10ヶ月の米国留学で拗(こじ)らせる高3息子。無事帰国を褒めましょう


テレフォン人生相談 2018年8月8日 水曜日

本人の希望で高3から10ヶ月間アーカンソー州に留学して帰国したばかりの息子が大学受験を前にして無気力。
「うるさい」と言って避けられるが、どうするつもりなのかが分からない。
同級生の多くはすでに大学生になっていて、帰国直後にその友だちとも会ったりもしているが、そういうのが関係しているのかもしれない。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女53歳 夫 息子18歳  娘(妹)

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談ですう。

相談者:
はい・・どうぞ、よろしくお願い致します。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
えっと、自分の子どもに対する対応の仕方について、

ドリアン助川:
はい

相談者:
教えていただきたいんですけれども。

ドリアン助川:
はい。
まずあの・・お子さんおいくつですか?

相談者:
えっと、息子が、18歳です。

ドリアン助川:
18歳?、高3?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、あなたさまは失礼ですけど、おいくつですか?

相談者:
53歳です。

ドリアン助川:
53歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー他にも、あの、ご兄弟いらっしゃるんですか?お子さんは。

相談者:
はい、えっと下に女の子がおります。

ドリアン助川:
妹さんがいらっしゃると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。えー具体的に今、何が起きてるんでしょう?

相談者:
なんか、ちょっと人生に投げやりになっていて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
受験生なんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
全然、モチベーションが、上がらないと。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
それで、えーと、一応・・大学進学を目指して居たんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう、大学に行く、価値も、見い出せないと・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
いう事で。色々言うと、もう・・「うるさい」っていう感じでこう、心を閉ざし、てしまって・・

ドリアン助川:
あはい

相談者:
・・中々、コミュニケーションも、取りづらいという感じです。

ドリアン助川:
なるほど。わたしも経験あるんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
たくさんの試験受けて大学に入る意味って何だろう?って事・・

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
やっぱり考えた時期がありましてね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
どうなんでしょう?息子さん、そういう考えた時期があって、結果的に・・今あ、ちょっと気力を失っちゃってるのか?、或いは・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
そんなに考えてもいずに、そうなっちゃってるのか?、ど、どういう風に思われます?

相談者:
・・えっと、そこまで深く考えていたようには、思わ・・れないんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
しかし、えっと、本人の、たっての希望で、10ヵ月、アメリカの方に留学をしたいという事で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実は、ま、帰国して、まだ、2週間ほど、なんですね。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
10ヵ月間アメリカに、これまでいらした?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、帰って来て、2週間で・・今その、日本の大学に行く事に対して・・動機を失ってるっていう感じですか?

相談者:
というか、ホントに直後は・・よし、これから頑張ろうと。
AO入試でも受けて、大学行こうという感じだったんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・その留学するにあたって、休学して行ったんですね。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
で、お友だちは、まあ、大学生になっている子が、多くて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、自分は、復学して、これから高3・・をもう一度・・やり直すと。

ドリアン助川:
なるほど。

相談者:
受験生・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
と、いう(苦笑)事で。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、帰国直後に、ま、何名か、お友だちに会いたい、という事で、
ま、数名のお友だちに、会ったんですけど。それぐらいからなんかちょっと、段々変わ・・って来て。(苦笑)・・
で、今だフラフラしている状態・・#$%◆

ドリアン助川:
何か、友だちと、話が出たんでしょうかね?、これからの事について。

相談者:
え、さあー?、なんかその辺のところも・・こう、こちらの方が根掘り葉掘り聞くと、なんかもう「うるさい」っていう感じで。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
拒絶され、てしまって。
ま、どのような話になっているのか?・・

ドリアン助川:
あのお・・17、8の頃の・・男の子って・・まホント人生の事、真剣に考えていても・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
それを親に根掘り葉掘り言われると・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
いや、も、「聞かないでよ」、「関係ないよ」っていう風に・・

相談者:
そ、そうなんです。(苦笑)

ドリアン助川:
なるのが、ま・・一種、反応としては、普通にあるかなと思うんですけども。

相談者:
ええ、ええ

ドリアン助川:
ええ。で・・お母さんがその、今、声が暗くなっている理由というのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
息子さんが、これからの人生え、が、ちょっとこう、不透明になっちゃってるという事よりも、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ひょっとすると・・5、6年前までは可愛かった息子さんがですね・・

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
「うるさい」とか、「関係ねえ」って・・

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
言われる事にショックを受けてるっていう部分もないんですか?

相談者:
え、そうですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、そういう部分もありますし、

ドリアン助川:
うん

相談者:
あの、きちんと、物事を、こう、用意周到に準備できる方ではないのに、
「とりあえず、3月までは家においてくれ」と。「その後はもう、全く構わないでいいから」っていうこう、ちょっと・・何ていうんですかね?、投げやり的な感じになっていて、ホントにこの子は一体、このあと、どのようにして生きて行こうとしているのか?

ドリアン助川:
うん

相談者:
とても不安で、コミュニケーション取ろうとすると、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、そのような感じで。も、全く何を考えているのか・・

ドリアン助川:
あー・・これがね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
3、4年続いてるっていう・・ことでもないわけですよね?、あのお・・

相談者:
はい、はい、そうです。

ドリアン助川:
なんか、お気、心配は分かるんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ここ2週間の話ですよね?

相談者:
・・そうですね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
はい

ドリアン助川:
何か・・刺激になる言葉があったとか、見ちゃったとか・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
えー・・お母さんあのお・・ジェームズディーンの出た、理由なき反抗と、知ってます?映画。

相談者:
はい、はい、はい

ドリアン助川:
あれ、わたし、あの、見てから2週間、親と口利きませんでした。

相談者:
あーあー

ドリアン助川:
もう、も、誰も彼も上目遣いで人を見、見るようになっちゃって、

相談者:
ええー

ドリアン助川:
ええ、だから非常にその、色んな刺激が・・

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
あのお、態度の変化になって出て来たりね・・

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
し易い年齢だと、い・・いう事もあると思いますよ?

相談者:
あーあー

ドリアン助川:
うーん・・・ですね。

相談者:
そうなんですね、で、これは、このまま放っておけばあ・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
なんか、ちゃんと、もう一回、自分の将来を真面目に、こう、考えて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
進んで、くれるのかどうか?

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・その、なんかわたしが、あまり余計な事を・・これまで言い過ぎたのか?

ドリアン助川:
ああー

相談者:
それとも言わない方が、いいのか?

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん、凄くなんかもう、接し方に・・こう(苦笑)困っているっていうか。

ドリアン助川:
ことなんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの・・旦那さんは・・いらっしゃいます、かね?

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
はい、なんておっしゃってんですか?その、2週間の変化に関しては。

相談者:
あー、ま、わたしと同じように・・心配して、いますが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんかこう・・静観しているっていう感じですかね?

ドリアン助川:
うーん

相談者:
本人が言って来るのを・・待つ・・みたいな・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
感じで、ただ、こう、わたし1人だけが・・この夏う・・もう、凄く大事な時期なのに・・こんなでいいの?、っていう感じで、

ドリアン助川:
はいー

相談者:
こ、右往左往してる・・ような(ため息交じりで苦笑)、その中でわたしはどのように・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
振る舞っていけばいいのか?

ドリアン助川:
お母さん、高3の・・あの、時期って、そんなに、なんか頑張りました?

相談者:
・・うーん、ま、少なくとも、もう少し真面目に考えていたような気がします。

ドリアン助川:
そうですか・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん・・では、今日の先生紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:
はあー

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。