夫を毛嫌い。詰め寄る大原敬子にけんか腰「分からないから聞いてるんです」


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

大原敬子:
お話を聞いてると・・「ホントにもう嫌いだ」って言ってるんですね、あなたが、事実・・

相談者:
はい

大原敬子:
言葉で言えば。

相談者:
はい

大原敬子:
もうそれは・・一般的には、「別れた方がいいんじゃない?」って・・

相談者:
うん、はい

大原敬子:
「悩む事ないんじゃない?」って言いますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
それが、あなたが迷うって事は・・あなたの奥底に・・都合のいい、生き方をしたいっていうものがあるって事ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
今井先生が詳しくお話を聞いてると、

相談者:
はい

大原敬子:
同棲の時には・・あなたは実家の方が、今の感情と同じような感情があったはずなんです。

相談者:
はい

大原敬子:
分かります?、同棲の方が良かったんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
家へは帰りたくなくって。

相談者:
はい

大原敬子:
その繰り返しを、こ、今からも、しようとしてるんです実は。

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの中に・・

相談者:
はい

大原敬子:
都合のいい事を考えてる事ないですか?

相談者:
あそうだと思います、結局う・・

大原敬子:
うん

相談者:
もう離婚したくないっていうのも・・私は、も、一つの事しか出来ないので・・子ども育てるために、お金が入って来る・・自分働かなくても旦那が働いてくれれば、子ども育てられる。
そういう風にしか多分、思ってないんですよ、今。

大原敬子:
そうですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、その時に前も言いましたよね?、先生が、今井先生が「あーじゃこれ、出来ちゃった結婚?」って言うと「いえ違います」と。

相談者:
はい

大原敬子:
「もう結婚する予定」です「だったんです」と。

相談者:
はい

大原敬子:
「ただ届出が」・・そのあなたの・・

相談者:
はい

大原敬子:
こだわりの日にち?・・とか・・

相談者:
はい

大原敬子:
全部あなたが決めてる事ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
だ、彼はそれに沿ってるわけですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
したら今回・・あなたが「別れたい」って別れればいいし・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが「嫌だ」って言ったら、今の状況を、行ったり来たり、行ったり来たりすればいいんじゃないんですか?

相談者:
ん、それが嫌だからあ・・

大原敬子:
いや、また、それ、あなた・・何が嫌なんですか?

相談者:
その、だから・・今の状況っていうのが・・

大原敬子:
あ、だ・・

相談者:
中途半端で。

大原敬子:
中途半端にしてるの誰ですか?

相談者:
・・あ、自分だと思いますけど、だからそれは自分で・・

大原敬子:
思、自分です。絶対そうですよ?

相談者:
だからそれをどうしたらいいのかが分からなくて。

大原敬子:
「そこがどうしたらいいか?」って、自分が自分で、今の状況をいや、自分が作りましたね?、レールで。
で、あ・・

相談者:
はい

大原敬子:
1ヶ月帰って、やっぱり家がいいわ、で行った。
家でも何とも落ち着かないからまた行ってみようって事でやってるわけでしょ?
家でもホント落ち着いてないんじゃないかと思うんですよ。

相談者:
・・

大原敬子:
家がホントに良かったら、あなたのこの決心ね?
「いや」・・「届出が良くないから、わたしがこう決めました」って、決められるあなたがですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
なぜここで躊躇してるかなんです。

相談者:
・・うーん

大原敬子:
すっごい複雑なものが、あなたの中にあるんですよ?、気づいてないけど。

相談者:
はい

大原敬子:
だから、先ほどね?・・わたしは理解力が無いもんですからね。今井先生との結婚同棲の時にね、何を言ってるのかな?と思ったんです。

相談者:
はい

大原敬子:
自分が都合のいい解釈で喋ってるんですね。

相談者:
・・ま、人はそうじゃないですか?

大原敬子:
ん?

相談者:
みんなそうじゃないですか?自分のいいように話しちゃうんじゃないですか?

大原敬子:
でもこういう場合は・・事実だけですね・・話す△%・・分かりますか?

相談者:
はい

大原敬子:
じゃ、もしですね?、じゃもうちょっと違う面で行きましょうか?
彼が一時、土日来ましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
ある日彼がプツっと土日、来なくなった時に・・あなたがどうなるんでしょうかね?

相談者:
・・あ、別に何とも思わない、あ、来ない方が良かったんですから。

大原敬子:
そしたら今も・・今もですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
あなたはご実家に帰って・・

相談者:
はい

大原敬子:
でしばらくね?
「わたしはこのまま生活したいわ」って言えば・・これ通る彼・・なんじゃないの?

相談者:
通らないですね。

大原敬子:
どういうふに通らないの?

相談者:
え、今は・・

大原敬子:
うん

相談者:
その向こうも離婚はしたくないから・・

大原敬子:
うん

相談者:
あんまり無理せずに・・

大原敬子:
うん

相談者:
わたし精神的に弱くて病院通ってるんです。

大原敬子:
・・どなたが?

相談者:
わたしが。

大原敬子:
何の病院なの?

相談者:
精神・・的な。

大原敬子:
なんて診断いただけました?

相談者:
診断がだから「グレーゾーンで、出ない」って言われてたんですけど、

大原敬子:
うん

相談者:
「強いて言うなら」・・

大原敬子:
うん

相談者:
「適応障害」・・

大原敬子:
ああー

相談者:
「多少あります」って。

大原敬子:
ああーなるほどね、はい・・うん

相談者:
で今も、カウンセリング当時やってましたけど、今、薬だけで。

大原敬子:
た、そのカウンセリングした時にね?

相談者:
はい

大原敬子:
「今こんな状況です」って先生にお話しました?

相談者:
カウンセリングしてたのは20代の頃の話で・・全然今ん・・はもう、薬だけなんでカウンセリングしてるとかないんですけど。

大原敬子:
じゃ、薬だけもらいに行くの?

相談者:
そうです。

大原敬子:
何の薬ですか?それ。

相談者:
・・精神安定剤です。

大原敬子:
そうですよね、今、お話しててもね?

相談者:
はい

大原敬子:
時々、琴線に触れてるのかもしれませんけども・・ピシッ、ピシッて来てますもんね。
なんか、苛立ってんでしょうね、きっと。
何に反応しました?

相談者:
分かるんです、それが自分でも。

大原敬子:
ただイライラしちゃうの?

相談者:
・・だから旦那にもそうで。

大原敬子:
うん

相談者:
話してる声が嫌。

大原敬子:
あなたのですね、もしかしたらですよ?、このイライラ?

相談者:
・・はい

大原敬子:
イライラ「原因が分かりません」って今、言ってましたよね?

相談者:
はい

大原敬子:
そのイライラの、今実家が居心地がいいっていう事は・・彼っていう存在があるから・・居心地がいいんじゃないでしょうかね?

相談者:
いや、違うと思うんですけど。

大原敬子:
ん?・・そう?、そしたら・・彼と離、離れてね?、決断はですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
しばらくの間は、別居状態でいいんじゃないでしょうかね?・・どう?

相談者:
あ、分かりました。

大原敬子:
それとは違うって事?

相談者:
や、分かんないです、わたしも、だから電話したんです。

大原敬子:
分からないって?

相談者:
どうしていいのか?、分からないから。

大原敬子:
だからそれは選択しなくちゃ、大事でしょ?選択は。まず、実家に・・

相談者:
だから、その選択が出来ないんです。

今井通子:
うん・・だいじょぶ?

大原敬子:
どうぞどうぞ。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
あの、あなたね、いつ頃からそのお、心療内科かな?

相談者:
はい

今井通子:
通った?

相談者:
20代前半です。

今井通子:
今全然行かないで、その、お薬飲みっぱなし?

相談者:
1回妊娠し、て・・

今井通子:
うん

相談者:
止めたんですけど。

今井通子:
ああ

相談者:
身体に不調が出て来ちゃって、急に止め・・た事によって。

今井通子:
うん

相談者:
で、それを病院に相談したら・・

今井通子:
うん

相談者:
「そんなに危険な薬じゃないから」・・

今井通子:
はい

相談者:
その「どんどん具合が悪くなっちゃうよりも」、

今井通子:
うん・・いや・・

相談者:
「飲んでた方がいい」って言われて、

今井通子:
ん?

相談者:
妊娠中も・・飲んでたんですよ。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
ただ薬だけで、行ってないの?

相談者:
だか、薬はもらいに行ってますけど

今井通子:
はい
今、お話を伺ってると・・

相談者:
はい

今井通子:
あなた凄く真面目な方でね?

相談者:
はい

今井通子:
何かを完璧にやらないと気が済まないっていう・・

相談者:
あ、そうです、はい・・

今井通子:
性格が元々ある。

相談者:
はい

今井通子:
うん
要するにだから・・臨機応変みたいな・・あとは自分のストレスを発散する事が出来ないのね?

相談者:
はい

今井通子:
所謂・・妊娠・・から、

相談者:
はい

今井通子:
出産。

相談者:
はい

今井通子:
えー子育てえ、時期まあ、1歳、2歳ぐらいまで?・・

相談者:
はい

今井通子:
の間・・

相談者:
はい

今井通子:
人間の、ホルモンのバランスが凄い・・

相談者:
あ、はい

今井通子:
凄い崩れちゃうんですよ。

相談者:
はい

今井通子:
それ知ってますね?

相談者:
はい

今井通子:
はい
で、そうするとね?、周り中、敵になっちゃうのよ。

相談者:
はい

今井通子:
特に夫は敵になっちゃうの。

相談者:
はい

今井通子:
その症状のようにしか思えないのよ。聞いてると。

相談者:
あ、わたしもそれは、思ってました。

今井通子:
うん
だからあ・・その病院の・・メンタルの方、診てくれる先生に、1回相談した方がいいと思う。

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、自分自身が、ご主人を嫌いなわけじゃないんですよ。

相談者:
はい

今井通子:
うん
顔も見たくないっていうのは・・ホルモンのバランスによって、そういうふになっちゃってるんだけれども・・

相談者:
はい

今井通子:
で多分、ご主人はそこまでは、医療知識はないかもしれないけれど、

相談者:
はい

今井通子:
「別にいいんじゃない?」って。
「待ってるよ」みたいな、「離婚したくないし」って、思ってる人なんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
うん
だったらしばらくは待ってもらうんでいいと思うし、

相談者:
はい

今井通子:
だけどあまりね?

相談者:
はい

今井通子:
赤ちゃんを、大事にしようっていう意識・・

相談者:
はい

今井通子:
危害を与えられないようにしようっていう・・意識、ゆえに、

相談者:
はい

今井通子:
周りに対して敵対的な意識を持っちゃうっていうのを、が、強く出ちゃってるから。

相談者:
はい

今井通子:
うん
それを出来れば・・病院でちゃんとコントロールしてもらった方がいいかもしれない。

相談者:
あ、はい

今井通子:
なので薬、もらってる薬だけ飲んでないで・・

相談者:
はい

今井通子:
もしかしたらその薬が邪魔してる可能性もあるから。

相談者:
うん、はい

今井通子:
そうしてもらえますかね?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい。はいじゃ・・

相談者:
ありがとうございまーす。

今井通子:
はい、失礼しまーす。




「夫を毛嫌い。詰め寄る大原敬子にけんか腰「分からないから聞いてるんです」」への10件のフィードバック

  1. 新年5日目でキター!

    大原先生とぶつかってしまったのはまあそうなるやろなという感じだったけど、これが三石先生ならどうなっていたのか。
    中川先生ならどうなっていたのか。坂井、塩谷は回答できたのか。
    大迫先生なら荒ぶる女を沈めることが出来たのか。
    高橋先生が甘やかしてくれたならなんとかなったのか。
    こういう時、意外にウルヴェなんかがハマったりして…。

    赤ちゃん、無事に育つことを祈ります…。

  2. 新年早々にキタよねぇ

    今までで一番腹立つ相談だった
    今読み返してまたムカムカしてきた

    精神不調で薬飲んでるんだったら
    子供は作るべきではなかったよねぇ、
    これは子供が一番の被害者だわ…

  3. この番組に相談する案件では無かったと思う。
    まず、病気は病院へ。
    大原先生もお手上げでしたね。途中で医師の今井先生へバトンタッチするしかないって感じで。
    mmmさんと同じく、私も赤ちゃんが無事成長することを祈ります。

  4. うーん、近所にもいますよ、こういう娘。
    加藤先生ならどうしたかな?

    近所の娘は、こどもの頃すごくいい子だった。いい子すぎてストレスたまった顔してたから、他人事ながら心配してました。
    結婚したけど、しょっちゅう実家に帰って、とうとうそのまま離婚。実家に子連れで住んでます。
    両親は、体面を気にする人。町内会役員とか金にならない仕事は、決してしないケチ。車をすごく大事にして、近所の子には、にらみつけるくせに、外ではつまり金になるかならないかかかってる場面では、すごくいい人ぶる。自営業なので。

    うちなんか、その両親からハナからバカにされてたけど、金なさそうに見えるから?いや、うちは車に見栄張らないだけですが。
    この度、娘の離婚で急に、エラソーじゃなくなりましたよ。
    やれやれ。

    その娘は、威圧的な両親のいいなりで育ったので、潜在的に怒りをため込んでいると思う。
    相談者は、違うのかな?
    やっぱり加藤先生に聞きたかった・・・

    大原先生、お気の毒。相談者、八つ当たりじゃん!

  5. そもそもグレーとは言えど適応障害まがいの診断されてて、薬飲んでるってことは間違いなく今回の相談で重要なポイントなのに、後半になるまでなんでこの相談者は黙ってるの?
    公共の電波で回答者の先生に噛みついてないで、さっさとカウンセリング受けてこい

  6. 産後クライシスなのでしょう。
    さすが今井先生、的確なアドレス良い方向へ行くと良いですね。

  7. どうしたらいいかわからないから相談してると言い張る彼女に対して、自分でそういう風にしてしまっているのだから、そのままでいいのではないか、という大原先生。
    コレはバトルの予感!と思ってたら今井先生の仲裁が入ったね。
    この相談者みたいな若者がこの頃多すぎる。
    何がしたいのか、自分でもわからんって
    あまえるんじゃないよ。

  8. 妻でも母でも無く、娘。それが、この人のアイデンティティー。妻、或いは家庭という展望台に登ってみたけど、景色は良くなかった。しかし、降りようとしたら梯子が外れていた。本当は降りたいけど、後ろめたさもあって助けが呼べない。‥と個人的にはそう推測する。開き直って、親権を旦那に任せて離婚して、あくまで「娘」として生きるのもアリ、というかそれしかない。だって、そのヒステリーで子育てできるかな。そのヒステリーは、性格だよ。

  9. これ、虐待する可能性あるよ
    旦那さんに並み以上の強さを期待したいが
    亭主には腰抜け臭漂う
    憑き物を祓うエクソシストのような問答だ
    平成のゆとりと評したくはないけれど
    この母親は危険だ
    たぶん、周り全て腫れ物を扱うように接していると思うが
    関係者は人命の絡む事だと認識しないと
    すげえ怖い未来があるようで・・もうこいつの相談じゃねえよ

    1. 本当ですね。テレ人サイドは相談者の名前住所控えているのなら、児童相談所に通報した方が良いです。この相談者は人格障害レベルに歪んでいます。旦那との不和を「わからない」と繰り返すのは本当に覚えていないから。つまり、病的なヒステリー持ちの傾向があります。加えて、周囲との人間関係も希薄です。敢えてそうしているのでしょう。穿った見方になりますが、既に子供へ虐待を加えていて、旦那に発覚するのを避ける為に別居という可能性もあります。

コメントはお気軽にどうぞ