年上キラーを捕まえて再婚したらナルシストという名の子どもだった


テレフォン人生相談 2018年4月19日 木曜日

2年半くらい前から私に対してビクビクするようになった夫。
心臓の手術をすることになった私に別居したいと言い出した。
病院の付き添いにも嫌な顔。
手術の前に日にデリヘルを使ってたことも分かった。
とうとう離婚を言い渡された。
夫は人当たりが良く、周囲に好かれる。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女52歳バツイチ 夫43歳初婚 結婚3年半 前夫との間に子どもが1人

今日の一言: 成長には、混乱と危険が伴います。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・お願い致します。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
はい。52歳です。

加藤諦三:
52歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
えー、43歳です。

加藤諦三:
43歳、お子さんは?

相談者:
えー、娘が1人おりますが、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、えっと前の主人・・

加藤諦三:
はい

相談者:
とのあれ、でして、はい。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
今のご主人と結婚したのは何年前ですか?

相談者:
えー3年半前です。

加藤諦三:
3年半前・・はい、分かりました、それでどんな相談ですか?

相談者:
あ・・主人、から、あのお・・
「別れたい、離婚してえ、くれ」と言われて・・はい

加藤諦三:
えっと、3年前に結婚・・して・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その当時・・いつ頃からですか?、こう、上手く、行かなくなり出したのは。

相談者:
そうですね、わたしが最初におかしいなと思ったのが、

加藤諦三:
あはい

相談者:
2年、くらい、前え・・からなん、ですけれど・・

加藤諦三:
#$%◆、あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
その「おかしいなあ」っていうのは、ど、具体的に言うと、どんな・・

相談者:
なんか、態度が素っ気ないというかあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
オドオドしてるような、感じでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ふんで、あの、ちょうどその頃わたし、あの、健康、診断で、

加藤諦三:
んはい

相談者:
あのお・・ま、心臓の手術をしなきゃいけないっていう、ことになりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、その準備というか、そのために、ま、仕事少し休む方向でいたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ん、あの、その、その事について全くこう、なんて言うでしょうか・・関心がないというか、

加藤諦三:
関心は・・関心を持ってくれない。

相談者:
はいー、それで、も、ホントにおかしいなと思ってえ・・

加藤諦三:
ええ・・そいで・・その心臓の手術ってこれ、大変な事だと思うんだけれども・・

相談者:
ええ、わたしにとってはもう、大変な事でした。

加藤諦三:
大変な事ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それでなんか、その事お、を・・一緒にこう・・悩んでくれないという事ですよね?

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
うーん。
で、3年半前ぐらいに、結婚したっていうのは、これはあ、恋愛結婚ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ふうーん
それで、その時ご主人の方は、初婚だったんですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、例えば、その心臓の手術う・・に、これ、
・・どうしよう、大変な事になった、これ、ん、どういう事なんだろう?って、安全なんだろう?とかっていう・・そういう事以外に、

相談者:
はい

加藤諦三:
この心臓の手術以外・・の事で、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんかさっき、「オドオドしてる」っていう言お、葉使いましたけど・・

相談者:
そうなんですね。

加藤諦三:
具体的に言うと・・どんなような事です・・

相談者:
うーん、なんていうんでしょうか、うーん・・
わたしは普通に、し、接してるつもりなんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
主人からして、みればわたしの言動が・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
「怖い」と。

加藤諦三:
・・あー

相談者:
はい、いう事ですね。わたし、にしてみれば普通に喋ったりしてる事でも・・

加藤諦三:
はい

相談者:
うん、「なんか怒られてるような気がする」みたいな事は、よく言ってました。

加藤諦三:
「怒られてる」ねえ・・うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたとしては、決して・・ご主人を責めてるわけでもなく、叱ってるわけでもないけれども、

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
ご主人から見ればそういう事っていうことですよね?

相談者:
そうですね・・ま、そういうふに言われたのでえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしもなるべくこう、うーん、き・・言葉尻に気を付けて(苦笑)、

加藤諦三:
うん

相談者:
接して、い、はいたんですけれども・・

加藤諦三:
うん

相談者:
はーい

加藤諦三:
でもそれは直んないよね?

相談者:
そうかもしれません、はい

加藤諦三:
それで・・「別れたい」って言い出したのはどちらが・・
あなたの、じゃなくて、ご主人の側?

相談者:
あ、そうですね。最初にその、手術の・・

加藤諦三:
うん

相談者:
3ヵ月ぐらい前に、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの「別れてくれ」じゃなくて、その時は、
「別居してくれ」でした。

加藤諦三:
あ、「別居してくれ」が最初?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで「別居してくれ」の理由・・は、その、あなたにいつも怒られてるような気がして・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
うん、むふ、気持ちが落ち着かないとか、不愉快・・

相談者:
「とにかく一緒に居たくない」・・

加藤諦三:
あ、「一緒に居たくない」。

相談者:
「好きじゃない」・・

加藤諦三:
んだ・・

相談者:
と言われました。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
「好きじゃない」

相談者:
はい

加藤諦三:
でも「好きじゃない」って言っても・・それほど年月(としつき)が経ってるわけじゃないですよね?恋愛結婚して。

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
うーん・・それで「別居したい」ていう・・言って・・
それで、し、そのお・・心臓の手術はどうなったんですか?

相談者:
あ・・あの「力になりたい、とは思っている」っていう風に・・ま、言ったので、その時も結構喧嘩とかしたんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、ま・・病院の送り迎えとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
ん、あの、手術の後の付き添いは、

加藤諦三:
うん

相談者:
してくれましたが、

加藤諦三:
うん

相談者:
えーとー・・ま、嫌々、もう顔に「嫌だ」っていうのが出てるって感じでした。

加藤諦三:
・・結構辛かったね。
だって病院の行き帰え、りを・・付き添いをしてくれている夫があ・・嫌々やっていると。

相談者:
ええ

加藤諦三:
で、も、すでに「別居して、くれ」って言っていると。

相談者:
はい

加藤諦三:
そういうような状況の中でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
手術で・・付き添われても、ちょっと辛いですねえ?

相談者:
はい・・

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・あ、ま、ん、彼にとっては大した事じゃないかもしれないんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、わたしの、手術の事でイライラも溜まってたみたいで、

加藤諦三:
うん

相談者:
これは後、で、手術の後だいぶ、経ってから分かっ、あの1ヵ月後、以上経ってから分かった事なんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
手術の前の日に、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・遠方のデリヘルに行って・・ストレスを解消して来たみたいです。

加藤諦三:
あー・・風俗に行って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
たっていう事は・・ん、それは、なんで分かったんですか?

相談者:
えっと、あの、送り迎えを、した後で、言ったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、送り迎えをした・・ときの車がわたしの車で、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、1ヵ月後ぐらい、ぐらいにその・・あの、ラブホテルの、ルームナンバーが書いた、紙が、落ちてたんです。わたしの車の中に。

加藤諦三:
あー

相談者:
それで、問い質したら、

加藤諦三:
ええ

相談者:
最初はシラを切って嘘ついてたんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、ま、白状して、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、なるほどね。
・・それで、今度は別居から「離婚したい」という事になったわけですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
うーん。で、あなたとは、今、あ、離婚したくないという事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・今日の相談の内容としては、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、こういう状態の中で・・わたしは、り、離婚を・・拒否、し続ける事が出来るんでしょうか?っていう事ですかね?

相談者:
・・そうですね、はい

加藤諦三:
・・という事ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。今日はあのスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「年上キラーを捕まえて再婚したらナルシストという名の子どもだった」への3件のフィードバック

  1. 10歳若い男と結婚する自分が全く想像できないので感情移入できないです

    遅かれ早かれダメになるにきまってるじゃん
    そのうち若い女に行くに決まってるだろ〜
    そのうち子供欲しがるんじゃないかって頭によぎらないの⁇
    わからないで結婚するのか、わかっててしてしまうのか?この相談者の場合は幼児同士でわからなかったようですが

    結婚を決めるのに夜の営みの相性とか重きを置いてるのかな

    結婚相手は経済力でしょって思う私とは対極ですね

    テレ人の40がらみのバツイチ女と初婚年下男の相談はだいたいこんな感じですよね?

    近い親戚が40代子持ちバツイチになりこの相談者の雰囲気を醸し出しているので今後が楽しみです

  2. 大迫女史担当案件でしたね。
    それにしても、妻の車にラブホの証拠。
    かなり挑発的な夫ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。