10ヶ月の米国留学で拗(こじ)らせる高3息子。無事帰国を褒めましょう


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

大原敬子:
あのですね・・

相談者:
はい

大原敬子:
ちょっと3点ぐらい・・伺っていいですか?

相談者:
あはい

大原敬子:
1つは、

相談者:
はい

大原敬子:
アメリカの、どこの、州に行きました?

相談者:
アーカンソー州です。

大原敬子:
はい・・はい。それでもう1つ、伺いたいのは・・留学する時に、

相談者:
はい

大原敬子:
親が、「行きなさい」て言ったのか。
お子さんが「行きたい」と言ったのか、これどちらですか?

相談者:
自分で「行きたい」と言いました。

大原敬子:
で、自分で行きたい時に、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんとお父さんは、

相談者:
はい

大原敬子:
帰って来た時にどうするか?とか、

相談者:
はい

大原敬子:
そういう話はしました?

相談者:
・・はい、しました。

大原敬子:
どのようにしました?

相談者:
と、本人はも、高3になってからの留学でしたので、休学して、

大原敬子:
ええ

相談者:
えーと、きちんと高校に戻って、ちゃんと日本の大学を受験するっていう事で・・準備して行きました。

大原敬子:
あのですね、その、お母さまの気持ち、すっごく分かるんですけども・・折角伸びている子どものですね?

相談者:
はい

大原敬子:
心の成長を・・ダメにしてしまう事があるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
じゃ参考に・・

相談者:
はい

大原敬子:
あの聞いていただきたいんですけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
まず・・このお子さんが、

相談者:
はい

大原敬子:
ちゃんと・・帰って来た事ですね、真面目に。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
帰って来ない子多いんですよ。

相談者:
・・ええ

大原敬子:
例えばね?・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんと息子さん大きな隔(へだ)たりがあるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは日本にいて。ずーっと「行ってらっしゃーい」と、

相談者:
はい

大原敬子:
成田か、羽田で送った、息子さんが、

相談者:
はい

大原敬子:
10な、10ヵ月、ですか?

相談者:
はい

大原敬子:
宿舎をして、もう帰って来た時は・・

相談者:
はい

大原敬子:
あの出発した息子さんで、あなたは見てるんです。

相談者:
・・はいー

大原敬子:
息子さんは、向こうに行って・・

相談者:
はい

大原敬子:
何を学んだか?というと、親から離れた時の・・

相談者:
うん

大原敬子:
自分と、親との関係・・

相談者:
・・ああ

大原敬子:
ありますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
それから・・他者との関係。

相談者:
はい

大原敬子:
異文化との関わり。

相談者:
はい

大原敬子:
様々な事をね、非常にね・・触れて・・学んで・・苦しんで・・体験して・・帰って来たんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そのお子さんの、その・・すーごい膨らんだね?・・経験出来ないような事を・・

相談者:
はい

大原敬子:
わたし達は知ろうとしても出来ないわけですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
で・・息子さんも・・まだこの年齢だと・・こんな事があった、あんな事があったって分からないんですね。
・・あのお、10代で海外行くとね?

相談者:
はい

大原敬子:
帰って来た時にね?

相談者:
はい

大原敬子:
わたしはですね、4・・ヵ月・・5ヵ月ぐらいかしら?・・部屋に入ったきりでした。

相談者:
・・はあ

大原敬子:
悲しいとか、なんかで分からないんです。非常にね・・

相談者:
はい

大原敬子:
訳の分からない感情なんですよ。

相談者:
・・あーあ

大原敬子:
鬱とか、そういうものではなくって・・

相談者:
はい

大原敬子:
あの、自分が帰って来た時に、対応と環境のあまりの変化にね・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分は付いて行けないんです。

相談者:
・・うーん

大原敬子:
多分ね、あの、この坊やちゃんもですね・・

相談者:
はい

大原敬子:
夜になると泣けるんです、なんだか分からないけど。親がいるんですよ?

相談者:
ああ、はい

大原敬子:
だからといって、向こうに行ってる時は、

相談者:
はい

大原敬子:
向こうで、わたしは郵便ポストの前で泣きました・・帰りたいと思って。

相談者:
・・ああ・・ああ

大原敬子:
ね?、ところが、

相談者:
はい

大原敬子:
帰って来ると、

相談者:
はい

大原敬子:
もう、訳の分からない事ですよね?、涙が出るんです。

相談者:
あー

大原敬子:
このぐらいね?、10代って多感なんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
わたしの場合は、問題児だったので、

相談者:
ええ

大原敬子:
家族はそーっと置いといたんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
それがわたしは助かったんです。

相談者:
・・ああー

大原敬子:
もうね、わたしはあの、向こうの郵便ポストを今、見るのも嫌ですね。
あの、ポストに、抱きついて泣きました。なんでか分からないけども。

相談者:
ああー

大原敬子:
帰って来てから、わたしの場合、何にも身に付いてないと思ったんです。

相談者:
・・うん

大原敬子:
ところが、2年、3年経つと・・1人でも・・自活出来るって気持ちになって来るんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
学校の勉強よりも・・人生においての勉強が・・

相談者:
うーん

大原敬子:
自分の中にしっかりと刷り込まれたんですね、いい意味で。

相談者:
うーーん

大原敬子:
この坊やちゃんもね・・

相談者:
はい

大原敬子:
途中で泣いたと思いますよ。

相談者:
・・うん

大原敬子:
きっと、涙が出るんです、ホントに。

相談者:
ああー

大原敬子:
意味のない涙ですよね。

相談者:
ふーん

大原敬子:
だけれども、日本に帰って来たら、あちらが懐かしいんです。拘束がないから。

相談者:
ああー・・あー

大原敬子:
で、両親がウザいんです。
だからといって、嫌いではないんですよ?

相談者:
ふーん

大原敬子:
あの、両親の顔見てしまうと、

相談者:
はい

大原敬子:
向こうで、自分は、頑張った自分は消えちゃうんです。

相談者:
・・あーあ

大原敬子:
そして両親は・・

相談者:
はい

大原敬子:
日本に帰って来た状況から、「さあ、やりなさい」って言われるんです。

相談者:
そう、そうです(苦笑)

大原敬子:
でも、10ヵ月以上居たお子さんは、

相談者:
はい

大原敬子:
すぐには戻れないんですよね。

相談者:
・・うーん

大原敬子:
で、多分お友だちともね、これから段々会わなくなります。最初は会うんです。

相談者:
うん、はいはい

大原敬子:
友だちに、行って来た話はしたいんです。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
それ承認です。
「いや、凄いわね」って、「どうだった?」って聞くんですね、興味があって。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
でも、それが、2週間、3週間、4週間、1ヵ月となりますと、

相談者:
はい

大原敬子:
それぞれが、友だちが・・自分の人生の事、話し出すんですね、受験とか。

相談者:
はい、はいはい

大原敬子:
と、自分はそこに全く心が入って行けなくなっちゃうんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?、そうすると・・

相談者:
はい

大原敬子:
友だちともわたしは、関係が、切れて来ました。

相談者:
あー

大原敬子:
聞いてくれた友だちが良かったんであって、

相談者:
はい・・はい

大原敬子:
その友だちが、受験とか勉強とか色々ありますね。恋人の話とか。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
すると、もういいんです。
今の自分にアップアップなんですよね。それが・・

相談者:
うーん

大原敬子:
あの、わたしのは、あくまでも参考ですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
だから、わたしは帰りたくなかったから・・3ヵ月間伸ばしました。

相談者:
・・ああ

大原敬子:
あのね、人間ってね、帰りたいと思ってもね・・

相談者:
はい

大原敬子:
もう「明日、明後日帰りますよ」って言いますとね・・

相談者:
はい

大原敬子:
帰りたくないんですよ。

相談者:
あーあー、そうですよね・・はい

大原敬子:
僕は、ちゃんとお母さんお父さんの約束通りに、帰って来たよ。
受験もしなくちゃならないって分かってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
自分の気持ち分かってるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
でも・・体が、心が動かないんです。

相談者:
・・うーん(震えた声)

大原敬子:
ここで心が萎えてしまったら、彼は・・向こうで10ヵ月間、1人で生きた体験ありますから・・

相談者:
はい

大原敬子:
しばらく経ったら出て行きますよ。

相談者:
・・なんか・・今にも出て行きたそうな・・感じ・・

大原敬子:
行きたい、行きたい、そうなんです。だからといって、

相談者:
はい

大原敬子:
計画性ないですからね、大丈夫ですから。

相談者:

大原敬子:
お母さんは、

相談者:
はい

大原敬子:
この息子を今、この状況で・・じ、10ヵ月間の凄い体験・・

相談者:
はい

大原敬子:
学業とは違った体験をした息子さんを・・

相談者:
はい

大原敬子:
褒めてあげなくちゃ、認めてあげなくちゃ。
元気で帰って来てくれたこと。

相談者:
はい

大原敬子:
それを感謝ですよね?

相談者:
はい。ホントにそうです(涙声)。

大原敬子:
そう思わない?

相談者:
はい(鼻をすする)

大原敬子:
今、息子さんが病気で帰って来た時に・・こんな相談出来ますか?

相談者:
・・そうですね。

大原敬子:
ただ、お母さんの意思の疎通ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
あの時の、苦しさ、悲しさ、喜び、楽しみは・・お母さんとは共感出来ないものが、今・・会いたくない状況なんです。

相談者:
そうっか(ため息)・・

大原敬子:
時間が薬になるんですよね。

相談者:
あー・・あー

大原敬子:
だ、もう少し、時間を経ってから、勉強ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
向こうでの話を聞いてあげて欲しいんですよ。

相談者:
・・はい、はい

大原敬子:
「凄いわね」って、「お母さんはそれは出来なかった」というね?

相談者:
あー・・はい

大原敬子:
この、ホントに目を輝かせながらね、毎日、10分間でもいいから・・聞いてくれたら、ほん・・とに息子さん、立ち上がりますよね。

相談者:
・・はあ、そうなんですね。

大原敬子:
あ、今はね、あの先生に伺いますけどね。

相談者:
はい・・はい

大原敬子:
大学受験よりも・・とても大きな勉強なさってんです、彼は。

相談者:
うーん

大原敬子:
だ、それをお母さん理解してあげて、

相談者:
はい

大原敬子:
そんな暗い声出さないで、大丈夫ですから。
もうちょっと・・

相談者:
はい

大原敬子:
時間が薬なんですよ。
お母さまが、一歩も二歩も・・引いて下さったら・・彼はほんーとに立ち上がると思いますけども。先生に聞いてみますね?

相談者:
はあ・・はい

大原敬子:
はい

相談者:
ありがとうございました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
うん、ん、ん、も、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お子さん小っちゃい時、ザリガニとか飼った事ありますか?、ないですか?

相談者:
いや・・ないです。

ドリアン助川:
ああいった生き物ってのは脱皮して、大きくなって行きますよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
わたし達はその、哺乳類ですから脱皮ってありませんけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
実はあの、心がね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
何回も脱皮するんですよ。
より逞しい心、より優しい心になってくんだと思うんですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
その脱皮する時期ってやっぱり、時間が必要だし、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、周りからこう、突いて欲しくない時期い・・なん、だと思うんです。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ですから、それを信じてあげて下さいな。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
はい

大原敬子:
いいお子さんですよ?

ドリアン助川:
うん

相談者:
ありがとうございます(涙声)。

大原敬子:
立派に育てましたね?、お母さんはね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
えー・・ありがとうございます(泣き)。

ドリアン助川:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい。どうもありがとうございました。失礼いたしまーす。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。