スポーツの声出しから挨拶も満足に出来ない娘を心配するシンママ。実は親子逆転


テレフォン人生相談 2019年1月7日 月曜日

母子家庭。娘二人とも控え目。
特に次女は小5にもなって挨拶も満足にできない。
スポーツクラブのコーチからも積極的になるように言われていて、相談者も応援してきたが、最近は性格的なものとしてあきらめかけている。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女37歳 離婚して9年 中2と小5の娘二人と暮らす

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です
最初に年齢教えてください

相談者:
んと、37です

加藤諦三:
37歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
・・んとお、離婚、してます、はい

加藤諦三:
あ、そうですか
離婚してからどのくらい経つんですか?

相談者:
9年くらいですかね

加藤諦三:
9年くらいですか

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その間ずうっと、お一人で暮らしてたんですか?

相談者:
と、あと娘二人がいます、はい

加藤諦三:
あ、お嬢さん二人、今何歳?

相談者:
んとお、上が中2で、下が小5です。

加藤諦三:
下が小5で、上が?
中学二年生ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
えっとお、下、の子のことなんですけどもお

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、上もそうなのですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
二人とも、あのお、どちらかと言うと、控えめな性格でして、

加藤諦三:
はい

相談者:
特に下の子は恥ずかしがり屋でして

加藤諦三:
はい

相談者:
5年生、にもなって、まだこう、人と対面して喋るのが苦手で、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、して、こう、人とこう、挨拶とかするのも、なかなかこう、きちんとできなくてですね

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしとしては、

加藤諦三:
うん

相談者:
もっとずっとこう、出来るように、注意というか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、ちゃんとした方が良いよっていうのは、話し、してきたつもりなんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
なかなかこう、できない、ことでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
最近は・・例えば挨拶する場面になったときにい、

加藤諦三:
うん

相談者:
お相手さんを前にしてえ

加藤諦三:
うん

相談者:
こ、も一回こう、やり直しみたいな感じで、「挨拶は?」みたいな感じで、こう、促す、

加藤諦三:
ああ、挨拶は、こう、はいはい

相談者:
うん

加藤諦三:
はい

相談者:
ようにしてるんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
あとですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのお、ちょっとスポーツもやってまして、

加藤諦三:
スポーツ?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん

相談者:
なかなかこう、声が出せないものですから、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、指導者の方からは、

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、もっとこう、大きな声を出して、こう、積極的にこう、プレイするようにっていうのを求められるんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱり、なかなかこう、プレイはするんだけども、こう、積極的にこう、攻めるっていうのが、それもやっぱ出来なくてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、で、そのことについても、わたしも、出来るように、

加藤諦三:
うん

相談者:
応援っていうか、声掛けとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、するんだけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんかもう、2年も経つんですけど、なっかなかそれが出来なくてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
も、最近は、なんかもう、求める方がムリなのかなあ?とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
も、こういう性格で認めるしかないのかな?とか

加藤諦三:
うん

相談者:
この子にはもう向いてないのかな?とか

加藤諦三:
うん

相談者:
本当はもっと、こう積極的にこう、なんかこう、意欲的に、なって欲しいんですけどお

加藤諦三:
うん

相談者:
それを求めることがあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
負担になっ・・るのかな?とかあ

加藤諦三:
うん、うん、うん

相談者:
っていう・・悩みなんですけど

加藤諦三:
で、悩んでるっていうことねえ

相談者:
はい

加藤諦三:
例えばね?

相談者:
うーん

加藤諦三:
恥ずかし、くて、母親の影に隠れちゃった。

相談者:
うん

加藤諦三:
そこで、怒られるんじゃなくて、「あ、ごめんなさい、うちの子こうなのよ」って言って、怒られなかった・・
そして後で、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
「恥ずかしかったんだよね?」
「今度会ったら挨拶しようね」

相談者:
うんうんうん

加藤諦三:
と言ったとする。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
そしたらこの時、お嬢さん、「自分は守られてる」っていう感じになるでしょ?

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
まず安心感がないと、子どもからすると。

相談者:
んん

加藤諦三:
そこら辺のところが、母親としてどうでしょうか?

相談者:
なんかもう、5年生(苦笑)にもなってえ

加藤諦三:
うん

相談者:
二人やっぱりクラブの、監督、コーチからも、求められるんですけども、

加藤諦三:
うん
つまり恥ずかしがり屋の子どもっていうのは、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
まず第一に人に近づくのが難しいんですよ。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
だから挨拶っていうのはどんどん近づいて行くことですから、非情に難しいです。

相談者:
うーん・・

加藤諦三:
まず、相手に対する信頼感があって、その信頼感の上に、安心感があって、その安心感を元に、コミュニケーションなんですよ。
ところがあなた今、コミュニケーションのし方だけ子どもに求めちゃってるわけ。

相談者:
うんうんうんうんうん・・

加藤諦三:
だから、そこら辺のところが、あなたちょっと、急ぎ過ぎてるよね?

相談者:
うんうんうん・・
ですねえ・・

加藤諦三:
ええ
ステップを踏んでいかないと。
でね?、今日は、ピッタリの先生が、スタジオに来て頂いてます。
シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京先生がいらしてくれてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
お話を伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「スポーツの声出しから挨拶も満足に出来ない娘を心配するシンママ。実は親子逆転」への4件のフィードバック

  1. 今までの迷回答は、たまたま相性が悪かっただけかぁ。スポーツ絡みの相談で初めて実力を発揮できた感じ。

    相談者の子、相談者の顔色をずっと伺っているんだろうな。最近話題の、最年少でプロ棋士になった女の子も、質疑応答の度に目線が泳いでいるんだよね。あんな感じかな。

コメントはお気軽にどうぞ