成績落ちて志望校危ういのに娘本人が気にしてない。大原敬子「ギャラリー型ね」


テレフォン人生相談 2018年11月15日 木曜日

娘の成績が落ちて、このままだと公立の志望校に入れないと思うが、本人はその自覚がない様子。
落ちれば私立に行くことになる。
夫も入れるところでいいという態度。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女48歳 夫55歳 娘14歳(中3)

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

柴田理恵:
こんにちはあ

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
受験生、の・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、娘の事なんですが。

柴田理恵:
あはい。えっと、あなたは今おいくつですか?

相談者:
えー48です。

柴田理恵:
はい・・って事は旦那さんはおいくつですか?

相談者:
えー、50、5です。

柴田理恵:
55歳。

相談者:
はい

柴田理恵:
娘さんは受験生っていう事は・・

相談者:
えーと、10う・・4歳です。

柴田理恵:
14歳・・

相談者:
はい

柴田理恵:
いう事は、高校受験です・・

相談者:
あ・・そうです。

柴田理恵:
ね?

相談者:
はい

柴田理恵:
高校受験ですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。えっと、お子さんはお1人ですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。高校受験でどうなさいました?

相談者:
あ、3年生になって・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお・・少し成績が・・落ちて、来てまして、

柴田理恵:
はいはい

相談者:
で・・あの、やはりそういう事を、言うと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
嫌がる・・ものですから、

柴田理恵:
うん、はい、はい

相談者:
どういう風に、接して行ったら、いいのかなあ?という・・ことで、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、この時期なんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
ご相談、されていただければと思いまして。

柴田理恵:
ああー、ま・・あたしい、が、高校、受験の時に・・その中3の時に成績落ちたりした時は、

相談者:
ええ

柴田理恵:
やっぱり「落ちた」と言われると、「うるせえ」とかって・・

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
言って(苦笑)

相談者:
ええ(苦笑)

柴田理恵:
あの、そういう反抗しましたけど。

相談者:
ええ

柴田理恵:
そういうふに・・

相談者:
あの・・

柴田理恵:
お母さんに直接「うるさい!」とかなんか言うんですか?

相談者:
も・・言いますけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
あまり自覚がないみたいなんですよ(苦笑)。あの、下がってるっていう自覚が・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
ないみたいで。

柴田理恵:
どのぐらい下がったんですか?

相談者:
点数でいうと、

柴田理恵:
うん

相談者:
100以上落ちてるんですよね。

柴田理恵:
100以上?

相談者:
ええ

柴田理恵:
100以上ということは・・

相談者:
あの、

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、5教科なんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
ええ、20点以上ずつパーと下がったというような・・

柴田理恵:
あ・・

相談者:
感じですね。

柴田理恵:
平均して全体的に落ちてる?

相談者:
そうです・・

柴田理恵:
はあ

相談者:
ええ、一気に・・落ちましたね。

柴田理恵:
なんか・・下がる原因っていうかあ・・

相談者:
うーん・・やはり・・

柴田理恵:
なんか・・思い当たるってあります?

相談者:
な・・ああ・・まあ・・ゲームとか。

柴田理恵:
うん

相談者:
そういった、こともあったかなあ?という風には‥

柴田理恵:
うーん

相談者:
思いますね。

柴田理恵:
部活は?

相談者:
・・は(わ)、やってます、文化部ですね。

柴田理恵:
な、何部?

相談者:
文化部です。

柴田理恵:
文化部、はあ

相談者:
ええ

柴田理恵:
じゃ、恋してるとか、そういう感じはありますか?

相談者:
いやあ・・そお、れ・・まあ、それもあったのかもしれないんですけど・・あの・・まあ、思い当たる節とすれば、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、生徒会の役員に・・

柴田理恵:
はい

相談者:
本人はなりたかったようなんですけれども、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
なれなかったあ、というところが・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あったかなあ?とは思います。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん

柴田理恵:
あの・・きっとお、成績のいいお子さんなんですね?

相談者:
・・以前は、

柴田理恵:
うん

相談者:
良かったです。

柴田理恵:
あーそうですか。

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
志望校みたいな事とか、そういう事はもう・・

相談者:
あ・・えーと、一応公立・・

柴田理恵:
うん

相談者:
高校の、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、あの・・

柴田理恵:
進学校?

相談者:
ええ、そうですね。

柴田理恵:
を、目指してるわけですね?

相談者:
うん、でも、今あ、の・・

柴田理恵:
うん

相談者:
感じだと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
入れないと思います(苦笑)。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ええ

柴田理恵:
・・あの・・小さい頃から割と色々話する・・お子さんでしたか?

相談者:
うーんー・・そうですね・・・

柴田理恵:
・・そうでもない?

相談者:
話してる、とは思ってたんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
あまり学校の事は言わなかったかもしれません。

柴田理恵:
ふうーん。元々どんなお子さんですか?明るいとかあ・・

相談者:
あか、るい

柴田理恵:
こ、人前に出たいとか。

相談者:
うん、うーん・・あの・・なんか本、明るい子ですね。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
で、あの・・

柴田理恵:
お友だちも多い?

相談者:
うーん・・

柴田理恵:
うん

相談者:
と思います。

柴田理恵:
うん・・ふうーん

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
だって生徒会の役員やりたいぐらいですもんね?

相談者:
うん、そうなんです、目立ちたがりだと思います(含み笑い)。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうところはあるんですね。

柴田理恵:
ああ、そうやってみんなと一緒に・・みんなの、世話したり・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
そういうのは好きな子なんですね。

相談者:
やりた、かったと思います。

柴田理恵:
いやあ・・高校お、は・・本人、も・・その高校には「絶対」・・

相談者:
うん

柴田理恵:
「行きたいなあ」とかっては言ってるんですか?

相談者:
いまだ、下がったので、成績が下がっても、行けると思っているらしいですね。

柴田理恵:
行けると思ってる?(苦笑)

相談者:
はい、まだ諦めてないみたいで(苦笑)。

柴田理恵:
うん、あっ、じゃあんまり・・本人は・・

相談者:
うん

柴田理恵:
気にしてないんですね?

相談者:
そうなんです。そうなんです。

柴田理恵:
ああー

相談者:
この時期に来てもそうなんです。

柴田理恵:
もしその公立の進学校落ちたら・・

相談者:
うん・・いや(苦笑)・・

柴田理恵:
どうなるんですか?、私立、に行くわけですか?

相談者:
え、さあー、そうなるでしょうねえー・・そうですね。

柴田理恵:
その私立でも・・

相談者:
うん

柴田理恵:
本人はいいと思ってるわけですか?

相談者:
そうです、思ってます。

柴田理恵:
思ってます(苦笑)・・

相談者:
はい

柴田理恵:
フフフフ(笑)明るいお子さんですね。

相談者:
フフ(苦笑)・・

柴田理恵:
フフフ(苦笑)

相談者:
よく言えばそうですね。

柴田理恵:
そうですねえ・・じゃあ・・お父さん何ておっしゃん、てます?

相談者:
「行ける高校でいいんじゃないか」・・

柴田理恵:
ハハハ(笑)

相談者:
って言ってますね。

柴田理恵:
「行ける高校でいいんじゃないか」(笑)

相談者:
ん・・ええ

柴田理恵:
うん。そう言えばそうだよなあ、でもやっぱお母さんとしては、その進学校に行かしたいなあとは思うわけえ?

相談者:
まあ、私立よりはあ・・近いですし。

柴田理恵:
うん、うん・・ま、行って欲しいですね。

相談者:
いいとは思いますね。

柴田理恵:
うーん・・そっかあ・・ん、でもなんかわたし今聞いてて・・娘さんも健全だし・・

相談者:
フ(苦笑)

柴田理恵:
お父さんも健全だし(笑)

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
お母さんも、そうやって心配なさるのは健全だと思いますけどお。

相談者:
うん・・は、そうですか。

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございます。

柴田理恵:
あ・・でもちょっと・・

相談者:
うん

柴田理恵:
先生に聞いてみましょうかね(笑)

大原敬子:
(苦笑)

相談者:
ええ

柴田理恵:
(笑)すいませんね笑っちゃって・・

相談者:
ええ、いえいえ

柴田理恵:
あまりにもね・・なんていうのかな?、明るいお悩みでわたし達ホッとしてるんです。

相談者:
あ、そうですか。ありがとうござい・・

柴田理恵:
いい方だなあと思って。

相談者:
フ(苦笑)すいません。

柴田理恵:
ホントに普通のご家庭で・・

相談者:
あ、そうで・・

柴田理恵:
いいなと思うんですけど。

相談者:
あ、ありがとうございます。

柴田理恵:
あ・・でも、あの、ちょっと先生に聞いてみましょうね?

相談者:
ええ、はい

柴田理恵:
えー今回の、回答者の先生は、幼児教育研究の、大原敬子先生です。
先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。