大人になって壊れた特別養子縁組。育ての親の老いを目にして湧き上がる罪悪感


テレフォン人生相談 2018年10月24日 水曜日

子のいなかった夫婦に生後100日で引き取られ、中学のときに事実を知らされる。
社会人になってからも母親の干渉が強く、結婚の際の仲違いで養子関係を解消。
その後も干渉は続き、子どもにまで及ぶようになって絶縁状態に。
養母の兄弟の葬儀に参列した折り、老いた養親の姿を目にし、これでいいのだろうか?と迷っている。
相談者は明言していないものの経緯からして特別養子縁組と思われる。

特別養子縁組:
元の親との親子関係が消滅する養子縁組のこと。

養親と養子は唯一無二の親子関係になる。
通常の養子縁組だと元の親子関係になんら影響を及ぼさない。
なお、特別養子縁組の離縁によって、元の親子関係が復活する。
なので現在、相談者の両親は産みの親である。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女39歳 夫と娘との3人暮らし 80歳前の養父母と絶縁状態

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
はいよろしくお願いします。
えー今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
あ、はい。あのお・・育てえ、のお・・親・・との事で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えーとご相談・・なんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実際にはちょっともうあの・・あの、ちょっとわたし、事情がありまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、血縁関係ではなかったんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで書類上はもう、あの、養子縁組は解除した間柄ではあるんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい。あの、養父母との関わり方についてなんですけれども。

ドリアン助川:
はい、はい
ん?、何が起きてますか?今。

相談者:
あ・・あのちょっと話せば長くはなるんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えーと今、えーと、生後100日でちょっとわたし、あの・・今の育ての親のところに、養子に、引き取られまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
え、それでえ、30う・・4・・歳い、で、ちょっと、育ての・・親とこう、折り合いが・・わたしにも原因があったですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
折り合いが悪くなって家を、ちょっと・・ま、半ば家出のようにして出てしまいましたんですが、

ドリアン助川:
はい・・はい

相談者:
交流、連絡は取り合っていたんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで・・あの、その、2年後に、あの、ちょっと、け、わたしの結婚問題の事で、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
・・あの・・養子縁組を、解除して欲しいと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
育ての親から、あのお、言われまして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あのわたしも・・育ててくれた親が、そう言うのならと思・・いまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお・・判を押して・・書類・・ま、あの、渡したんですけれども。
で、その後も、結婚する時にも、ちょっとあの色々と揉め事が(苦笑)、育ての母絡み・・絡んでの揉め事が・・えー、起きて。

ドリアン助川:
はい

相談者:
今あの、ちょっと・・事情があって絶縁状態・・で・・えーと、ちょっと去年、あの、新聞で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その育ての母の兄弟が・・あのお、亡くなった事を知りまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、主人と2人で、もうわたし、あの・・書類上はあのお、血縁ではないので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、一般参列で、ちょっとあのお・・告別式にちょっと、あの、さ、行かせていただいたんですよね。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
で、その時に、あのお、声掛けずに、失礼したんですけれど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお・・親戚の、方たちって、あの、前の方に皆さん、座ってらっしゃるう・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ますね?、で・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そこに、その育ての、両親が、も、髪が真っ白で、

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
で、あのお・・育ての父だった人が車椅子で・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、育ての母だったあ、人が・・あの、その車い、椅子を押してあの、お焼香に行ってる姿をちょっと遠巻きに、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
見たんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
色んなちょっと、いきさつがあって、あのお、連絡は取ってないんですけれど、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
・・このままで・・いいのか?
で、車で20分ぐらいのところに住んではいるんですけれどもお、
・・あのお・・も、ホントにこのまま・・関わらずに・・いって終わってしまっていいものなのか?
・・でもなんか、こう、そ、やはり色々あったとはいえ・・育ててもらった以上・・ん、何か、最後に・・わたししなくてはいけないのではないか?という事、で、

ドリアン助川:
ねえ、そうですね。

相談者:
ちょっと、も、どうしていいか?分から、なくて・・

ドリアン助川:
はい、はい・・ああー

相談者:
ご相談させていただいたんですが。

ドリアン助川:
あのお、ねえー、あのお、人にはドラマがありますねえ。

相談者:
うん。ちょっと特殊な・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ドラマ・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
ドラマっていうのも変ですが。

ドリアン助川:
あの・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
「育ての」という言葉、あなた連発されましたけども、

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
えっと・・血縁ではないという事を分かったのは、あなたがおいくつ、おいくつの時ですか?

相談者:
はい、14歳、中学2年の時です。

ドリアン助川:
中学2年生、あ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
その前に、今おいくつですか?

相談者:
・・あ、今、30う・・9です。

ドリアン助川:
39歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
んで、えーと中2、14歳の時に、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
これは・・その育てのお父さんお母さん、ど、どちらからお話があったんですか?

相談者:
母、育ての母です。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
で今ね?

相談者:
父も、え

ドリアン助川:
ええ、今その「育て」という言葉使ってますけど、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そ、その時まで、「お父さん」「お母さん」って普通に・・呼んでた・・

相談者:
あ、もう、あの、ずーっと・・

ドリアン助川:
ず・・

相談者:
絶縁になるまで、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「お父さん」「お母さん」とは呼んで、おりました。

ドリアン助川:
そうでよね。ですから、お父さん・・

相談者:
え、ホントにもう、普通の親子のようにしてました。

ドリアン助川:
うん、そうですよね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
まずその事を知りたかったんですけども。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
えー、ごく普通の親子だと思ってたら14歳の時にそれを言われた。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
で、あなたの、その・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたを産んだ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お母さんと、

相談者:
はい、ええ

ドリアン助川:
この育ての・・あの、親というのは・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
関係があるんですか?

相談者:
育ての両、あの親あ、がちょっとあの・・子どもに恵まれ、なくてですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ちょっと何度か流産しまして、

ドリアン助川:
ああ

相談者:
であのお・・わたしも、たまたまその・・「育ててくれる人を探してるという」、「子がいるからどうだ?」と「女の子」、「男じゃないけど」っていう事で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんかそういう、ご縁だったようなんですが。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
い、今、ですから、あの、「育ての」という言葉・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
んま、もちろん必要なんでしょうけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたにとってはお父さんお母さんだったわけですよね?

相談者:
そうですね・・ただ中で、ちょっと、え・・

ドリアン助川:
「お父さん」「お母さん」という言い方をして、しまっていいですか?

相談者:
言い直します、はい、はい

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
その、お父さんお母さんは今、おいくつなんでしょう?

相談者:
確か70う・・8と、77か6だったかと。

ドリアン助川:
ん80前の・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご夫婦という事ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーとお、その・・このお、養子縁組解除に至る・・

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
トラブルってのは、差し支えない程度で結構なんですが・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
何が起きて・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたとの関係を・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
解除するという、これどういう・・

相談者:
あのお・・わたしが・・今、ずっと悩んで考えて来たんですけど、多分やはりわたしが・・育ててもらっ・・血も繋がっていないのに育ててもらって学歴も付けてもらったのに・・結婚ん、の事で・・あのお、母親の・・希望に、添わない事を、繰り返して来たもので、
何度かちょっと家を飛び出しては戻ったりとかもしてたんですが・・

ドリアン助川:
お母さんが・・あなたの人生に対して・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
必要以上に介入して来た時期があったわけですね?

相談者:
・・例えば社会人になってから、あのお、やりたい、「習い事行きたい」って言っても、
「あんたはいずれ嫁に行くんだからそんな事より料理習った方がいいんじゃないの」とかつって・・
「ハイ」と言うまで・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
「ハイ」と言うまで・・もう・・言って来るので・・
「じゃ分かった」・・

ドリアン助川:
その辺の・・そこはもう、んー、こ、一緒に今後やってくのは無理だなという風にあなたも思ったわけですね?

相談者:
その時は思いました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で結婚して、今の主人と結婚して・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお・・半年ぐらいしてからやっぱり・・「ありがとう」ちゅう事は言いたか、ったので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
めちゃくちゃ、わたしもちょっと行動めちゃくちゃですけれど・・あの、主人と一緒にあの、花束持って・・あのお・・
「今までありがとう」っていう、ことは言わせてもらって、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
敷居は跨(また)がせてもらったんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんですが、子ども生まれてえ・・あの、ちょっとわたしの娘の事にまで色々ちょ、ちょっとこう・・ま・・親心で言ってくれたんでしょうけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしもちょっとたまらないので、

ドリアン助川:
うん

相談者:
ちょっと・・あの連絡・・わたしからもしない。向こうからも一切来ない。
あの・・という状況が続いていたんです。

ドリアン助川:
ん、うん・・しかし・・うー、その姿を見てしまって、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あ、ホントにこのままでいいのか?って・・

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
今そういう・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
葛藤の中にいらっしゃるという事ですね?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
えー・・どうしましょうかねえ?

相談者:
ま・・主人の両し、あの母、ま、わたしにしたらま義理の母とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
主人にも、の妹にもちょっとこう・・あのお、ポロっと、こ、ま・・主人と結婚する時もわたしの母が飛び出して来て、

ドリアン助川:
うん

相談者:
主人の母と、面識もないんですけど、電話で・・も、やり取りになって・・も、この結婚わたしも・・「止めよう」って主人と・・なったんです、その時も。

ドリアン助川:
それは・・

相談者:
でも・・はい

ドリアン助川:
あの、あなたのお母さんが邪、邪魔に、邪魔をするという事ですか?

相談者:
邪魔というかそのお・・戸籍・・主人の母に、ま、主人も同居してたんですけれど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
電話して。
ん、あの、ま、これは姑から・・あとで、結婚してから聞いた話なんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
おた、あのい・・主人の・・父の、あの、学歴の事とか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
職業の事とか・・所謂そ、差別的な事を・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・言い放ったそうなんですって、姑も、す、しゅ、あのお、義理の母も・・とても傷付いて、体調崩したんですよね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、わたしも主人とその、「結婚止めよう」って言ったんですが、主人が・・主人の両親を・・説得、してくれて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、2人だけで結婚式を挙げるという形で、

ドリアン助川:
なるほど。

相談者:
#$%・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
主人の両親には申し訳ない親不孝な形だったんですが・・なんです。あの、2人だけで・・

ドリアン助川:
で、今・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
はい、で今あなたはその、ご主人と幸せに暮らしてらっしゃるんですか?

相談者:
・・あっ、あの、ま色々その、あの普通に・・色々あの夫婦なので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
日常の、色々ありますけれども、

ドリアン助川:
あると思いますけども。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、お陰様で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、子どもと3人で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
暮らしておりますが。

ドリアン助川:
んーじゃ、基本の生活は、今、しっかりされてるわけですね?

相談者:
そうですね、ま、わたしが・・

ドリアン助川:
は、うん

相談者:
常に時々その・・情緒不安定になるので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
主人は、ちょっとやっぱり「またか」っていう感じに時々・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
なるんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、あの、話は聞いてはくれます。

ドリアン助川:
うーん、はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、今日のお悩みはその・・お父さんお母さんに対して・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
このままでいいのか?という事ですね?

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
分かりました。それでは今日の先生、紹介いたします。
弁護士の中川潤先生です、よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
はいはい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「大人になって壊れた特別養子縁組。育ての親の老いを目にして湧き上がる罪悪感」への9件のフィードバック

  1. 不妊治療が実を結ばないと特別養子縁組って今結構あるあるになってきましたよね。
    悲惨な虐待がなくなり、施設で育つより家庭で育つ方がいいし、子供の為のとてもいい制度だなぁと。
    でもやっぱり色々あるもんだなって思いました。
    血縁あっても無くても一緒
    っていうかもう養親とか関係ない、ただ上手くいかない親子ってことでしょう

    ただ7割遺伝、環境3割と橘氏の本に書いてあった
    けど、うまくいかない時は実の親の事考えたり、
    そのせいだと思ったりしちゃうよね?親も子もどっちも。思わない?私の人間が小さいだけか。

    不妊治療中と同じくやっぱり私には無理って結論がでました。

  2. 育ての親だとしても愛しているだろう。
    だが好きではない。でも愛してるんだよね。

  3. 実の親子でもこじれて断絶ってあるし
    結局はこの女性の
    心の休まるほう、落ち着くほうに行動するしかないだろうね
    先生たちのアドバイスを聞いて腑に落ちればそれでよし
    そうはいってもと情が湧くなら行けばいい
    ただ自身の作った家庭を最優先に、が前提ではあるね

  4. きっと、もう断ち切っても良いよというアドバイスが欲しかったのではないかな・・・律儀そうな相談者なので親への情愛と嫌悪と義務感がせめぎ合ってる。

    今、関わってないから気の毒に思えてお世話したくなるのかもしれないけど、どっぷり関われば同じ事の繰り返しになり傷だらけになりそう。
    それに親にとっても余計なお世話かも。 

    無理して関わらなくても、遠くで幸せを願っていれば良いんじゃないかと思いました。

  5. 生後100日から我が子として育てられた・・・
    血縁がなくてもしっかり親子でしょう
    何故か気になる「育ての親・・・」を連発する相談者さん
    わからん⁈
    実の親子でも、断絶ってあるし養子縁組解消までするのがわからん⁈
    そして、今さら老いた育ての親見るのがつらい・・・
    なにいい人ぶってる!
    酷いことされたと思ったら、親子ゲンカすればよかったんだよ!
    実の子として育ててくれたんだからそれを感謝と思うのであれば、自分の気持ちを実の子のようにぶつければよかっただけ
    お母さんはわからなかっただけ、何を怒っているのか・・・
    私も血縁がない子どもを育てているけど、大抵ひどい言葉浴びせられたら、言い返しするけどとっても嬉しい!
    子どもの気持ちもわかるし、実母じゃないのにぶっつけてくれて
    私は100日から育てたこの年月は何だっただろうねって話している老夫婦の姿が目に浮かぶ。

  6. 養子関係解消した状況下で、仮に元養親を世話するとなると‥元養親が入院の際は相談者が保証人になれるのか、相続は相談者も対象になるのか(相談時点で既に赤の他人)、相談者が喪主や埋葬の手配をできるのか(お墓に関する手続きが殊更ややこしいはず)。諸々やることが現れる。家族の協力も必要になるし、果たして相談者にそこまで覚悟はあるのかな。そもそも戸籍を移す手続きもややこしいし、養子関係解消の際は役所から色々尋ねられたはず。そのややこしいことをやってのけたのは、その時相談者に強い気持ちがあったからでは。

  7. こういう相談のされかたすればこういう回答しかないですよね。
    私は情緒不安定で育ての親は干渉が酷くて結婚の時も云々。。。。
    子供が産まれたときにも云々。。。。。
    今回はこれでいいんだって心落ち着けても
    自分の子供の様々な行事 子供が巣立った時
    事あるごとに「罪悪感」が襲ってきて又情緒不安定になるのでしょう。
    語られる事のなかった養父母からの愛情は相談者が一番感じていて
    封印していても事あるごとに鮮明に蘇り相談者を苦しめるのでしょう。
    ある意味自分は薄情な人間なんだと割り切りも大切だし
    その方が楽になれそうに思います。
    いろんなアドバイスを受けても実行は出来ないでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。