夫と義姉の近さ。愛情じゃないと言われて一寸安心するも、相談者にもキツイ宣告

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちはあ、中川です。

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

中川潤:
加藤先生・・のおっしゃった、ことに、ある意味尽きる、んだろうと思うんだけども、

相談者:
はい

中川潤:
この人愛するってこと知らないですよ。

相談者:
あ、そうなんですか。

中川潤:
そう(苦笑)・・で、お姉さんを愛してるわけでもなんでもないですよ。

相談者:
・・&#

中川潤:
姪御さんを愛してるわけでもなんでもないですよ。

相談者:
・・そうなんですか?

中川潤:
うん、振る舞ってるだけなんだもん。

相談者:
・・

中川潤:
自分を評価してもらいたいだけなんだもん。

相談者:
・・いつもね?

中川潤:
うん

相談者:
「姉ちゃんのこと悪く言うな!」って

中川潤:
うん

相談者:
わたしを怒鳴るんですね?

中川潤:
うん、いや、それは・・姉ちゃんに対する、自分の、評価・・を・・損なう・・ようなことを言われるから。
それに対するリアクションとして言ってるだけですよ。

相談者:
うん

中川潤:
んじゃあ、どうすればいいの?っていう問題がありますよね?

相談者:
そうですね。

中川潤:
そういう意味でさっきほら、加藤先生がね?

相談者:
はい

中川潤:
「幼児のまま、大人になった人なんですよ」っておっしゃったでしょ?

相談者:
はい

中川潤:
そういう、ご主人だっていうことを、認識した上で・・

相談者:
はい

中川潤:
この先、お付き合いをして行かれるかどうか、そこをお考えになったほうがいいと思います。

相談者:
ああ

中川潤:
今、ご不満に思っておられるように、

相談者:
はい

中川潤:
「お姉さんに向けてる愛情をこっちへ」、とか、

相談者:
うん

中川潤:
そういうふな捉え方をして行ったら、いつまで経ってもすれ違いますし、実現、しないことを追求するだけの話です。

相談者:
・・

中川潤:
だから、そういう人ではないのだと・・いうことを、分かった上で、

相談者:
うん

中川潤:
この先も、そういう、方として、暮らして、行けるんであれば、暮らして行かれればいいし、

相談者:
・・

中川潤:
今申し上げた、ようなことが、「それはもう、わたしには耐え難い」と思われるんだったら、さっぱり別れることです。

相談者:
あー・・

中川潤:
そういう問題ですよ?

相談者:
お姉さんに対しての思いみたいな物って、やっぱり、やめられない物&#△%

中川潤:
思いとしてあるんじゃないんです。

相談者:
はい

中川潤:
お姉さんからの評価が大事なんです。

相談者:
あー

中川潤:
あなたはね?「、わたしよりもお姉さんを深く深く愛してるから」と・・思っていらっしゃるようですが、まったくそうではありません。

相談者:
&#△

中川潤:
愛するていうことを、ほんとの意味でご存じないんです。

相談者:
そうなんですか?

中川潤:
ふん。それは断言してもいいです。

相談者:
なんかあたし、昔・・娘が小さいときに夫に訊いたことがあって。

中川潤:
うん

相談者:
「お姉さんの娘と」

中川潤:
うん

相談者:
「わたし達の娘、あなたにとって、どちらが大切ですか?」って訊いたことがあるんです。

中川潤:
うん

相談者:
「選べない」って言われたの。

中川潤:
うん。
だ、そこまで言うほどアホなんです。

相談者:
「選べるわけがないじゃないか」って。

中川潤:
ん、だから分かってないっていうことですよ。自分自身の心の有り様すら。

相談者:
わたしは、それを聞いたときに、

中川潤:
うん

相談者:
「そんなにお姉さんが好きなのか」、と思ったの。

中川潤:
あのね、好きだっていうことじゃないの。

相談者:
違うんで&#

中川潤:
お姉さんからの評価が、とても大事なの。

相談者:
でも、2人だけの・・世界みたいな物が、

中川潤:
うん

相談者:
あるんですよ。

中川潤:
うん

相談者:
いつも、

中川潤:
うん

相談者:
お金送るときに、

中川潤:
うん

相談者:
「2人だけの秘密だ」って夫が言うんです。

中川潤:
うん

相談者:
「ほかのきょうだいには言うなよ」って。

中川潤:
うん

相談者:
で・・それを知ってる、から、

中川潤:
うん

相談者:
お姉さんって、

中川潤:
うん

相談者:
夫に対するそういう甘えを、やめて、くれないんですよ。

中川潤:
うん

相談者:
「夫に借金があるんです」ってわたし伝えても、

中川潤:
うん・・うん

相談者:
それを知ってても・・

中川潤:
うん

相談者:
やめてくれないんですよ。

中川潤:
うん

相談者:
「どうしてお姉さんやめてくれないの?」っていつも思うんだけど、

中川潤:
うん

相談者:
でも、お互いにやめないから、

中川潤:
うん

相談者:
わたしとしては、

中川潤:
うん

相談者:
どうしていいか分からないんですよ。

中川潤:
うん

相談者:
うん

中川潤:
やまらないでしょうねえ。

相談者:
お姉さんはどうして相手がくれてること・・

中川潤:
いやいや2人の関係性がそういう、そういうことになってる。あの・・彼は苦しまないですよ?別に、彼苦しんでるわけじゃないじゃない。

相談者:
苦しんでない!

中川潤:
ないでしょう?、それは彼の快感なんでしょう?

相談者:
そうね。

中川潤:
んだから歪んでんだってば。

相談者:
結局生活は逼迫しちゃってえ、

中川潤:
うーん、そうなんです。

相談者:
それを・・

中川潤:
うん

相談者:
わたしに八つ当たりする?

中川潤:
うーん

相談者:
お金がないことでいつもイライラする?

中川潤:
うーん

相談者:
で、子ども達には何もしてあげられない?

中川潤:
うん

相談者:
でも、その責任は全部わたし?

中川潤:
いや、責任じゃなくて(苦笑)・・ツケですよ。

相談者:
うん

中川潤:
ツケは全部わたしが払わされるってそういうことでしょう?

相談者:
そうそうそうそう

中川潤:
うん、だから、加藤先生がさっき、説明してくだすったじゃないですか。
一番自分が甘えられるところへ・・全部ツケを回してるだけの話なんですよ。

相談者:
・・

中川潤:
だから、ほんとの意味での社会人としての責任を取る、ていうことはできない人なんです。

相談者:
ふうーん・・じゃあ・・先生に伺いますけどお、

中川潤:
うん

相談者:
夫は、

中川潤:
うん

相談者:
子どもへの愛情ってやっぱりないんですか?

中川潤:
ないとは思わないんだけどもお、

相談者:
うん

中川潤:
同じレベルの子どもだと思いますよ?

相談者:
同じレベルの子どもっていうことは?

中川潤:
はい・・こういうふに、見れば分かりいいと思うだけど、あなたにとって娘さん子どもでしょう?

相談者:
はい

中川潤:
ご主人大きな子どもなんです。

相談者:
・・あ

中川潤:
そう思ったほうがいいですよ。

相談者:
・・

中川潤:
甘ったれの長男坊がいて、

相談者:
はい

中川潤:
ほいで娘さんがいるんですよ・・あなたには。

相談者:
はい

中川潤:
パートナーはいないの。

相談者:
あーあ

中川潤:
だから、大事なことはねえ?

相談者:
うん

中川潤:
奥さまね?

相談者:
うん

中川潤:
そういうご主人だと・・

相談者:
うん

中川潤:
いうことを認識された上で、

相談者:
うん

中川潤:
この先どういうお付き合いをされて行くのか?

相談者:
うん

中川潤:
ということをよくよくお考えになったほうがいいと思うんです。

相談者:
あー

中川潤:
さっきみたいに、お姉さんとの関係で、ご主人に「こうして欲しい」って、それを、お考えになっても無い物ねだりが続くだけです。

相談者:
はあ・・

中川潤:
夫婦関係をどうするか?を、根本的にお考えになったほうがいいです。

相談者:
・・

中川潤:
で、分かった上で、大きな子どもの面倒を看ると、奥さんが、決断されるんであれば・・そういう、前提で、暮らして行かれれば、今の、奥さんのストレスも、もう少し、違った方向になります。

相談者:
うーん、はい

中川潤:
加藤先生と代わりますね?

相談者:
はい

中川潤:
はい

(再びパーソナリティ)


「夫と義姉の近さ。愛情じゃないと言われて一寸安心するも、相談者にもキツイ宣告」への12件のフィードバック

  1. 旦那さんも相談者さんも自分を愛する事、出来てなかった。自分を愛する事は、幼い頃の親との関わりで、無償の愛で自然に身に付くもの、なのだそう。
    私自身もなぜ人並みの愛が無いのか。
    そこに無かったのは愛を貰えてない自分の生い立ち。
    二十歳位までに半世を終えてるのが人間の悲しいけど性。

    無意識の領域なのでほぼ気が付けず。
    相談者さん、腹を括って旦那さんに離婚を切りだし、この状態はノーと、おそらく旦那は
    大変な事態に陥る、そこから生まれ変われれば良いけど、大変苦しい状況にもなると思う、相談者さんが幼児の旦那の面倒をみると覚悟するかのどちらかか。

  2. 相談者の夫は寂しい人ですね。
    愛を知らない与えることもできない。
    つまり家庭を築く能力が無い。
    相談者も似たような所があるのでしょう。
    娘も寂しい子供時代を過ごして来たのではないかと想像します。夫の姉も幼児のまま。
    大人が不在な秩序の無い蟻地獄のよう・・。

  3. 旦那さんお姉さんに弱み握られてるんか?
    確かに不可解ではあるけど旦那とお姉がセットで丸抱えできるか出来ないかは相談者さんの一存で決めたらいいと思う。
    ・・・と早々に加藤先生と中川先生の回答が出ていたけれど
    愚痴が止まらなくなって語尾がしり上がりな話し方がヒステリックに感じた。この調子で問い詰められると逆切れしたくなるかもしれない。

  4. 相談者さん、テレ人で
    加藤先生と中川先生に的確なアドバイスを貰えて有難かったですやん

    気付かない、思いもしなかった事を指摘して頂かれたんだから・・・

    ホンマ、勉強になるんだわぁ〜

  5. 弟は姉の中に母親の愛を求めており、姉は弟の中にATMの機能を求めている。💴😝

  6. 家庭を持ったらだんだんと兄弟姉妹なんかどうでもいいと私は思うようになりましたが、相談者の夫のような人もいるんですね。
    自分の子と姪、どちらも選べないってアホですか。
    相談者の夫は、自分が姉から利用されていると思えないで、素晴らしい弟だと思われたいんだなあ。
    相談者は強く生きていってほしい。

  7. どんな親子・きょうだい関係で育ったら、この旦那みたいになるんだろう
    自分の家庭を顧みず姉一家に重課金を続けるって、マルチかカルトだよ
    教祖の歓心を買うことに血道を上げる信者と何が違うんだ

    相談者、「攻撃性がいちばん安全なところに向かう」ことにいまいちピンと来てなかったけど、要は「旦那に完全に舐められてる」ってことよ
    「もっと私たちも愛していただけませんか」って下手に出たって、下に見られるだけじゃないか
    むしろ、相談者が「もう辛抱できません、別れます」って腹をくくって切り出したら、多少態度は変わるかもしれない
    ただ、相談者の求める、心からの家族愛だの思いやりだのは、この旦那には求めるだけ無駄だろう

    とにかく相談者の子供たちが可哀相でならない
    この33歳の娘も働けてるのか、収入はあるのか
    こんな旦那にしがみつこうとする相談者も含めて、周りの大人が揃いも揃って依存心の塊、本当に気の毒な状況だ

  8. 弁護士立てて離婚調停&裁判すれば離婚できそうだけど…駄目だろうなあ…感情的だもの、この人。大迫先生や野島先生曰く「こちらに有利に離婚するにはクールに、頭を使って」😁 そもそも離婚する気も度胸もなさそう。

  9. 相談者さんの話し方、大映ドラマを彷彿とさせます。先生達との掛け合いも妙にテンポが良くて、解説も胸にストンと落ちて、読後感(聴後感と言えばよいのか)スッキリでした。

  10. 気色悪い姉弟!
    2ちゃんねるで、よくこんな話聞くけど、作り話だと思ってた。でも本当にあるらしいことに驚いた! この夫は誰かに頼られるボクちゃんという自分に酔ってるんでしょうか?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。