無自覚で心が無い男。出て行った妻は本気かブラフか?大原敬子が読む胸の内


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

大原敬子:
もう・・この年代?、あなたの年代の、

相談者:
うん

大原敬子:
男性の・・

相談者:
はい

大原敬子:
半分以上は・・こんな事で悩んでるのかな?と思ったぐらいに、

相談者:
はい

大原敬子:
・・あー、おー、何ていうのかしら、この年のわたしが・・あの、あなたにね?

相談者:
はい

大原敬子:
後ろから・・背中を押したいんです。
その一つのね、

相談者:
はい?何を?

大原敬子:
背中を押してあげたい。

相談者:
はい、ありがと。

大原敬子:
その一つ・・
あ、いいえ。その・・一つですね、

相談者:
はい

大原敬子:
参考として聞いていただきたいんです。

相談者:
はい

大原敬子:
まず一つは・・女心を知らないって事です。
あのね?

相談者:
・・

大原敬子:
まず人間でね?、家を出るっていう時には・・1人の時は結構決意があるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
あとは、浅野内匠頭じゃないんですけども、集団も、一つの決意なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
2人で行動の時、時は・・自分自身のやってる行動も、不安の時に・・
「あなた大丈夫よね?」、「うん、わたしも付いてるから」、お互いに不安同士が支え合ってますから、

相談者:
はい

大原敬子:
この決意が固いっていうのは言えないんですね。

相談者:
うん

大原敬子:
心理的には。

相談者:
はい

大原敬子:
で、お嬢さんと出るっていう事は・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの子どもと一緒に出てるわけですよね?、娘と。

相談者:
そうです。

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
それは・・わたしは知らない男性と、出たなら、これはもう絶対に、戻って来ません。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、娘さんと出るっていう事が1点なんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、もう1点は、

相談者:
はい

大原敬子:
「離婚する」とは言ってないんですね、まだ。

相談者:
まだ言ってないです。

大原敬子:
何故そこであなたは慌てるか?って、こ、相当皆さん・・そのあなた達の年代は・・奥様を適当にやったんでしょうね。

相談者:
うーん

大原敬子:
まずね?・・女性が家を出る時に・・携帯電話をね?

相談者:
はい

大原敬子:
解除なんて言わないんですよ。めんどくさくって。
もう触れたくないんですから。

相談者:
はいはい

大原敬子:
あーだこーだ言いながら・・あなた、気付いて!って。
わたしは、本気ですよぉーっていう事を、伝えたいために・・「携帯電話を、解約して下さい」とか。

相談者:
はい

大原敬子:
で、あの、あなたが「会いたい」って言ったら・・「会う、気は全くない」って。

相談者:
はい

大原敬子:
「だっていつもあなたおんなじ事言うんでしょ?」・・「そんな事だったら出なかったのよ」。

相談者:
うん

大原敬子:
あなたの教えにお灸をすえるためのこと、抗弁なんです、これ。

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
何故かっていうと、「帰って来てくれ」云々なんて、それは嫌なのね?

相談者:
うん

大原敬子:
じゃ、何故か?って言いますね。

相談者:
はい

大原敬子:
まずですね・・あなたの性格、お話を聞いてて、ほんっとに真面目な方。

相談者:
はい、うん

大原敬子:
それでいながら、自分の、意見を言わなくて、グチグチ、グチグチ、家でね?、怒りもしないけども・・グチグチ言う・・ご主人さまじゃないかなと思うんですね。

相談者:
まあー、そんな感じですね。

大原敬子:
ハッキリ言えばいいのに、言えない。

相談者:
うん

大原敬子:
じゃ・・そのあなたの性格を見て・・男女。男も女も家を出る時に・・

相談者:
はい

大原敬子:
この人、今だったら話しても分からない。

相談者:
・・うん

大原敬子:
だったら突然出ようって事ですよね。

相談者:
・・うん

大原敬子:
これ一つですね。
で、もう一つはね?

相談者:
はい

大原敬子:
・・このお父さんの煮、煮ても焼いてもグチグチ言う方に・・話し合いは出来ないです、絶対に。

相談者:
はいはい

大原敬子:
で、娘と一緒に・・一旦出ようと。

相談者:
はい

大原敬子:
そいで、お父さんの、根底を・・

相談者:
はい

大原敬子:
考えさせてもらおうって気が、わたしはあるんではないか?と思ってるんです。

相談者:
あー、そうか・・ふん

大原敬子:
だから、「心を触れて欲しい」と奥様がおっしゃってるんですけども、

相談者:
うんあ

大原敬子:
「僕はそういう事言いましたか?」、「2年前ですか?」、「覚えていません」って言った時に、暖簾(のれん)に腕押しなんですよ、これ。

相談者:
あーあ

大原敬子:
何を言っても分からないって。

相談者:
うん

大原敬子:
それでも、「ちょっと待って」・・「僕は2年前の事は忘れたんだけども」、「何故、君はその事覚えてたの?」って、聞いて欲しいんですね。

相談者:
うーん、それがね・・

大原敬子:
うん

相談者:
娘の携帯を通して、

大原敬子:
うん

相談者:
「ごめんなさい」、「忘れていたよーうです」って、そのような文面を、娘を介して・・妻の方へ・・言ってあるんですよね。

大原敬子:
あのね?

相談者:
ええ

大原敬子:
「忘れていた」、「ようです」っていう事は、

相談者:
うん

大原敬子:
自分を庇っていませんか?

相談者:
・・うーん

大原敬子:
妻がもう家出ちゃったの。

相談者:
うん

大原敬子:
「ごめん」って。
「ホントに忘れていた」って。

相談者:
・・うん

大原敬子:
「こんーな無責任な」・・「僕だったんだね」って言ってくれたら・・理解出来るんです。
よく、

相談者:
あー、しまったな。

大原敬子:
しまったねえ。

相談者:
しまったな。

大原敬子:
「忘れてるようだね」なんて・・「ようだね」ってあなた・・それでわたしは戻、って来て欲しいの?と思いますもんね?

相談者:
うーん

大原敬子:
・・そこの事、「あ、忘れていたようだね」他人事なんです。

相談者:
うん、うん、うん、うん、うん、うん、うん

大原敬子:
だから・・「あなたはこういう事あったわね?」って。
「こういう事をしたでしょ?」と、「そうだね」って、「そうだったんだねえ」って言われたらね(苦笑)・・

相談者:
うーん

大原敬子:
全く気付いてないわけでしょ?

相談者:
そういう事ですね。

大原敬子:
奥様は、

相談者:
うん

大原敬子:
わたしの心の中も、理解して欲しいって。

相談者:
うん

大原敬子:
理解ってのは・・そういう、ことを・・僕は気付かないけども、2年間も覚えていたっていう事は、よほど君は・・悔しかったか、怒りがあったという事を理解して欲しいんです。

相談者:
はい

大原敬子:
言った言わないじゃないんですよ。

相談者:
はい。うん、うん、ん

大原敬子:
もっと言うと、2年前っていうとわたしは・・あ、よっぽど悔しかったんだな、この奥様はと感じます。

相談者:
うん・・

大原敬子:
だ・・

相談者:
て、でま、でも・・それからね?、1人で考えたら、よっぽど、そういう事があっ・・感じたんだなとは・・

大原敬子:
そしたらそれですよ・・

相談者:
気付いてますけどね。

大原敬子:
2年間も君が覚えていた事を・・僕は忘れていたって。

相談者:
うん

大原敬子:
こんーな僕の心だったら、君は出て行くのは当然だっていう事を・・あなた思いませんか?

相談者:
うん・・

大原敬子:
思うでしょ?

相談者:
そう、思いますね。

大原敬子:
その言葉を、妻は求めてるんです。

相談者:
うん

大原敬子:
つまりわたしは・・あなたが嫌い云々ではなくって。

相談者:
うん

大原敬子:
今後やって行くならば、こういうね?、無責任に言った言葉を、
「忘れていたようでね」では、わたしは今後やって行けませんって。

相談者:
はい

大原敬子:
あの・・あの言葉を言った事を「ごめんなさい」を求めてるんじゃないんです。

相談者:
うん

大原敬子:
それほどまでに悔しかったんだっていう事を気付いて欲しいっていう事なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そしたら今後どうするかというと・・

相談者:
はい

大原敬子:
「帰って来て欲しい」なんて・・いい?・・あなた自分で好き勝手やって、「帰って来て欲しい」なんて、

相談者:
うん

大原敬子:
いい加減でしょ?

相談者:
・・

大原敬子:
「ずーっと待ってます」ですよ。

相談者:
はいはい・・「ずーっと待ってる」。

大原敬子:
・・「ずーっと待ってます」・・僕に出来るのはそれだけだって。

相談者:
うん・・・・うん

大原敬子:
・・必ず帰って来ます。この方は。

相談者:
え?

大原敬子:
この方は帰って来ます。あなたのそのグドクなねえ・・なんていう、単純でねえ・・

相談者:
うん

大原敬子:
そして、えー、表面は、平静装ってるけれども、中は一生懸命ね?

相談者:
うん

大原敬子:
自分の頭で考えてる・・誠意は奥さん知ってます。

相談者:
はい

大原敬子:
ただ日常生活ではキツいんですね。

相談者:
うん

大原敬子:
グチグチ言ったりやなんかするので。

相談者:
はいはい、でしょうね。

大原敬子:
アハ(苦笑)分かりますか?

相談者:
うん、分かります。

大原敬子:
分かる?

相談者:
うん・・

大原敬子:
あ、嬉し・・

相談者:
それは・・

大原敬子:
うん

相談者:
もう・・自分でも・・反省はしてます。

大原敬子:
反省なんて、奥様は反省求めてないですよ?

相談者:
そうだね。

大原敬子:
よくこんな、グチグチ言う僕に、

相談者:
うん

大原敬子:
こんーな簡単な優しい・・お仕置きをする妻は、感謝ですよね?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
思いません?

相談者:
思います。

大原敬子:
一つひとつが全部布石を打ってるんです、この妻。

相談者:
はい

大原敬子:
・・
うん・・

相談者:
はい

大原敬子:
今は・・妻は戻って来てくれよりも・・あなたがそこを自分が変える事によって、この妻が家を出たっていう事が、

相談者:
うん

大原敬子:
プラスになるはずです。

相談者:
うん、はいはい

大原敬子:
分かります?

相談者:
分かります。そうですね。

大原敬子:
まずはあなたが元気でいる事。

相談者:
はい

大原敬子:
で、自分が・・自分の生活が出来る事を、今、宿題として課せられたんじゃないかと思うんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
あの、今、加藤先生にお願いしますけど・・ぜひね?、心の成長ですね。

相談者:
はい

大原敬子:
それを・・わたしも始め、あなたもね?

相談者:
はい

大原敬子:
これから学ぶ事だと思うんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
じゃ、先生お願いします。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
要するにあなたの言った言葉に心がないんですよ。

相談者:
うん

加藤諦三:
だから「家を出ろ」って言った言葉にも心がないの。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから忘れてるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから・・毎日の、言う言葉に、何の、こ、心もないんですよね。

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
・・で、

相談者:
なるほ、うん

加藤諦三:
・・自分は不幸とも思ってないんですよね?

相談者:
不幸・・不幸とは思ってないですね。

加藤諦三:
思ってないですね?

相談者:
うん

加藤諦三:
うーん・・ま、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
た、とにかくそういう事で、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・あのお、大原先生のおっしゃったような・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を・・見つめる事だけは、忘れないで下さい。

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はーい、どうも・・ありがとうございました。

加藤諦三:
幸せな人だけが不幸になれる。本当に不幸な人は、自分が不幸である事に気が付いていません。

スポンサードリンク



「無自覚で心が無い男。出て行った妻は本気かブラフか?大原敬子が読む胸の内」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。