イヤイヤ期に入った娘の顔を叩いてしまう。母と同じ轍を踏む女


テレフォン人生相談 2019年1月2日 水曜日

フルタイムのパートで働く看護師。
保育園に迎えに行くと「ママ嫌い、あっち行って」。
猫に引っかかれた傷を「ママにされた」。
指しゃぶりをするようになった。
言うことを聞かないときに顔を叩いたこともあり、反省しつつもお尻を叩いている。
(相談者の)祖母や夫が居る時に余計に泣く。
自分が母親にされたことを思い出して自己嫌悪。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女28歳 夫26歳 結婚3年 娘2歳6ヶ月

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもしよろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
えっと、ちょっと娘の子育ての事で・・相談なんですけども。

今井通子:
はい。あなたはおいくつ?

相談者:
えっと28歳です。

今井通子:
28歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんは?

相談者:
は(わ)、と2歳6ヶ月です。

今井通子:
はい。
ご主人は?

相談者:
と、26歳です。

今井通子:
26歳。あなたは専業主婦?

相談者:
看護師で・・

今井通子:
あ・・

相談者:
えっと・・

今井通子:
はい

相談者:
フルタイムのパートをしてます。

今井通子:
あーそうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
あーじゃ大変ですね?

相談者:
はい

今井通子:
はい
お嬢さんお一人?

相談者:
はい、一人です。

今井通子:
ご結婚何年目?

相談者:
と、3年目です。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
はい、で、お嬢さんどうなさいました?

相談者:
あの、わたしがもう就職したんで保育所に・・預けえ、てたんですけども、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、ま最初の頃は、まあ、慣らし保育の間はちょっと、寂しがって「ママ」「ママ」っていう感じだったんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
あの、最近、保育所から帰りたがらなくて、

今井通子:
はい

相談者:
「ママ嫌い、あっち行って」ってこう(苦笑)・・

今井通子:
フフフ

相談者:
体を押しのけて来たりとか、

今井通子:
はい

相談者:
あとは最近あの、赤ちゃんの頃は全くしてなかったんですけどね、指しゃぶり・・

今井通子:
うん

相談者:
を、よくするようにな、ったりとか、

今井通子:
はい

相談者:
あとは、ちょっと猫も飼ってるんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
こう、猫に引っ掻かれ・・たり(苦笑)、と、猫にちょっかいを掛けて娘が。え、引っ掻かれたりしたその傷を・・

今井通子:
はい

相談者:
あの、保育所に行って先生に「これどうしたの?」って、聞いたら「ママにされた」(苦笑)って・・

今井通子:
ふっふ(苦笑)

相談者:
言ったりとか・・

今井通子:
はい(苦笑)

相談者:
ていうのがちょっと、最近続いてまして、

今井通子:
はい

相談者:
ま、保育所の先生はあ、ま・・「『ママ嫌い』っていうのは『ママ好き』っていう事だと思いますよ」みたいな感じで言ってくれるんですけども(苦笑)、

今井通子:
はい

相談者:
あの、毎日迎えに行ったら毎日もう「ママ嫌い」(苦笑)って・・もう泣いて「帰りたくない」っていう風に、言われるんですね。

今井通子:
はい

相談者:
ま、家え、でもちょっと、もうわたしも、かなり厳しく、ちょっと子育てしてるう(含み笑い)っていう自覚はあるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、ま、2歳っていう事もあって、ま、イヤイヤ期も始まり出して、

今井通子:
はい

相談者:
今後、わが、わがままというか、「お菓子」い、「も、これで終わりだよ」って言っても・・

今井通子:
はい

相談者:
食べ終わったら「もっともっと」って・・

今井通子:
はい

相談者:
泣き出して、も、聞かなかったりとか、

今井通子:
はい

相談者:
あとはもう、「片付けするよ」って言って、ま「お片付けしたくない」「いやいや」ってもう、もう泣き喚いて(苦笑)・・

今井通子:
はい

相談者:
で、それわたしがおっきな声でまた怒っちゃうんですよね、イライラしてしまって。

今井通子:
はい

相談者:
(息を吸って)でえ・・4回、5回ぐらい1回顔お、とかを叩いてしまったりとかあ・・

今井通子:
あらま

相談者:
でえ、その・・ときに、その、自分が母にされ・・て、た事をちょっと・・あの、なんていうか、脳裏に浮かぶというか・・

今井通子:
うん

相談者:
で、それで、ま、母と一緒になりたくないっていうのはずっと、思ってたので、あ、も、絶対これはしたらあかんって思って、それ以降はしてないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱりおっきな声で怒る事とお・・ま、叩くとしてもお尻を(苦笑)、叩いてしまうっていうのが・・やっぱり、どうしても・・止められないというか、はい。&%$#・・

今井通子:
今は、じゃ、顔は、叩いてない?、そこ・・

相談者:
顔は叩い・・

今井通子:
それぐらいの冷静さは取り戻した?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
はい

相談者:
もう、んんってなっても、もう、お尻、とか。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
そうすると?

相談者:
はい

今井通子:
泣きますか?

相談者:
・・あー、泣きますね。

今井通子:
うん

相談者:
な・・で主人がいたら特に、泣くんです。主人とか、お婆ちゃんとか・・誰か第三者がいたらいつもより、も泣く、助けてくれる人がいると思って多分泣くんだと思うんですけどぉ・・

今井通子:
待って。
お婆ちゃんも、ご一緒なの?

相談者:
あ、違う、たまにその、お婆ちゃんちに・・こう、連れて行った・・

今井通子:
ああ

相談者:
わたしの、祖母なんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
子どもからしたらひいお婆ちゃんなんですけど、

今井通子:
はーい

相談者:
はい、ま・・

今井通子:
あ、そういう事ねえ。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
でえ、ま、多分その、主人とか、ひいお婆ちゃんがいると余計、余計多分わがままになるんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
(息を吸って)で、それでわたしもまたイライラしてしまって・・

今井通子:
はい

相談者:
おっきな声で怒ったりとかあ・・

今井通子:
うん

相談者:
・・はい

今井通子:
そうするとじゃあ、今日の、ご相談は何?

相談者:
は(わ)あ、その「ママ嫌い」とか、

今井通子:
うん

相談者:
あと指しゃぶりとかの、そういう、子ども、娘の行動が何かのサインなの、か?っていう事と、

今井通子:
はい

相談者:
子育て、どこを叱っていいのか?とか、どういう風に今後、子どもを育てて行ったらいいか?という事と・・あと、わたしがどのように変わって行けばいいか?っていうのを・・はい、ご相談させてもらいたいんですけども。

今井通子:
はい、分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですねえ・・

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いしまーす。

(回答者に交代)


「イヤイヤ期に入った娘の顔を叩いてしまう。母と同じ轍を踏む女」への1件のフィードバック

  1. なんと清々しい教え、導き
    まず三石先生に教えを乞いたい
    わかりやすい
    子育てが終わると、そんな時代もあったねと
    いい思い出で美化するもんだが
    渦中の奥さんには大問題
    がんばって下さい
    自分も子供の前でもっと笑ってあげればよかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。