親の小さなクセも許さないスネかじり40歳の心に負担を掛けずに生活するには

テレフォン人生相談 2023年12月30日 土曜日

後出しで発達が分かったとて、今井さんの「御殿様扱い」に変わりはない。

高校3年の皆勤とバイト16年で一生分のエネルギーを使い果たしましたみたいな。

息抜きのドライブだって自由気まま。
受け入れてくれてるんだから、仲良く暮らせばいいのにねえ。

とうとう殴りよったか。
なにかが決壊した感。
「息子を傷つけたかも」ってイミフな自責のアラ古希夫婦に止められるハズもなく。

2回目、3回目・・どんどんハードル下がるんじゃないかしら。

 

ねぎらいのお言葉、ありがとうございます!
皆さま、どうぞ良いお年を。

花器に酒瓶はお約束ww

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女68歳 夫68歳 長男40歳 三人暮らし 男女の双子38歳 共に結婚して別世帯

今井通子:
もしもし、テレフォン人生相談でえす。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
今日は、どういったご相談ですか?

相談者:
長男との、関わり方についてえ、ご相談したいんですが。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、おいくつですか?

相談者:
68。

今井通子:
68歳。ご主人は?

相談者:
68です。

今井通子:
で、ご長男が・・

相談者:
40歳。

今井通子:
下に、お子さん、いらっしゃるの?

相談者:
30、8歳のお、男の子と、女の子、双子、です。

今井通子:
そうすると、38歳の、男女のお子さんたちは、独立されてんですかね?

相談者:
そうですね。はい。◆#$%ます・・

今井通子:
あ、結婚されてる?

相談者:
はい

今井通子:
両方とも?

相談者:
はい

今井通子:
で・・40歳の、ご長男は、どうされました?

相談者:
就職はしてなくて。高校の時から・・していた、アルバイト、を、8年・・前まで、続けてたんですが。
人間関係で、その時・・辞め、て。それから、今、仕事しないで、うちに(家)、います。

今井通子:
はい

相談者:
長男があ、私たちの、行動とか、話し方とかあ。いくつか・・嫌いな、ことがあって。傷ついてしまうっていう感じで。
イライラが溜まってえ、精神的に行き詰まるとお。よく・・ドライブに行ったりして、いるんですがあ。
嫌いな・・事っていうのは、例えば・・ 主人の、食事で、ある癖が嫌いで。私も、息子も、ちょっとそれは・・「嫌なんだ」って言っても、ちょっと、癖なのでえ、やってしまってえ。あの、一度、主人の顔を殴って、家を飛び出し・・たり。
私のことで、あの嫌なことはあ・・私が、スマホで、パズルゲームやってたりするのが、とても嫌って。で、一度、もう、キレてしまったこともあってえ。そういう、後に、やっぱし本人が落ち込んだり・・することがあったりい。
そういうことが・・イライラの元になってえ、溜まってしまうっていう感じで。どういう風に、接したら・・息子の心に、負担をかけずにい、一緒にいられるかっていうのが、ちょっと・・(苦笑)わかんなくて・・

今井通子:
まず、

相談者:
はい

相談者:
息子さんは、

相談者:
はい

今井通子:
子供の頃は、どんなお子さんだったんですかね?

相談者:
ちっちゃい時は、活発だったんですけれどもお。

今井通子:
はい

相談者:
学校に行くようになってからあ・・五月雨、不登校みたいな感じがあ・・中学まで、続いた感じでえ。
高校は、あの、うち(家)ら・・電車乗って、一時間くらいのところの高校だったんですが。休まずに。三年間、行ってました。

今井通子:
なるほど。

相談者:
高校の二年から、もう、アルバイトを始め・・て。

今井通子:
うん。で、そのアルバイトを、ずっと、やってらしたわけね?

相談者:
そうですね。はい。

今井通子:
うん。で、現在は、仕事に就いてないと。

相談者:
はい

今井通子:
で、今は、そうすると、自宅にいらっしゃる?

相談者:
自宅にいます。

今井通子:
で、その、お父さんやお母さんの、

相談者:
はい

今井通子:
嫌いな癖?、に、ついて、イライラして、家を飛び出してみたり。

相談者:
はい

今井通子:
でも、また、帰ってくるんでしょ?

相談者:
帰ってきますね。はい。

今井通子:
すごい、気になったんですけれども。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人がする、食事の癖っていうのが・・

相談者:
ハア(苦笑)

今井通子:
嫌いってた、あなたも、ちょっと、嫌だなと思っているっていう・・

相談者:
はい、あ・・

今井通子:
かなり、特徴がある・・癖なんですか?

相談者:
特徴っていうか・・食べた時、舌を慣らすっていうか、「チャ」(口鳴らして)って感じで(含み笑い)。
鳴らすのが、

今井通子:
そうか、そういう・・細かあいことに、執着っていうか。気、を、

相談者:
そうです。

今井通子:
に、してしまうっていうのは、(吸って)

相談者:
うん

今井通子:
子供の時には、なかったんですかね?

相談者:
・・あんまり、感じてはなかったん・・ですがあ。
だんだんとやっぱし・・うちに(家)、いるようになってからの方が・・だんだん・・◆#$

今井通子:
っていうことは、ここ数年っていうことね?

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、今、

相談者:
はい

今井通子:
息子さんとしてはあ、

相談者:
はい

今井通子:
これから就職するとか。何かをするとかっていう、気はないの?

相談者:
無い・・かなあって、思います。

今井通子:
その、無いままで、親御さんとしては、いいと思ってんの?

相談者:
アルバイト辞めたあ、頃、はあ、心配でえ・・一回は、ちょっとやっぱし仕事のこと、言ったりもしたんですが。
なかなかこう・・本人が踏み出せないっていう感じが・・

今井通子:
うん

相談者:
あってえ。で、あの、今は、言わなくてえ。一緒には、とりあえず、生活できてるし・・っていう感じで。
先々不安があっても、な・・

今井通子:
うん

相談者:
特別、けしかけるって感じでもない・・

今井通子:
そうすると、今日のご相談は、何になります?

相談者:
今日はあ、やっぱしそういう・・細かいこととか。どうしても気になって、イライラしてしまうんですよね?、息子がね。

今井通子:
うん

相談者:
その息子に、

今井通子:
ええ

相談者:
どういうふうに、接したらあ、心に負担をかけずに、一緒に、いられるかなあっていうのが・・思うんですけど。

今井通子:
息子さんを、殿様扱いですねえ。

相談者:
ハア(苦笑)

今井通子:
ンフフフ(苦笑)

相談者:
そうですね・・

今井通子:
うんん・・

相談者:
うんん・・

今井通子:
なるほど?
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主催で、作家で翻訳家の三石裕子先生がいらしてますので、

相談者:
あ・・はい。

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)

「親の小さなクセも許さないスネかじり40歳の心に負担を掛けずに生活するには」への13件のフィードバック

  1. 長男さんが早く定職に就ければいいなあと願っていますが、難しいですよねえ。とはいえ、今年最後は今井さん・三石さんの名コンビでしたかあ。

  2. 今、多い「引きこもり」だと思った。
    相談者、過保護に育てたのかな?

  3. 今回の放送を聞いた範囲での私見。
    大人の発達障害(疑い)ではないかなあ。
    テレホン人生相談もいいけど、医療機関を受診したほうがいいのでは。

  4. 学習障害だけなの?知的や発達障害は?確定診断はないの?と疑問がいっぱい。
    読み書きに障害があっても配慮受けつつ就労する人も多いし、学習障害=生涯家で面倒見る、のくくり方も大雑把すぎる気が…
    何にせよ学習障害の可能性を示唆された段階で診察を受けて支援とつながれば良かったのでは…と感じた。

  5. 年末の最終放送日まで、地方局放送からの書き起こしお疲れ様です
    10年近く毎日更新される管理人さんの根性に最敬礼

    今日のニート長男の相談もなかなかシビアだった
    三石御大の仰るとおり、相談者の関わり方が本当に中途半端
    いろんな意味で上っ面だけ、表面的な対応でやり過ごしてきた結果、40歳息子の人生をスポイルしてしまった印象

    読み書きが苦手=識字障害(ディスクレシア)のようだし、他人の行動に過敏な反応をするあたり、相談者長男は何か生きづらさがありそうだ
    ただ、高校生から30歳過ぎまでバイトを続けられてたようだし、親にも悪い感情はないようだから、若いうちに自分の癖を理解して、集団生活のルールが身についていれば、今でもバイトを続けられてたかも知れないし、今とは違う生き方ができてたように思う

    ただ、相談者は親としてそういう手引きを何もしてこなかった
    スクールカウンセラーに指摘を受けたときもスルーし、父親を殴った時も腰の引けた対応しかしてない
    「心の負担をかけたくない」と言いつつ、実のところは長男の現状にも将来にもあまり関心がないんじゃないのか、だから識字障害の話が後出しで出て来るわけで
    万事こんな感じで、子育て時から面倒ごとを避けて、表面的に平穏な生活を維持しようとしてきたから、今もこんな腫れ物対応なんだろうよ

    もっと前の時点で、もっといろいろなことができてたはずなのに
    今になって、40歳ニートに「家庭でのルール」から教えないといけないってのは、なかなかに厳しいものがある

  6. いやぁ、、チュッチュチュッチュ言うおっさんに出くわしたことあるけど、あれはキツイ…。
    家族だって絶対無理だよ。

    1. クチャラーは身内でもキツイ。
      でも嫌だったら家から出て自立しないとね・・・。
      長年勤めていたバイトが有ったのだから息子さんに向いている仕事もあるはず。見つかると良いですね。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。