結婚したくない男の出産リミットをまたぐ彼女との正しい付き合い方

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、ども、はい、こんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい。
さっきね、あのお・・今井先生があなたにお尋ねした事で、
え?、え、何?、どっちが・・「彼女は、結婚・・あなたと結婚しない方が、幸せになれるの?、それともあなたが、そう思ってるの?」って、(苦笑)ハッキリ、色々質問されたじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これ大事なとこ、そこお、に、あなたの・・話の複雑な・・もう・・集約があると思うのね?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
もっとさ、これ正直でえ・・あの、話し合う以外ない話なのよ。やっぱり。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、例えば・・あなただって本当に嫌かどうか分からないよ?だって。
例えばよ?、彼女が、「わたしは」、あのお、「結婚で」?、えー、「主婦業やるわけじゃない、働きたい」と。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「それで生計も」、えー「家にはこれだけ入れるつもりである」と。
で、「結婚して赤ちゃんが出来た時、この時だけは、1年、仕事は休む」とかね?、例えばよ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、その後は、でも、う、あなたに迷惑掛けたわけだから、お給料は全部、家庭に入れるとか。
なんかそういうような形で、そいで、あのお、行くと自分の老後とか(苦笑)、なんか、かえって、あれ?、豊かな生活、とかいう、イメージが、もしかしたら、結婚を通して、出て来る可能性だってあるわけじゃない?

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
分からないのよ。
そいで・・ここは・・結婚とか、そのナイーブな愛情の問題であればあるほど、それを入れる・・器が、現実的で、しっかりしたもんでなくちゃダメなのよ、実は。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それを、なんか忌避して、パッと、い、考えないとか。
悪いな思って、考えないとか・・

相談者:
うんー

マドモアゼル愛:
言って、折角の中身を、壊す必要もない可能性もあるのよ、今。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
ていうのはお互い好きなんだもん。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
だから、どうせ、別れる、なり、い、乃至、壊れる、可能性は、これもあるんだけども、
そこを認めれば・・「僕も、このまま別れんのは嫌だから」・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
か、じゃ「2人の未来の、考えを」?、「ちゃんとここで、言い合って」・・「その上でお互い、決めようよ」と。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
いうプロセスが、今必要なのよ。

相談者:
1回向き合ってえ、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
自分、の、思いとかも話した方がいいですか?

マドモアゼル愛:
そうです。
そうしないと、だって・・だから・・相手の、感情に・・引っ張られるように、なし崩しで、こう来て、あなたも、でもそれは、心理的に嫌だなっていう思いが、全面に出て来て、2人の間に、壁を作ってるわけよ。
でも、彼女は結婚したい。結婚したいってのは僕と結婚したいのか?「あなたの子どもが欲しい」とは言うものの、
「わたしは今42なので、もう、今を逃したら、子どもを産むチャンスがなくなる」という、意味も、僕はあると思うのよね。

相談者:
なんか「40過ぎて付き合う人とはあ」・・

マドモアゼル愛:
うん・・うん

相談者:
「子どもとか結婚も考え」・・「てた」っては言ってます。

マドモアゼル愛:
ま、それは年齢的に当然だと思う、それは。
それは・・酷い事でも何でもなくて、彼女の、当然の思いですよ。それは受け止めてあげなくちゃいけない。
それに対して、「自分は、今こうやってこうやって生活して来て今1人でこうやって・・気楽に楽しく生きているんだ」と。
「それで2人が一緒になった時に、僕にはこうこうこういうような重荷が出て来るように、感じちゃうんだよね」とか。

相談者:
ん?、あ、こういうところが無理なんだって?

マドモアゼル愛:
ん、ううん、うーん、「無理なんだ」とか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「こういう重荷がきっと出て来ちゃうんじゃないかなと思う時」・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「があるよ」とか。
「それを、耐えて?、やっぱりあなたを愛して行く力がホントに僕の中にあるか分からない」とかさ。
そこら辺を、赤裸々な、器作りをよ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
2人が今後どう、どういう箱に入れて、お互い、向き合って行くのか?っていうその、外側の、うつ、器作りの条件を、もう、大人だし、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やらなくちゃいけないのよ、本当は。
ここまで、仲良くなった以上は。

相談者:
ホントはもう、避けないで、向き合って、

マドモアゼル愛:
うん。でもね?、まだ、9ヵ月だから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そんなに遅い話じゃなくて、今こういう、9ヵ月の間に、彼女は結婚したがってる、自分の子どもを欲しがっている。
一緒に住もうと思っている。でも僕はそれが嫌だ。
えー、一般的な意味の結婚は嫌だっていう、思うが、明解に見えて来てるわけじゃない?、お互い。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そしてその中で、話し合って、
「じゃ、こういう未来だったら共有出来るね」と、いうようなものが・・やっぱりこれ、話し合いで決めるしかないのよ。
だから・・え、あの、今、42歳の彼女を、2年、3年、4年と、このまま、曖昧な形で引き延ばす事は僕は賛成しないのよ。

相談者:
・・話し合わないと多分そうなっちゃうと思うんですよね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
お互い嫌いじゃないから・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
離れらん、なくて。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
何年もこのまま続くから。

マドモアゼル愛:
うん、でもこの話し合いする事で彼女も、あなたとの交際がどういうものなのか?を、ちゃんと認識するじゃない?
そいで・・別個の、独立した存在として、自立した思いの中で愛し合うようになっていけば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
また違った未来を作ろうという意欲が出て来る可能性があんのよ。

相談者:
・・だから話し合・・うの避けてたんですけど、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
互いそれを話して、

マドモアゼル愛:
そうです。

相談者:
受け止めて、もっと固まったらもっと理想なんですけども。

マドモアゼル愛:
うん、その可能性はある、別れる可能性もある。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それはしょうがないよ。

相談者:
しょうがないですね。

マドモアゼル愛:
うん。幻想の家に、家を建てるよりはいいと思う、僕は。
それから・・結婚したらどういう未来が築けんのか?。
結婚しないでこのまま、じゃ、お互い・・将来の約束は無しで付き合っていったら、どう、どう、それでもいいのか?どうなのか?とか。

相談者:
うんー

マドモアゼル愛:
それはさ、やっぱり・・2人でちゃんと、話し合って・・決める事なのよ。みんな、愛情の問題に関して、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
具体的な話ってし難い、けれども、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
・・一番必要な事なんだよね?

相談者:
ちょっと一度正直に話(はなし)してみて、

マドモアゼル愛:
はい。もうそれ以外に道は、僕はないと思いますよ。

相談者:
あとは彼女に決めてもらいます。

マドモアゼル愛:
そうですか。

相談者:
はい

今井通子:
んふふ(笑)

マドモアゼル愛:
分かりました。いや、今井先生のちょっと、ね?、伺ってみましょう。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけました?

相談者:
分かりました。

今井通子:
・・要するに・・あなたが思っている彼女との付き合いと、彼女の思っている、あなたとの付き合いが・・かなりこう、差があるわけですよ、考え方に。

相談者:
ええ

今井通子:
だから、そこのを詰めてかなきゃ・・お互いが・・

相談者:
うん

今井通子:
うん、理解し合えないじゃない?

相談者:
やっぱお互い、歩み寄って行くって事ですね?

今井通子:
そそそそ

相談者:
どこまでか?

今井通子:
うん。あなたは、今だけを楽しんでんの。
彼女は、先を、かん、考えているっていう・・

相談者:
はい

今井通子:
そこのコミュニケーションブレイクダウンのところを・・きちっと自分でも、抑えておいた方がいいと思う。

相談者:
そこはあ・・気付かなかったですけど。

今井通子:
うん

相談者:
押さえておきますんで。

今井通子:
はい。それから話し合って下さい。

相談者:
それからはお互いの気持ちを、

今井通子:
うん

相談者:
意見交換してみます。

今井通子:
よろしく。

相談者:
はい

今井通子:
じゃそういう事で。

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼します。


「結婚したくない男の出産リミットをまたぐ彼女との正しい付き合い方」への8件のフィードバック

  1. 大変残念ながら42歳の彼女の妊娠出産の可能性はとても低いです
    今すぐ不妊治療したとしてもです
    この相談者は全く治療に協力する気で無いでしょうしね
    精子も若い方が良いのもホント

    彼女に言いたい
    子供が欲しいなら1分1秒でもはやく行動を起こせ

    どうしても子供が欲しいならゆきずりの若い健康な男なら誰でもいいじゃん
    行け!!

  2. 40過ぎて子ども欲しいなんて抜かしてる女もどうかしてるし、男もそんな地雷女さっさと切った方が良い。
    っていうかこの男も優柔不断でイラつく。 20そこらの若い兄ちゃんでもあるまいし。

      1. 全く同じ?嘘だね。一言一句同じなわけないでしょ。自分の意見を端折って人の言葉を丸々自分の意見のようにコメントする人間は普段の生活も面倒臭がりでだらしない。さっさと別れるか最初から不特定多数と遊べばいいのに特定のいい年の女と付き合おうとするこの優柔不断の都合のいいバカな男と同じ穴の狢。

  3. 私は全く同じって使うし思う。
    うわぁ この意見よくぞいってくれました。って感じる事もあるし
    一緒の感覚の人がいたらすごくうれしい。
    だから嘘って言いきってしまうのって違う気がする。
    だらしないとまで言ってしまうのはもはや危険発想

  4. 「女は産む機械」は迷言だが、「女は産む機会が限られている」のは本当である。率直に思ったのは、仮に42のカノジョが出産できたとしても、若い母親に混じって育児の集まりに参加できる度量、衰えが著しくなる体力でどこまで耐えられるか、固定観念で凝り固まった頭は予測不能な幼児の言動に対応できるか、である。育児コミュニティで異口同音に聞くのは(差別的かもしれないが)「20代で出産し30代で育児して40代で親の介護が始まる前に子育てを終了する」ことが一つのロールモデルとして存在していること。親や職場を始めとした人間関係を構築し、育児関連の制度が豊富な市町村に移住する人もいた(その辺、福岡市は上手い)。
    残念ながらこのカノジョ、行動するのが20年遅いし、「成人後すぐに親の介護が始まる」というリスクを子供に負わせる危機感が全く無い(上のコメの中で『若いのを捕まえろ』とあるが男性にも人権がある)。アラフォーになってから子供に執着しだすのも(これまた語弊あるが)一つの依存症というか躁鬱なのかもしれない。相談者は「本当に産む気かい?」と戦々恐々だが、リスナーから見たらどちらも奇怪。

  5. 1人目20代半ば、2人目30前半で産んだけど、2人目は体力気力のすり減り方半端なかったよ
    30代であんな大変なのに、40代で出産育児(初産)しようてすげぇ

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。