ママと客から続く縁。娘の二の舞いは避けたい厚意の介護に百万円のあげ方

テレフォン人生相談 2024年5月3日 金曜日

350mlひと缶を、ハイッ
まさかね。

 

相談者 「死んだ時のね、相続みたいな感じで、去年‥」

相続時精算課税(*)の届け出を済ませてあるということかしら。
だったらいいんだけど。

(*)相続時精算課税:贈与と相続を合算できる制度。

ただし、この制度の控除額は2,610万円。
相談者はこの額をわざわざ400万近くオーバーしてるから、そんな制度は頭になく、単に相続の前渡しのつもりのような。

 

で、届け出がなければ普通に全額が贈与。

娘が今年の3月15日までに納めなくてはいけなかった贈与税額は、

(3,000万ー110万)✕45%-265万=1,035万5千円也

今はこれに延滞税が日々加算されていっている。
アーメン。

今からでもいいので、上に書いた相続時精算課税の利用をオススメします。
全額戻させて仕切り直すか、それか貸し金の返済免除という形での贈与にでもすればええでっしゃろ。

ちなみにこれが相続だと3,000万円は基礎控除以内だから無税。
相談者が逝くのを心待ちにされるのが欠点。

あと、贈与の年間基礎控除は110万円だから、友人への100万円は何も気にしなくていい。

 

パーソナリティ: 田中ウルヴェ京
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 関西なまりの女72 ひとり暮らし 夫は3か月前に他界 遠方に住む娘37

田中ウルヴェ京:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願い致しま、すう。

田中ウルヴェ京:
まず、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あなたの年齢を教えてください。

相談者:
はい、72歳です。

田中ウルヴェ京:
72歳。はい

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ご結婚はされてますか?

相談者:
三ヶ月ぐらい前に、主人を亡くしたんです。

田中ウルヴェ京:
あ、そうですか。
今は、お一人で住んでらっしゃいます?

相談者:
そうです、はい。

田中ウルヴェ京:
はい、わかりました。
今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
わたくし、あのお・・介護の二級なんですねんね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、これあのお・・めまいとね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
腰も、2回ほど手術しましてね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、それがだんだんだんだん悪くなってきて、「最終的には、車椅子になるやろう」いうて、いうことでね?

田中ウルヴェ京:
まだ、歩いては、いらっしゃるんですか?

相談者:
歩くいうても、家の中だけでね?

田中ウルヴェ京:
は・・

相談者:
外は、やっぱ、怖いです。

田中ウルヴェ京:
そうすると、お家だけで、しか、歩くことは、できにくいということですね?

相談者:
そうです、そうです、そうです。

田中ウルヴェ京:
はい、わかりました。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい、それで?

相談者:
私の友人、がね、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
まあ、私の、あのお・・介護?・・の、あのお、お手伝いってなんですけども・・ヘルパーさんは入ってるんですけども、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
病院行ったりとか、そういうふうなのは、こう、付き添いでね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
してくれるんですね。
それでわたくし、あの、犬飼ってるんですね。
あの、チワワ。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
うん、んで、この子がね、もう13歳になるから、もう、そろそろもう、年齢も年齢でえ、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
もう、いつ、ね?、亡くなるやらわからないって。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それでね、そのままほっといて、死なれるのも辛いから、自分のできる限り?、のことしてあげたいと思うから、病院に連れて行くのね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
彼女が手伝ってくれるわけなんですねん。うん・・

田中ウルヴェ京:
そうか、病院などは、行かなきゃいけない時もあるから、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そんな時は、お友達が、病院に、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
行ってくださってるんですね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
そうです、そうです、そうです。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それで私自身も、介護を、受けてますでしょう?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、やっぱりこう、なに、あのお、ヘルパーさんに買ってきてもらうものいうたら、もう、おんなじものば、っかりですからね、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
どうしても、もう、何?もう、食べたくなくなるんですねん。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それであのお、たまに?、車あ、で、買い物連れて行ってくれるんですね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それであの・・自分の好きなものを買って、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それでまた家、まで、送ってきてくれるんですねんね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
だからあの、そういったことを、こう、してくれる、彼女、ですのでね、まあ、私ももう、あの、毎月一応、彼女は、こう・・ビールが好きですからね?

田中ウルヴェ京:
はい・・

相談者:
ビール。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
◆#$%□あのお・・ちょっと毎月、差し上げてるんですけれども、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それ以外に、これから先ね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
あ、娘はいてるんですけどね?

田中ウルヴェ京:

相談者:
娘はね、遠方の方に行ってますのでね、

田中ウルヴェ京:
あ・・(ため息)

相談者:
私が何かなったから言うても、すぐ来れないんですねん。

田中ウルヴェ京:
うんん。

相談者:
だから、あの、その・・彼女がね?、そういうような時はね、「ちゃんと私がしてあげるから」って、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
うん、で、最後の、

田中ウルヴェ京:
ちょっとこの・・お友達は、近くに住んでらっしゃいますか?、あと、何歳か教えていただけますか?

相談者:
はい。
えっとねえ、車で言うたらね、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
10分ぐらいかな。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それで、歳は60歳。

田中ウルヴェ京:
60歳の方。
お友達とおっしゃいましたが、長いお友達でしょうか?

相談者:
そうですね。
もう、15年ほどなりますかねえ。

田中ウルヴェ京:
あああ、そうですか。

相談者:
ええ

田中ウルヴェ京:
どのようなきっかけで、お知り合いになったお友達ですか?

相談者:
えっと、私、あのおおおお、60歳まででね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
スナックやってたんですねんね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
その時の、お客さん。

田中ウルヴェ京:
ああ、そうですか。

相談者:
うん。ふんで、私、60なってから、もう、やめたんですねんね?、スナック。

田中ウルヴェ京:
はい、はい。

相談者:
で、そっからずうっとね、お友達として続いてるんですねん。

田中ウルヴェ京:
ああ、わかりました、ありがとうございます。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
それで、どのようなご相談でしょうか?

相談者:
その彼女にね、やっぱりお礼ね、これから先ね、もう、私、言うてるんですけども、娘ええ、(吸って)あてにできないのでね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
もう、盆も正月も帰っても来ないし、電話もかかっても来ないしいう感じでね、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それで・・こんなこと言うのなんですけども、あの子に、私が死んだ時のね、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
相続みたいな感じで、3000万円あげたんですね。

田中ウルヴェ京:
お嬢さんに3000万円をすでに、あげたんですか?

相談者:
うん、うん、うん。そう。

田中ウルヴェ京:
ごめんなさい、お嬢さんの、私、年齢聞いてなかったですね。◆#$%

相談者:
37。

田中ウルヴェ京:
37歳。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい。
で、その方は、もう遠く、離れてて、ご結婚されてます?

相談者:
結婚してます。

田中ウルヴェ京:
で、何年ほど前に3000万はあげたんでしょうか?

相談者:
それはあ、去年です。はい。

田中ウルヴェ京:
去年にあげた、そうですか。

相談者:
はい、はい。

田中ウルヴェ京:
これは、亡くなる前・・なわけですから、あなたはどのような、内容という意味で3000万お渡ししたんでしょう。

相談者:
銀行預金ですか?

田中ウルヴェ京:
・・

相談者:
娘の名前で、ずうっと私が、貯金、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
して、ましたからね?

田中ウルヴェ京:
なるほど。

相談者:
だからもう、その分を、もう、「あげる」言うて・・

田中ウルヴェ京:
・・なるほど・・

相談者:
もうあのおおお、死んでからもらうのも、生きてもらうのも、どっちにしよ、もう、あなたの名前でね、ちゃんとあのお・・

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
貯金してあるから、もう、先あげる、いうことでね?

田中ウルヴェ京:
ああ、わかりました。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、それをもう、お渡ししたということですね?、もう本人に。

相談者:
そうです、そうです、そうです、はい。

田中ウルヴェ京:
はい、はい。

相談者:
で、あのおおお、それでももう何?、喬美のこういうのはもう・・「それとこれとはまた別や」いうな感じで、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
薄情ですからね?

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
だから、こうなにいい・・その友達?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
ね、その方が、いろいろと私の世話をしてくれるんですねんね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
何かあったら、こうなにい・・まあ、その方は、お昼はお仕事行ってますので、あのよ、仕事の帰りよってからとか、仕事の休みの時とか、そういうふうな時に来てくれる・・たりとかね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
そんな感じであの、色々とまあ、あの、私いい、が、ちょっと用事のある時は、もう・・その分、動いてくれるんですわ。

田中ウルヴェ京:
うん、で、こ、

相談者:
うん、だから、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それで、まあ、私が死んだ時ね?、「もう、あなたお願いするわね」って、私もう、最初から言うてるんですね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、「互助会にも、ちゃんと入ってあるから」言うて。
で、「お金の分も、あの、互助会の方で、こうなに?、あのおおお、貯めていってるから」言うて・・

田中ウルヴェ京:
うん、あの・・

相談者:
で私は、

田中ウルヴェ京:
この、お友達には、毎回、お支払いなどはせず、に、ということですよね?、今ね?

相談者:
そうです。あの、ビールだけ、差し上げてるんです。

田中ウルヴェ京:
ビールだけは、お渡ししてるけれども、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
例えば、「時給いくらね」とか、そういうような、関わり方はしてらっしゃらないわけですね?

相談者:
あ、し、あ・・してません、してません、してません。

田中ウルヴェ京:
はい。
で、ご相談は、何になりますかね?

相談者:
あのねえ、もう、これから先、自分自身もね?、体がひどくなっていってますのでね、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
自分でわかるんですね、もう・・家の中ででも、車椅子いうな感じになると思いますのでね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
その友達に、やっぱり、これえ・・色々と、もっと、迷惑かける形になるからね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
先渡しでね?

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
彼女に、100万円あげようかなと思ってるんですねん・・

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
それ、先渡しした方がいいか、もうちょっと後の方がいいか、いうのね、

田中ウルヴェ京:
は・・

相談者:
それ、ちょっと・・ご相談したいなあと(含み笑い)思いましてね・・はい。

田中ウルヴェ京:
あ・・どっちがいいだろうと、悩まれる理由は何か・・ありますか?

相談者:
人間ってやっぱりほら、お金入ったら、人変わるでしょう?

田中ウルヴェ京:
なるほど。

相談者:
娘も、コロッと変わりましたからね?

田中ウルヴェ京:
あ、そうすると、あなたの、お気持ちとして本当はあげたいんだけれども、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なんかあげちゃうと・・関係性が変わっちゃうんじゃないかしらと。

相談者:
そうです、そうです。

田中ウルヴェ京:
うん、うん。
でも、なんか、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あげちゃって、あなたの、今までやってくださったことを、やってくれなくなっちゃったりしたら、困るし、寂しいしってこと、かな?

相談者:
はい、はい。

田中ウルヴェ京:
うううん・・これは、難しいですねえ、確かに。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なるほど。
そうしましたら今日のご相談は、あなた自身が、体のことがいろいろ・・問題が抱えていること、ご自身がまずわかっていて、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ね。
でも、お友達がとても助けてくださっているんだけれども、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お金を渡していいものか?という、ご相談でよろしいですか?

相談者:
はい、それで結構です。

田中ウルヴェ京:
ん。
わかりました。今日の回答者は、弁護士の坂井眞先生です。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
坂井先生、お願いします。

(回答者に交代)

「ママと客から続く縁。娘の二の舞いは避けたい厚意の介護に百万円のあげ方」への11件のフィードバック

  1. 放送でカットされたのかも知れないけど、娘さんへの生前贈与について、
    弁護士さんのコメントを聞きたかった。

  2. 商売をやっていたので、税の知識はあるはずですが、
    管理人さんの言うとおり、3000万の贈与税を納めたのか、
    まだ収めていないのか、贈与税を知らないのか、気になった。
    今回の相談には直接関係ないけれど、田中さんも坂井先生も、
    なぜ贈与税に一言も触れないのか?
    単なる見栄で、3000万あげたと言っているのだろうか。

  3. 坂井先生のおっしゃる通りだと思います。お金を渡した瞬間から「好意」が「義務」になってしまい、お友達の精神的負担が大きくなってしまいますからね。

  4. ご相談者さん、後期高齢者まであと2・3年ですから、早目に相続・贈与の税金面を解決して、出来るだけ介護にならないような余生を望みます。

  5. スナックのママさんっていろんなお客さんを接待したり、その話を聞いたりすることで間接的に人間関係に長けていくものかと思っていたけど、こんな基本的な事もわからないのかと思いました。

  6. ビールor百万円。極端だなあ。
    間を取って、車を出してくれたらいくら病院に連れて行ってくれたらいくら、とキッチリ決めてその都度お支払いしたらいいのではないか。
    いくら好意とはいえ、ガソリン代や時間を使ってもらっているのだから。
    友達やのに水臭い!って大抵の人は言わはるだろうけど
    お友達だからこそ、小額のことはキッチリしておいた方が良いと思う。

    それに、お嬢さんへの贈与もだが、先にドーンとお金貰ったら
    これに見合う分尽くしてね☆と言われてるみたいでプレッシャー感じると思う。お嬢さんが寄り付かないのもそう感じたからかも。

  7. この相談者、2021/7/27の相談者と同じタイプと見受ける
    見返りのない親切に居たたまれなさを感じる性分なんだろうな
    だから、娘にも友人にも、目に見える形で即物的なお礼をしないと気が済まないんだろう

    それにしても、夜の世界で生きて来た割には、大金を持つと人は魔が差すことがある、ってことが頭からぽっかり抜け落ちてる
    実の娘だって、そんな大金がいきなり降ってくりゃ変な気も起きるだろうし、そもそも元々の親子関係も即物的な関係でしかなかったのかもしれない
    この友達だって、桁は一つ違うけど、同じことが起きないとも限らない

    坂井先生とウルヴェさんのアドバイスで、ビール一本でも感謝は伝わるし、感謝の度合いは金額の多寡じゃないし、そういう人間関係もあるんだってことに気づけたのなら何よりだけど

    しかし、「娘の名義で私が貯めた」って、名義預金だって公共の電波で白状しちゃってるんだもんなあ
    娘さんが大きな買い物でもしたら、税務署が目ざとく動き出すだろう

  8. 「こんな、遺言書かいたよ~」と言ってしまいそうな勢いですね
    ちょっと恩着せがましいのかな~~?

  9. あげすぎ。お金があるないにかかわらず、私は誰に対しても同じでいいと思ってます、子供や親族であっても同じ。ちゃんときっちりと、お世話に
    なった相応のお礼で、それ以上も以下もない。だって、長く生きるかもしれないのに、息切れ、お金切れし、楽しく生きれない!

  10. (そうです、そうです、そうです。)×3
    気になる〜❤︎

  11. 今は亡き義母はわたしがお世話することがあると10回に一回くらいお金をくれました。金額はその時によって三千円とか五千円とか一万円とかバラバラでした。今思えばランダムな感じで気がラクでした。ありがたかったです。ちなみに義母は「私の死後は◯◯さん(=私)へ二百万円くらいあげてね」と息子(=私の夫)へ口頭で伝えていたそうです。しかし実際は夫の事業の運転資金へ回されました。あとでその話をきかされ、ちょっと残念に感じましたが、義母の遺してくれたお金が夫の助けになったのですから感謝です。(なんとかコロナ禍を乗り切れました。)私を評価していてくれた義母の気持ちだけは受け取れたのでうれしかったです。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。