夜尿が治らない中1娘。初潮を迎えても続けられたシンパパのある行為


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
はい、こんにちは

大原敬子:
・・あのですね?

相談者:
はい

大原敬子:
オムツって紙オムツですか?

相談者:
はい、紙オムツです。

大原敬子:
でそれは・・誰が買って来るんですか?

相談者:
ま、僕です。

大原敬子:
で、どこに置いておくの?それを、紙オムツを。

相談者:
・・ま、一応、娘のクローゼットお、の中に、しまってます。

大原敬子:
すと、お嬢さんは・・それを使って、

相談者:
はい

大原敬子:
オムツして、

相談者:
はい

大原敬子:
学校に行ってるって事ですか?

相談者:
あ、寝る時だけです。

大原敬子:
あ・・学校では大丈夫なの?

相談者:
あ、が、学校では大丈夫です、はい

大原敬子:
・・夜だけがダメなのね?

相談者:
夜だけです、はい

大原敬子:
そして、じゃ・・あ、その夜だけ、もう1回じゃ聞きます。

相談者:
はい

大原敬子:
8歳の時までして、いたって言いましたね?

相談者:
はいはい

大原敬子:
この時も、夜だけですか?

相談者:
あ、夜だけです、はい

大原敬子:
夜だけ?

相談者:
はい

大原敬子:
・・毎日?

相談者:
そうですね、毎日、毎日です。

大原敬子:
そうすっと学校で旅行お、とかあるでしょ?・・

相談者:
はい

大原敬子:
一泊、ね?、あの時はどうしたの?

相談者:
・・あの時は、えーと、ま、先生に相談するつもりではあったんですけど、

大原敬子:
ええ

相談者:
先にい、あのお、当時の保健室の先生と仲が良くて、

大原敬子:
はい

相談者:
ま、直接自分でボソっと・・言ったみたいです。

大原敬子:
あ、自分でちゃんと・・言えるのね?

相談者:
・・ま、周り・・

大原敬子:
ええ

相談者:
に言うっていうのは多分、それしか言ってないとは思うんですけど(苦笑)。

大原敬子:
なるほど。そうしましたらもう1つですけどね?

相談者:
はい

大原敬子:
今日、どうして・・

相談者:
はい

大原敬子:
オムツの事で、電話なさったの?お父さん。

相談者:
・・そうですね、もうー・・そろそろオムツ取れてもいいんじゃないかな?と思ってて・・

大原敬子:
いや、もっと奥に・・何故、今思ったの?

相談者:
・・

大原敬子:
電話もっと早くても良かったんですよね?実は。

相談者:
ま、そうですね。

大原敬子:
そうなの。

相談者:
うーん、ま、ちょっと・・おねしょに対してちょっと意識を持ち始めたっていうのは・・

大原敬子:
な・・いつ頃から意識持ちました?じゃ。

相談者:
・・

大原敬子:
困ったな、止めようかなってのが。

相談者:
・・ま、去年ん、ぐらいですかね?それこそ、娘が、小学校6年生の、修学旅行の時ぐらい・・

大原敬子:
に思った?

相談者:
はい

大原敬子:
で、その間は、やっぱりオムツを買ってしまって、クローゼットに入れた時の、お父さんの心境はどういう心境でした?

相談者:
・・うーん・・ま、そのうち治るやろ、とは思・・っていました。

大原敬子:
うん

相談者:
はい、で、ま、夜中に・・ま、ちょっと1、2回、今でもですけど・・ちょっとオムツ交換したりも・・するんですけど。

大原敬子:
え?、自分でするんでしょ?お嬢さん。

相談者:
あ、履いて寝るのは自分で・・えー、履いて寝ます。

大原敬子:
そして交換するの誰なの?

相談者:
交換するのは僕が、します。

大原敬子:
・・
お嬢さん、それ平気ですか?

相談者:
あ、もう起きないんで。

大原敬子:
・・
その時に起きなかったって事は、

相談者:
はい

大原敬子:
紙オムツですから・・

相談者:
はい

大原敬子:
替えなくてもいいですよね?夜。

相談者:
・・いやもう結構、重たくなってたんで・・替えてしまいますね。

大原敬子:
それお父さん毎日、

相談者:
はい

大原敬子:
オムツをしてる時に夜起きて、

相談者:
はい

大原敬子:
お嬢さんが、もう、熟睡してるところで、

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんが紙オムツ替えてるの?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
・・

相談者:
はい

大原敬子:
何があったの?

相談者:
・・ま、何回もおねしょするので・・治してあげたいっていう気持ち・・

大原敬子:
いや、治してあげたいんだったら紙オムツ買って来ないんですよ。

相談者:
・・

大原敬子:
紙オムツしなくって、お父さんが夜中に起こすのは分かる。

相談者:
はい・・正直あのお、先程も言いましたけど、妻が亡くなったので、

大原敬子:
うん

相談者:
・・ちょっとやっぱ1人い・・で、になると洗濯とかも・・ちょっと、ね?、そんなしょっちゅう出来ないので・・

大原敬子:
うん

相談者:
ま、その・・で、ちょっと紙オムツっていうのは・・ま、使って、しまってる状態なんですけど。

大原敬子:
あのお・・

相談者:
はい

大原敬子:
オムツの取れないお子さんっていうのは、

相談者:
はい

大原敬子:
ほとんどが・・お母さんか、お父さん・・無関心なんですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
そして・・褒める事はしない。

相談者:
・・

大原敬子:
でもう1つはですね?・・気持ちがいいとか、気持ちが悪いとか。

相談者:
はい

大原敬子:
寒いとか熱いとか、美味しいっていう感覚が・・ちょっと・・えー、苦手な部分が、ある・・お子さんに、

相談者:
んん

大原敬子:
その、おねしょが多いんですね、オムツは。

相談者:
はい

大原敬子:
つまり、お父さんと、お母さんに自分がどっぷりと愛情・・に・・中で、育ってると、あり得ないんですね、どうも。

相談者:
うーん

大原敬子:
・・それがお嬢さんの8歳までの・・親子関係なんですけども。

相談者:
・・うーん

大原敬子:
ちょっと今、お父さんが、

相談者:
はい

大原敬子:
お嬢さんのオムツを替える事は・・ちょっとこれは問題ですね。

相談者:
・・うーん

大原敬子:
いかがですか?、自分で話していて。

相談者:
・・

大原敬子:
客観的に見てね?

相談者:
はい

大原敬子:
いや、僕には僕の言い分があるって事は分かります。
だ、客観的に見て、12歳のお嬢さんを、

相談者:
はい

大原敬子:
紙オムツで・・お父さんが・・2回オムツを替える・・その光景を見た時に、あなたは客観的に見てどうですか?

相談者:
・・・・・・
客観的に?・・

大原敬子:
うん

相談者:
ま、ま小さい子ではない、のでね?・・ま、自分で・・ま、後始末とかも、させた方がいいのかなと思いました。

大原敬子:
・・そうですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
初潮はいつですか?、お嬢さん迎えたのは。

相談者:
まあ、最近、ですね。んー2ヵ月前ぐらいですかね?

大原敬子:
それを見てお父さん、今日相談なさったの?、もしかしたら。

相談者:
・・ま、そうですね。ま、ちょ、大人になって行くっていうのも感覚は、ありました。

大原敬子:
・・
ふん・・初めてそこで・・

相談者:
はい

大原敬子:
父親と、もう1つ、

相談者:
はい

大原敬子:
異性っていうものがあなたの中に・・

相談者:
うん、うん

大原敬子:
入って、自分の中で・・驚きと・・戸惑いと・・

相談者:
うん

大原敬子:
じゃこれを何としても・・オムツを替えなくちゃいけないと、思いながらも、
替えら、られない自分は何だろうか?ってのは、ありませんでしたか?

相談者:
・・あ、正直ありますね。はい

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
今やってる行為が、今後は逆に・・お嬢さんに・・

相談者:
うん

大原敬子:
恨まれるか?・・

相談者:
うん

大原敬子:
憎しみを持たれるか?

相談者:
はい

大原敬子:
もしくは近親相姦的なものに行ってしまう可能性があるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
であなた自身が、奥様亡くしてますから。

相談者:
はい

大原敬子:
お嬢さんが初潮を迎えた時に、初めて・・父親としての責任感と、

相談者:
はい

大原敬子:
異性としてのお嬢さんを見てた自分、がですね?

相談者:
うん

大原敬子:
2つの面を自分が・・同時に現実に見たっていう事じゃないかと思ってるんです今日。

相談者:
うーん・・確かに言われてみて気付きました。

大原敬子:
・・そうですか。

相談者:
はい

大原敬子:
・・そうしましたらね?

相談者:
はい

大原敬子:
まず・・今日お嬢さんと話して、

相談者:
はい

大原敬子:
「そろそろオムツを」・・「止めようね」・・って事まで言うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
マジックありますよね?、太、太いマジック。

相談者:
はい

大原敬子:
あのマジックに・・1日目・・

相談者:
はい

大原敬子:
2日、3日って、書いてくんです。

相談者:
はい

大原敬子:
すと、1日、使った場合には次の数字は2日になりますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
お嬢さんの頭の中に・・あ、2回取り替えた。

相談者:
うんうん

大原敬子:
3回というの分かるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今までは・・無造作で置いてあるわけでしょ?

相談者:
あ、まあ、そうですね、はい

大原敬子:
だから・・何使ったか分からないんです。だ、お嬢さんに意識化させるためにも・・そこにマジックで、お嬢さんに、
「書いてご覧」って、「1日ね」って。「2日ね」って事で、お父さんの顔でさせるんです。

相談者:
うんうん

大原敬子:
で、「夜中は、もう、パパは、起こさないからね」って。
「自分で替えてね」って。
でも、汚れないです。オムツはそんな漏れないですから。

相談者:
うーん、はい

大原敬子:
お嬢さんが、自分で・・その、林間学校か、臨海学校行った時に・・
「話しました」って言いましたね?先生に。

相談者:
あ、はい

大原敬子:
意識はしてるんです、周りの友だちに分かってはいけないっていう。

相談者:
うーん

大原敬子:
その理性がありますから。

相談者:
はい

大原敬子:
まずは第一段階は、ワンステップは・・オムツに数字を書いとくんです。

相談者:
はい

大原敬子:
で、お嬢さんが自分で開けるたんびに、あー今日3日目、4日目って。
量を、頭に・・意識させる。

相談者:
うん・・

大原敬子:
そっからですね、きっと。

相談者:
はい

大原敬子:
であなたは絶対に、お嬢さんの・・ベッドには行かない事。

相談者:
はい

大原敬子:
これだけは守って下さい。

相談者:
はい、分かりました。

大原敬子:
分かります?、今は、

相談者:
はい

大原敬子:
そのステップから始めた方がいいと思いますけども。

相談者:
はい

大原敬子:
先生いかがでしょうか?

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
3年前に奥さんが亡くなられて、

相談者:
はい

加藤諦三:
今あ、その当時っていうか、

相談者:
はい

加藤諦三:
凄い寂しかったっていう事はありますよね?

相談者:
・・そうですね、はい。あると思います。

加藤諦三:
その寂しさが・・を・・やっぱり埋めてくれるのは、お嬢さんだった・・

相談者:
・・うーん、そうですね、はい

加藤諦三:
・・その寂しいっていう感情は物凄い強い感情ですから、

相談者:
はい

加藤諦三:
他の感情を、退けちゃう事があるんですよね。

相談者:
うーん

加藤諦三:
つまり寂しい、と・・しがみ付いてっちゃうって事があるんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、今・・言う必要ないんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
何故、こうなったのかという事の、原因っていうのはあるわけですから、

相談者:
うーん

加藤諦三:
それをゆっくり、1人になった時考えて、下さい。

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとございました。

加藤諦三:
子どもは親から自立しなければいけませんが、同時に親も子どもから自立しなければいけません。


スポンサードリンク



「夜尿が治らない中1娘。初潮を迎えても続けられたシンパパのある行為」への10件のフィードバック

  1. …異常であることが 本当に分からなかったとしたら 異常です。

    自分の子とはいえ十二歳の娘のオムツを本人の承諾もなく 毎晩二回も替える…これが息子だと この父親はするでしょうか?…しないはずです。
    娘に対する異常性愛としか思えません。加藤先生も大原先生も この異常偏愛を感じてはいるけど 敢えて伝えてはいないけど、非常に危ないケースだとは認識してるはずです。

    本気で?公衆にさらけ出したことにゾッとしましたし、きっと闇はもっと深いところに在るのでしょう。

  2. 12歳用の紙おむつってあるんですね。
    ひょっとしたら心身ともに未発達で小柄なのかな…
    「初潮は2ヶ月前」っていうのもなんか嘘っぽい。

  3. 驚きましたし、ぞっとしました。
    もっと事態はすすんでいるのではないですか
    大原先生も、気づいてらしたから、突っ込んだ話をされたのでしょう
    祖母は近くに、いないのでしょうか
    この女の子の行く末が、とても心配ですねー
    父親と離さないと危険だと思います

  4. 熟睡してるんではないですね。恐怖と絶望で寝たふりするしかないのでしょう。
    この父親はおねしょを治したいなんておもってないでしょう。大原先生の仰る通り、おねしょを治したいと思ったのならオムツはさせない。

  5. 男親が陰部を観察・・ギャーーーー!
    娘が他人がどう思うか?など理解できない、考えない
    認めてはいないが、この時点で
    もはや修復不可能な娘からの嫌悪反応が起きているのでは?
    親といえ
    思春期の性に関する問題にあまりにも鈍感
    ゆえに、このデリカシーの欠如は
    子供(他者)に対する無関心から生じ
    さらには病的な潔癖となる
    ナルシスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。