夫を毛嫌い。詰め寄る大原敬子にけんか腰「分からないから聞いてるんです」


テレフォン人生相談 2019年1月5日 土曜日

同棲を経て結婚。出産のために自分の実家に帰り、これといった原因もなく夫のことが嫌いになって別居状態が続くものの、経済的なことを考えて離婚はしないつもりだがどうすればいいか分からない。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女33歳 夫35歳 息子4ヶ月 実家に両親がいる

今井通子:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
は、もしもし?

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あ、あの今あ・・

今井通子:
はい

相談者:
実家に居るんですけどお・・

今井通子:
はい

相談者:
旦那の事が、凄い嫌になっちゃって、

今井通子:
はい

相談者:
帰るのが、

今井通子:
はい

相談者:
嫌になっちゃったんですよ。

今井通子:
ん?、んふ(苦笑)その、帰るのが嫌になっちゃって・・

相談者:
はい、戻・・

今井通子:
で、どうしたいの?

相談者:
どうしたらあ、いいのかな?と思って。

今井通子:
あらら

相談者:
このままずっと実家に居るのもお・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、実家の方に迷惑を掛けちゃってるのもあるしい。

今井通子:
ええ

相談者:
やっぱ子ども、がいるんですけど、4ヶ月の子どもがいるんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
やっぱ、旦那も居て、

今井通子:
うん

相談者:
3人で暮らした方のが子どもの、ためにはいいとは思ってるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
その嫌になっちゃった、きっかけっていうのが・・

今井通子:
うん

相談者:
妊娠して・・

今井通子:
はい

相談者:
で、つわりが酷くて・・

今井通子:
はい

相談者:
実家で、やっぱお世話になってたんですよ。

今井通子:
あ、はい

相談者:
でその妊娠をきっかけに、なんか・・嫌になっちゃって、急に。

今井通子:
うーん

相談者:
何があった・・ってわけじゃないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
実家にわたしが居て、週末は、こう、顔出してくれるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
こ、来て・・顔見るのも嫌で・・

今井通子:
ああ、はあ

相談者:
ていうのが、で、産むまで・・ずっと実家に居て、

今井通子:
はい

相談者:
で産んでからもしばらく・・2ヶ月ぐらい実家に居て、

今井通子:
はい

相談者:
産んだらこう、治るのかな?みたいな・・

今井通子:
・・うん

相談者:
思ってたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
どんどん・・酷くなっちゃって・・

今井通子:
はい

相談者:
で、結局、里帰りし、が終わって・・帰ったんですけど、

今井通子:
あ、1回帰られたのね?

相談者:
そ、1回帰ったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
子どもの面倒はちゃんと看るんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
こ、買い物に行く気が・・起きなかったりとか、

今井通子:
はい

相談者:
ちょとこのままじゃダメだなと思って、1回実家の方に来て・・

今井通子:
はい

相談者:
こう2、3日自分的にリフレッシュする、つもりで来たんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
そこから、ちょっと帰れなくなっちゃって。

今井通子:
・・なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
まずあなたおいくつ?

相談者:
今33です。

今井通子:
33歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
30う、5です。

今井通子:
35歳。ご結婚何年目?

相談者:
まだ数ヶ月です。

今井通子:
あ・・出来ちゃった結婚なの?

相談者:
とは違うんですけど。

今井通子:
ん?

相談者:
元々結婚するつもりで・・

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
ただちょっと結婚するう・・のに婚姻届を・・ちょ、こだわった日があって、

今井通子:
・・なるほど。

相談者:
その日まで入れなかったんですよ。

今井通子:
あーあ、なるほど・・

相談者:
はい

今井通子:
じゃじゃ、要するに、1年、以上前からあ・・同棲していてえ・・

相談者:
はい

今井通子:
同棲してる時にもうすでにい、結婚するって決めていて、同棲してたわけよね?

相談者:
あ、そうです。

今井通子:
それで・・妊娠しました。

相談者:
はい

今井通子:
うん。それは嬉しい事です。

相談者:
はい

今井通子:
はい
でえ・・そのまま・・しばらくは、同棲してました。

相談者:
・・そうです・・

今井通子:
ですね?

相談者:
分かって、も、すぐ具合が悪かったので、

今井通子:
うん。あ・・分かってから、じゃ、2、3ヶ月の時にもう、つわりのために・・

相談者:
もう、つ、はい

今井通子:
実家に戻、1回戻っちゃったのね?

相談者:
戻、戻りました。

今井通子:
はい、はい
そこからですと、かなり長く、ご実家にいらしたの?

相談者:
そうですねい、1年近く、もう・・

今井通子:
うん、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
そして、その間(かん)は、土日、ご主人が、通い夫になってたわけね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
はい
・・で、えー、いよいよ、お子さん産まれました。

相談者:
はい

今井通子:
お子さんは男の子女の子?

相談者:
あ男の子です。

今井通子:
男の子。

相談者:
はい

今井通子:
で、4ヶ月だっけ?今。

相談者:
はい

今井通子:
はい、でこの・・ご主人がね?

相談者:
はい

今井通子:
通い夫してくれた、た、時って・・

相談者:
はい

今井通子:
どんな感じだった?

相談者:
あ、来てもらうのが・・

今井通子:
うん

相談者:
嫌で・・

今井通子:
嫌で?

相談者:
も、顔を見るのが嫌で。

今井通子:
・・なんか、何で嫌だったか分かる?

相談者:
それが分からないんですよ。

今井通子:
あ、分かんないのね。

相談者:
だから、も、妊娠、し・・て、急になっちゃったんですよ。

今井通子:
うん、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
うん・・分かりました。
ご主人は邪魔だったのね?

相談者:
・・そうで、ですね。

今井通子:
うん
・・で、なんかあ・・ご主人が何しても気に食わなかったでしょ?

相談者:
あ、そうです。

今井通子:
あーあ、なるほどね。
一度でもお、またアパートに帰ったのよね?

相談者:
はい、帰りました。

今井通子:
これは、お子さんがどれぐらい育った時?

相談者:
・・子どもが3ヶ月で。

今井通子:
あ、じゃ・・つい・・最近なん・・

相談者:
最近の話、はい

今井通子:
はい

相談者:
そっからもう、今1ヶ月近く・・

今井通子:
うん

相談者:
実家の方に居るんですよ。

今井通子:
だから、帰ったらすぐに、「あら?ダメだ」と思って、すぐまた実家へ帰っちゃったんでしょ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん
・・という事で、1回帰って、1回帰ってた、何日ぐらい居たの?(苦笑)

相談者:
・・二週間居たかな?

今井通子:
二週間ぐらい?

相談者:
はい

今井通子:
で、この時もう、相変わらず・・夫が何しても・・

相談者:
嫌・・

今井通子:
気に食わない?

相談者:
はい

今井通子:
嫌だった?

相談者:
洗濯物を一緒に洗うのが嫌で、

今井通子:
うん

相談者:
食べた物、茶碗とかも洗うのが嫌で。

今井通子:
うん

相談者:
・・で、も、存在自体が・・

今井通子:
はい

相談者:
嫌になっちゃって、こ、生理的に受け付けなくなっちゃって。

今井通子:
うーんうん
それでまた実家へ帰っちゃいました。

相談者:
はい

今井通子:
これご実家は何?、お父様、お母様?

相談者:
あそうです。

今井通子:
他にどなたかいらっしゃる?

相談者:
あ、居ないです。

今井通子:
そうすると、ご実家でお母様と一緒に・・暮らしてるのが・・楽なわけね?

相談者:
あそうですね。

今井通子:
うん
・・今日のご相談はそうすると?

相談者:
出来れば、離婚せず・・に・・

今井通子:
あ・・出来れば離婚したくないのね?

相談者:
はい、最初はもう「離婚したい」って言ってたんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
やっぱ自分もまだ働けないので・・

今井通子:
ええ

相談者:
こ、やっぱり一緒に子どものためにも、こう一緒に居て・・

今井通子:
はい
ご主人は今どう思ってんのかしら?、うん

相談者:
でも「今」あ、「は」、「無理せずに」・・

今井通子:
うん

相談者:
ちょ「実家の方で」・・

今井通子:
うん

相談者:
・・「居れば?」みたいなのは言ってくれてるんですけど。

今井通子:
あ、ていう事はな、何?、ご主人に、あなたが顔を見るものも嫌だと思っている事は伝わってるんだ。

相談者:
あ、はい、はい

今井通子:
で、ご主人の方はじゃ離婚する気などさらさら無いわけね?

相談者:
は(わ)ないみたいです。

今井通子:
うん

相談者:
このまま・・

今井通子:
うん

相談者:
離婚しない方がいいのか?、どうなのか?・・ていうところ・・

今井通子:
離婚しない方がいいのか離婚した方がいいのか?・・どっちですか?

相談者:
いいのか?・・だか、そこが自分でもよく分かんないんですよ。

今井通子:
なるほど。

相談者:
どうして行ったらいいのか。

今井通子:
なるほど・・分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですねえ・・

相談者:
はい

今井通子:
幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

(回答者に交代)


「夫を毛嫌い。詰め寄る大原敬子にけんか腰「分からないから聞いてるんです」」への10件のフィードバック

  1. 新年5日目でキター!

    大原先生とぶつかってしまったのはまあそうなるやろなという感じだったけど、これが三石先生ならどうなっていたのか。
    中川先生ならどうなっていたのか。坂井、塩谷は回答できたのか。
    大迫先生なら荒ぶる女を沈めることが出来たのか。
    高橋先生が甘やかしてくれたならなんとかなったのか。
    こういう時、意外にウルヴェなんかがハマったりして…。

    赤ちゃん、無事に育つことを祈ります…。

  2. 新年早々にキタよねぇ

    今までで一番腹立つ相談だった
    今読み返してまたムカムカしてきた

    精神不調で薬飲んでるんだったら
    子供は作るべきではなかったよねぇ、
    これは子供が一番の被害者だわ…

  3. この番組に相談する案件では無かったと思う。
    まず、病気は病院へ。
    大原先生もお手上げでしたね。途中で医師の今井先生へバトンタッチするしかないって感じで。
    mmmさんと同じく、私も赤ちゃんが無事成長することを祈ります。

  4. うーん、近所にもいますよ、こういう娘。
    加藤先生ならどうしたかな?

    近所の娘は、こどもの頃すごくいい子だった。いい子すぎてストレスたまった顔してたから、他人事ながら心配してました。
    結婚したけど、しょっちゅう実家に帰って、とうとうそのまま離婚。実家に子連れで住んでます。
    両親は、体面を気にする人。町内会役員とか金にならない仕事は、決してしないケチ。車をすごく大事にして、近所の子には、にらみつけるくせに、外ではつまり金になるかならないかかかってる場面では、すごくいい人ぶる。自営業なので。

    うちなんか、その両親からハナからバカにされてたけど、金なさそうに見えるから?いや、うちは車に見栄張らないだけですが。
    この度、娘の離婚で急に、エラソーじゃなくなりましたよ。
    やれやれ。

    その娘は、威圧的な両親のいいなりで育ったので、潜在的に怒りをため込んでいると思う。
    相談者は、違うのかな?
    やっぱり加藤先生に聞きたかった・・・

    大原先生、お気の毒。相談者、八つ当たりじゃん!

  5. そもそもグレーとは言えど適応障害まがいの診断されてて、薬飲んでるってことは間違いなく今回の相談で重要なポイントなのに、後半になるまでなんでこの相談者は黙ってるの?
    公共の電波で回答者の先生に噛みついてないで、さっさとカウンセリング受けてこい

  6. 産後クライシスなのでしょう。
    さすが今井先生、的確なアドレス良い方向へ行くと良いですね。

  7. どうしたらいいかわからないから相談してると言い張る彼女に対して、自分でそういう風にしてしまっているのだから、そのままでいいのではないか、という大原先生。
    コレはバトルの予感!と思ってたら今井先生の仲裁が入ったね。
    この相談者みたいな若者がこの頃多すぎる。
    何がしたいのか、自分でもわからんって
    あまえるんじゃないよ。

  8. 妻でも母でも無く、娘。それが、この人のアイデンティティー。妻、或いは家庭という展望台に登ってみたけど、景色は良くなかった。しかし、降りようとしたら梯子が外れていた。本当は降りたいけど、後ろめたさもあって助けが呼べない。‥と個人的にはそう推測する。開き直って、親権を旦那に任せて離婚して、あくまで「娘」として生きるのもアリ、というかそれしかない。だって、そのヒステリーで子育てできるかな。そのヒステリーは、性格だよ。

  9. これ、虐待する可能性あるよ
    旦那さんに並み以上の強さを期待したいが
    亭主には腰抜け臭漂う
    憑き物を祓うエクソシストのような問答だ
    平成のゆとりと評したくはないけれど
    この母親は危険だ
    たぶん、周り全て腫れ物を扱うように接していると思うが
    関係者は人命の絡む事だと認識しないと
    すげえ怖い未来があるようで・・もうこいつの相談じゃねえよ

    1. 本当ですね。テレ人サイドは相談者の名前住所控えているのなら、児童相談所に通報した方が良いです。この相談者は人格障害レベルに歪んでいます。旦那との不和を「わからない」と繰り返すのは本当に覚えていないから。つまり、病的なヒステリー持ちの傾向があります。加えて、周囲との人間関係も希薄です。敢えてそうしているのでしょう。穿った見方になりますが、既に子供へ虐待を加えていて、旦那に発覚するのを避ける為に別居という可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。