嘘つき男と同棲1年。39歳女性からの恋愛相談


(回答者に交代)

三石由起子:
えっとねえ、

相談者:
はい。

三石由起子:
こういうときってさあ、他人のアドバイスって、何の役にも立たないんだけど、

相談者:
ええ。

三石由起子:
あなたが、頭がグジュグジュになってるからあ、

相談者:
はい。

三石由起子:
はっきりさせなきゃいけないのね。

相談者:
はい。

三石由起子:
で、一つひとつ、そのお、グジュグジュを、

相談者:
はい。

三石由起子:
クリアにしていくためにはさ、

相談者:
はい。

三石由起子:
これ、やり方簡単で、

相談者:
はい。

三石由起子:
まず別れるって決めるんですよ。

相談者:
はい。

三石由起子:
別れるって決めてえ、も、別れるって方向に準備するのね。

相談者:
はい。

三石由起子:
そのときにねえ、

相談者:
はい。

三石由起子:
もし別れられないとなったらねえ、

相談者:
はい。

三石由起子:
そら、ほんとに別れられないときって、別れられないのよ。
どうやって準備しても。

相談者:
はい。

三石由起子:
だから、どうしようかっていうことでは、これ出来ないんでね。

相談者:
はい。

三石由起子:
そうするとね、

相談者:
はい。

三石由起子:
どうしても、別れられないっていうときにはね、

相談者:
はい。

三石由起子:
あなた、観念しなさい。

相談者:
はい。

三石由起子:
あのね、あの、奥さんとメールをやり取りしないで欲しいとかあ、もっと、事務的なことだけであって欲しいとかって、

相談者:
はい。

三石由起子:
もし、あなたが言えばね、

相談者:
はい。

三石由起子:
それはねえ、相手の男はね、隠れてコンタクトをとるか、

相談者:
ええ。

三石由起子:
あなたに嘘をつくか、

相談者:
はい。

三石由起子:
2つに一つですよ。

相談者:
ええ。

三石由起子:
どうしたってそうなるんだから。

相談者:
うーん。

三石由起子:
ね。
例えばね、

相談者:
はい。

三石由起子:
あなたさあ、その奥さんが、彼の、最初の子供をね、

相談者:
はい。

三石由起子:
楽しく・・うー、幸せにやってますよおって、報告って、

相談者:
はい。

三石由起子:
実はありがたいことでさあ。

相談者:
ええ。

三石由起子:
うん。
もし、あのお、今の、あのお、奥さんの夫っていうのは、

相談者:
はい。

三石由起子:
わが子じゃないわけですからね、その、最初の子は。

相談者:
ええ、ええ。

三石由起子:
もう、邪魔だから、あなた引き取ってくださいって言われたら、どうします?

相談者:
・・
ふうん。

三石由起子:
そしたらねえ、

相談者:
はい。

三石由起子:
奥さんがさあ、幸せに写真送って・・きてくれるのは嬉しいことじゃん。
お!、そっちはうまくやってくれてんのか、と。
そういうことまで、考えて、とにかくね、

相談者:
はい。

三石由起子:
別れるって方向で、一度、こう、腹を決めて、整理をしてみる。

相談者:
はい。

三石由起子:
そしてもし、別れられないときにはあ、

相談者:
はい。

三石由起子:
もう居直ろうよ。

相談者:
はい、結局、なんか、ま、私も、言えないんだけど・・出て行くのなら、出て行けば、っていう風に言うんですが、実際は、

三石由起子:
だからさ、出て行くんだったら出て行けば、っていうのが甘ったれてるっていうの。
私はあなたと別れます、と言えるかどうかよ。

相談者:
・・
ええ、ええ。

三石由起子:
あなたが・・ね、そういう、強く言えばね、

相談者:
はい。

三石由起子:
男は、あなたを・・泣いてすがって、頼むから別れないでくれ、って言ってくれる男じゃないと思う。
こういう男は。

相談者:
うーん。

三石由起子:
だから、あなたは出来ないのよ。

相談者:
うん、そうですね。

三石由起子:
だから、出来ないことを分かってるはずだしい、

相談者:
はい。

三石由起子:
想像ついてるはずなんですよ、あなたは。
あなたが別れられるときってね、ケースは一個しかないですよ。

相談者:
ええ。

三石由起子:
あなたに新しい男が出来たときです。

相談者:
ああ、はい。

三石由起子:
うん、それ以外は、あなたは別れられないの。

相談者:
ええ。

三石由起子:
それだったら、もう、逆にねえ、

相談者:
はい。

三石由起子:
結婚してくれ、って迫るしかないですよ。

相談者:
・・
はい。

三石由起子:
そしたらね、あなたね、安定するじゃない。
結婚してくれって言われたときに逃げられるってケースもあるんだよ。
だから、あなた、それも言えないわけ。
それをたぶんあなたは知ってるんだよお。

相談者:
うーん。

三石由起子:
だからね、知って・・いるのにい、あなたはねえ、悩んでるフリをしてるだけですよ。
悩みたいんですよ。
はっきりさせたくないだけですよ。

相談者:
・・
うーん。

三石由起子:
だからもう、あなたが条件つけて悩んでることじゃないの。
あなたは別れられないんです。
新しい男ができるまでは。

相談者:
はい。

三石由起子:
だったら、すべてを受け入れて今を楽しむしかないですよ。

相談者:
・・

三石由起子:
覚悟決めてえ。

相談者:
はい。

三石由起子:
何年か過ごすんだよお。

相談者:
はい。

三石由起子:
たった一回の人生なんだからさ。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
後悔のないように、

相談者:
はい。

三石由起子:
うん、ニコニコ笑って付き合ってるんだったら、ああ、優しい男なんだな、と思えばいいじゃん。
私、別れが言い出せないんだったらあ、

相談者:
はい。

三石由起子:
私を愛してるんだなと思えばいいんだよお。

相談者:
・・

三石由起子:
自分が考えて、楽しいように考えるしかないですよ。

相談者:
はい。

三石由起子:
しょうがないよ。

相談者:
うーん。

三石由起子:
うん。
どんどん、シワは増えていくんだしい。

相談者:
はい。

三石由起子:
うん。
今、可愛がられないで、いつ、可愛がられるのよお。

相談者:
うん。

三石由起子:
うん。
ほんと、ぶしぶし文句いってたら、嫌われるだけじゃん。

相談者:
そうなんです。

三石由起子:
そうだよお。
ラストチャンスじゃない、可愛い女でいなさいよお。
一生懸命磨いてえ。

相談者:
はい。

三石由起子:
化粧してさあ。

相談者:
はい。

三石由起子:
ニコニコ笑ってえ、頑張んなさい。

相談者:
はい(笑)

(再びパーソナリティ プラス三石)


「嘘つき男と同棲1年。39歳女性からの恋愛相談」への1件のフィードバック

コメントはお気軽にどうぞ