農家の息子が悩む父の浪費と長年の精神疾患。相談者にも感染ったもよう


テレフォン人生相談 2018年8月24日 金曜日

代々続く農家を両親と営む。
父は若いときにウツを患い、統合失調症の診断を受けたこともあり、現在も通院中。
浪費癖に困っている。
どうしていいか分からず、涙ぐむ相談者。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男34歳自営 妻31歳 子どもはいない 実家に両親がいる

今日の一言: 不幸を受け入れると、する事が見えて来る。デヴィッド シーベリー

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、すいません、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
えーと、34歳です。

加藤諦三:
34歳。結婚してます?

相談者:
はい、結婚してます。

加藤諦三:
えー、奥さん何歳ですか?

相談者:
えーと31歳です。

加藤諦三:
31歳、お子さんは?

相談者:
は、まだいないです。

加藤諦三:
じゃ、2人で暮らしてるわけですね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
(咳)

加藤諦三:
はい、分かりました、で、どんな相談ですか?

相談者:
えーとですね、自分の父親あ、がですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと精神的なあ、病を持っておりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
最近ちょっとお、浪費い、が、凄い・・多くてですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
家が自営なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
今後、あの、家を・・守って行くう、のにですね、自分ん、が、どうしたらいいか、分かんなく、なってえ・・来てしまった部分が、ありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとご相談、させていただきたいんですけど。

加藤諦三:
はい・・大変な心配ですね、その・・「浪費」っておし、おっしゃいましたけど、具体的に言うと、どの程度の、どういうような、状態ですか?

相談者:
主に、えーと、タバコとお酒え、だと思うんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
家ではそんなお酒飲まないんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
外でえ、やっぱこう、多分仲間内があ、居ると思うんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうので・・お金使ってると思うんですけども、

加藤諦三:
はい。浪費って言って、なんか凄い、こう・・高級な服買ったり、車買ったりとかっていうんではないんですね?

相談者:
あ、えーと、でも、自分の収入をかんーがえないで、

加藤諦三:
あはい

相談者:
車をお・・実際・・家のお金でえ、買・・ったり、ですね。

加藤諦三:
あーあ

相談者:
あとお・・そのお、後に・・また「自分の車を、買いたい」って言って、あの、契約う・・寸前まで行ったり、ですね。

加藤諦三:
あーはあ、はあ、はあ

相談者:
あと、去年なんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
借金・・を、

加藤諦三:
はい

相談者:
えと、カードで、しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
それが、支払えないもんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
銀行さんの方に、

加藤諦三:
はい

相談者:
カードの、ローンを、払うための、

加藤諦三:
はい

相談者:
借金を・・したんですよ。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
だからって、その、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、買い物依存症と言うほどではないんですね?

相談者:
・・そうですね、頻繁には買ったりはしないー、と思うんですけどもお・・

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
「自営業」って言、言いましたよね?あなた。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今、あの、34歳であなたは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお父さんの跡を継いで、その自営業を・・手伝ってんの?、それとも今、まだ手伝ってないの?

相談者:
そうですね、7、8年前からあ、自分が・・あの・・家業をやるようになったんですけども。

加藤諦三:
あ、もう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
実際はあなたが、やってるわけ?

相談者:
はい

加藤諦三:
差し支えなければ、自営って・・何ですか?

相談者:
農業ですね。

加藤諦三:
あ、農業ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
健康状態どうなんですか?

相談者:
えーと、健康状、態は・・はい・・

加藤諦三:
さっき、その最初にあの・・「精神的な」って、心の病って事をさび、最初に言いましたよね?

相談者:
はい。父はですね、えーと・・

加藤諦三:
はい

相談者:
若い、頃からですね・・その精神的な病院に掛かってましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、最初は、鬱っていう、診断を受けてたみたいなんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
30代い、くらいで、あの、統合失調症・・

加藤諦三:
はい

相談者:
という事で、病院の方に、診断、されたみたいで、

加藤諦三:
はい

相談者:
酷い時は、あのお、入院・・を・・させられ、たあ、みたいなんですよ。

加藤諦三:
その後、通院してたの?、通ってたの?、病院に。

相談者:
えと、今も、そうなんですけども。

加藤諦三:
あ、今も・・

相談者:
はい

加藤諦三:
病院に行ってんですか?

相談者:
月1回、はい、通院してますね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと今あ・・その、病名が統合失調症とか、うつ病とかってそういうー・・病名が付いてるような物ではないん、ですか?

相談者:
ま、ちょっとお・・父親とあんまり仲、良くないもんでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ま、そういう・・話はしてないんですけども、

加藤諦三:
うん・・つまりい、完治してないとすればね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、あなたが言ってえ、いた・・ような事よりも、ここは非常に・・重要な事ですよね?、この病の状態はどうなんですか?

相談者:
・・

加藤諦三:
要するに日常生活には差し障りないの?

相談者:
えーとお・・1回、9ヵ月ぐらい前に、

加藤諦三:
うん

相談者:
病院でえ・・処方された、薬を、

加藤諦三:
うん

相談者:
えと・・何日か分ぐらいを、

加藤諦三:
うん

相談者:
一気にこう、飲ん・・じゃった時があるんですよ。

加藤諦三:
ん、うん、うん

相談者:
で・・「俺はもう」・・「死んだ方がいいんだ」なんて、も、こっちは何も言ってないんですけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・で・・昼まで起きて来なかったんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、もう、昼う・・見に行ったらもう・・意識朦朧(もうろう)としてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
えーと、もう全身・・力が入んない状態で、

加藤諦三:
うん

相談者:
えーと、いたもんで、救急車呼ぶっていう・・事態に・・なって、

加藤諦三:
うん

相談者:
病院の先生には、

加藤諦三:
うん

相談者:
「今夜が」・・「もう」・・「峠かもしれません」みたいなとこまで・・言われ、て・・たんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
奇跡的に回復して、

加藤諦三:
うん

相談者:
また・・何ももう、障害も残らなく・・普段の生活は、送れるようになったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか・・そおですね、そういう、こともあるもんで、

加藤諦三:
・・うーん

相談者:
うん、まあ・・#$%◆

加藤諦三:
で、今、「障害もなく」と言っても、

相談者:
はい

加藤諦三:
先程言った・・

相談者:
はい

加藤諦三:
時々情緒不安定になるという事を・・

相談者:
はい

加藤諦三:
除いて、

相談者:
はい

加藤諦三:
日常生活は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
月1回の病院に行ってれば・・差し障りはないという風に考えていいんですか?

相談者:
そーう、ですね、はい

加藤諦三:
・・それでそういうような状態、ですとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
先程あなたが言ってた「酒とタバコが」・・どーのこーのとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
そんーな、問題ではない・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
#$%◆

加藤諦三:
もうちょっと、あの、事態は深刻ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・すると今日のあなたの相談っていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう状態の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分は・・どうしたらいいかという事ですね?

相談者:
は、はい

加藤諦三:
それで奥さんとの関係は、今、冷え込んでいると。

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんは・・このお・・お父さんの事を責任を持って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この状態を・・保護して行く・・状態にはないという事ですよね?

相談者:
・・そうですね、い、今までえ・・かなりあのお・・献身的に・・うちの、母親は・・尽くして来た、みたいなんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ここお、最近・・もう・・ほとんど、嫌に、なって来ちゃった#$%、なんですよ・・はい

加藤諦三:
んま、そりゃそうでしょ、だってあなたの話見ると・・も、若い頃から20代の頃からって事でしょ?・・そりゃ疲れるの当たり前ですよ。

相談者:
ですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
父親には・・ちょっと可哀想だとは思うんですけども。

加藤諦三:
うん

相談者:
自分は出くる、出来る限り、ですね・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・え・・農業を・・やってきたいと思うんですけども(涙声)

加藤諦三:
うんー

相談者:
自分でも・・ちょっと・・分からなくなって来たもんで(泣き)

加藤諦三:
分かんなくなっちゃったって事ですよね?

相談者:
(泣き)はい

加藤諦三:
・・はい、分かりました。あのお・・大変、あの難しい・・質問で、人間如何に生きるかというような、根源的な問題ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、そういう問題につい、ての・・相談に乗っていただく弁護士の、塩谷崇之先生です。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「農家の息子が悩む父の浪費と長年の精神疾患。相談者にも感染ったもよう」への1件のフィードバック

  1. 個人的に本年度ランク入りするような必聴回でした
    この若者の困難さ、更にはどう回答するのか?
    どちらの立場も我が事だと考え、
    己の糧とできる相談はいくつありましょう?
    惜しむらくは、愛先生の助言が聞きたかったです
    愛なのか、欲なのか
    愛ゆえに人は苦しみ。愛ゆえに人は悲しむ
    欲ゆえに人は苦しみ。欲ゆえに人は悲しむ
    欲ばかり極まったテレ人相談で
    愛あればこその相談には回答不要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。