結婚1年で夫が倒れてリハビリ生活、子どもも望めない。離婚したい妻は薄情か?


テレフォン人生相談 2018年3月1日 木曜日

甥は脳梗塞で必死にリハビリ中。しかし嫁は「夫は何もしない。今後が不安だと」と離婚話に。愛のない嫁に腹が立つ。叔母としてどうすべきか?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女53歳 甥っ子(姉の息子)35歳 甥っ子の嫁35歳 結婚3年 子どもはいない

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

柴田理恵:
はい。
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっと、甥っ子が、

柴田理恵:
はい

相談者:
病気になって、あの・・

柴田理恵:
は・・

相談者:
お嫁さんと、今ちょっとあの・・離婚の事で、揉めてまして、その間にわたしが入ってるんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
お嫁さんと甥っ子の考えが違うので、その、わたしい、も、なんかそのお嫁さんの意見に・・なんで、反論できなくなって来たっていうか・・

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ

相談者:
うーん

柴田理恵:
えっと、まず、あのお、あなたおいくつですか?

相談者:
わたし53歳です。

柴田理恵:
53歳・・

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。
甥っ子さん・・

相談者:
はい

柴田理恵:
っていうのは、

相談者:
35歳です。

柴田理恵:
35歳・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ど、どなたの甥っ子さんっていうか・・

相談者:
えっと、あたしの姉の息子です。

柴田理恵:
・・はい

相談者:
で、お嫁さんが・・

柴田理恵:
うん

相談者:
多分同い年だと思うんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
35歳。

柴田理恵:
うん、あんまり夫婦仲が良くなくて揉めてらっしゃるんですか?

相談者:
甥っ子が、

柴田理恵:
うん

相談者:
えーと、2年前に、脳梗塞をやりまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
それで・・今まだリハビリ中なんですけど、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
そのリハビリ中で、

柴田理恵:
うん

相談者:
お家で1人でリハビリをしてるんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
お嫁さんは「家(うち)で遊んでて何もしてない」っていう感じで、
・・疲れて帰って来てるのに家(うち)で遊んでるの見てると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
その・・ちょっとイライラするので、
「もうこんなのでは将来やってけない」っていう事で、「離婚したい」っていう事言われるんですけど、

柴田理恵:
あ、甥っ子さんが・・
「何にもしてない」って言うんですか?リハビリを・・ちゃんと・・

相談者:
あ、リハビリはしてるんですけど、そのリハビリは・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、多分何もしてない事に・・見えるんだと思うんですよ。

柴田理恵:
あ、お嫁さんがそういうふうに言うんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーふんふんふんふん・・でも、ちゃんとリ、リハビリはなさってるわけでしょ?

相談者:
あ、聞いたら「1日3時間」・・「頑張って」・・「練習してる」って言うんですけど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・で、やっぱり3時間もやると疲れるらしいんですよ。

柴田理恵:
はいはい

相談者:
で・・本人もやっぱり手足が不自由なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、お風呂掃除とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
掃除機掛けるとか洗濯物畳むぐらいしかできなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
お料理とか包丁が、あの、持てないので・・
「できない」っていうんですよ。

柴田理恵:
あ、あの甥っ子さんが家事もなさってるんですか?

相談者:
あ、家(うち)に、できる事だけはやってわけです。

柴田理恵:
はあー

相談者:
はい

柴田理恵:
でもリハビリもなさって、家事もなさって、風呂掃除もなさって大変ですね。

相談者:
で、わたしはそう思うんですけれど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
お嫁さんにしたら「何もしてない」って言われるんです。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
で、甥っ子は、

柴田理恵:
うん

相談者:
4年前に、

柴田理恵:
はい

相談者:
心筋梗塞もやってて、

柴田理恵:
はい

相談者:
その時に、多分、
「将来的に脳梗塞をやる可能性がある」ってお医者さんに言われてるはずなんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・それで・・分かった上で3年前に結婚してるんですよ。

柴田理恵:
はあー

相談者:
で、それで更に最近・・病状の方が思わしくないらしく「また再発の可能性がある」ってお医者さんに言われたのが更になんか、お嫁さんには許せなかったらしくて、

柴田理恵:
「許せない」とはどういう事?

相談者:
あの、「もう将来が不安だからもう耐えられない」みたいな。

柴田理恵:
あー、お子さんはいらっしゃるんですか?このご夫婦に。

相談者:
いないです。

柴田理恵:
いない?

相談者:
はい

柴田理恵:
なんか話、聞いてると、あんまりお嫁さんの方には・・愛がないみたいな感じですね?(苦笑)

相談者:
あたしもそう思いました、はい。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
そう、それであのお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
甥っ子の方には、あの「じゃもうちょっとできる事我慢し頑張ろうね」って言ったんですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
なんか言って来る事がどんどんエスカレートしてくのでわたしも、あの
「ちょっとあんまり酷いんじゃないの?」ってこう、ちょっと言い返してしまったんですけど、

柴田理恵:
お嫁さんに?

相談者:
はーい

柴田理恵:
うん

相談者:
そしたらなんか「そんな風にわたしを見てる」って言って更に、お嫁さんに言われたんですけど、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
うーん

柴田理恵:
なーるほどねえー・・

相談者:
で、お嫁さんの、き、あの、3き、電車で30分ぐらいのとこに、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、お嫁さんのお母さんが住んでるんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・えっと、病気で、

柴田理恵:
はい

相談者:
退院した時に、
「1人で看るの大変だから、あの、家(うち)に来て、一緒に看ない?」って言われたので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ただその時、お嫁さんは「一緒に住みたくない」って言ったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
「じゃあ2人で頑張ろうね」って言ってて、さいす、もう2年ぐらい経って、お嫁さんが
「最近辛くなって来た」って言うので、「じゃあ、前にあの、お母さんが『一緒に住もう』って言ってたので」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「お母さんにもう一度相談してみたら?」っていう話を、お母さんに相談したら・・お母さんは、
「そんな病人が家(うち)に入れたら生活が振り回されるから嫌だ」って言われたんですよ。

柴田理恵:
あはあ

相談者:
で、更にお母さんが、

柴田理恵:
うん

相談者:
最近「そんな病人で、働かないし」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「子どもも将来的に見込めない人だったら」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの「もう離婚して帰って来たら?」って言うので、更にお嫁さんがこう・・なんか心が揺れてるみたいで・・

柴田理恵:
あー、お母さんの方からも勧めるわけですね?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
・・じゃ、あなた、的には、このご夫婦の間あ、を・・どう取り持ってあげたらいいのか?っていう事を・・

相談者:
そうなんです、取り持ってあげたいんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・ただ・・もう・・ね?、なんか、わたしい、もそう、なんかあーいう話を聞いてて段々イライラして来るっていうか、お嫁さんの考えに(含み笑い)・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
付いて行けないっていうか。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん

柴田理恵:
でも、こ、もう・・愛情がない感じがする・・人と・・甥っ子さんは生活してて幸せなんだろうか?ともちょっと思いますよね?

相談者:
はい、思います。

柴田理恵:
うんー・・でも、甥っ子さん的には?・・やっぱりい・・一緒に暮らしたいって・・

相談者:
はい

柴田理恵:
それでもそのお嫁さんの事が、す・・好きなわけですよねえ?

相談者:
はい。
ただ仕事の方もやっぱりあの、心筋梗塞と脳梗塞をやってるので中々採用はされないんですよね。

柴田理恵:
そうですねえー。

相談者:
はい

柴田理恵:
まずそっちの、甥っ子さんのこの生活の方をきちんと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
しない事には・・中々ね?

相談者:
そうなんです。
で、わたしは生活の質を落とすように言うんですけど、それも中々できないみたいで・・

柴田理恵:
ん?「生活の質」とは?

相談者:
アパートをもっと安いとこに引っ越すとか。

柴田理恵:
あー

相談者:
なんか、色々理由をつけて引っ越そうとはしないんですよね。

柴田理恵:
それは、お嫁さんの方が?

相談者:
りょ、両方です。

柴田理恵:
両方?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
うーん

柴田理恵:
・・あのお・・甥っ子さんのお母さんは・・

相談者:
はい

柴田理恵:
なんておっしゃってるんですか?

相談者:
お母さんは、

柴田理恵:
うん

相談者:
「帰ってくんなら帰っておいで」って言って、んで、本人が「帰りたくない」って言ってるんです。

柴田理恵:
お母さんのところに?

相談者:
はい

柴田理恵:
あのお、その甥っ子さんのお母さま、つまりお姉さんは・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、お家、持ってらっしゃるんですか?

相談者:
はいはい。実家で、自営業やってます、はい

柴田理恵:
あ、自営業やってらっしゃるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
あー・・じゃ本当はそこに・・行くのが一番安心ですよね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ご実家の方でお仕事探すっていう事も考えられる話ですよね?

相談者:
そうです、はい

柴田理恵:
うーん

相談者:
お嫁さんも一度、

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういう離婚話の前に1回、「1度実家に行って距離を置かないか?」って話はしたらしんですけど、

柴田理恵:
ん、実家って・・

相談者:
本人は「行きたくない」ってやっぱり言い張ったらしいんですよ。

柴田理恵:
はあー・・おい、甥っ子さんとお、そのお・・あなたのお姉さん、の間は、仲はあんまり良くないんですか?

相談者:
あ、そんな事ないです。

柴田理恵:
そういう事はないんですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
ふーん・・なるほどね、まだ・・

相談者:
ただ単に甥っ子がこっちにこだわってるだけなんですけど。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん・・若いからね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん・・でも、そ、こを説得するしかないですよねえ・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
・・ちょっと先生に、聞いてみましょうかね?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。
それでは、えー今日の回答者の先生は弁護士の、大迫恵美子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

柴田理恵:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「結婚1年で夫が倒れてリハビリ生活、子どもも望めない。離婚したい妻は薄情か?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。