芯を探るべく懸命に丁寧に質問を投げかけるのに対し、ことごとくピントのズレた的外れの回答を寄越すことに驚愕しました。
    失礼ながら年齢的な要因でコミュニケーションに難が生じつつある面はあるにせよ、元来、諸々の問題に決して向き合わず目を逸らし逃げ回りながら生きてきたのでしょう。だから己の内面を抉り出すような問いに対しては答えたくない、無意識に別の話にすり替える。
    最終的に核心を突かれそうになり「もう何だか分からない」と投げ出す。
    これはガチャ切りするか?と思わせましたが、そこまでの激情も持ち合わせていないところが余計に哀れな感じもしますね。

  5. 息子さん、自分の家族を守れなかった。相談者は、離婚の一因に。

    三食作ったり大きな大人、面倒みるの不満にならなきゃ、問題ない事。
    其を全うしてやりがいを見つければいいだけなのではないかと。
    きっと
    息子からも疎まれてるような感じする。
    何がいけなかったか
    よくよく考えて、分からなかったら周りから聞いて自分のわるかったこと反省して、心持ちをよく直していくこと。
    悩みは自分の心が作り出してるとつくづく思ったところです。

  6. 先生方の質問にまともに答えず、必ず余計な言葉を付け加えて曲がりくねった答えをよこす相談者。
    結局、息子は何年前に別居したのか、孫は今何歳なのか私にはわかりませんでした。
    相手のことを「常識がない」って言う人は、世の中で自分の「常識」だけが常に正しいと思ってる。こういう人本当に苦手です。

  7. 相談者本人が気づいていないだけで、元嫁にそれなりの意地悪をしたんじゃないですか。元嫁の父親にも悪感情があるようですし、何か揉めるような事があったんでしょう。それが離婚に影響していると思えて仕方ない。
    息子が孫に会わせてくれないって事から察するべきなのに、「私は良い姑だった」と言い張るところが問題だ。

  8. いやはや、完全にコントだった
    相談者がいきなり加藤先生を左右に振り回し、マド愛先生には「あんた何言ってんの」と言わんばかりの反応
    途中から犬が返事してて笑ってしまったw

    まあ、息子が相談者を孫に会わせたくない、それがすべての答えだよ
    元妻の病気のことだって納得ずくで結婚してるのに、その長男の決断を内心いちばん認めたくないのは相談者だろう
    嫁の義父を悪しざまに言うのも「傷物をうちの長男坊に押し付けやがって」って気持ちがあるからじゃないのか?
    それがどれほど息子を馬鹿にしてるのか、たぶん相談者はわかってない

    息子も隣に家を建てた以上ローンで動けないし、実家を割り切って食堂代わりに使ってるけど、相談者のことは1ミリも信用してなかろう
    その長男のよそよそしさも含めて、自分が姑に45年我慢した代償がこれでは満足できない、って思いで電話してきたんじゃないかな

    たぶん、解決方法はもうない、というかすべてが手遅れ
    三世代同居で姑として嫁にあれこれいう願望はもう叶わないし、内孫の面倒を見ることもできない
    心の離れた息子であっても、近くにいてくれるだけでもありがたい、と思えるようになるかどうか

  9. この独特な嫌味な話し方、
    2018年3月12日の婆さんじゃないですか?
    「犬は最っ高」って言って大原先生大爆笑してた(笑)その犬が今回いい味出してましたね!確かに最高だわ。
    4年経っても憎しみで頭ん中ぐちゃぐちゃなまんまなんですね。
    こういう年の取り方はしたくないな。

  10. 再登場組と教えてもらって過去回を見させていただきましたが、清々しいぐらいに同一人物で、エピソードも同じ、言ってることやってることの頓珍漢さもそのままで、全くもって前回のアドバイスを聞き入れてないことに大笑いしましたよ。

    孫より犬の方が良い、って発言はこの人を象徴してますね。
    この人に人間は寄り付きませんよ。潜在的に寄せ付けようともしてないでしょう。特に子供は正直ですから露骨に態度に出されてるはずです。
    私も犬と暮らしているので多少分かるつもりですが、犬も文句を言わないだけでこの人のことは大嫌いなんじゃないかな。電話の後ろでの吠え方からしてあまり良い扱いはされてないと感じましたけどね。

  11. 専業主婦を半世紀以上続けているとこう言う婆さんが一丁上がり、になるよ。
    山の手奥様に多いね、そっくりなお婆さん。

  12. 20180312をききました
    やはり自覚ナイ人って変わらないんだと思いました
    もちろん日々精進、他人ミテ反省

    ココの書き込みして、ちょいグチらせてもらってます、、すみません、ありがとうございます

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。