60年前に別れた父の遺産分割協議証明書が送られてきて悩む


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
あの、起きることですけど、人生、思いがけないことが起きますね、ほんとにねえ。

相談者:
そう・・はい(笑)

ドリアン助川:
是非、ご兄弟でもう一度会われて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今日の先生の話を持ち帰られて、

相談者:
あ、そうですね、あの、安心して

ドリアン助川:
相談されてみてください。

相談者:
あのお、あれ、話できると思います。

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
どうも、

相談者:
どうも、どうも、ありがとうございました。

ドリアン助川:
ありがとうございました。
失礼します。

相談者:
どうも、失礼しますう。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

出た。
わたしの大嫌いな、被せしゃべり(*)。

(*)被せしゃべり:
相手の話の途中で話し出すこと。俗語だけどね。

特に前半、何をそんなに慌ててんの?って感じ。
友近の大阪のおばちゃんって、大げさじゃないんだな。

 

さて、

書類が去年送られて来てるってことは、放送日とのズレを考慮しても、数ヶ月放置していることになる。

単に印鑑証明出すの怖くて悩んでたんか?
3姉妹揃って。

さすがに、司法書士だってシビレ切らして催促するだろうよ。
で、相談する相手もなく、困って番組に電話と。

ま、ナンチャラ詐欺とかもあるし、年寄りが一人で生きるためには、顔見知り以外は信用できん、ぐらいでいいのかもね。

 

今回の遺産分割のあらまし

相談者を含む幼子3人置いて出て行ったクソ親父が、12年前に亡くなって、そのときの処理を今、行おうとしているわけだが、

後妻に二分の一。
残り二分の一を兄弟で均等。

これがその法定相続分。

不動産評価額が500万、相談者への分配が4、50万だから。
兄弟は全員で5、6人いるという計算。
相談者の3姉妹と、腹違い弟と、あともう一人か2人いるわけだ。

ちなみに、
2年前に後妻が亡くなっているので、後妻の二分の一は全部、後妻の実の息子である腹違い弟が受け取っているんだが、相談者には何の関係もない。

遺産分割協議の代理人は中立じゃない

坂井氏曰く
「弁護士も司法書士も資格を持って仕事をしているから・・」

はああ、そうですか。

でもその言い方、相談者は誤解したと思うよ。

そう簡単に不正を働く人はいない、という意味ではその通りなんだけどさ。

代理人が中立、公明正大と思ったら大間違い。
代理人が目指すのは依頼人である腹違い弟の利益。
それによって、自分が手にする成功報酬も増えるわけだし。

パイを取り合う相手であることを理解しないといけない。

固定資産税評価額は、実勢価格の70%

現に、分配方法がすでに腹違い弟が有利な形になっている。
どういうことかというと、固定資産税評価額によって、具体的な分配金額まで記載しているのがミソ。

固定資産税評価額は、だいたい実勢価格(市場価格)の70%程度に設定されている。

つまり、その500万の土地は、実は715万の価値があるんだよ。

だけど、相談者には記載通りの金額を支払えば済む。

分割協議が成立し、腹違い弟の名義に替えた後、固定資産税評価額より高値で売却したとしても、その売った事実すら相続人に通知する必要は無い。

差額の200万は腹違い弟の丸儲けだ。

だから、相談者としては、実勢価格で金額を記載するように要求するか、または売却した後、実績に応じて差額を清算するよう、腹違い弟に要求していい。
もちろん、サインする前に、書類の文言を訂正してもらわんといかん。

真っ当な主張だし、相談者がサインしないと進まないんだから、腹違い弟は渋々でも承諾せざるを得ない。

たったこれだけで、相談者含む3姉妹は、それぞれ20万前後づつ、手取りが増えるわけだよ。

 しかし、金融資産はウヤムヤ

例えば、依頼人である腹違い弟が遺産隠しをしていようが、代理人は、知らないフリをする。

知っていれば共犯だけど、知らなければ何の問題もない。

父には現預金を始めとする金融資産があったと考えるのが普通だ。
この金融資産も、生前は故人ものもだし、亡くなった瞬間から相続人全員の共有財産となる。

しかし、送られて来た書類には載ってはいないのさ。
とっくに後妻と腹違い弟の懐の中だ。

これは、父が亡くなる前はもちろん、亡くなった後でも、口座が凍結される前であれば、同居している遺族は簡単に引き出すことができるからなんだが、相談者がこれを取り返すことは至難の業だし、労力を考えたら、たぶんペイしない。

すっとぼけられたら、もう、どうしようもない。

しかし、不動産の名義変更はそうはいかない。
で、腹違い弟としたら、しかたなく、今回の遺産分割協議となったわけだ。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。