スポーツの声出しから挨拶も満足に出来ない娘を心配するシンママ。実は親子逆転


(回答者に交代)

田中ウルヴェ京:
はい、よろしくお願いします

相談者:
はい、よろしくお願いします

田中ウルヴェ京:
子ども二人持つ、あの、母親としてはわたしも一緒なので、(苦笑)母親という、あの、目線でも今、伺っておりました。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
積極的、意欲的になって欲しいなあ、っていうようなことを、あの、おっしゃってましたよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
はい
で、ちょっとわたし、大きく2つ、あなたに関わる、あなたが出来る、ことと、それから、あなたには出来ないことと、こう2つあるので、最初にまず、あなたに出来ない、大事な視点としては、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
それが知っておいていただきたいので、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
それが、どんなスポーツであろうと、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
声を出すことと、積極的にプレイすることとは、ま、何にも関係ないです。
つまり(苦笑)、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
積極的にプレイするっていうことはとても大事なんですけれど、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
声を出さないと、積極的にならないわけではありません。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
声が出せない選手でも、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
積極的な子はたくさんいますし、例えばオリンピック選手になるような選手でも、お小さいときに、声が出せない選手も沢山いますし。
声を出すは、そりゃ、元気に、ならせる一つに手段ではありますし、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
「おはようございます」とか
「失礼します」とかって言うのは、

相談者:
うんうん

田中ウルヴェ京:
とてもいいことなんですよ?

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
あの、いいことなんですけど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
そこが1番スポーツで重要じゃないじゃないですか。
あなたもお分かりとおり。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
例えば、勝つことが重要なんでもないんですよね。
ま、もちろん(苦笑)勝つことも大事なんですけれど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
スポーツで、たとえ、日本一、世界一を目指すにしても、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
1番大事なことが、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
僕が、わたしが、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
わたしならではでやれてる!、っていうふうな、こう、自分感、を感じれるっていうのがスポーツなんですよね。

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
という意味では、2つ目につながる話しなんですけれど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
あなたが、これから人生を育んでいく一人の、小5というお嬢さんの、

相談者:
うん、うん

田中ウルヴェ京:
ま、人生サポーターですよね?我々母親って。

相談者:
うんうん、はい

田中ウルヴェ京:
として、やれることを一つご紹介したいんですけど、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
我々母親って、太陽なんですよね。(笑)
太陽って、自分たちで言うのもおこがましいんですけれど、

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
なんかこう、エネルギー充電器。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
でも、我々やっぱり、すごくエネルギー与えたくなっちゃうから、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
ま、「少しでも子どもたちのため」と思ってしまってえ、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
たまに我々太陽は、(苦笑)
良かれと思って焼い、焼きそうになることもありますよね?

相談者:
うんうんうん
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
(苦笑)言っている意味分かりますか?
ハッハッハ。

相談者:
はい、分かります、はい

田中ウルヴェ京:
でも、本当は、ホニャあと、ホワッと待っててよくて、

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
安全基地でいてあげたいんですよね。

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
でなんか、我々のなんか、どっか身体の、コンセントかなんかがあって、
お嬢さんがお二人とも帰って来たときに、

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
お嬢さんたちには、人間プラグを、 プチッて挿してもらって、
母親の我々は、「ふうん」「へえ」「そんなことあったの」「ほう、そら大変だったね」みたいな。
その子たち、ならではの、色ーんなことを、ただただ聞く、側であれば、どうもいいらしいんですね。

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
それが、心理的な理論でも。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
自分も母親ですから、そんなことほとんど出来ないときが多いってことも(笑)
あって申し上げてるんですけど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
理論はそうらしくて

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
なので、恥ずかしいの、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
種類をわたしはちょっと訊きたいなと思います。
恥ずかしいのだめよって言うよりは、

相談者:
うんうん

田中ウルヴェ京:
ねえねえ、どんなときの、どんな大人だと挨拶し難くて、
どんな人だとやりやすいとかあるの?とか、
それはおやりになったことありますか?

相談者:
・・
んんーと、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
この人、とは喋れるけど、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
この人とは、喋れないとか

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
っていうのはありますけどお・・

田中ウルヴェ京:
ああ、良かった
じゃそれはママにも、お伝えしてるんですね?

相談者:
ま、それこそ訊いたときですかね

田中ウルヴェ京:
うん
そしたら、ママとしては、「あーなるほど、それって、どうして、Aさんにはだめで、Bさんにはいいの?」みたいに、訊、けるといいんですけど、それはどうでしょう?

相談者:
あー、そこまでは、ちょっと訊いてないですし、で、本人もそこまで、はっきり、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
分かってないっていうか、喋れないっていうか、

田中ウルヴェ京:
なるほど

相談者:
な、なんか・・なんか、っていう、返答ですかね。

田中ウルヴェ京:
ふうん
なんかその、「なんか」のところを、

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
ママと一緒にこう、お話が出来るようになると、実は、恥ずかしいってとこが問題なんじゃなくて、

相談者:
うんうん

田中ウルヴェ京:
もっとぜんぜん違う問題をママと一緒に共有できると、ぜんぜん違う解決策が出てくるハズなんですね。

相談者:
うん・・

田中ウルヴェ京:
で、そもそも、恥ずかしいことを、直したいのか?直したくないのか?っていうのも御本人なんですよね。

相談者:
そお、(笑)なんですよね

田中ウルヴェ京:
フフフ
そうそう

相談者:
はあい

田中ウルヴェ京:
ね?
で、実際、あの、わたしはメンタルトレーニングの指導士として、色んな競技の選手にも関わるんですけど、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
「恥ずかしい」の中には、実はすごく大きな素晴らしいエネルギーを持ってるお子さんもたくさんいらっしゃるんですね。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
決して、決っして、恥ずかしいイコール、積極的じゃないわけじゃないんです。

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
うん
意欲的じゃないわけでもないんですよね、本当は。

相談者:
うーん

田中ウルヴェ京:
実はそこの中には、色んな思いが入ってたりもするので、

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
どうぞ、お母さま自身が、恥ずかしくないようにもっと元気にって、あたかも、恥ずかしいは直さなきゃいけないように、ではなくう

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
なぜ?恥ずかしいという、表現が出てるのか?っていうことをちょっと一緒に考えてあげる。
それでもし、直したいって彼女が思えば、

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
小ちゃい目標を作って欲しいんです。
あの、加藤先生、さっき、ステップを踏むっていうお話もしたかと思うんですけど、

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
例えば、いきなり、「こんにちは!」なんてムリなので、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「こんにち・・」ってこんにちぐらいまで言えた、丸とか

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
そ、「わ」まで言えなくてよくて(苦笑)

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
とか、言葉は言えなかったけど、ニヤっと目線だけ合わせられた、オッケー、とか

相談者:
・・

田中ウルヴェ京:
小ちゃい目標を丸付けしていくっていうのもアリです。

相談者:
うんうんうんうん

田中ウルヴェ京:
でもそのときに、ちゃんとお母さまが、「ほうら、先週の火曜日より出来ちゃったでしょ」

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
「先週の金曜日よりもっと出来てたよ」とか

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
そういうふうにやっていくと、安心感が生まれて

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
挑戦する気になります

相談者:
ああ、はい

田中ウルヴェ京:
挑戦のためには安心が必要なので

相談者:
うんうん

田中ウルヴェ京:
ちょっと、ダダダっと、もう、ごめんなさい、申し上げちゃいましたけど

相談者:
いえいえ、ありがとうございます。

田中ウルヴェ京:
はい、お返ししますう

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
上手く行かなかった時ね、お嬢さんがね

相談者:
はい
うん

加藤諦三:
キツイんじゃない?ちょっと
失敗したことに対して

相談者:
キツくならないようにと接しているのですが・・

加藤諦三:
「キツくならないように」と思ったことはすでに相当失敗に対してキツいですよ。

相談者:
あー(苦笑)

加藤諦三:
普通はそんなこと思わないもん

相談者:
あー

加藤諦三:
恥ずかしがり屋の研究としては

相談者:
うん

加藤諦三:
世界で最も業績を上げてる、スタンフォード大学のジンバルドーという、教授がいるんですけどもね

相談者:
うんうん

加藤諦三:
その、ジンバルドーの教授のグループが、

相談者:
うん

加藤諦三:
世界の子どもを、調査してね、

相談者:
うん

加藤諦三:
世界で最も恥ずかしがり屋の子どもはどこの国だと思います?

相談者:
ニッポンですか?

加藤諦三:
そうなの

相談者:
うん

加藤諦三:
それについて、どういう解説してるかっていうと、

相談者:
うん

加藤諦三:
失敗したときに、

相談者:
うん

加藤諦三:
あれほど責められる子どもは世界にいないと。

相談者:
ああ

加藤諦三:
なんか、求めすぎてんですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
それは・・なんで求めすぎてるかっていうと、ちょっと、キツイこと言ってごめんね。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた、自分に不満なんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
自分に不満を、無意識に追いやって、

相談者:
うん・・

加藤諦三:
子どもに、で、生きてんの、あな、たが。

相談者:
うんうんうんうんうん

加藤諦三:
自分の幸せを、が、子どもに掛かっちゃってるの。

相談者:
・・

加藤諦三:
そして、

相談者:
うん

加藤諦三:
「最近は『もうムリかなあ』、と思ってる」って言うんですよ。

相談者:
うんうん

加藤諦三:
子どもにこれ以上、もう求めるのをやめる。

相談者:
・・

加藤諦三:
だって今、しがみついてるでしょ?子どもに。

相談者:
(苦笑)そうですね

加藤諦三:
子どもにしがみついて自分が幸せになろうとしてるでしょ?

相談者:
・・

加藤諦三:
これ子どもにとってキツイですよね。
どうですか?

相談者:
ハッとしています

加藤諦三:
ああ
だから自分の生き方を変えないと今

相談者:
変えるってえ・・

加藤諦三:
あなた自身の幸せを探すんです。
で、子どもにしがみつくんじゃなくて、子どもを守ってあげるの。

相談者:
・・

加藤諦三:
今、逆だもん

相談者:
ああ

加藤諦三:
今、あなた、子どもに、守られてるんだもん。

相談者:
うんうんうん、そうですね

加藤諦三:
親子の役割逆転は、

相談者:
うん

加藤諦三:
子どもにとってはキツイです

相談者:
うん・・

加藤諦三:
でも、今ね、ハッとしてると言った言葉で、わたしはあなたの、37歳のこれからの人生、明るい人生になると思います。

相談者:
はい、フフ

加藤諦三:
3人で、

相談者:
はい

加藤諦三:
幸せの人生をスタートしてください

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します

相談者:
はい、ありがとうございました。




「スポーツの声出しから挨拶も満足に出来ない娘を心配するシンママ。実は親子逆転」への4件のフィードバック

  1. 今までの迷回答は、たまたま相性が悪かっただけかぁ。スポーツ絡みの相談で初めて実力を発揮できた感じ。

    相談者の子、相談者の顔色をずっと伺っているんだろうな。最近話題の、最年少でプロ棋士になった女の子も、質疑応答の度に目線が泳いでいるんだよね。あんな感じかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。