繁忙期の激務を合法化する変形労働時間制。持病持ち薬剤師の辛さを無視する社長

テレフォン人生相談 2024年1月6日 土曜日

加藤諦三 「弁護士を超えた弁護士の」

なんだか回答者にこれまでの感謝の意を伝えようとしているかのよう。

 

加藤諦三「結婚してます?」
相談者 「ずぅっと独身です」

ww
ヘビーリスナー

 

労基に定める週の所定労働時間40時間。
そのまま適用すると、たとえば冬のタラバガニ漁師は全員労基違反になってしまう。

これに対応するのが変形労働時間制。
あらかじめ届け出た期間の平均値で週40時間以下をクリアすればいいという制度。

たとえば最長の一年間で変形労働時間制を敷けば、相談者の場合、繁忙期は一年のうちの2ヶ月。

あとは契約どおりの週3.5日勤務、すなわち週28時間なら、一週当たり12時間、10ヶ月間でおよそ480時間の余裕が生み出せる。

それを2ヶ月間に充当できるわけだから、1日12時間の5日勤務でも年間では余裕で週40時間以下をクリアできるというわけ。

 

中川潤 「私、超零細でえ」

中川潤 (相談者の社長は)「経営者失格です」

自分の矛盾に気づいていない。

誰が言ったか、優秀な経営者はサイコパス。
一人ひとりのスタッフの不満に耳を傾けて経営なんてできないの。

働いた分の給与が支払われているのならブラックではない。
タラバガニ漁師は陸の社員が羨む年収を冬の3ヶ月で稼ぐ。

なにより人員配置はマネジメントマター。
口出すスタッフに社長が不機嫌になるのは当然。

回答は相談者のガス抜きにはなったかもしれんけど、アドバイスになったのは相談者は選択できるという部分。

 

これも

新婚さんにレク。産育休は権利・他社の業務も自社の仕事・相談先はまず上司

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女44歳 独身ひとり暮らし

今日の一言: 人間は、悩みを乗り越えることで成長していきます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢を教えてください。

相談者:
44歳です。

加藤諦三:
44歳。結婚してます?

相談者:
ずっと、独身です。

加藤諦三:
ずうっと独身ですか。はい。

相談者:
はい

加藤諦三:
では、今、お一人で、暮らしてんですか?

相談者:
はい、そうでえす。

加藤諦三:
はい、わかりました。それで、どんな、相談でしょうか?(鼻を吸って)

相談者:
仕事のことでえ、相談があって、

加藤諦三:
はい

相談者:
電話しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
自分は、薬局に勤めてるんですけれどもお。

加藤諦三:
薬局、はい。

相談者:
一人、薬剤師で、働いて、います。

加藤諦三:
はい

相談者:
一年のうちに、二ヶ月ほど、繁忙期があって。朝、9時に入ってえ、夜終わるのが・・9時、10時になることが、続きます。

加藤諦三:
はい、はい。

相談者:
ちょっと、自分は、あの、癌の既往歴もありましてえ。

加藤諦三:
癌?

相談者:
はい。ちょっと、若、年性の、癌がありましてえ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
お薬を服用しているせい、か。ちょっと、疲れやすくう・・

加藤諦三:
はあ・・心配ですよねえ、それは。

相談者:
は、い・・

加藤諦三:
癌が、いろんな・・転移するとか、なんか、いろんな心配をするわけでしょ?

相談者:
はい、初期ではないため、ちょっと心配しながら、働いています。

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
それで、あの、夜遅くなりますと、

加藤諦三:
はい

相談者:
体調が、かなり悪くなってしまっていて。体力的に厳しい日々が続いているんですがあ。

加藤諦三:
はい

相談者:
健康が第一なので、

加藤諦三:
はい

相談者:
退職も考えたんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
職場自体は好きなのでえ。

加藤諦三:
はい

相談者:
社長に、毎年、相談してるんですが。

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしたらわかってもらえるか?、先生たちのご意見を聞きたくて、電話しました。

加藤諦三:
ああ、なるほどね。どのぐらい、そこの、薬局には、働いているわけですか?

相談者:
5年目です。

加藤諦三:
5年目。

相談者:
はい

加藤諦三:
ほれで・・一人で、ということですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
社長さんとは、直接そういうことを、話を、できる、関係なわけですね?

相談者:
はい。毎年、繁忙期の前には、病気の件もあるのでえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「人手を、増やしてほしい」と、お願いしている・・ます。

加藤諦三:
じゃあ、社長、そう、さんは、もう、その、

相談者:
はい

加藤諦三:
癌の話は、知ってるわけですね?

相談者:
はい、伝えてあります。

加藤諦三:
わかりました。今日は、弁護士の、中川潤先生がいらしているので、これはもう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
かなり、心理的なことが、

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
あると思うのでえ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
弁護士い、じゃ、の、相談じゃないじゃないか、と、思うかもしれませんけど。

相談者:
あ、いいえ・・はい。

加藤諦三:
中川先生は、

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士、を、僕はよく、超えた弁護士って言ってんですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
法律以外のことにも、色々、

相談者:
はい

加藤諦三:
精通してらっしゃる、先生ですので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと、思います。

(回答者に交代)


「繁忙期の激務を合法化する変形労働時間制。持病持ち薬剤師の辛さを無視する社長」への15件のフィードバック

  1. 弁護士さんの回答はいつも分かりやすい。

  2. 大変忙しいお仕事なんですね。
    個人的な感想ですが、医療関係者のなかで、薬剤師さんは、一番一般市民の話をよく聞いてくださる方ではないかと思っています。

  3. 変形時間労働制ですか、正直なところ分からない部分がありますよねえ。ハローワークさんに相談しながら転職、これが上手く行って欲しいです。

  4. 今の仕事内容が好きなら続けられるのもいいのかなと思います。なかなか好きな仕事って見つからないので。
    ただ体調を崩してはいけないので、調子悪いって言って早く帰れば、社長さんは何か考えてくれると思います。無理して22時まで働いてしまうのがいけないと思います。

  5. 資格職、時給も良いのだから転職一択。
    自分の健康は自分で守る。

  6. 自分の職場も、相談者と似たような感じ。小さい所って、労働基準法が通用しない事が多い。相談者はフランチャイズだが、自分の職場は家族経営なので給料の遅れなども含めまさにブラック。パートで最低賃金、週40時間を越えると、っていう話も知らなかったが、人間関係だけは良いので、他へ行く勇気がない。労働基準局に言ったら、誰が言ったかすぐわかるので改善の余地もなく。大きい所は、必ず有給休暇を取るように指導されてるが、16年働いて有給休暇を取った事がなく給料明細に40日の文字が載っているだけ。

  7. 繁忙期が普段より忙しいのは当然では?だって繁忙期なんだし。
    ものすごいブラックだと思ってたら、中川さんが聞きただすたびに休みが増えていくので笑ってしまった。
    週の半分しか働いてないじゃん。

  8. 今まで煩わしい人間関係がなかったことの代償です。都合の良い事ばかりではない。

  9. 年2回の繁忙期でも忙しいのが週3なら、世間的にはけっこういいような気がするけど‥
    資格持ってるから次もいいとこ見つかるのかな

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。