婿が居酒屋で独立失敗借金漬け。恨みつらみは表に出さず離婚はビジネスライクに


(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは

塩谷崇之:
はい

相談者:
お願いしまーす。

塩谷崇之:
はい
向こうの親御さんが、

相談者:
はい

塩谷崇之:
うー、来た時、親御さんに会った時に・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーあなたが・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
何と言えばいいんだろうかと。

相談者:
あーはい

塩谷崇之:
ふうーん

相談者:
うちの方の、態、え、態度っていうかね?

塩谷崇之:
うん

相談者:
あれをどうしたらいいのかな?って・・

塩谷崇之:
うーん

相談者:
思うんですよね。

塩谷崇之:
うーん
えっとお嬢さん自身は、もう離婚は決意してるんですか?

相談者:
決意してます。

塩谷崇之:
してる?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えーと、そのお、旦那の方はどうなんですかね?

相談者:
初めは・・一緒に、居たいっていう事だったんですけど、

塩谷崇之:
うん

相談者:
うん・・「ちゃんと働くで」って・・言ったらしいんですけど、

塩谷崇之:
うん

相談者:
うんで、もう、娘ば「ちゃんと働くのは基本の基本で当たり前の話でしょ」っていう・・ことで、もうー、受け付けないみたいな感じだったんですけどね?

塩谷崇之:
うん

相談者:
うーん、でまあ、そうこうしてるうちに・・ま・・二人で話し、もしただろうし・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
あいで、子どもらも、ま、敬遠の仲に・・居るは、いたったんですけどね。
娘の方が絶対に・・「もう受け付けられない」つって、
「帰って来ると気持ち悪くなっちゃう」っていうぐらいな、とこまで来ちゃってるもんだから、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
うーん、わたしも、ま、それで妥協したんですけど。

塩谷崇之:
うーん・・お嬢さんも・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その旦那さんの方も二人共もう・・えーと、別れるという・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その方向でもう話は進んでるわけですね?

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
(咳払い)そうすると、(咳払い)今問題になってるのは・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そのお・・うんと、お嬢さん達が別れた後・・どうするのかっていう事なんですか?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
うん。で別れた後・・お嬢さんと子ども達、子ども、たち二人は・・お嬢さんの方で・・引き取って、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーあなた、の、おー、家で?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
一緒に過ごすと。

相談者:
はい・・はい

塩谷崇之:
で、えーお嬢さんはそれを望んでるわけですね?

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
うん、で・・えーと、あなたあ、は、もそれで・・いいと思、ってはいる?

相談者:
もう、それ仕方ないと思ってます・・

塩谷崇之:
仕方ない?

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、一緒に住んでいる息子さんも「いい」という風に言ってるわけですね?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
そうするとじゃ、そこは全く、問題はない、ですよね?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
うん
で、向こうの旦那さんの方は、別に別れるにあたって、何か条件を言ってるとか、そういう事ではないんですね?

相談者:
うん何にもないです、それは・・

塩谷崇之:
何もない?

相談者:
うん

塩谷崇之:
うん
まあね?、そのお、まだこう、別れる別れないで揉めているのであればともかく・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
もう、当事者、同士がね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー、その夫婦・・で、えー、もう別れるという事は・・一応、話は付いてるわけですよね?

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
であればね?・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
別にそのお、今からあなたがね?・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
向こうの、両親に対して・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
何か恨み節を、ぶつけたところでね?

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
何の意味もない・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ですよね?

相談者:
ええ、ええ、ええ

塩谷崇之:
ま、あなたはそれで気持ちがスッキリするのかもしれないですけれども、

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
そんなのは一瞬の話であって。

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
うーんまあ・・それよりはね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あの、子どもお、達の、お爺ちゃん、お婆ちゃんなんですから・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あんまりその、向こうの、両親に対して怒りをぶつけたりね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
罵ったりするような事は・・せずに、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、お、本人達がね?、本人達が別れる事決めたんだから、ま・・えー残念だけれども・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、これはこれでしょうがないと。

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
うん。あとは、ま・・「孫達の」ね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー「事を」、ま、「お互いに」・・え「考えて」、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
「やりましょう」と。

相談者:
そうですね、ええ

塩谷崇之:
うん、そういう方向に、持ってくのがね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー、当事者である、お嬢さんにとっても・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
或いは、お孫さんにとってもね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
一番いいんじゃないかな?という気はするんですね。

相談者:
あ、そうですね、ええ

塩谷崇之:
うん、だから、そこでね?、あなたが・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
気を揉むっていうのは・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなた自身にとってね?・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
凄く・・マイナスな事だと思うんですよね。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
うん、それよりは、あの、戻って来たお嬢さんと、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
孫達を・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
どうやってね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あのお、おー・・

相談者:
育てるか?っていう・・

塩谷崇之:
うん、育てて行くか?っていう事にね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
専念した方が・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
いいんじゃないかなと思います。
ま、その、孫達?、子ども達は・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
ちゃんと育ててくっていう決心をしたわけでしょ?

相談者:
ええ、ええ、ええ、まあねえ・・え、そうなんですけどね・・

塩谷崇之:
うん。それからね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーとお、子ども達、孫達・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、あなたから見ると孫達の・・

相談者:
うん。はい

塩谷崇之:
教育費・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
これについては・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
お嬢さんの方で、あのやはり、きちんと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー離婚にあたって、旦那さんと話をしなければいけない。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え、旦那さんの方は一応、今は、その月々の・・あー、決まった稼ぎっていうのは、あるんですよね?

相談者:
今んとこはあるみたいです。

塩谷崇之:
うん

相談者:
んー、でも、じきに辞めるじゃないかっていう・・想像もついてる、らしいもんで、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
そうすると養育費が、もらえなくなっちゃう・・ていうのも、心配・・い、い、してるところなんですけどね。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
うん・・

塩谷崇之:
そこはやっぱりきちんと取り決めをしないとね?

相談者:
ええ、ええ・・

塩谷崇之:
いけないとは思うんですよね。

相談者:
ええ、ええ、ええ

塩谷崇之:
で、そういう取り決めをする上でもね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あのお、やっぱり・・えー、わたしがお勧めしないのは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お勧めしない事というのはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、別れるにあたって・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その別れる、旦那をね?けちょんけちょんに・・

相談者:
はい、はい、はい

塩谷崇之:
攻撃して、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、向こうの親御さん、もね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、けちょんけちょんに攻撃して、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それでね、あのお、何ていうのかな、ペランて、潰しちゃうとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
潰しちゃうと・・

相談者:
あん、ダメですよね?

塩谷崇之:
あの、うん・・

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
そういう養育費とかそういう事も含めてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
支援が受けられなくなる可能性はあるんで。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこは、あの・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ある程度、何ていうのかな?あのビジネスライフにって言うとちょっと言葉は変ですけれども、

相談者:
うん、ええ、ええ

塩谷崇之:
えーと、そういう・・えー、感情お・・は、ちょっとこう引っ込めて、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
むしろね?その相手の・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
旦那に対してね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その別れた、あ、別れる旦那に対しては・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え「あなたは」ま「別れるけれども」・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
「子ども達の父親なんだから」・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
「ちゃんとした責任を果たして下さいね」と。

相談者:
ええ

塩谷崇之:
うん、で・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー、向こうの、ま、あ・・ご両親、ま、子ども達の、お爺ちゃんお婆ちゃん・・にも、もし声を掛けるんだとすればね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
声を掛けるんだとすれば・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
うん、「孫達が」ね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、「何か困った時には」、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あ、「手を差し伸べていただけると有り難いです」と・・

相談者:
ええ・・ええ、ええ

塩谷崇之:
いうぐらいの事をね?、言っておいてもいいと思うんですよ。

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
うん

相談者:
はあ

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、変な恨み節でね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
「あなたの、育て方が悪いから」・・あー「あなたの息子はこんなになったんだ」とかね?

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
そんなような事を言っても一文の得にもならないですし(含み笑い)、

相談者:
ええ、ええ、ええ、ええ

塩谷崇之:
あなた自身も別に、あ何も、あなたにとっても何のメリットもない・・

相談者:
ええ、ええ、ええ、ええ

塩谷崇之:
それよりは・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あのお、きちんと、あー、「子どもの父親なんです」・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ていうその責任をきちんと自覚してもらい、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
で、ま、えー「子どもの、お爺ちゃんお婆ちゃんとしての」・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
「愛情も」・・「無くさないで下さいね」という事を・・

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
えー、お願いして、

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
そこはあなた自身がね?、もうあなた70歳だけども・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
大人になって・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えーそういう、うー・・言葉を掛けて・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、でも・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あ、相手の・・お家族の事はもう、これ他人ですから・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え、干渉はしないと。

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
「でも責任だけはきちんと果たして下さいね」と・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
いう風に、ま・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
お願いするというか、釘をさすというかね?

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
うん、そういう風に・・

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
する事お、が・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
今、あなたにとって・・一番いい事だと思いますし。

相談者:
ええ、ええ

塩谷崇之:
え、子ども達にとっても孫達にとっても・・

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それが一番・・大切な事なんじゃないかなと思いますけど。

相談者:
そうですね、分かりました。

塩谷崇之:
はい

相談者:
ありがとうございました。

塩谷崇之:
はい

相談者:
すいません。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい分かりました。
ありがとうございました。

今井通子:
はい

相談者:
すいません。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい




コメントはお気軽にどうぞ