かき集める父に待った!被害弁償を進める国選に真っ向から異を唱える大迫恵美子

テレフォン人生相談 2024年3月1日 金曜日

パーソナリティ: 田中ウルヴェ京
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男64歳 妻75歳 再婚同士ふたり暮らし 妻に長男54歳と次男47歳 男に長男38歳と次男35歳がいる

田中ウルヴェ京:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしまあす。

田中ウルヴェ京:
まず、年齢からお願いします。

相談者:
歳は64です。

田中ウルヴェ京:
64歳。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい。ご結婚はされてますか?

相談者:
はい、結婚はしてます。

田中ウルヴェ京:
はい、奥様、何歳でしょう?

相談者:
ええと、75です。

田中ウルヴェ京:
75歳。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お子さんは、いらっしゃいますか?

相談者:
ええと、家内の方に二人。自分の方に、二人。

田中ウルヴェ京:
お二人ずついらっしゃる?

相談者:
はい。みんな、男の子です。

田中ウルヴェ京:
四人とも男の子、さん、ですね?

相談者:
はい。はい。

田中ウルヴェ京:
はい。
年齢を、教えていただいてもいいでしょうか?

相談者:
あああ、とく・・(吸って)◆#$%□

田中ウルヴェ京:
大体どのぐらいの・・

相談者:
◆#$家内の方が、50と47ぐらいですかね?

田中ウルヴェ京:
はい。で、あな・・

相談者:
で、自分の方が、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
30うう、8ぐらいと、35です。

田中ウルヴェ京:
そうすると、奥様と二人で暮らしていらっしゃいますか?

相談者:
はい、そうです。はい。

田中ウルヴェ京:
はい、わかりました。
今日のご相談は何でしょうか?

相談者:
ええっと、その、自分の子供、の、35歳の子供が、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
ちょっと前に、あのう・・警察に、窃盗で捕まったんですよね。

田中ウルヴェ京:
窃盗で。はい。

相談者:
はい。
で、それが・・あの、この、自分とこのがあああ・・ まあ、なんと言いますか。知った人からあ、お金を、あの・・ 銀行、おうおう・・口座とか?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
キャッシュカードを、うまいことを言うて、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
抜いていったんですよね?

田中ウルヴェ京:
あ・・息子さんが、知っている人の、お金を、取った?

相談者:
はい、ん、もう、はい・・

田中ウルヴェ京:
ということですか?

相談者:
う、はい・・で、それが、あの、そこの、家族の人にい、わかったわけなんですよ。

田中ウルヴェ京:
いくらぐらい、取ったんでしょう?

相談者:
そう、その人からは、50万っちゅうて、聞いてるんですよ。

田中ウルヴェ京:
50万、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
盗んだということですか?、はい。はい。

相談者:
う、はい・・◆#一回じゃないで、その、頻繁にっちゅう感じで・・

田中ウルヴェ京:
あ、合計で、50万っていうことですか?

相談者:
50万で。はい。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それ・・本人が言うには、あのうう・・今、ちょっと、もう・・逮捕されてるから、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
まだ裁判にはなってないんですけども。本人が・・三件やったっていう・・言うんですよ。

田中ウルヴェ京:
あ、本人が、三件やったと。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、一件が、50万で、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
ちゅう、◆#ことなんですよ。

田中ウルヴェ京:
あ・・

相談者:
で、もう一件が、もう、300万っちゅうて、本人が、言うんですよ。

田中ウルヴェ京:
三件のうち、一件は、50万で。

相談者:
ん、うううう・・はい

田中ウルヴェ京:
二件目は、300万。

相談者:
300万。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、もう一件が、今あ、の、刑事、でも・・う、動いているのが、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それを、言わないんですよね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
まあ、言うてるのかどうか、それがわからないんですよね?、自分。

田中ウルヴェ京:
はあ、はあ、はあ、はい

相談者:
で、逆に言って、国選弁護人がついてるんで・・ん、ですけども。子供の、奥さん、たちと、が、まあ、50万はもう、用意、い、したんですよね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
だけども、あとの、お金が・・っちゅう、ことで、国選弁護お、士さんが、「用意はしよってください」って言われてるんですよね?

田中ウルヴェ京:
はあ、はあ、はあ。
えっと今、

相談者:
で・・

田中ウルヴェ京:
「子供の奥さん、たち」っておっしゃいました?

相談者:
あい

田中ウルヴェ京:
「たち」というのは?

相談者:
あのう、子供の、あの、そのう・・奥さんの、おお、親なんかが、もう、いい人や、から、もう、「今回だけは、なんとかしょう」っちゅう感じで・・してるん、ですよね?

田中ウルヴェ京:
あ、はあ、はあ。

相談者:
で、奥さんの、連れ子・・がいるから。
自分に言うたら、もう、孫になるでしょうけどね?

田中ウルヴェ京:
あああ。35歳の息子さんの、お嫁さんは、連れ子がいらっしゃるんですね?

相談者:
はい。
で、その子がもう、20歳なんですよね?

田中ウルヴェ京:
っ、はい・・

相談者:
で、もう、その、◆#、捕まった時に、もう、泣き崩れてっちゅうことなって・・

田中ウルヴェ京:
ああ、そうすると、35歳の息子さんの、ご家族が、

相談者:
ん、あい

田中ウルヴェ京:
一生懸命お金を用意しようとしている。

相談者:
そう、そうです。はい。

田中ウルヴェ京:
はい。わかりました。

相談者:
で、自分も、少しは出してるけども、もう、う、逆に、で、今度・・あの、自分の家内ん、とこ・・の、子供にも、もう話をして?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
まあ、300万なんて・・出せんわけじゃないけど。今度・・返す方を考えさせないけんとかな・・今度・・自分の連れ子になるからあ。

田中ウルヴェ京:
そうですね?

相談者:
うん・・む・・

田中ウルヴェ京:
で、しかも・・350、以上にある可能性もあるってことですね?

相談者:
そう、ですよね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
そこをちょっと先生え、に、ご相談したいなと思って。はい。

田中ウルヴェ京:
はい。
ご相談はそうすると、どんなことでしょう?

相談者:
これから、先、本人が、自供、したのかどうかも自分わからないから。

田中ウルヴェ京:
はい・・

相談者:
国選弁護人がついてるけども・・ 今度、子供の、奥さんを通してじゃないと、情報が入ってこないとか。
一回は、め、面会、行ったんですけどね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
い、言わなかったらっちゅうことになったら、その、三件目でも、いくらなのかが・・

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
うんん・・

田中ウルヴェ京:
そうすると・・今日、回答者の先生には、何を、ご相談したいでしょうか?

相談者:
まあ、どうなりますか?っちゅうことを・・

田中ウルヴェ京:
あ、この状況で、どうなりますか?という、こと。

相談者:
あい・・

田中ウルヴェ京:
つまり、何かできることがあるかとか。

相談者:
そうです。はい。
で、仮に、300万・・もう、は、払ってしまったと、しても。今度、義理の息子っとかなって、「返せ」っちなったって・・ 額が額やから・・

田中ウルヴェ京:
そうですね。

相談者:
あ、あい・・

田中ウルヴェ京:
まずは、 この場合、これはどんなふうになるのか、ということ。

相談者:
そうです。はい。

田中ウルヴェ京:
そして・・300万、もし払ったとしても、その後どうしたらいいのか?、というようなことも含まれますね?

相談者:
そうです。はい。

田中ウルヴェ京:
はい、わかりました。

大迫恵美子:
ウンッ(咳払い)

田中ウルヴェ京:
今日の回答者は、

大迫恵美子:
(ため息)

田中ウルヴェ京:
弁護士の、大迫恵美子先生です。

相談者:
あ・・

田中ウルヴェ京:
大迫先生、お願いしますう。

(回答者に交代)


「かき集める父に待った!被害弁償を進める国選に真っ向から異を唱える大迫恵美子」への20件のフィードバック

  1. 相談者と大迫先生が終始会話のキャッチボールができていなくて、こりゃだめだと思いました。

    再婚相手もその子どもも変な奴らが親族になってかわいそう。

  2. 30も半ばの息子のやらかしを何で尻拭いしてやらなきゃならないの?

  3. 相談者だけでなく、この問題の息子さんにも「連れ子」がいるんですね、登場人物に富んでる!

    で、この連れ子さんや息子の奥さんの親などが、
    「いい人だから今回だけはなんとか…」
    と言ってくれてるの?本当に?

    本当にいい人は、だまくらかして他人から金を盗んだりしないし、こんなに金にルーズではない。

    よく相談にある
    「借金を肩代わりしてあげると、さらに多額の借金する」
    と似たパターンにならなきゃいいけど…。

  4. 懲戒解雇されるなど、社会的制裁を受けたとしても、実刑判決不可避なんでしょうねえ。ギャンブルや闇金借金では心証、相当悪いから。
    もちろん、ご相談者さんの次男には判決で受けた刑を全うして反省して欲しいですが、ご相談者さんの奥さんから離婚を切り出されそう。

  5. 語尾が疑問形のようにいちいち上がる相談者の話し方がとにかく不快でした
    相談内容から考え方から、何から何まで本当にしょーもない親子

    1. わたしも語尾上げ、気になりました。

      ところどころ大迫先生に、食って掛かり気味みたいにも聞こえるし。

  6. 私が次男の妻なら、離婚案件。なぜこの次男と血の繋がらない、まだ20歳の自分の子供が、この男の尻拭いをしなければならないのか?あるいは、なぜ自分の両親が金を出さねばならないのか。
    相談者も相談者。ほぼ返せないとわかっているのに、妻の連れ子に自分の次男の弁済金を出させようとする。いつ再婚したかはしらないが、本来大金を出さねばならないほどの関係はなかったはず。
    相談者は、そんなに息子がかわいいなら、まず自分の貯金を出せばいいのでは。自分は金を出さず、人の金をあてにして、次男のしたことのけじめをつけようとするのはおかしい。

  7. 成人した息子のやったことは本人に責任を取らせよ。
    親族一同で建て替えたところで焼け石に水。

  8. ブラックリストに載ってカードも作れないほどにまで陥っていて債務整理も破産もしてないのに借金が無いとは???

    大迫先生が今までも問題起こしたことなかったのか?と確認しても初めてだと思いますと答え、窃盗してしまうということは借金が相当あるのでは?の問いにも借金は無いですローンブラックになっているからと、相談者が問題を正しく理解できていない。
    というか大迫先生の質問に対して、取り繕っているような反応でイライラしました。

  9. お金掻き集めてやらないと恨まれて何されるかわかったもんじゃない、という恐怖心があるんだろうなぁ。息子も言葉でハッキリ言うわけでもなくそういう空気を出してるんだろう。
    今までそういう親子関係だったんだ。

  10. 今日も年齢差11歳の年上女房。
    子供が何歳の時に再婚されたのか。
    結婚生活に向かない人達の集合体。

  11. お金にルーズな人は人間関係も生活面全てにルーズだと思います
    なんでもホイホイ買ってまた買って、家は物屋敷、ゴミ屋敷

    行き着くところまで行って窃盗
    目先の尻拭いをしたところで将来的に何の解決にもなりません
    また同じことを繰り返して周りを巻き込む
    毎日のように、この手の窃盗や詐欺のニュースが流れてる

  12. 相談者「借金?ブラックになってるからダイジョウブです」

    大迫「整理してなくてブラックってことは借金まみれってことでしょ?」

    相談者「ぐぬぬ…」

    この流れが面白かった。物事分かってる人と分かってない人の会話の典型例。

  13. こういう事件でも国選弁護人が付くって知らなかったな〜悪いことした奴らに税金で弁護士がつくのか。当然の権利なんだろうけど、なんだかな〜 この父ちゃん、心配するなら自費で敏腕弁護士に依頼すれば?

  14. ギャンブル狂に多重債務者にプラス窃盗犯の三冠王は救いようがない、塀の中で矯正したほうがいいでしょう

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。