【日曜に読む傑作選】一つの会社を勤め上げた男が自分を全否定するそのワケ


テレフォン人生相談 2015年9月4日 金曜日

来週の婚活トラブル特集に備えてプレ公開。
進まざるも地獄、てか?

中卒で入社した会社を定年退職して12年。
一人っ子で、未婚の寂しさを痛感。
それでも伴侶を見つけることをまだ諦めてはいないもよう。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 名古屋なまりの男72歳未婚

今日の一言: 美しく老いるために、年を取ったら基準変更です。

加藤諦三:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
72歳になりますけど。

加藤諦三:
72歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
今、結婚してます?

相談者:
うん、結婚してないんだ、わたし。
若い時からずうーっと一人で来ちゃった。

加藤諦三:
ずっと一人ですか?

相談者:
そう、だからもう全然ね・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
家族も、全然ないわけですよお。

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
もう親は二人共亡くなっちゃってね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
うん、そういう事情ですから、わたしの場合は。

加藤諦三:
そいで・・あの仕事の方ももう、引退・・

相談者:
そう引退しましたね、12年程前に。

加藤諦三:
12年程前・・

相談者:
そう60で定年退職して。

加藤諦三:
という事は、ろ、60歳で、定年退職してという事?

相談者:
そ、その会社で12年です。退職してから。

加藤諦三:
退職してからね?・・で・・仕事をしてる時は・・

相談者:
うん

加藤諦三:
あ、じゃ・・仕事熱心なビジネスマンだったの?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
・・そうすっと・・

相談者:
仕事一筋でずうっと来ちゃったですよね。

加藤諦三:
仕事一途で・・

相談者:
ええ、そうそう、一筋ね。

加藤諦三:
そ・・うん

相談者:
来てしまったわけです。

加藤諦三:
そうすると、仕事一筋で来て・・定年なるとお・・あの、定年っていうのは大きいですねえ?

相談者:
ええー

加藤諦三:
ま、色んな事があって、会社も・・自分の人生の一つっていう人が・・定年になったのと、

相談者:
うん

加藤諦三:
仕事が、自分の、人生だと思って来た人が・・

相談者:
うん

加藤諦三:
定年退職するのとじゃ、意味が違いますもんね。

相談者:
ええー

加藤諦三:
で、あなたの場合は意味が大きかった方ですか?

相談者:
うーん、まあ、あの仕事一筋で来ちゃったもんですからね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
で、定年退職になってね?

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば・・「あっ」・・起きてですよ?

相談者:
はい

加藤諦三:
「あ、今日、会社行かなくていいんだ」ってなった時、の、どんな感じでした?

相談者:
うーん、やはりね、ちょっとお・・なんか・・ちょっと・・真っ白くなっちゃってね。

加藤諦三:
ん・・

相談者:
どうしていいか分からんっていうそんな感じになりましてね?

加藤諦三:
うーんー

相談者:
ま、あの目標お、ね。生きてく目標を失っちゃったっていうのかね?

加藤諦三:
うーんー

相談者:
毎日毎日、仕事に行くのが当たり前っていうかね?

加藤諦三:
うん、うんー

相談者:
ま、あの、生活をお、ね、それこそもう、15歳から・・よ、45年間?

加藤諦三:
うん

相談者:
続けて、続けて来たもんですからね。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
ええ

加藤諦三:
あ、15歳から?

相談者:
ずうーっと続けて来たんですよ。

加藤諦三:
う、だから相当、一つの会社にずーっと居たっていう事?

相談者:
そうそう一つの会社にずうーっと、60歳まで。

加藤諦三:
ていう事は、あの、あれですね?・・そうすっとその会社はもうあなたの人生だよね?

相談者:
人生だね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
会社が一応その人生になりますね、わたしにとっては。

加藤諦三:
あ、もう・・

相談者:
い、寂しかったね。退職で行かなくなって寂しかったですよ。

加藤諦三:
寂しいなんていう・・

相談者:
寂しかったですよ。

加藤諦三:
言葉以上の・・

相談者:
そこへ持って来て家族もないしね。

加藤諦三:
うーんんー

相談者:
失わ、全然もう失っちゃったわけ、生きてく目標ってものをね。今までは現役時代はね?、会社行くっていうのが生きてく目標っていうか、大きな目標があったわけですよ、現役時代は。

加藤諦三:
うーん、うーん

相談者:
ましてや通うっていうのがね。
家族もなくも・・

加藤諦三:
なくも・・要するに・・

相談者:
会社に通うっていうのが生、生きてく、生きてく大きな目標があったんですよね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
それも無くな、無くなってしまったわけ、60歳で。パタリと。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
もう、要するに、会社無しの人生っていうのは考えられなかったわけで・・

相談者:
考えられなかったわけですね。

加藤諦三:
ところが現実にそういう人生が、ポーンと目の前に来ちゃったっと・・

相談者:
あーあ来ちゃったわけですね。

加藤諦三:
それは真っ白になるねえ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
兄弟は?

相談者:
兄弟はわたしないもんで。

加藤諦三:
あ、一人っ子だったの?

相談者:
わたし一人っ子だ、ずうーっと一人っ子だ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
兄弟ってのは無かった、最初から。

加藤諦三:
うん

相談者:
だから一人っ子だったから、わたしの場合は。

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから身内いないわけ。

加藤諦三:
うん

相談者:
両親もない。

加藤諦三:
うーん

相談者:
兄弟もない。

加藤諦三:
うーん

相談者:
配偶者もない、子どもない、何もないっちゅうこと。

加藤諦三:
ん、うーん

相談者:
&#△%ね。現状もすでにもう。

加藤諦三:
うーん、うーん

相談者:
だからこれからね?

加藤諦三:
うん

相談者:
あと残り余生ね?

加藤諦三:
うん

相談者:
70ちょっと回ってるもんですからね?

加藤諦三:
うん

相談者:
だからあと有意義にね?

加藤諦三:
うん

相談者:
余生過ごして行くにはどうふに生きてったらいいかな?と、こ、将来の、こ、身の振り、自分のね?

加藤諦三:
うーん

相談者:
うんそれを、やっぱりい、ずうーっと悩んでね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
生きてくのが一番あれなのかな?と思ってね?

加藤諦三:
うんうんうん

相談者:
んでも、やっぱり、家族ないっていう生活は、いくら理解しても家(うち)に居ても寂しいですね。

加藤諦三:
・・す・・

相談者:
全然話し相手いないっていうのは。

加藤諦三:
ん、ん、うんうんうん、うんうん

相談者:
ただあ、新聞、テレビしかないってね、話し相手っていうね。

加藤諦三:
うんうん

相談者:
で、話しも出来んしね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
思ったように話も出来ないし、つまらんね、考えても。

加藤諦三:
うーん。あのお・・72歳でね?

相談者:
うん

加藤諦三:
あのお、凄く・・元気そうでえ、45年間、とにかく一つの場所で・・

相談者:
うん

加藤諦三:
あの、勤めてたのでえ・・

相談者:
うん

加藤諦三:
その45年間っていうのはあ、あなたの心の中に、

相談者:
うん

加藤諦三:
あの・・しっかり残ってるわけですか?

相談者:
そういう事ですね。
・・・しっかり残ってますわね、確かね。

加藤諦三:
うん、うん、うん

相談者:
うーん

加藤諦三:
その時い・・まあ色んな・・部下とか上司とか、同僚とか居たと思うんですけど、

相談者:
うん

加藤諦三:
そういう・・人との、繋がりは今、どうなんですか?

相談者:
あー今でも、若干あのお、お付き合いしてる方ありますわね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
とき、電話来たりね。ほっとこの、訪問で見えた事、見えてくれた事ありましたね。

加藤諦三:
うん

相談者:
同じ職場で。

加藤諦三:
うーん

相談者:
でやっぱ、年も同じで、同じように定年退職したわけですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
同じ職場で。

加藤諦三:
そうすとお・・一緒に、同期のね?、定年退職、した人と・・

相談者:
うん

加藤諦三:
会って・・昔の話っていうのは花、話が・・

相談者:
うん、そうですね・・

加藤諦三:
花が咲かないんですか?

相談者:
やっぱね、昔の話はね・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
したりね・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
その時の、その仲間のね、同僚の話(はなし)したりね・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
まあなんかね。なんかの話、ね、噂話したりね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そういう話を時々、電話で話す事ありますがね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
&#・・

相談者:
見えてくれた事もありますよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うーん

加藤諦三:
そういうー・・昔の仲間と・・例えば、食事を一緒にするとか・・

相談者:
うん

加藤諦三:
そうい、そういう事っていうのはないんですか?

相談者:
やはりね、あのお、ま、大体い、か、その相手の方やっぱり家庭を持ってるもんでね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
中々あのお、上手く、スケジュールが合わないんだよね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
やっぱり、その方は、孫おるでしょ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしの同級生でもね。

加藤諦三:
うん

相談者:
だからねえ、も、結局、どうしても家庭も忙しくなって来るし、ちょっと、スケジュール上手く合わないんだよね。

加藤諦三:
うーんー

相談者:
やっぱり電話するには考える、邪魔になっちゃいかんなと思って、電話するにも考えちゃう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
電話して迷惑になるかな?と思って考えちゃう、電話す・・

加藤諦三:
うんー

相談者:
そんな感じですわね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
だけどあなたまあ、さっきも言ったように声も元気だし、要するにあの、食生活なんか、きちんとしてんだよね?

相談者:
あー、一応、ま、なんとかやってますわね。

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
それであの・・散歩、したりですね・・

相談者:
うん

加藤諦三:
何だりと、身体を動か、体操、運動というか、なんかそういう事はあんまり、してないんですか?

相談者:
あーある程度はあのお、夜ね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、まあ、ちょっとお、ん、ちょっと、の、ウォーキングっていうかな?

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと、ちょっと、そう、あんまり遠くは行かんだけどね。

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ある程度、時間、許す限りは動いて、やってますわね。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
ウォーキングをね。

加藤諦三:
あそのお・・ウォーキングしてる間に・・

相談者:
うん

加藤諦三:
ま、公園かなんかで、友だちが出来るって事はないんですか?

相談者:
あー中々少ないですね。

加藤諦三:
あーん

相談者:
少ない・・うーん

加藤諦三:
もう、仕事一筋で来てるから・・

相談者:
そう、そう・・

加藤諦三:
あれですか?、あの地域社会・・

相談者:
仕事一筋で来ちゃったもんですからね。

加藤諦三:
うん。地域社会との繋がりはほとんど無か・・

相談者:
そう、そう、無いっていうかね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん。やっぱりわたしもね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
このままずうっと一人っていうのもね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
やっぱり、身内居ないっていうのやっぱ、家族ないっていうの寂しいもんですからね。

加藤諦三:
ええ、ええ

相談者:
あのお、親がね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
元気な間はその寂しさはなかったんだけどもね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
亡くなってみてやっぱりこう、はじめて親の有り難みっていうかね?

加藤諦三:
ええ

相談者:
やっぱり、寂しいだね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
まあ、元気でありやあ、親子だもんで、遠慮にゃあもんで、なんだかんだ言ったりしてね・・

加藤諦三:
うん

相談者:
うるさ、賑やかったあ、ね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、親が両親元気で&#△賑やかったですよ、うちの家庭ん中あ、ね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
「あーでもない」「こーでもない」&#うるさかったですね・・

加藤諦三:
うん

相談者:
その時代はね。

加藤諦三:
うん

相談者:
ただやっぱりこう、親が亡くなってみると・・やっぱり、あー寂しいなあ、こうね、間あ、抜けた感じになっちゃって。

加藤諦三:
うん

相談者:
全然会話もないしね。

加藤諦三:
うん

相談者:
話す相手もないし。

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
夜お、夜はぐっすり眠れんの?

相談者:
あ、夜は眠れてますよ。

加藤諦三:
うーんー

相談者:
うん、不眠症でもないしね。

加藤諦三:
うん

相談者:
一応眠れてはいますわね。

加藤諦三:
うん
夜ぐっすり眠れてるっていう事は、心身かなり・・

相談者:
うん

加藤諦三:
健康なんだよねえ?

相談者:
あ、一応健康は健康ですけどね。

加藤諦三:
うんー

相談者:
うん

加藤諦三:
それ、だけども、今あ・・当面、会社を定年になって・・

相談者:
あ・・

加藤諦三:
辞めて、

相談者:
て辞めて、今あの・・

加藤諦三:
もう・・

相談者:
もう専業主夫って感じですわね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
で、自分の生きる・・生きるも・・

相談者:
あの親が、ね、家事を、お、親の家事を継いでやってる、そんな感じですわね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
今日はあの、そういう事で、生きる目標を失ってしまったんだけども、どうしたらいいか?という事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオにですね、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、

相談者:
はいはい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はいはい

(回答者に交代)


「【日曜に読む傑作選】一つの会社を勤め上げた男が自分を全否定するそのワケ」への1件のフィードバック

  1. 嘘ついた事すら嘘をつくくらい
    嘘をついて生きてきたんだろうな
    おもしろくなくだろ。そりゃ

コメントはお気軽にどうぞ