親代わりのアタシに砂かけて出て行った二十歳の孫娘の気持ち


テレフォン人生相談 2018年3月6日 火曜日

離婚した娘が子育てを放棄したため、自分が孫といっしょに暮らしていたが、孫が大人になって突然家を出て行ってしまい、とても寂しい。この気持をどうすれば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女68歳一人暮らし 夫は40年前に他界 娘40歳バツイチ 養子にして育てた孫娘21歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

今井通子:
はい。
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
えっとお・・今、わたし1人なんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
娘と孫が、居たんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・娘も、孫も、家を出て行く、形、なんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと・・わたし、としてはそのお・・別に仲違いがあったわけではないと、思ってるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
どちらも、行き先を告げず・・「行きます」という、こともなく、出てしまった形なんです。

今井通子:
はい

相談者:
・・それでえ、んー、まあ、何ヵ月前かにあのお・・孫の、母親の方に、荷物を送ってたみたいなので、
それから住所は、分かったんですけれども、
そのお、出てからは何の、音信もないわけなんです。

今井通子:
・・はい

相談者:
・・この先は、まあ、自分1人で・・過ごして・・行こうとは思ってるんですけれども、
時々こう、なんか落ち込んでしまって・・

今井通子:
・・あーなるほどね。

相談者:
ちょっと悩んでるんですけれども。

今井通子:
はい
まずう、あなたはおいくつですか?

相談者:
68です。

今井通子:
68歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さまはおいくつ?

相談者:
・・40歳。

今井通子:
40歳。お孫さんは?

相談者:
・・21歳。

今井通子:
21歳。で、今「お1人」って言ったから、ご主人はもう亡くなっちゃったの?

相談者:
そうなんです。もう・・

今井通子:
何年前ぐらい?

相談者:
はい40年前です。

今井通子:
あー・・そう、じゃ・・

相談者:
だからわたしの中では・・

今井通子:
あなたはじゃあ、ずーっとお嬢さん、お1人で育てられた?

相談者:
ええ、あのお、有り難い事に両親がおりましたものですから。

今井通子:
あーなるほどね。

相談者:
うん、ええ

今井通子:
あなたのね?

相談者:
ええ

今井通子:
はい

相談者:
そこで、ずっと、来ました。

今井通子:
あー、そうだったんですか。

相談者:
はい

今井通子:
・・でえ、お孫さんがいるっていう事はお嬢さん結婚されたんでしょ?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
で、あのお、結婚されたけどお・・

相談者:
ええ

今井通子:
離婚されちゃった?

相談者:
はい。9年ぐらい、いたんですけれども。

今井通子:
ていう事はあ・・お嬢さんも・・娘さんを・・1人で育てたって事?

相談者:
いえ、あーの、むすーめは最初、相手方の方に・・育ててもらうという形を取ってたんですけれども、

今井通子:
あー

相談者:
ええ、でも、わたしもお、凄くそれは・・あーの、相手方を見てて、ちょっと不安だったもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
わたしが、あのお、養子として、孫・・う、ええ、

今井通子:
あ・・

相談者:
迎えたんです。

今井通子:
そういう事なの?

相談者:
はい

今井通子:
ていう事は、お孫さんはあなたの・・あ、お子さんになってるわけね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
えー、そうするとお、あなたと・・

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんと、

相談者:
はい

今井通子:
ご養子のお嬢さんと、

相談者:
はい

今井通子:
3人で暮らしていたのは、

相談者:
ええ

今井通子:
ずっと?

相談者:
いえ。娘は、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、1人で、暮らしてました。

今井通子:
・・

相談者:
別で。ばい、別で。

今井通子:
あー、そうなの?

相談者:
はい

今井通子:
じゃお孫さんが、一緒に居たっていう事?

相談者:
ええ、わたしと、孫と・・母と3人で暮らしてました。そして娘は・・別に、生活してました。

今井通子:
じゃ、お嬢さんはもう全然外へ出ちゃっててえ、

相談者:
ええ

今井通子:
で、お孫さんを育ててないんですか?

相談者:
ないんです。あの、9歳から。

今井通子:
ふうーん

相談者:
ええ・・
ま、わたしい、ま、隠れてではないんでしょうけども、

今井通子:
うん

相談者:
あーのお、ちょっと、孫の・・机を整理してましたら、結構・・手紙のやり取りは、してたみたいです。

今井通子:
うんー

相談者:
それから途中からは・・あのお、年末に帰って来たりとか、

今井通子:
はい

相談者:
主人のお・・法事の時には・・来たり・・とか、そういう事はありました。

今井通子:
うんんふん・・で・・その、お孫さんの方は、

相談者:
はい

今井通子:
もう、21歳だと大人にはなっているけど・・

相談者:
ええ

今井通子:
ま、中学高校卒業して?

相談者:
ええ、あの専門学校行きまして、

今井通子:
専・・ええ

相談者:
そしてえ・・ちょっとあの、資格うー、を・・取るんだったんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
それえ、にちょっと、失敗しまして、

今井通子:
あら

相談者:
それでえ、わたしは・・
「もう1年」・・

今井通子:
はい

相談者:
・・「頑張ってえ、みたら?」という声を掛けたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
・・向こうは多分それが・・うーん、嫌だったんでしょうか・・本人にしたらもう、その時はもう20・・2になるから・・
「もう独立して」・・「自分の」お・・「道を見つける」という事で・・あーの、いたんですよ。
・・それでえ、んー、募集が来てまして、
それで資格がなくても、そちらで・・ま、あの、採用してくれるという事で、
あーの、そっちの方に・・行ったんですよ。

今井通子:
んなるほどねえ。

相談者:
ええ

今井通子:
・・で・・ただし・・お嬢さんが、今どこに住んでらっしゃるかは分かってるんでしょ?

相談者:
ま、多分、そのお、荷物を送った先が・・今居る先だと思ってます。

今井通子:
うん

相談者:
ええ。ただ電話番、電話は分かりません。

今井通子:
うん

相談者:
ええ

今井通子:
で・・その荷物っていうのはお孫さんの荷物送ったんでしたっけ・・

相談者:
そうなんです。

今井通子:
ていう事は逆に言うと、お孫さんとお嬢さんは繋がってるわけですよね?

相談者:
うん、多分、そうだと思います。

今井通子:
・・それ、だって・・お孫さんはお嬢さんに・・ほとんど育てられてないわけじゃないですか。

相談者:
はい

今井通子:
・・でも、お嬢さんとお孫さんは繋がってる?

相談者:
ええ

今井通子:
うん・・なるほど。
それで?、結局、あなたとしては・・その・・お孫さんが心配なの?
それとも、お嬢さんやお孫さんがいなくなって寂しいんだけど、1人で生きて行かなきゃならないっていう事が大変なの?

相談者:
いや、出て行き方が、もう、何とも納得、できないんですよね。

今井通子:
黙って行っちゃったから?

相談者:
ええ、もう、置き手紙1つで。鍵置いて。

今井通子:
置き手紙はしたのね?でも。

相談者:
ええ・・ただ「ありがとうございました」っていう事で。

今井通子:
うん

相談者:
あーの、あとは、「自分の事は自分でします」っていう形で・・書いて、行ってしまったんですよ。

今井通子:
なるほど。
・・で、それえ、の答えが欲しい?

相談者:
そうですね。

今井通子:
何故か?っていう?

相談者:
ええ

今井通子:
・・なるほど。
今日はですね、精神科医のお、高橋龍太郎先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「親代わりのアタシに砂かけて出て行った二十歳の孫娘の気持ち」への1件のフィードバック

  1. 感謝はしてると思いますよ、孫。
    でも考えてること、お互いに理解できないでしょう、
    祖母と孫では。人生の季節が違うし。
    今、好き勝手なことしないでおばあちゃんの思う通りの
    ことして、一体なんになるのか?おばあちゃんの体調が
    悪くなったら尚のこと、好き勝手はできないんだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。