人の弱点を容赦なく突く妻 VS 離婚回避の材料の提出を求めるモラハラ夫


(回答者に交代)

中川潤:
こんにちはあ、中川です

相談者:
はい、よろしくお願いします

中川潤:
ご主人から離婚したいって言われたっていうのは、

相談者:
はい

中川潤:
最近の話なんですか?

相談者:
この2,3ヶ月前です

中川潤:
ふうん
そいで、2,3ヶ月前に言われて、その後、どんな状況になってんんの?

相談者:
その後、

中川潤:
もう冷戦状態になってるの?

相談者:
えっとお、ま、主人、が

中川潤:
うん

相談者:
このお、帰ってくるのが遅くなりました。

中川潤:
ああ

相談者:
仕事、終わ・・って真っ直ぐ帰ってくることはまずなくって、

中川潤:
はい

相談者:
日付をまたぐかまたがないかぐらいの時間に帰って来て・・
ま、わたしも次の日、朝早かったりもするので

中川潤:
うん

相談者:
こ、先に寝たり、してる状況が、多、いです

中川潤:
ふうん

相談者:
だから、あまり会話っていうものは、あまりしてなくって、

中川潤:
うん

相談者:
「離婚しなくても、いいかな?って思えるような、材料を自分(オレ)に持って来て欲しい」って、旦那、には言われていて、

中川潤:
うん
そうすっと、ほとんどもう、話らしい話が出来ないような状態に今なってるわけですか?

相談者:
そおですね

中川潤:
うーん
あのね?、ちょっと一つ言えるのは何ともお・・あれなんだけど、先ほどお話に出た中で、

相談者:
はい

中川潤:
あの、不妊治療のときにね?

相談者:
はい

中川潤:
ご主人にも原因があって

相談者:
はい

中川潤:
あーた、「わたしに申し訳ないと思わないのか?」っていうふうに言った・・

相談者:
はい

中川潤:
それからあ、収入のことでね?
「あんたの方が」、ま、「稼ぎが少ない」みたいな、そんな話になったんでしょうね?あーたが、おっしゃったのが。

相談者:
はい

中川潤:
ねえ?
男ってさあ、プライドの塊みたいなところがあんだよな。

相談者:
(苦笑)はい

中川潤:
ね?

相談者:
うん

中川潤:
で、一番言われたくないことだよね?

相談者:
うーん

中川潤:
うーん
ま、それが一つね。

相談者:
はい

中川潤:
それからもう一つはね、ま、あのね、あなたもお、そうだし、ご主人も、さっきのあなたがおっしゃった通りのやりとりをなさるんだとすればね?
ま、率直に言うと、お二人ともね?

相談者:
はい

中川潤:
まだあ、やっぱりね、お若いというか、二人でそのお、結婚して、家庭を作っていくっていう・・これ、恋愛と結婚って全然違うからね?

相談者:
そうですね

中川潤:
ね?

相談者:
はい

中川潤:
元々赤の他人が一緒になんだから、

相談者:
うん

中川潤:
ね?
性格が一致するなんてことは、まず稀有、なことであり得ないことなんですよ。

相談者:
はい

中川潤:
だ、まったく違う性格の、考え方も大きく違う、者どうしが、一緒に、暮らしていく、っていうことになればね?

相談者:
はい

中川潤:
そこでの大事なことってのは、某かの意味での波長が、

相談者:
うーん

中川潤:
合うかどうか?
そこが大事なんであって

相談者:
はい

中川潤:
だからね、あーた・・ご主人のことね?・・別に離婚勧めるつもりは全然ないんだけども

相談者:
うん

中川潤:
あの、ほんとに好きなのかな?
ということは

相談者:
はい

中川潤:
考えた方がいいよお

相談者:
うーん
彼としても・・その、ま、離婚はしたくないけど

中川潤:
うん

相談者:
今の現状を整理して

中川潤:
うん

相談者:
えっとお、まとめると、離婚するのがお互いにとって最善、だ、っていうふうに、な言い方をするんです

中川潤:
うん

相談者:
なので・・その、「離婚はしたくないけど」、って・・まだわたしに気持ちがあるのかな?って少し、

中川潤:
(苦笑)

相談者:
フフフ
難しい・・ですよね?

中川潤:
うーん・・
どおなんだろうねえ

相談者:
フフフ

中川潤:
ただ彼がねえ、え?

相談者:
はい

中川潤:
毎晩帰って来ないってのは、あなたから逃げてるよね?

相談者:
そうだと思います。

中川潤:
うーん
それ何してるの?
酔っ払って帰って来る?

相談者:
いや、ゲームがすごく好きな人なので

中川潤:
うん

相談者:
その、ゲームセンターに行ったりとかあ

中川潤:
ゲームセンター!?

相談者:
はい(苦笑)

中川潤:
はあ
そんなとこで時間つぶしてんの?

相談者:
そおだと思います

中川潤:
念のために訊くけども

相談者:
はい

中川潤:
彼から別の女性の影ってのは、全然、

相談者:
うーん

中川潤:
見えない?

相談者:
全くですね

中川潤:
ふうーん

相談者:
うん・・

中川潤:
その、条件を提示しろとか、なんとかで、これを、ああだこうだ、っていうことお、もさりながら

相談者:
はい

中川潤:
あなたなりに、あの、思いつく範囲で

相談者:
うん

中川潤:
彼が帰って来たときの、対応ですよね?

相談者:
はい

中川潤:
とか、ほんとに彼のことが好きで別れたくないんであれば

相談者:
はい

中川潤:
あなたの気持ちを、ともかく彼に伝えるような、

相談者:
はい

中川潤:
ことをやっていくしかないよね?

相談者:
うーん、そお思います

中川潤:
これが一つ

相談者:
はい、うん

中川潤:
でね、もう一つはね、あなたが仮にここで、夫婦別れしたとしても

相談者:
はい

中川潤:
あなたまだ25なんですよ

相談者:
うーん

中川潤:
うん
だから、もお一度そのお・・距離を置いてみるっていうことも・・あってもいいのかもしれない

相談者:
うーん

中川潤:
っていう気もするわけですう。

相談者:
はい

中川潤:
だからね、あなたが彼のことが好きだっていうその気持ちをねえ、え?

相談者:
はい

中川潤:
あなた自身の中でもうちょっと掘り下げて考えてごらんなさい。

相談者:
うん・・

中川潤:
彼の何が好きなのか?
どこが好きなのか?

相談者:
うん・・

中川潤:
で、彼の好きだという、あなたの気持ちってのはいったい何なんだろうか?ってことをねえ、え?

相談者:
はい

中川潤:
もう少し自分なりに考えてごらんなさいな。

相談者:
うん・・

中川潤:
そうすっと、あの、もうちょっと違うことが見えて来る、かもしれないような気もするのね?

相談者:
はい

中川潤:
ちょっとわたしに申し上げられるのはそれぐらいのことだなあ。
今井先生にお返ししますね?

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい
わたしはあなたは離婚した方がいいとはっきり思ってます。

相談者:
うーん

今井通子:
うん
その理由は何か?っていうと、自分が言うこときかないから離婚するみたいな。

相談者:
うん・・

今井通子:
う、あの、上から目線で、男として絶対、いい奴じゃない。

相談者:
(笑)
んん

今井通子:
うん
中川先生も暗に、「まだ25歳じゃないですか」って。

相談者:
うん

今井通子:
言ってらっしゃいますし。

相談者:
はい

今井通子:
これは大人の見方です。
だけどもお、あなたが、愛してるって言う、ならば、

相談者:
はい

今井通子:
好きなんだって言うならば、

相談者:
はい

今井通子:
あなたの「好き」を突き通せばいいですよ。

相談者:
うん・・

今井通子:
うん
話し合いやって、なんとか近づいて、なんて思わないで、

相談者:
はい

今井通子:
うん
夜遅く帰ってこようが、何しようが、家を出て行かない限りい、

相談者:
はい

今井通子:
一緒に生活していれば、

相談者:
はい

今井通子:
結婚は破綻したと。
傍目には見られないんだから、

相談者:
うんうん

今井通子:
相手がいくら「離婚しよう」とか、「離婚したい」とか言って、

相談者:
はい

今井通子:
で、調停だとかなんだか言っても、あんなもん行かなきゃいいんですよね?

中川潤:
うひゃひゃははははははははは(爆笑)

相談者:
(笑)

今井通子:
で、あなたが一番考えなきゃいけないのは、

相談者:
(笑)はい

今井通子:
あなたが彼を、嫌いになったときに、離婚しようと思いなさいってえいうこと。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
分かりました

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あとはあなたにはまだ未来はいっぱいあります。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
ありがとうございます。

今井通子:
はあい
じゃ、そういうことで。

相談者:
はい
ありがとうございました。

今井通子:
はい、失礼しまあす

相談者:
はい、失礼します




「人の弱点を容赦なく突く妻 VS 離婚回避の材料の提出を求めるモラハラ夫」への15件のフィードバック

  1. 私も離婚をすすめます。
    結婚前に男女ともにブライダルチェックして釣書のように差し出すって言うのが当たり前の時代にになりそうですね。不妊治療は男の方がキツイのかも。協力してくれないとか逃げ出したりってよくある話。

    調停行かなきゃいい〜爆笑のくだり画期的でしたよね?管理人さん!

  2. 自分が男だからなのか、夫の方にそんな非があると思えないのだが…。離婚しない条件の部分は確かに違和感あるが、全般的に妻の方がヒステリックすぎるような気が…

    1. 同感です。
      私は女ですが、相談者みたいなヒステリックな女性と暮らしたい男性なんていないと思います。
      不妊の原因や稼ぎのことに関する暴言や行動、モラハラなのは相談者ですよね。
      不妊治療してるとのことですが、
      相談者が子ども産んだら、
      それこそ虐待すると感じました。

      離婚したほうがいいと思います。
      旦那さんのために。

  3. お互いの恋愛期間が終わっただけの事、書類上は結婚してても人生のパートナーや居て当たり前の空気のような存在にはなれず。
    旦那からすると性的にも魅力を感じず、メシウマでもなく・・・大事なモノまで壊され暴言も飛び出す楽しい我が家w 帰る理由は寝床としてのみか。

  4. 相談者は夫に女性の影が無いと言い切っていますが、ちゃんと調べた方が…。
    ゲームセンターは隠れ蓑かも?
    暴君妻が居る家には帰りたくないんですね。
    どうしても離婚回避したいのであれば、お互いにとことん腹を割って向き合うしか無いのでは?
    相談者と夫が1個づつ不満を解決していき、時として妥協し合い乗り越えていければ…。

  5. ちゃんと調べた方が良いのは当然なんだけど
    ゲーセンで時間潰しとかは男の人なら全然できそうなんであり得なくもない。
    ヒス嫁さんのお家には帰りたくなくなるのも分かる。
    本当に離婚したくないならカウセリング受けるなりなんなりした方が良いと思いますよ。彼も安心するんじゃないですか。

  6. 突然の奇声のような笑い声でびっくりした。こういったハプニングは編集した方が良いのでは?と感じた。何事かと録音を巻き戻し事態を把握出来た。

  7. 弁護士の先生の長い爆笑には驚いた。面白かったな。

    この女性、ダメダメですね。
    私はアラフォー女で、中川先生もおっしゃていましたが、男性は基本プライドが高いのです。ましてや、給料を奥さんと比べられたらもう!誰だってブチ切れるのでは?

    25歳でまだ若いから人生経験浅いのか?それとも親からイロイロ教わらずに頭でっかちな女性になっちゃったのか。
    別れたくないって言っていたけど、それも好きではなく自分の世間体でしょ?
    結局誰と結婚してもダメなんじゃないかな。
    自分の欠点を見つめないと。

    今井先生は相談者のダメなところを決して攻めませんよね。
    ある意味すごいなと思う。
    毎回、『そう来たかー!』って思ってしまう。

    私なら速攻、『あなたそんなんじゃだめー』って言っちゃうな。

  8. なんか可愛い夫婦、相談者さんこんな若いのに不妊治療してて、それわかって欲しくて夫にあたる。そんで夫毎日家出未遂。不妊治療は1回休戦した方がいいと思います。そうすれば夫は帰ってくるし。若いお母さんになりたいのかな?焦ってるようだし。でもこればっかりは夫が協力的じゃないと。。夫年上32歳っていってもまだまだわからないと思う。もしかしたら一生わからん奴かもしれない。わかる人は感謝の気持ちで協力すると思うんだけどな。結局、若い奥さんもらったって言いたいだけのやつかもしらん。いや、大丈夫、若気の至りだよ!ケセラセラ

  9. 男の人は離婚をひたすら待っているだけ。この考えの女の人を満足させる男の人はなかなか見つからないと思いますけど……

  10. 相談者は夫を愛してなどいないのでは?
    ただ依存してるだけでしょ。
    別れるべき。

  11. この相談者にもし子どもが出来たら、2019年1月5日の回のようになりそう。
    そういえば、声が激似。
    性格も似てそう。

  12. 元々の価値観とか性格が合わないんじゃないですかね?だからお互いに傷つけ合う、やまあらしのジレンマみたいな。まだ25歳、やり直しもアリな気もしますが。

コメントはお気軽にどうぞ