人の弱点を容赦なく突く妻 VS 離婚回避の材料の提出を求めるモラハラ夫


テレフォン人生相談 2019年4月10日 水曜日

不妊治療中。
喧嘩したときに、夫の物に当たったり、不妊の原因と考えられる夫を責めたり、収入格差のことを言ったりしていたら、離婚を口にされ、毎日遅く帰宅するようになった。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女25歳 夫32歳 結婚して2年

今井通子:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いします

今井通子:
はい、こちらこそ
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
旦那と

今井通子:
はい

相談者:
結婚して二年になるんですけども

今井通子:
はい

相談者:
旦那に離婚したいって言われてまして

今井通子:
あら!

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
それをちょっと相談させてもらいたくて、電話しました。

今井通子:
はい、分かりました
あなたはおいくつですか?

相談者:
はい、25歳です

今井通子:
25歳
ご主人は?

相談者:
32歳

今井通子:
32歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人が離婚したい理由は何?

相談者:
夫婦喧嘩をしたときに、わたしがちょっと、暴言を吐いてしまうっていうか・・

今井通子:
なんて言ったの?

相談者:
えーとお、二人でちょっと不妊治療をしてまして

今井通子:
ああ
はい

相談者:
はい
その不妊治療、に、その、主人の方、に原因が、あるうのに、積極的にその、検査とか?、治療に参加をしてくれないので

今井通子:
ああ、ああ

相談者:
わたしに申し訳ないと思わないのか?ていうふうなことを言ってしまったことがあって

今井通子:
ふうーん、うん

相談者:
まず、それえ、が一つと

今井通子:
はい

相談者:
あと、その、共働きなんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
わたしの方が、結構、お給料とかももらってたのでえ

今井通子:
あー、はい

相談者:
ちょっと、そういう収入のこととかでも、少し話が出たことはあります。

今井通子:
なるほどねえ

相談者:
はい

今井通子:
で、結局ご主人の方から、離婚したいっておっしゃった?

相談者:
そうですね

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、あなたとしては、じゃあ、離婚したくない?

相談者:
離婚・・をしたくないんですが、

今井通子:
はい

相談者:
そのお、主人、から、わたしいが、そのお、色々、こう暴言を吐いてしまうということで、そ、「もお、信用がない」と。
言われてしまって・・

今井通子:
信用がない?、はい

相談者:
はい
で、その信用がない・・人と一緒には居たくないって言うのが、その、主人、の言い分で・・
で、その、離婚をしないために、その、信用を取り戻せるような材料を、持って来いっていうふうに、言われてるんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
その、喧嘩の後、わたしもちょっと、謝罪して、で、いくつか、こうこうこうするので、離婚はしないで欲しいっていうふうに、そのお、ま、主人が言う材料、かな?って思うものを、色々提示してきたつもりなんですけども、
それでも、ちょっと、駄目で・・も、どうしたらいいのかなあ?っていうふうに思ってて・・

今井通子:
何を、提示したの?

相談者:
わたしは、えっとお、その暴言を、吐かないようにしたりとか、

今井通子:
うん

相談者:
あと、喧嘩した時に、ちょっと物に当たってしまうことがあるので、

今井通子:
うん

相談者:
その、物に当たらないようにするだとかあ、

今井通子:
うん

相談者:
あとお、家事を、

今井通子:
物に当たるっていうことは、例えば、その辺にあるお皿投げちゃうとかっていうこと?

相談者:
いや、皿投げたとか、そういうことは、したことないんですけども。
ま、主人の私物う、を、壊そうと、したりとかあ・・

今井通子:
それ何だったの?

相談者:
えっとお、ま、コーヒーメーカーなんですけどお

今井通子:
ああ、ああ、ああ

相談者:
それえ、を

今井通子:
お皿どころじゃないわけね?

相談者:
フフフ
えっと、コーヒーメーカー、の、こう電源、コードを、(苦笑)ハサミで切ろうとしたことがあって

今井通子:
うんん

相談者:
それ、で、とかあ・・あと、は、その、主人、の、好きで飲んでるウイスキーをシンクに流したりとかあ、したことはありました。(苦笑)

今井通子:
あららら、はい

相談者:
カッとなってしまうと、

今井通子:
うん

相談者:
そお、なってしまう・・

今井通子:
ていうことはそれ、

相談者:
はい

今井通子:
なんとなくイメージなんだけれども、

相談者:
はい

今井通子:
かなり大喧嘩するわけね?

相談者:
う、そおですね、その、大喧嘩なったときに、ちょっと警察う、のお世話に・・警察のお世話にっていうか、
その、わたしが、

今井通子:
うん

相談者:
そういう行動をとったときに、

今井通子:
はい

相談者:
あの、主人にちょっと投げ飛ばされて、

今井通子:
はい

相談者:
頭を怪我してしまって

今井通子:
あら!

相談者:
その喧嘩あ、からちょっと、少しギクシャクしてしまっ・・てるというか、まあ、その大きい喧嘩があってか・・以降、その主人から、わたしが信用されてないっていう部分があるみたいで・・

今井通子:
その「信用されてない」って、意味が(苦笑)よくわからないんだけれども

相談者:
うーん
その、ま、主人から、すれば、喧嘩をしたときに、そういうふうに、あのお、ま、物に当たったりだとか、暴言を吐くう、ような人間のことは信用できない・・っていうのが一番・・

今井通子:
要するに乱暴だからっていう

相談者:
はい

今井通子:
意味かな?そうすると。

相談者:
そうだとおもいます

今井通子:
ふうん・・

相談者:
ちょっとその、主人、も、の言葉あ、の選び方もわたしもちょっとよく分からない部分があるのでなんとも言えないんですけども

今井通子:
うん

相談者:
うーん・・

今井通子:
その、一番最初?
結婚してからすぐぐらいの、喧嘩はまず何だったの?

相談者:
えっとお、一番最初に、あったその、大きい喧嘩っていうのは、

今井通子:
うん

相談者:
夫が、

今井通子:
はい

相談者:
わたしの言葉遣いがちょっと気に入らない・・っていうふうに・・言って来たんですね

今井通子:
はい

相談者:
食事終わった後にい、「食器洗ってくれる?」っていうふうに頼んだんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
「その、『洗ってくれる?』っていう言い方はおかしい」、
「その言い方は媚びてる」、って言われてしまって

今井通子:
う、うん

相談者:
じゃ、どういう言い方をすればいいんだろう?ってなって、それで、ちょっと、「じゃあ、もういいよ」「面倒くさいな」ってな・・ってしまって、

今井通子:
うんうんうん

相談者:
それでわたしがウイスキーを流したっていうのが発端ですね。

今井通子:
なあるほど

相談者:
はい

今井通子:
ご主人の方はそうすると、その、あなたの、性格というか、

相談者:
はい

今井通子:
人間性というか、それで、離婚を申し立ててるっていうか、離婚したいって言われてるわけでしょ?
信用できないって。

相談者:
はい

今井通子:
うん
で、あなたの方としては、離婚したくない理由はなんなの?

相談者:
正直、なことを言うと、離婚をした後、自分に次があるか?・・っていうのが怖い、っていうのもあります。
喧嘩したときにカッとなって暴言を、吐いてしまう自分も嫌だし、

今井通子:
うん

相談者:
旦那とは離婚もしたくないしい

今井通子:
うん

相談者:
どうしたら円滑に、このまま夫婦のままいられるのかな?っていうのが、(鼻すすって)相談です

今井通子:
そのコツが知りたい?

相談者:
はい

今井通子:
はい、分かりました。
今日はですね、弁護士の中川潤先生がいらしてますので

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいとおもいます。
先生よろしくお願いいたします

(回答者に交代)


「人の弱点を容赦なく突く妻 VS 離婚回避の材料の提出を求めるモラハラ夫」への15件のフィードバック

  1. 私も離婚をすすめます。
    結婚前に男女ともにブライダルチェックして釣書のように差し出すって言うのが当たり前の時代にになりそうですね。不妊治療は男の方がキツイのかも。協力してくれないとか逃げ出したりってよくある話。

    調停行かなきゃいい〜爆笑のくだり画期的でしたよね?管理人さん!

  2. 自分が男だからなのか、夫の方にそんな非があると思えないのだが…。離婚しない条件の部分は確かに違和感あるが、全般的に妻の方がヒステリックすぎるような気が…

    1. 同感です。
      私は女ですが、相談者みたいなヒステリックな女性と暮らしたい男性なんていないと思います。
      不妊の原因や稼ぎのことに関する暴言や行動、モラハラなのは相談者ですよね。
      不妊治療してるとのことですが、
      相談者が子ども産んだら、
      それこそ虐待すると感じました。

      離婚したほうがいいと思います。
      旦那さんのために。

  3. お互いの恋愛期間が終わっただけの事、書類上は結婚してても人生のパートナーや居て当たり前の空気のような存在にはなれず。
    旦那からすると性的にも魅力を感じず、メシウマでもなく・・・大事なモノまで壊され暴言も飛び出す楽しい我が家w 帰る理由は寝床としてのみか。

  4. 相談者は夫に女性の影が無いと言い切っていますが、ちゃんと調べた方が…。
    ゲームセンターは隠れ蓑かも?
    暴君妻が居る家には帰りたくないんですね。
    どうしても離婚回避したいのであれば、お互いにとことん腹を割って向き合うしか無いのでは?
    相談者と夫が1個づつ不満を解決していき、時として妥協し合い乗り越えていければ…。

  5. ちゃんと調べた方が良いのは当然なんだけど
    ゲーセンで時間潰しとかは男の人なら全然できそうなんであり得なくもない。
    ヒス嫁さんのお家には帰りたくなくなるのも分かる。
    本当に離婚したくないならカウセリング受けるなりなんなりした方が良いと思いますよ。彼も安心するんじゃないですか。

  6. 突然の奇声のような笑い声でびっくりした。こういったハプニングは編集した方が良いのでは?と感じた。何事かと録音を巻き戻し事態を把握出来た。

  7. 弁護士の先生の長い爆笑には驚いた。面白かったな。

    この女性、ダメダメですね。
    私はアラフォー女で、中川先生もおっしゃていましたが、男性は基本プライドが高いのです。ましてや、給料を奥さんと比べられたらもう!誰だってブチ切れるのでは?

    25歳でまだ若いから人生経験浅いのか?それとも親からイロイロ教わらずに頭でっかちな女性になっちゃったのか。
    別れたくないって言っていたけど、それも好きではなく自分の世間体でしょ?
    結局誰と結婚してもダメなんじゃないかな。
    自分の欠点を見つめないと。

    今井先生は相談者のダメなところを決して攻めませんよね。
    ある意味すごいなと思う。
    毎回、『そう来たかー!』って思ってしまう。

    私なら速攻、『あなたそんなんじゃだめー』って言っちゃうな。

  8. なんか可愛い夫婦、相談者さんこんな若いのに不妊治療してて、それわかって欲しくて夫にあたる。そんで夫毎日家出未遂。不妊治療は1回休戦した方がいいと思います。そうすれば夫は帰ってくるし。若いお母さんになりたいのかな?焦ってるようだし。でもこればっかりは夫が協力的じゃないと。。夫年上32歳っていってもまだまだわからないと思う。もしかしたら一生わからん奴かもしれない。わかる人は感謝の気持ちで協力すると思うんだけどな。結局、若い奥さんもらったって言いたいだけのやつかもしらん。いや、大丈夫、若気の至りだよ!ケセラセラ

  9. 男の人は離婚をひたすら待っているだけ。この考えの女の人を満足させる男の人はなかなか見つからないと思いますけど……

  10. 相談者は夫を愛してなどいないのでは?
    ただ依存してるだけでしょ。
    別れるべき。

  11. この相談者にもし子どもが出来たら、2019年1月5日の回のようになりそう。
    そういえば、声が激似。
    性格も似てそう。

  12. 元々の価値観とか性格が合わないんじゃないですかね?だからお互いに傷つけ合う、やまあらしのジレンマみたいな。まだ25歳、やり直しもアリな気もしますが。

コメントはお気軽にどうぞ