だいじなことなのでもういちどいいます。ここにまごのそうだんをしてもむだです

テレフォン人生相談 2022年8月22日 月曜日

公立に限れば、
自治体によって3段階評価と5段階評価が混在するものの、ほとんど(90数%以上)の小学校が絶対評価を採用。

アタシんとき(いつや)は相対評価だった。
たとえば40人学級なら、5と1が3人ずつ、4と2が7人づつ、あと残りが3みたいな。

相対評価だと先生は楽だ。
だけど皆んなで頑張って成績を上げるということができないし、学校のレベルによって評価点の価値が違ったりもする。

絶対評価だと基準を満たせば何人に5を与えたっていいし、逆に1の該当者がゼロだっていいわけだ。

基準といってもテストの点数だけではなく、提出物や授業態度や意欲などに及ぶのだとか。

絶対評価は努力が反映しやすく、それが相対評価からの移行の理由の一つでもあるらしいのだけど、一方で先生の負担が大きい。
相対評価のように機械的にとはいかない。

たとえばボーダーライン。
1か2で悩むくらいなら2をつけてあげたいし、つけてあげられる。

2じゃなくて1。
最低の1。

 

いずれにしても、80歳の姑に学校の勉強を嫁がマジで相談するわけがないという大原女史の見立てはそのとおり。

嫁は孫の成績と息子の役立たずをしゃべってるのだが、なぜだか孫の成績は相談と捉えて、息子の役立たずは愚痴と捉えているのかスルー。
無意識です。

 

一句。
駆け足を ついしたくなる 通知表
(イッチニ,イッチニ,・・)
<詠み人知らず>

 

コメントにあったので数えてみた。

80歳になったら
80歳まで生きたあなた
賢い80歳の生き方

加藤先生と大原女史で合わせて15回。
相談者の孫に何かしてあげたいエネルギーを確実に奪ったもよう。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女80歳 一人暮らし 40年程前に離婚 長男52歳 隣りに住む次男50歳 次男の息子11歳(小5)

今日の一言: 自分の位置を理解すること。それがコミュニケーションです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし、はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
お世話になります。

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
はい、えっと80です。

加藤諦三:
80歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
ええ、だいぶん、昔に・・結婚しましたけれども別れました。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
そうすっとお、離婚して、1人になってから、何年ですか?

相談者:
40年ぐらいですかね?

加藤諦三:
40年ぐらい前?

相談者:
あはあ、はい、はい

加藤諦三:
と、今は、80歳ご高齢ですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
お1人で暮らしてんの?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで今日はあの相談というのはなんですか?

相談者:
はい・・孫のことなんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
学、校でですねあの、国語がですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
1で、数学も1で。

加藤諦三:
はい

相談者:
嫁が言うには・・「漢字がまったく書けない」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで・・「全部ひらがなで書いて来る」って言うんですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
で、一応読めることはなんか漢字は読めるう、ようなんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「漢字は書けない」って言うんですよね?

加藤諦三:
はい

相談者:
今5年生になったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
だんだん難しくなって来ますよね?勉強が。

加藤諦三:
はい・・

相談者:
うん

加藤諦三:
お孫さんっていうのは、何歳ですか?

相談者:
はい・・11ですかね?

加藤諦三:
あ、そうすっとお子さんは何人いんの?

相談者:
わたしはあの2人です。

加藤諦三:
2人

相談者:
はい

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
52と50ですかね?

加藤諦三:
52歳と50歳

相談者:
はい・・ええ

加藤諦三:
52歳のほうは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さんですか?お嬢さん?

相談者:
え・・あの男の子2人です。

加藤諦三:
それで、今、お話してるお孫さんっていうのは、

相談者:
あの、下の子の・・あのお

加藤諦三:
50歳の子の?

相談者:
え、そうですね。はい

加藤諦三:
で、この50歳の、お嬢さんですか?

相談者:
あの息子です。

加藤諦三:
息子さん?

相談者:
ええ

加藤諦三:
それで・・

相談者:
孫が、

加藤諦三:
50・・

相談者:
男の子。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・先ほどあなたお1人でって、おっしゃってましたけれども。

相談者:
ええ・・あの隣りの家(うち)がね?下の子の、息子の、家なんです。

加藤諦三:
・・

相談者:
で、すぐ隣りにわたしが住んでまして、

加藤諦三:
そうすっと、なんか心配はないわけですね?

相談者:
あの、わたしのことに関してはですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
はい・・ンフ(笑)

加藤諦三:
で、お孫さん・・というのは、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ま、5年生ということおっしゃってましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
大変詳しいんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自身の今の、生活の中心っていうのはなん、なんでしょうか?

相談者:
えっと、わたしはあ、あの、自分の趣味、で、あのお、お友だちと・・遊びに行ったりとか、して、

加藤諦三:
&#△%

相談者:
ま、とりあえずは、楽しく暮らしてます。

加藤諦三:
友だちというのはどういう友だちですか?

相談者:
はい・・あのわたし達ぐらいの年の・・お年寄りの、ホ(苦笑)、みなさんがやるような、そういうことですね?はい

加藤諦三:
で、そのお、ご高齢の、方が集ま、る、グループっていうのかなんかあるわけですか?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
何人ぐらいのグループなんですか?

相談者:
10う、7、8人ですかね?

加藤諦三:
かなり、結構大勢

相談者:
そうですね、大勢で、はい

加藤諦三:
それはいつも集まってるんですか?

相談者:
そうですね、週に1回とか2回とか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
で、集まって。はい

加藤諦三:
ということはあなたの、生活の中心は、

相談者:
あ・・ええ

加藤諦三:
この、友だちかグループの・・

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
の生活ですか?

相談者:
ええ、そうですね、はい

加藤諦三:
それで、それぞれの・・グループの、まあ、みなさんご高齢でしょうけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
お孫さんが、いらっしゃるわけですよね?

相談者:
そうですね、ええ

加藤諦三:
で、あなたの今の意識の中ではあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
5年生のお子さんには、当然お父さんお母さん・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
いるわけですね?

相談者:
え、いますね、はい

加藤諦三:
そうすっと・・漢字が読めない、とかあ

相談者:
ええ

加藤諦三:
数学は1だとか、国語が1だとかって、そういう問題は、

相談者:
うん

加藤諦三:
お母さん、つまりあなたの息子さんや、

相談者:
うん・・うん

加藤諦三:
娘さん・・の問題として、

相談者:
うん

加藤諦三:
それぞれの家庭で、問題にはなっていないんですか?

相談者:
うちの嫁・・孫のあの、お母さん、ですけども、
なんか1人で悩んでるみたいな感じなので(苦笑)・・ま、わたしも、解決方法がちょっと分からなくて。
どうしたら漢字を、ん、好きになるかとかね?、書けるようになるのかな?と思って、全然、思い当たらないので。
で、こちらのほうにお電話さしてもらって・・お訊きしたいな思ってお電話したんですが。

加藤諦三:
そうすると、

相談者:
うーん

加藤諦三:
漢字が、読めない、書けない、いろんな問題っていうの恐らく当然・・あなたあ、が・・心配すると同じ、ように、或いはそれ以上に、

相談者:
ああ

加藤諦三:
親が・・

相談者:
ええ、そうですね。

加藤諦三:
心・・します・・

相談者:
親も心配してますね、あの・・

加藤諦三:
ね?

相談者:
はい、ええ

加藤諦三:
その、親とあなたの関係っていうのはどうなってるんですか?

相談者:
普通に、いい関係だと思います。

加藤諦三:
ふんーん

相談者:
はい

加藤諦三:
いや・・80歳という・・

相談者:
うん

加藤諦三:
もう、ご高齢なわけですけれども。

相談者:
そうですね、はい・・&#

加藤諦三:
それでお孫さんの年齢から考えてえ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
も、70・・歳ぐらい、違いがあるわけですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ていう、その・・お父さんお母さん・・がいているのに、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたが、こう、関わって行く、関係っていうのは・・

相談者:
うん

加藤諦三:
どういうふう・・

相談者:
いや、あのお、ん、なんてんですかね?・・すぐ隣りに、ほら、いますので・・行き来はよくしてるんですね?うちのあの、下の子の息子、の、夫婦と、子ども達とで。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、その、嫁、1人がなんか・・もう、パパのほうは、も、とにかく忙しくって、子ども達のほうまでね(苦笑)、手が行かないみたいな感じなので。
ママが1人でなんか悩んでるって感じなので、どう、あ、あたしもアドバイスして、やったらいいのかな?と思って。

加藤諦三:
どうアドバイスしていいか?っていうことを、

相談者:
ああ

加藤諦三:
向こうのお父さんお母さんから相談があるわけですか?

相談者:
そう、ちょっと相談のような形でしたね、あの言われたときは。
「もう1でどうしようもない」っていう感じでね、言われましたのでえ、うん・・

加藤諦三:
あなたに、

相談者:
はい

加藤諦三:
この孫の教育の相談があったということですか?

相談者:
そうですね、ええ

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
で、「1人で悩んでるみたい」っていうのはどういうことですか?

相談者:
うん、だからあの、パパに相談できなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
嫁さんのほうの親御さんのほうにもなんか言ってないみたいだしい、

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ、そういう・・

加藤諦三:
だからそういう関係の中で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんお母さん、それぞれ、なりに悩んでいるとこに・・何か、あなたが「漢字・・の教え方はどうしたらいいでしょうか?」っていうそういう相談ですよね?今日。

相談者:
そうですね。どういうふうにしたらね?・・漢字とか、興味を持つように、なるのかな?と思って。
まったく、も、ひらがなだけで物を書いて来るって言うので、
それでは大変ってことになりまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、普通の子は、もう漢字、とか書きますよね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
それを書かないで、いるっていうことは、いずれなんか、お友だちなんかにも分かっちゃったりなんかして、

加藤諦三:
で・・そ、そうすっと・・

相談者:
いじめに繋がったりね?

加藤諦三:
今日の・・

相談者:
不登校になったら困ると思いまして。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん、はい

加藤諦三:
今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
「孫の勉強の仕方をどうしたらいいか」っていう相談ですか?

相談者:
ん、そうですね。

加藤諦三:
で、あなた自身は、お父さんお母さん、が、この問題の、責任者であるということは承知しているわけですね?

相談者:
あそうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
うん

加藤諦三:
今日は、スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。はい、すいません。

(回答者に交代)

「だいじなことなのでもういちどいいます。ここにまごのそうだんをしてもむだです」への30件のフィードバック

  1. 「そんなこと聞きたいんじゃない❗」という相談者の心の叫びが聞こえてきそうでした。

  2. せっかく加藤先生が「孫の心配をするのは本来は親の役目だとわかっているのですね。今日の相談は お孫さんの学力の伸ばしかたを聞きたいんですね。」と確認してくれたのに、大原先生、この回答はないわ~。まあ、お嫁さんへの対応法も参考にはなったでしょうが、ここは やはりお孫さんの学力を伸ばす方法を伝授してほしかったです。

    1. 〉ここは やはりお孫さんの学力を伸ばす方法を伝授してほしかったです。

      相談者の嫁さんのテレ人相談なら回答して貰えたのではないのかしら・・・

  3. せっかく加藤先生が「孫の心配をするのは本来は親の役目だとわかっているのですね。今日の相談は お孫さんの学力の伸ばしかたを聞きたいんですね。」と確認してくれたのに、大原先生、この回答はないわ~。まあ、お嫁さんへの対応法も参考になったでしょうが、ここは やはりお孫さんの学力を伸ばす方法を伝授してほしかったです。

  4. 確かに漢字書けない計算できないであれば、担任からリソースルームを紹介されるとか、何かしら保護者にアプローチはあるもの。
    孫の相談をする相談者の本当の心の内は、寂しく虚しい思いがあると捉えて良いのか?

  5. 孫の問題にしゃしゃり出るなという大枠には賛成なんだけど、知的に問題がなくても学習障害や職事障害というものがあるから本人の努力不足じゃないかもしれないよ、くらいの情報は入れてほしい気も…。そうすると余計に不安になるからダメなのかなあ。

  6. あの・・・・・
    そもそもこの相談者の悩みの主題である「漢字の書けない子供に少しでも書けるようになる様な妙案やヒントが有りませんか?」という悩み相談はどうでも良いのでしょうか???
    この番組は「悩み相談」ではなくて「加藤大原」の独善を押し付ける番組なのでしょうか???

    1. それは違う。
      本当に苦しんでいるなら親が電話をかけてくる
      一緒に住んでいるわけではないので
      孫の情報が断片的にしかわからないのに
      親を差し置いて勝手に相談するなってこと

      1. 本当に苦しんでいる???
        何を頓珍漢な事を言ってるのだ?
        「本当か嘘か?」など何にも関係が無い、しかもその真意を誰が分かるというのだ?
        ウソ発見器にでも掛けるのかな?
        「悩み相談」というものは何処であろうと取りあえずは「相談者の訴え!」が大前提でそれを解決できるかどうかではなくその悩みに向き合ってその趣旨に沿った回答をすることがまずは大前提だろ?
        そしてその後に余談として「加藤大原」の言う部分を指摘するならまだ分かるが「相談者の訴え!」を全く蔑ろにしていわゆる「余談」で終始するというのが君は正しいとでも???

        1. 大前提って、それお前の中だけ。

          孫の対処法を教えてやるのと、
          出る幕じゃないと教えるのと。
          大きく2つの答え方があるってだけだ。

          悩みそのものではなく、なぜ悩むのか?に焦点を当てるって加藤諦三があちらこちらで公言してる。

          1. 何故悩むのか?
            孫が小学高学年となっても漢字一つ書けないからだが?
            君にはそう聞こえなかったようだ

            1. 「障害の可能性も視野に入れて学校や病院で相談を」と回答があったとしましょう。相談者はそれをお嫁さんに伝えるでしょう。そしたらもう修羅場ですよ。頼まれてもないのにデリケートな問題を電話相談だなんて!って。
              これくらいの情報はググれば一発ですからお嫁さんは知ってる可能性も高いし。
              だから聞かれたら何でも答えればいいというわけではない。「引っ込んでろ」って回答がベストアンサーなんじゃないですか。

              1. 回答の選択肢がそれ一択なのかい?
                仮にその回答だったとしても何故そうネガティブにしか捉えないのかな?
                頼まれても居ない悩み相談をしてはいけないルールでもあるのか?
                この番組は頼まれていない第三者の悩み相談は受け付けていないのか?
                普通にお婆ちゃんが孫の心配から相談するって君の常識では有り得ないみたいだな・・
                加藤信者は議論にもならんなwww

                1. お前が一択にこだわってんだよ。

                  >ルールでもあるのか?
                  >第三者の悩み相談は受け付けていないのか?

                  話を散らかすなよ。
                  回答に不満なのはよくわかったからさ。

  7. たいとるにふきだしましたw
    みついしさんなら「あそびかたがたりない」っていわれたでしょうね

    相談者娘が電話してきたら、全く違う回答だっただろうな
    漢字が読めるけど書けないって、識字障害とかかな
    ならなおのこと素人の相談者の手には負えない、学校経由できちんと専門家にかかるほうがいい

    そもそも相談者80歳の役目は「子育てしてる娘を支えること」であって、自分が個別具体の課題にしゃしゃり出ることじゃないよ、ってのが両先生の仰りたかったことなんじゃないか
    仮に、孫の読み書きの話に相談者が直接介入し出したら、間違いなく相談者娘との関係は悪くなる

  8. 80歳にもなったのならば、もう何も面倒事は抱え込むことはないのだよ、という優しいアドバイスと思いました。息子家族と友達グループと毎日穏やかに楽しく暮らすことだけに目を向けてね。

  9. タイトルに一時笑いがとまらなかった💦
    確かに、孫の相談は違うところでの回答になりますね、いつも。
    しかし、この方、80歳、もう80歳、と連呼され、いやと言うほど自分の年齢と向き合わされて少しかわいそうに感じたな💦
    孫の成績のことは、でもやはり、親に任せましょう。いつまでも若々しくお元気でいてください。

  10. 皆さんの優しい意見に賛成なんですけど、人間 どんなに歳をとっても 日々の具体的な 生々しい問題の中で生活しているので、概念だけでは対処できないと思いました。
    ハウ・ツー(古‼笑)ならググれよと言われましても、
    はちじゅっさいのこうれいしゃにはぐぐれませんから。

  11. お嫁さんはただ愚痴を聞いて欲しいだけだと思います。具体策は学校と相談したりしていますよ、きっと。今は情報時代。お嫁さん世代なら、おばあちゃまの手を煩わせなくても色々調べてますって。とは言っても心配するのが人情ってもんですわね。

  12. 相談者さんは友達グループで集まった時に、漢字の書けない孫を引け目に感じてしまい、孫自慢できないのが辛いのではないでしょうか。

  13. おばあちゃんたちが自分の孫の事を心配しては何故いけないの?
    全くわからない。
    どうして良いかわからないから相談しているのに、余計なことだとか相談者自身に他に悩みがあるだとか配偶者と上手くいっていないだとか、脱線して、だいたい悩みのない人なんて本当にいるのだろうか?
    加藤先生、大原先生、私は昔から尊敬しておりましたが、もうそろそろ引退された方が?って思うようになってきました。かといって他に加藤先生、大原先生並みの頼りになる先生方がいらっしゃるか?いない。
    電話人生相談自体もう時代遅れなのかなあ。

    1. お嫁さん達からしたら大きなお世話だからじゃないでしょうか。だいたいの母親は対策を取った上で爺婆に概要だけ話してるでしょうし、具体的な知恵を求めてはいないでしょう。おそらく無断で我が子のセンシティブな情報を全国ネットにぶちまけるお年寄りからのアドバイス、あなたは欲しいですか?

    2. 一緒に暮らしているわけではないので
      全体の把握ができない
      どうしてもお嫁さんの話の又聞きでしかない

  14. テレ人のほとんどは似たような結末に終わる。弁護士がスタンバイしてるときに相続の相談してきた場合のみアタリ。あとはハズレ

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。