13回忌が法要なしの会費制!今に蘇る虐げられた思い出、兄嫁からいじめ


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは、お世話になります。

大原敬子:
いいえ、あの、今、お話を伺って・・

相談者:
はい

大原敬子:
2つの世界が垣間見れたんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、あなたの世界の中に・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分と、自分の兄弟・・

相談者:
はい

大原敬子:
の、世界と、

相談者:
はいはい

大原敬子:
あなたの結婚した、我が子・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分と我が子の関係が、2つあるんです、あなたの生活には。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
今、「断ち切る」とか「切りたい」っていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
我が子を置いといて、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
今、親戚と切ろうかって事ですよね?

相談者:
はいはい、そうですね、はい

大原敬子:
ね?、その切る時に、

相談者:
はい

大原敬子:
もし切ってしまってスッキリするけれども・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分も独り身だっておっしゃいましたね?

相談者:
はいはい、そうです。

大原敬子:
何か有った時って思うんでしょうね?

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
でも、ここまでこじれた時には、

相談者:
はい

大原敬子:
何かあっても・・

相談者:
はい

大原敬子:
こじれたままですよ?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
で、何故あなたはそこまで・・いろーんな憎しみ出て来ただろうか?っていうのが、もう1つの世界の・・

相談者:
はい

大原敬子:
お子さんとの関係があるんですよ。

相談者:
あーそうですか。

大原敬子:
で、そのお子さんとの関係置いといて、今あなたの中の整理ですね。

相談者:
はい

大原敬子:
まず断ち切ったはいいん、じゃないかしら?・・何故か?っていうと、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが無理して付き合った時に、

相談者:
はい

大原敬子:
夜、ムクムクムクってイラつきが出て・・

相談者:
はい

大原敬子:
血圧は上げるし、不眠症になりますよね?

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
もう・・自分が・・13回忌ってお母さんの関係がありますけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
・・親孝行って・・

相談者:
はい

大原敬子:
親がこの子を親孝行って思うのは・・我が子が幸せである事が親孝行なんですって。

相談者:
はい

大原敬子:
だからあなたが13回忌というね?、建前で・・

相談者:
はい

大原敬子:
今回、兄弟と、決別したとしても、

相談者:
はい、はい

大原敬子:
あなたのお母さんは、

相談者:
はい

大原敬子:
これでこの子が幸せになるならば・・本望だと思ってますよ。
これ仏教の言葉でありますので。

相談者:
はあ、そうですか。

大原敬子:
断ち切るべきと思います、わたしは。

相談者:
あはい、ま、ありがとうございます。はい

大原敬子:
で、次なんですけどね?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
1人で生きるっていう意味は、

相談者:
はい

大原敬子:
1人で生きる人っていうのは、自分が大好きなんです。

相談者:
ああ

大原敬子:
で、わたしはあなたに聞きたいんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今あなたは、自分の頭の上から、ね?

相談者:
はい

大原敬子:
足元まで。

相談者:
はい

大原敬子:
どこでもいいです、何でも。あなたが好きな物・・10個今、挙げられますか?

相談者:
・・いや、挙げられません。
わたしは、落ちこぼれ・・「6人兄弟の、出来損ないだ」って、言われた事もありますし。

大原敬子:
それは他人ですよね?

相談者:
他人が言って、それを、兄弟が、そう言ったよっていう風な・・

大原敬子:
それはあなたじゃないですよね?
「落ちこぼれ」とみんなに言われたんですけども・・

相談者:
はい

大原敬子:
わたしは結婚して、こうして、2人の子どもに恵まれた・・

相談者:
はい

大原敬子:
運の強い人と、取る事も出来るわけですよね?

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
からもう1つは、わたしが今話を聞いていて・・ああ、しっかりしてるな、強いな、と思ったのは・・
「断ち切ろうと思った」と、「許せない」と。会費で。

相談者:
はいはい

大原敬子:
その、強さもありますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
何でもいいんです、10個挙げられない時は・・あなたは人に依存してるんですよ。
例えば・・

相談者:
・・あ、そうですか。

大原敬子:
そうですよ、お風呂に入って、
「あら、わたしこの爪いいわ」とかね?

相談者:
はい

大原敬子:
「あら?年の割には、こうだわ」って。
とにかく何でもいいです。何でもいいので・・

相談者:
あ、はい

大原敬子:
「あ、わたしは好きな物を持っている」とか。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
その食べ物さえあればわたしは生きて行ける。

相談者:
はい

大原敬子:
これも全部あなたの好きな物です。

相談者:
あーそうですか。

大原敬子:
それは10個、今日ね?

相談者:
はい

大原敬子:
挙げられた時に・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身が・・

相談者:
はい

大原敬子:
「あ、これがあるならば」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「生きて行ける」ってエネルギーが出て来るんです。

相談者:
あー

大原敬子:
でも、「何にもない」と思うと、「何もない」と思ってますから・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
誰かの支、支えがなければ生きてけないんですね。

相談者:
ああー

大原敬子:
で、いながら・・

相談者:
はい

大原敬子:
何て言いましょうかね・・え、いつも僻(ひが)み根性になってしまうんです。

相談者:
あ・・

大原敬子:
「わたしは何も持ってないから」・・

相談者:
&#△%

大原敬子:
「だから姉たちが勝手に決めたんだわ」、「会費制にしたんだ」それもそうです。

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
自分は絶対好きになるって事は・・

相談者:
はい

大原敬子:
人が何て言おうと・・

相談者:
はい

大原敬子:
「あ、この年でも目はいいわ、視力は」とかね?

相談者:
はい

大原敬子:
「歯は丈夫だ」とか、何でもいいです。10個挙げた時に、お母さんに対する感謝もあれば・・

相談者:
はい

大原敬子:
「自分は生きよう」って気持ちにもなるんですよ。

相談者:
あーそうですか。

大原敬子:
要するに、

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
1人で生きるっていうのは・・「あなたは、自分を好きですか?」って、を、問いかけてみて下さい。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
もう1つはね?、強く生きるってどういう事か?っていうと、

相談者:
はい

大原敬子:
今日1日、これもやった、これもした。

相談者:
はい

大原敬子:
今日お腹も痛くなかった。

相談者:
はい

大原敬子:
美味しい物は食べれなかったけど・・

相談者:
はい

大原敬子:
明日は食べようと思った。

相談者:
はい

大原敬子:
今日、義理の姉と喧嘩したけども、わたしは強かった。

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
その今日1日を・・

相談者:
はい

大原敬子:
終わった事を・・

相談者:
はい

大原敬子:
明日に・・マラソンではないけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
バトンタッチする事によって、明日も今日と同じように生きられるんです。

相談者:
あーあ、そう・・

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
バトンタッチは自分しかないじゃないですか?

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
ていう事は、あなたは1人で生きるっていうのは、今日、電話が終わった時に、自分の好きな物、どうしても10個挙げなさいよ。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
10個自分の好きな物を挙げられなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
何で生きて行けるの!?、思いません?

相談者:
あ、そうですねえ。

大原敬子:
これはね?、頭がいい云々とかね?、容姿端麗そんーな事・・それもいいですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、それ以外の物でも、とにかく挙げる。とにかく。

相談者:
はい

大原敬子:
何とか意地でもいいから探しなさい?
そのエネルギーが・・

相談者:
はい

大原敬子:
1人で生きて行く、エネルギーの原点になるんです。

相談者:
あーそうですか。わたしは・・

大原敬子:
うん

相談者:
「自分は、」

大原敬子:
うん

相談者:
「ダメな人間だ」っていっつもね?、あの、思ってたんですけど。

大原敬子:
でも「ダメな人間」って言いながらあなた怒ってるんですよ?
ダメな人間だったら人について行きます。

相談者:
あ・・

大原敬子:
じゃない?

相談者:
あー、はあ、ああ

大原敬子:
あ、ダメな人間じゃないじゃないですか?

相談者:
あーそうでしょうかねえ?

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
一瞬羨ましい物置いといて、

相談者:
はい

大原敬子:
「今のこのわたしで生きて行こう」と思うんですよ。

相談者:
あーそうなんですか。

大原敬子:
そうですよ?

相談者:
あ、はい

大原敬子:
ですから是非ね?

相談者:
はい

大原敬子:
今日、1人で生きて行けるかどうか?、10個挙げてみて下さい。

相談者:
ありがとうございます。はい

大原敬子:
で・・もう1つ気になるのは・・あなたとですね?

相談者:
はい

大原敬子:
お子さんとの関係なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今あなたが、「最終的に、1人ですからね」って、
1人ではないんです、あなたお子さんいらっしゃるんです。

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
そこで何故、自分は1人だと思い込んでしまった、その心をですね?

相談者:
はい

大原敬子:
13回忌を控えたお母さんがですね?

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに・・伝えたんじゃないの?

相談者:
・・はい、はい、はい

大原敬子:
そうすると・・1人ではない事をあなたが気づいた時に・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
兄弟よりも、あなたの兄弟よりも・・あなたがお腹を痛めたお子さんの方が・・

相談者:
はい

大原敬子:
濃いんですよね?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
そのお子さんを忘れて「1人」とおっしゃる・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの自分の心を・・

相談者:
はい

大原敬子:
振り返って、

相談者:
はい

大原敬子:
まずあなたは、1人で生きられますね?好きな物10個挙げるんですから。

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
だ、強く生きられますよね?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
今日のやった事、明日に・・バトンを渡せばいいんですから。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
じゃ、次に、お子さんとの関係を・・

相談者:
はい

大原敬子:
もう一度・・

相談者:
はい

大原敬子:
見つめ直してみていただきたいなと思ってますけど、先生・・

相談者:
はい、はい

(再びパーソナリティ)


13回忌が法要なしの会費制!今に蘇る虐げられた思い出、兄嫁からいじめ」への6件のフィードバック

  1. 兄弟が六人いて四人で13回忌
    参加者は義理姉と地元の姉と相談者と妹
    家を継いだ次男は?
    家を継いだ次男主催でなく義理お姉さんから招待状?
    会費制披露宴は聞いたことあったけど法事も会費制ってあるんですね
    簡素化してお包み お返しなしの食事代だけってことだと私だったら解釈しちゃうけど そうではないのでしょうか
    いろんな疑問符がついて内容がはいってきません。

  2. 法事が会費制って良いですね~  うらやましい!

    もう、お金のやり取りって疲れますもん。
    香典なんかも止めにしてほしいくらいです。香典を差し上げて、その場でお返しの品物(受付に積み上げられている3000円くらいのお茶とか海苔とかの日持ちのするもの。初盆に使い回す?  身内ならカタログギフト)を持ち帰らせるくらいなら、いっそ最初から無しにして欲しい。
    「故人の遺志により」つつしんで辞退させていただきたいんです。
    さすがに葬儀は会費制って訳にもいかないから。(笑)

    相談者さんはちょっとだけおしゃれして、会費を払って、澄ましてご飯食べて帰ってくれば良いんじゃ無いですか? 

  3. 年齢的に筋道立てて話せないのは仕方ないとして。
    女の人は、記憶力があるのが仇になって、ほんとに執念深いですよね。。。
    しかも、この相談者さんは、実家が名士だったことでプライド高いし。
    テレ人リスナーは、「心持ちを教えて欲しくて…」って、よく言いますけど、過去にとらわれず恨みは水に流して、嫌いな相手には近づかないっていうことも学習しないとねぇ。

  4. 管理人さんのお話が面白かった。
    ここ数年、こどもの送迎で、頼まれて、よその子も乗せてあげてばかりの日々。しかも長距離。
    感謝もない、今度はうちが乗せてくよ、の言葉もない、もちろんお礼の品もない、そういう一部の人に、モヤモヤしていたが、このモヤモヤが本能だと思うと、笑えた。
    損は、脳が忘れないのねー(苦笑)、せめて高速道路代、割り勘しようよーって。
    でも、もう忘れたいよ~、そういう自分の感情がめんどくさい~!

  5. 夫の祖父母の法事は私が結婚して以来40年間会費制です。
    祖父母の長男には女性の子どもたちしかいないので、長男亡き後は誰が跡継ぎと言えるのか?今は亡くなった長男の長女、つまり70歳を越えた夫の従姉が幹事。
    会費は一人一万円で、そこからお寺にお布施を払い、お斎(おとき)の費用を払っているそうです。余った時は引き出物としてお菓子などがつきます。
    お墓は都内の古いお寺にあるのですが、今や観光名所のよう。数年に一度法事の度にお寺を訪れてお経をきき、みんなで観光客の品定めなどしています。ドライなように見えて、祖父の五十回忌でも30人以上の親戚が集まりましたよ。私が結婚する前に亡くなった祖父ですが法事は楽しみです。

コメントはお気軽にどうぞ