熟年同棲。養われている女が結婚に二の足踏む相手の言動


テレフォン人生相談 2018年10月23日 火曜日

結婚23年の夫と5年前に離婚して、3年前に知人に紹介された彼と2年前から同棲し、専業主婦状態。
彼の言動がバカにしてるみたいで、態度が威圧的。
モラハラと言うのだが・・

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女50歳無職 2年前から同棲中のパートナー57歳会社員 バツイチ同士 元夫との娘30歳と24歳は独立している

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし、お願いいたします。

今井通子:
はい。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えっと、今、同棲している・・

今井通子:
はい

相談者:
えーと・・パートナーの方から、ちょっとモラハラではないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、威圧感に今・・萎縮しちゃってる状態なんですけど、どのように、対処したらいいか?、教えていただきたいんですけど。

今井通子:
あなたはおいくつ?

相談者:
50歳です。

今井通子:
元々はあ・・ご結婚、されて、ました?それとも、独身・・

相談者:
あ、はいバツイチです。

今井通子:
何年が、前ぐらいに別れられた?

相談者:
5年ん、前です。

今井通子:
結婚何年ぐらいされてました?

相談者:
23年ぐらいです。

今井通子:
23年・・離婚の理由は何だったんですか?

相談者:
お互いに、性格が合ってないというか・・

今井通子:
性格の不一致。

相談者:
はい

今井通子:
お子さんとかはいらっしゃいました?

相談者:
女の子2人で、と上が30で、下が24です。えっと2人共もう独立してます。

今井通子:
同棲は何年前ぐらいから始められたの?

相談者:
2年前です。

今井通子:
2年前。同棲されるようになったきっかけは?

相談者:
下の娘が、一緒に・・わたしと住んでたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
下の娘、が結婚、するっていう事で、

今井通子:
はい

相談者:
前に住んでたところお、に、その・・あの、彼が来るっていう事になったので、
じゃあ、わたしが、あの、今のパートナーと一緒になった方がいいかなと思って。

今井通子:
ええ

相談者:
今のパートナーと一緒に生活するようになったんですけど。

今井通子:
要するに、あな(苦笑)、えーと、娘さんが結婚して・・元居た、お宅に・・住まわれて、あなたが、出て行ったっていう事?

相談者:
そうです。はい、はい

今井通子:
なるほどね(含み笑い)
えー2年前からは、だから同棲なんだけど、それより前から、じゃ・・

相談者:
一緒には住んでなかったんですけど、お付き合いはして・・

今井通子:
うん

相談者:
いたんですね。

今井通子:
何年前ぐらいからですか?

相談者:
あ、でもそれも3年前ですね。

今井通子:
ていう事は、離婚されてから2年後ぐらいから・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
1年間ぐらい・・

相談者:
はい

今井通子:
お付き合いしていた方と、

相談者:
はい

今井通子:
2年前に、

相談者:
はい

今井通子:
同棲しましたっていう・・

相談者:
はい

今井通子:
ことなんですよね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
あなた自身は、お仕事されてます?

相談者:
去年までやってたんですけど、今は無職です。

今井通子:
去年までは・・会社員?

相談者:
そうです。

今井通子:
家計費とかそういうのは・・

相談者:
全部やってもらってるんですけど。

今井通子:
相手の方にね?

相談者:
はい

今井通子:
何歳の方ですか?

相談者:
57歳です。えーとバツイチです。

今井通子:
何年前ぐらいに別れられた?

相談者:
5、6年前だ、と思うんですけど。

今井通子:
あー、じゃ、同じぐらいなのね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
この方とはどんなところで、お会いになったんですか?

相談者:
会社の、同僚の知り合いだったんですけど。
お友だちが、じゃ、紹介、みたいな感じで。

今井通子:
あ、紹介?

相談者:
おんなじ会社の人で、じゃ、「バツイチ同士だから」・・

今井通子:
うんふん、あ・・

相談者:
「いんじゃないの?」っていう。

今井通子:
なるほどね。お見合いみたいなもんですね?

相談者:
あ、そうですね(笑)

今井通子:
それで先程おっしゃっていたお悩みになるんですが、これは、どういう感じ?

相談者:
例えば、パソコンとか・・

今井通子:
うん

相談者:
あの、今、スマホとか、

今井通子:
はい

相談者:
そういうのが、わたしが、あんまり・・詳しくないというか、

今井通子:
はい

相談者:
聞いたりするんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
わたしが理解が・・出来ない、感じになってると・・
「え?こんな事も分からないの?」から始まって、

今井通子:
うん

相談者:
とても上から目線で・・「これえ」、「も分からないの?」っていう感じで、とってもバカにい、するような感じになって、

今井通子:
はい

相談者:
でも、分からないからって、「これはどういう風にするの?」って言うと、「まーだ分かんないの?」って言っても、とりあえず、わたしが委縮してしまう、感じなんですけど。
もう凄い、バカに、する口の利き方をするので、

今井通子:
うん

相談者:
わたしい、が、ちょっともう、あ、も、これ以上は聞かない方がいいかなって、なってしまっ・・

今井通子:
なるほど。それ以外には?

相談者:
昔の話とかを・・わたしが・・たまにしちゃう時があるんですけど、
「それ、前も、聞いたよ」っていう感じで、相手の方も、同じような事も言うんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
わたしは「それは前言ったな」と思うけど何も言わないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
・・「も、それ前言ったじゃん」、「何でおんなじ事言うの?」っていう感じで・・

今井通子:
ええ

相談者:
そういう・・ことを言われてしまうので、

今井通子:
はい

相談者:
そうするとやっぱり・・こう、あー、喋んない方がいいのかな?と思ってしまう?・・

今井通子:
うん

相談者:
感じになってしまうので、

今井通子:
はい

相談者:
そういう場合は・・どうしたらいんだろうな?と思って。

今井通子:
・・なるほど。
お相手の方は、自営か会社員かどちらか?

相談者:
会社員です。

今井通子:
話が続かないのが、問題?・・それとも・・

相談者:
いやあの・・

今井通子:
なんかバカにされたり・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
なんか、自分の言った・・言いたい事を否定されたりという・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
そういうのを、回避するためにはどうしたらいい?っていう事?

相談者:
はい

今井通子:
そのままあ・・生活としては、同棲は続けたいんですね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
その上での話ね?

相談者:
はい

今井通子:
別に暴力振るうわけではないんでしょ?

相談者:
は(わ)、ないです。

今井通子:
はい。
今日はですね、三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「熟年同棲。養われている女が結婚に二の足踏む相手の言動」への8件のフィードバック

  1. なんか…こんな関係であっても、結婚前提に、同棲してるのが、不思議というか…。
    一人で暮らしていては幸せになれないんだろうか。
    二人で暮らせば、楽しく、幸せになれると思ってるのか、安心、安泰だと思っているのか。さみしいだけなのか。
    それでうまくいくか、いかないかなんて、50にもなって、わかんないのかな。

    こういう相談、よくわからない。離婚してるのに、つがい信仰だけ持ち続けてるとか、おかしいと思わないのかな、、

  2. この相談者は働きたくないんだと思うよ。
    50で健康で同棲で仕事辞めたりするかな?結婚ならあるかもしれないが。男性の稼ぎがいいのか?

    専業主婦ってやっぱり楽
    一回やるとなかなかやめられないと思う
    馬鹿にされるの辛い…でも強く言ったらこの関係終わっちゃう…でも働きたくない…どうしようって話じゃないのかと

    パートぐらいしろよ
    暇じゃね?

  3. 昼休みに人生相談聴いてる会社員の私は、お気楽専業主婦の贅沢な悩みと感じた。これくらいでモラハラと言うなら、我々はかなり我慢強いことになるかもね。働かなくても養ってもらえることにもっと感謝しないと

  4. 回答者は、ひとりで遊べって言うけど、私は人の稼いだお金で遊べない(遊びたくない)タイプ。
     相談者、働きに出ればいいのに。子どももいなくて、専業主婦、って、やることなくない?
     

  5. 専業主婦であることに誇りを持てない人は、職業人になっても自信が無く不安になると思う。

  6. 旦那が妻をバカにするときは、自信を失っているときです。
    もっと自信を失えばモラハラまでいきますよ。
    うまく手のひらの上で転がせないようなら、今のうちに別れた方がいいかもしれませんね。

    1. 訊きたいが、何に対する自信を失うと妻をバカにしたくなるもんなの?
      仕事?仲間うちでのマウンティング?
      男性能力?妻との力関係?
      それは妻がどう振る舞えば埋められるの?
      てか妻との関係以外、妻にはどうしようもないことばかりじゃん
      それを妻にどうにかしろ(=俺の機嫌をとれ)自体がモラハラの始まりやん
      あんたの言い分を鵜呑みにしたらますますモラハラルートに落ちるんでない?

  7. もう若くもないんだから、老後の資金を貯めるべきです。
    65歳になって(そのうち70歳からになるかも)、年金いくら貰えるか知ってます?
    10年、20年、あっという間に経ちますよ。アッという間です!

    養ってもらっている間にパートで稼げるだけ稼いで貯め込みなさい。専業主婦とか馬鹿にされたとか言ってる場合じゃありません。

    パートナーとの穏やかで支え合う老後・・とかは、このおふたりには無理です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。