伝説のガチャ切り引退教師。ダンベル振り回す引きこもり息子

テレフォン人生相談 2007年2月8日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 高中正彦(弁護士)

相談者: 女65歳 夫は2年半前に亡くなって一人暮らし 長女39歳 引きこもりの長男30歳

今日の一言: コミュニケーション出来ない人は人間関係の距離感がありません。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもしー

加藤諦三:
はい、テレホン人生相談です

相談者:
はい、こんにちはー

加藤諦三:
こんにちは、最初に年齢を教えて下さい。

相談者:
わたくしは65歳

加藤諦三:
65歳、えーと、結婚されています?

相談者:
わたくしはしております。

加藤諦三:
はい、ご主人何歳でしょうか?

相談者:
2年半前にー、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、天国行っちゃいました。

加藤諦三:
あ、そうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると今はお一人で生活してるんですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
長男が今わたくしが買ったマンションに一人で住んでるのね。

加藤諦三:
はい、子供は何人いるんですか?

相談者:
子供は二人です。
長女があ、39歳

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が30歳。

加藤諦三:
30歳、で、長男はまだ結婚してないわけですね?

相談者:
はい、引きこもりです

加藤諦三:
あ、長男引きこもりですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
引きこもりってことは、一人で生活してるってことは食事は自分で作ってるわけ・・

相談者:
えぇ、あのねぇ、父親がね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、調理師でしたから

加藤諦三:
はい

相談者:
ほいで、わたくしが、あのー、どっちかというと世間と反対で、

加藤諦三:
ええ

相談者:
私は外へ出て働く人、

加藤諦三:
はい

相談者:
夫は主夫をやる人でしたのよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
ですから

加藤諦三:
はい

相談者:
ずっと小さい時から父親がやる、あのー、お三度を見てましたからね

加藤諦三:
はい

相談者:
とても上手なんです、ですから、それで困らないんですね。
お食事の事はね。

加藤諦三:
完全に引きこもりと言っても、

相談者:
えぇえぇ

加藤諦三:
要するに、職業に就いてないという意味で、

相談者:
そうです、そうです

加藤諦三:
ということですね?

相談者:
はい、そのとうりです

加藤諦三:
それで就職活動もしていない

相談者:
えぇえぇえぇ、もちろん、もちろん。
このね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
平成9年からあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのマンションわたくし買いましたのが、9年でしたから

加藤諦三:
はい

相談者:
その・・、あ、高校卒業して、英語の学校に

加藤諦三:
はい

相談者:
1ヶ月半通ったんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
五月のその連休の後からね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのー「僕は通信制にしたい」と、

加藤諦三:
はい

相談者:
通うとなんだか混んでてね、くたびれると。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしてあのー(笑)…通信制にすると言ったから、「まあいいでしょう」とか、わたくしもその頃、働いていて、もう、あの、朝早くから夕方7時8時までねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのー、お勤め、教員で…学校・・に勤めてたもんですからね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほいで、父親もほら、あのー、自分勝手な人ですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
パチンコばっかりしてましたから、その頃ね。

加藤諦三:
はい

相談者:
一応、あのーお食事は作って

加藤諦三:
はい

相談者:
おいて、そして遊びにいっちゃうわけね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ふふ…そういう家族でしたからねえ。

加藤諦三:
ええ、それでいつ頃からですか?

相談者:
えっと二月だったかしら…

加藤諦三:
ようするに、あのー、学校に行かなくなりだしたのはいつ?

相談者:
あぁ、学校に行かなくなりだしたのは、平成8年の、えーっと

加藤諦三:
そうすると10年間くらいは働いていない?

相談者:
えぇえぇ、そうですね。

加藤諦三:
で、え、一人で生活している?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その父親がいる時には、

相談者:
はい。

加藤諦三:
貴方は一緒に住んでなかったわけですね?

相談者:
住んでましたよ、ずっと。

加藤諦三:
そん時は…

相談者:
父親がね、

加藤諦三:
はい。

相談者:
父親がね、息子にね

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのー、ちょっと、あの、やられそうだなと。
恐くてほら、息子がほら、ダンベルでね、脅したりするもんだから、

加藤諦三:
要するに、やられるかもしれないというのは家庭内暴力という事ですか?

相談者:
そうですね、間接的に。
直接的は、ほら、あのー、打撃与えないんだけど、壁にい、ぶつけてダンベルをね、

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、夫がほら、脅かされるわけね。

加藤諦三:
はい。

相談者:
それから夫が作った色んな机とか

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、そういうのを、あのー、やった物を全部ね、片っ端から壊しましたね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それから食器なんかも、もうね、あのー、ダンベルでみんなね、粉々にしちゃったり

加藤諦三:
はい

相談者:
それから茶箪笥のガラス戸がありますでしょ?

加藤諦三:
はい

相談者:
そいうのもねぇ、畳の上に並べてね、ダンベルで片っ端からね、粉々にしていっちゃうわけ。
夜中のうちにそれやっちゃって、

加藤諦三:
はい

相談者:
そうすると、父親がほらドキドキしちゃうわけですよね、そういう音を聞くと。

加藤諦三:
はい

相談者:
うん、それで出て行っちゃったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
あのアパート借りて。

加藤諦三:
父親が?
で、あなたは、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのー長男のこういう、その引きこもり、

相談者:
はい

加藤諦三:
あるいは暴力を

相談者:
はい

加藤諦三:
の、原因をどう考えてます?

相談者:
まず、お友達にいじめられたことお、で、すごい、えー、自分に自信がなくなったことと、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから結局口で言えないからあ、手で出ますわよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
表現力がやっぱしねえ、あのー身に付けさせてあげてない。
私のちょっと不手際なんですけどね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
職場でえ、100%ほらー、エネルギー費やしてきて、お家帰ったらね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのー、子供の事にもう、くたびれ果てちゃってね。

加藤諦三:
はい

相談者:
夫にほら、「何とかしてよ」って感じで、

加藤諦三:
ええ

相談者:
いつも、「男の子だからお父さん、よろしくね」、とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、お姉ちゃんの方は私がしっかりやりましたからね。
あのーちゃんとしたあの、会社に勤めて、子供二人育ててね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、幸せには暮らしてるわけだから、

加藤諦三:
はい

相談者:
まさか我が息子が、

加藤諦三:
はい

相談者:
こんな状態なるなんて、ほんとに思ってもみなかったから、いつかはきっとね、私の、あのー思った通りの?、普通の、あの生活に戻るって、もう自信はあったわけですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
うーん

加藤諦三:
今日の貴方の相談っていうのはどういう事ですか?

相談者:
あ、私がそのマンションに自分のマンションだから、

加藤諦三:
はい

相談者:
入りたい。
かなり高いマンションですから。

加藤諦三:
はい

相談者:
あのー、退職金でも返しきれなかったですからね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ、ですから、あのー、やっぱしそのマンションを、売るとかね、して

加藤諦三:
うん

相談者:
今後のほら、生活しなきゃいけないかな、とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう今、時期に立たされてるんですよね。

加藤諦三:
うん・・
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに弁護士の

相談者:
(笑)すみません

加藤諦三:
高中正彦先生がいらしてるので

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、伺ってみて下さい。

相談者:
宜しくお願いします。

(回答者に交代)


「伝説のガチャ切り引退教師。ダンベル振り回す引きこもり息子」への8件のフィードバック

  1. 10数年前か、、
    今ごろどうされてるんですかね。。
    悔い改めてると良いのですが。

  2. これが伝説のガチャ切り相談者。
    酷い…
    仕事が忙しいのを口実に息子を一切顧みてこなかったことに対して、何の良心の呵責もないし、むしろオンナだてらに教師をして、一家の大黒柱してた立派なワタシ、どうよ!!
    という荒い鼻息を感じます。

    要するに、相談者の家庭には、まともな父親も母親もいなかった。
    姉がまともに育ったのは、親を反面教師にしたのでは。
    弟は親をそうやって見切れなかったから、壊れてしまったのかも。

    この人、教師としての質も知れますね。

  3. 「先生」と呼ばれる職業の人って、自分のことを「偉い」とか「自分は一段上の人間なんだ」って思いがちになる、と聞いたことはあったけど、まさに典型的なタイプですね。

    旦那さんはギャンブルしたくてギャンブルしてたんじゃなくて、家から逃げて家の事を忘れたかったんだろうね。
    息子も、親父だけが逃げて行って羨ましいから八つ当たり。
    おかんには怖くてぶつかれないから…そして今も母から逃げてる。
    そして最後にこの女は自分が勝てない「=自分より上」の人間から逃げていった…。

    上下に縛られた悲しい家族。
    原因は誰より上下に拘るこの女。彼女が全てを狂わせてる。

  4. 伝説のガチャ切りを聴きました。こんな人が教師をしていたの??本当に恐ろしくてショックです。うちの子供の担任だったらと思うと、耐えられない

  5. これはこれで人生楽しそう。ただし、相談者の歩んだ後には屍が塁々としているけど。
    本気で息子の引きこもりを解決する気は無い。テレ人含めて20件程相談漂流したのも、自分のガス抜きと解決のポーズを一応取るため。自分のシナリオから零れた息子を誰にも知られずに捨てる魔法の言葉は欲しいけど。
    娘と相談した形跡は無いから疎遠だろうし、友人云々も嘘だろう。教え子の存在を尋ねられて黙った相談者自身も自分の人望の無さは自覚している。高圧的な言葉とは裏腹の、人間関係は鍍金だらけ。
    自己愛が突出しており、自分を中心に地球が回っているのが相談者のデフォルト。とにかく自分自分自分。自分の罪の重さに堪えない姿勢はある意味凄い。

  6. 子供の引きこもりは私のせいなのはそりゃわかってるけど
    でも私は稼ぎが悪い夫かかえて立派に勤めたし、教員って言うのは大変な仕事で子供に歩み寄る時間がないんだからそんなこと言われても仕方ないでしょ?理解してくださる?でもこれじゃ困るのでこの状況の解決方法を教えてちょうだい?って言う事ですかね。
    この人自身がこういう「上の」人になるように頭ごなしで育てられたんでしょうねえ。自分の生き方を自負にしちゃっているので変わらないでしょう。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。