男の真意は? 自分の相続、統失妻、末期癌の弟、成年後見のアドバイスも生返事


テレフォン人生相談 2018年11月3日 土曜日

自分の相続はどうなるのか?
弟は余命半年、妻は統合失調症で小学生並の思考力。
妻の弟らとは頻繁に行き来があって仲は悪くない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 関西なまりの男54歳 妻51歳 子どもはいない

今日の一言: 援助のための様々な社会的制度を、出来るだけ利用してみましょう。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
54歳です。

加藤諦三:
54歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと奥さん何歳ですか?

相談者:
51です。

加藤諦三:
51歳、お子さんは?

相談者:
おりません。

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
え・・っと、自分ん、の家なんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
子どももい、ませんし、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから自分、弟はいるんですけども、遠いところに住んでおりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、も、こちらには帰って来ない・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ていう事になってますんで。

加藤諦三:
はい

相談者:
あと、この家とか、不動産・・

加藤諦三:
はい

相談者:
の相続はどうしたらいいか?っていう相談なんですけれども。

加藤諦三:
はい。で、その相談はあの、奥さんとはもう相談はしてんですか?

相談者:
・・嫁さんとはまだ相談してません。

加藤諦三:
そ、それはあなたあ、が今、ど、どうしたらいいかな?というように考えてるっていう事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、んで、なんか今まで・・こ、調べて・・見たとか、そういう事でもないんですか?

相談者:
ん、調べてみたっていうか、具体的にはした事はないんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
弟はもう、遠いところに住んでまして、もう・・癌で余命が3ヵ月、長くて半年っていう、宣告を受けてるんですわ。

加藤諦三:
ああーそうですか。

相談者:
だから相続する人間が、法律的には居ない事になってしまいまして・・

加藤諦三:
はい、はい、はい・・分かりました。
では、それで、ま・・弟さんがそういう、状態で・・奥さんとは・・い、今のところ相談してないけど、どうした、みたらいいか?という事ですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしてんので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


男の真意は? 自分の相続、統失妻、末期癌の弟、成年後見のアドバイスも生返事」への4件のフィードバック

  1. この御主人は、ご自身の亡き後、金銭の管理が出来ない奥さんを利用して、その弟が財産を使うのでは無いかと心配しているように感じた。奥さんを心配しているとは思えなかった。私の思い違いだろうか。

  2. ああ、成る程。相談者の心配は弟に対して、ね。それなら話が纏まる。でないと、妻の亡き後、だなんて出てきませんから。私は、相談者本人がトウシツか、相談者に実は浮気相手がいてその人に相続させたかったのか、なんて穿った見方をしていた(汗)。遺言書残しても、遺留分は妻に行くから浮気相手云々は無理がある。
    しかし、相続者の本心が弟への対抗意識だとしても、何故それを隠して相談しちゃったのかという疑問が。後ろめたさはあったのかな。今頃は、きちんとお金支払って弁護士に正式に相談しているのかも。

    1. 自分の推理は全然ダメですね(苦笑)。相談者の正体は、その義弟。そこまで至りませんでした。それはそれで、相談者の真の姿の義兄(表向きの相談者のプロフィール)がヤバい立場ですね‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。