病気持ちの同棲娘への金銭援助が苦しくなって息子の為にも籍抜こうかなと


テレフォン人生相談 2018年3月17日 土曜日

糖尿病と甲状腺の病気持ちの離れて暮らす娘にずっとお金を援助してきたが苦しくなってきた。戻ってくるように言っても同棲中で実現しない。
今後、息子にまで迷惑が掛かりはしないかと心配で、娘の籍を抜くことを考えている。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女64歳 夫68歳 夫婦とも会社員 長男37歳と3人暮らし 同棲している長女39歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、こんにちはあ

今井通子:
こんにちは・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あの、娘の事で相談したいと思いまして。

今井通子:
あら。
えー、まずは、あなたおいくつ?

相談者:
60う、4です。

今井通子:
64歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さん、おく、おいくつ?

相談者:
んー、30・・9かな?

今井通子:
9歳?

相談者:
39歳。

今井通子:
はい。あなたご主人は?

相談者:
8、68です。

今井通子:
68歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さん、お一人っ子?

相談者:
いえいえ。長男がおります。

今井通子:
上の方はおいくつ?

相談者:
娘が、2人で、娘が39で、息子が37です。

今井通子:
あ、上じゃなかったのね、ちょ・・

相談者:
はい

今井通子:
下に、ご長男がいらして・・

相談者:
はい

今井通子:
37歳。

相談者:
はい

今井通子:
はい。
でえ・・お2人とも、もう結婚してらっしゃる?

相談者:
いえ・・2人とも、ま・・まだです。

今井通子:
独身?、すと、ご・・

相談者:
ええ

今井通子:
両方ともご実家にいらっしゃるの?

相談者:
いいえ。
あの、娘はあのお・・県外におりまして、

今井通子:
はい

相談者:
同お・・棲してます。

今井通子:
あーはい

相談者:
はい

今井通子:
・・息子さんは?

相談者:
家(うち)におります。

今井通子:
あ・・息子さんはご実家にいらっしゃんのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、そのお嬢さんがどうした?

相談者:
10う、年ぐらいなるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
県外に居て、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、働き、ながらも、お金え、が不足、するらしくて、

今井通子:
はい

相談者:
あの、こっちの方に、あのお、
「お金、欲しいんだけど」ちゅって・・あのお、電話寄こしたり、メール寄こしたりしてたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
わたしもまあ、10年前、ちょっとまだ若かったし(苦笑)、

今井通子:
はい

相談者:
子どもだしい、あのお、やっぱ守らなきゃならないと思って、

今井通子:
はい

相談者:
色々工面して来ましたけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あ、もう、この年でえ・・先の事考えて(苦笑)、もう、考えてみても、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・限界い、に達してまして、はあ、

今井通子:
はい

相談者:
うちの方もお・・内情も・・
でえー・・・色々、話し合ってえ、

今井通子:
はい

相談者:
先逝くのはわたし達い、親ですし、順序から言っても。

今井通子:
はい

相談者:
たとえば、息子が残ってえ、まー、あの、娘がこういう状態で、今でも、せ、お金足りなくて、電話寄こす状態なので、
あの、わたしらがいなくなってから、あのお・・まあ・・お金の事で、色々こう、来た場合、

今井通子:
はい

相談者:
息子の方に・・迷惑、掛けちゃうと思って、

今井通子:
はい

相談者:
心配で、

今井通子:
はい

相談者:
えー・・色々考えたんです・・けども、

今井通子:
はい

相談者:
考えが、及ばなくて・・えー、籍抜いたらとか、色んなそんな事ぐらいしか考えが及ばなくって、

今井通子:
あーあ、は、は

相談者:
あい・・

今井通子:
はい

相談者:
い、いるんです。
で、それで先生方に・・籍も抜いた場合、どういう風になっちゃうのかな?とか色々そういう事が心配で、
あー、相談ん、しました。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
まずですね・・息子さんはお家にいらっしゃるっておっしゃったわよね?

相談者:
はい

今井通子:
でえ、か、働いてらっしゃんですよね?

相談者:
はい

今井通子:
で、あの、自活は出来てんの?息子さんは。
おう、お家・・

相談者:
ええ、出来てます。生活費用は入れていただいてますけど。

今井通子:
・・あー、なるほど生活費は入れてて、

相談者:
はい、はい、はい

今井通子:
はい

相談者:
うん

今井通子:
で、ご自身は、ご自身の、

相談者:
ええ

今井通子:
生活も出来てるのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
でえ、今、あなたは・・元々専業主婦?

相談者:
いえいえ。
ずっと働いて来ております(苦笑)。

今井通子:
今も?

相談者:
はい

今井通子:
あ、今も働いてらっしゃる?

相談者:
はい、はい

今井通子:
で、仕事されてるわけね?

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、ご主人は?

相談者:
働いてます。

今井通子:
働いて・・

相談者:
はい

今井通子:
あ、な、自営かなんか?

相談者:
いえいえ、会社員です。

今井通子:
両方とも?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・なるほどなるほど。
とりあえず、お嬢さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
大体、どれぐらいのペースで、いくらぐらいの・・請求して来る?

相談者:
・・あのお・・今は、

今井通子:
うん

相談者:
体調崩しておりまして、

今井通子:
あら!

相談者:
働けなくって・・あのお、ど・・

今井通子:
体調崩、して、いる、のは・・

相談者:
病院、月1回の通院しております。

今井通子:
これはあ、肉体的な疾患?

相談者:
ええ

今井通子:
それとも・・精神的な疾患?

相談者:
いえ、肉体的です。
糖尿お、と・・

今井通子:
はい

相談者:
心臓の、ま、色々不整脈みたいな(含み笑い)と、

今井通子:
はい

相談者:
あと、甲状腺も少しあったみたいです。

今井通子:
はあ、はあ、はあ、はあ、はあ
実際にあの・・お嬢さんが、例えば病院にいらし・・

相談者:
うん

今井通子:
たりしてる時に、

相談者:
うん

今井通子:
あなたは、一緒に行ったの?

相談者:
・・あの、県外だったので、

今井通子:
うん

相談者:
あ、月1回っていうのは行ってませんでしたけれども、

今井通子:
うん

相談者:
あのお・・今も、いるんですけど、その場所に。
「そこを離れて、家(うち)に戻って来るう」っていうような話い、を・・あの、するたんびに・・

今井通子:
はい

相談者:
その、お金をやってたわけです。わたしの方が。・・信用して。
あー、じゃ、や、こっちに来るんだら、あのお・・して、あの、じゃ、一緒に暮らそうっていう風な考えで、でもその度に、裏切られて来て。
んでえ・・病気い、になって、あのお・・あっちの方で、入院したり・・あーの、3、4回、向こうでも入院したりもしました。
で・・あの「こっちに、来るんだったら、」あのお・・「こっちの方の病院に、通うようにしたらいいんじゃないのお?」ちゅう事で。
「じゃ分かった」って言って、向こうの病院の先生から、こっちの方に・・紹介して頂いて。
こっちに・・病院に通ってるんですけれども。

今井通子:
ん?、病院はじゃ、こ、あの・・あのご実家の方の病院に通ってんのね?

相談者:
はいはい・・
そうです、そうです。

今井通子:
うん。ただそれでもまだ・・その、ご自宅・・あなたのご実家の方には、引っ越して来てないっていう事?

相談者:
はい

今井通子:
それで、えーっと、どれぐらいのペース?
・・例えば・・月に何万とか。

相談者:
あ・・その月によっても違うんですけれども
・・医者代は月3万。

今井通子:
はい

相談者:
で、あとほら、あのお・・国民保険、とか?、そういう、類(たぐい)もあるし、何だかんだでやっぱり10万近くは・・んー、平均するとお・・なるのかな?と思います。

今井通子:
なるほどね。
これはそうする、と、何年ぐらい続いてんですかね?

相談者:
・・だら、10年ん、近くなりますね。

今井通子:
10年間?

相談者:
あーい

今井通子:
分かりました。
そうすると、あなたがさっきおっしゃったんだと・・籍を抜くか?、みたいな、お話・・

相談者:
ええ、3人・・

今井通子:
突然・・うん

相談者:
親子で話し合って(苦笑)、

今井通子:
ええ

相談者:
これじゃ無理っていうので・・
帰っても来ないし、

今井通子:
うん

相談者:
向こうで、む、それなりに生活するんだら、わたしは何も文句言わない・・

今井通子:
うん

相談者:
って、わたしの家族は考えて、でももし、あたし達がいなくなって、息子が1人残った時に、

今井通子:
うん

相談者:
そういう金銭面の?トラブル?

今井通子:
うん

相談者:
とか・・籍抜けばそれは・・ダイジョブなのかなー?って、考え・・たり、して、

今井通子:
うん

相談者:
よく分からないので、

今井通子:
うん

相談者:
ご相談し、したいなと思・・ったんでした。

今井通子:
なるほど。
でその・・一応だからその、籍を抜くっていうのは息子さんのためっていう事なのね?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
うん。
だけど・・あの、お帰りにならない理由は何なの?

相談者:
・・と分からないです。

今井通子:
その相手の方っていうのは、お会いになった事あるの?

相談者:
はい、あります。

今井通子:
どんな・

相談者:
家(うち)へ来て、泊まったりもしてるんです。

今井通子:
あー、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
どんな、感じなんですか?

相談者:
あ、家(うち)に来た時はいい人で、色々やって下さるんだけども、

今井通子:
うん

相談者:
うちのお父さんは、

今井通子:
うん

相談者:
・・「信用できない」・・って言ってます。

今井通子:
アハハ(笑)そうなんですか。

相談者:
ンフフ(笑)はい

今井通子:
うーん、分かりました。
要するに、お2人で、で、その相手の方もなんか仕事はされてんのかな?

相談者:
はい、してます。

今井通子:
あの、会社員?

相談者:
・・なんちゅったらいいんだべ・・
えーそうです、会社あ、ですね。
老・・人の方・・の、お仕事です。

今井通子:
老人介護?

相談者:
ええ、そうですね。

今井通子:
はい。分かりました。
そうすると、籍を抜くと、息子さんの方は、責任を負わなくて済む、かどうか?みたいな事が・・メインの・・お話を聞きたいっていう事?

相談者:
そう、ですね。こう、何年とやって来てそういう事続いてるもんですから。
とにかく息子に迷惑掛からないように、

今井通子:
うん

相談者:
したいなと。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。
先生よろしくお願い致します。

相談者:
はい、お願いし・・

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。