顔を蹴られて寝室を分けた新妻。「殺されても一緒に寝たい」と夫に言いなさい


(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは(苦笑)

三石由起子:
はい。あのね?顔を、蹴られるっていう・・話なんだけど、

相談者:
はい

三石由起子:
それ、わたしは完全な事故だと思うよ?

相談者:
あー、そうですか。うん

三石由起子:
うん、これは、も、2度は絶対起こんないと思います。

相談者:
うーん

三石由起子:
うん

相談者:
&#△

三石由起子:
あのね?、遠藤周作さんていう作家がいてさ、

相談者:
はい

三石由起子:
それがね?あの、エッセイに書いてたんだけど、

相談者:
うん

三石由起子:
夜中にね?

相談者:
うん

三石由起子:
なんか、その日い・・こ、自分がした恥ずかしい事とか、急に夢で思い出して、

相談者:
うーん

三石由起子:
「ワアアア!」っていう事が、

相談者:
うん

三石由起子:
よくあると書いてた。

相談者:
うん

三石由起子:
よくあるって。

相談者:
うん

三石由起子:
それとね?、あの、わたし、中学の頃にね?

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、修学旅行で、

相談者:
はい

三石由起子:
大部屋で寝てた時にね?

相談者:
はい

三石由起子:
もんの凄くハッキリと大きな声で寝言を言う人を(苦笑)・・

相談者:
アハ(笑)はい

三石由起子:
も居たしね?

相談者:
はい

三石由起子:
もの凄く寝相の悪い人も居たしね。

相談者:
うーん

三石由起子:
あとね?、目を開けて寝てる人も居たしね。

相談者:
あーはは、はい

三石由起子:
だからこんなの、ただの癖だと思うんだよ。

相談者:
うーん

三石由起子:
でね?・・

相談者:
ふふん

三石由起子:
あんまりあなた、あの、考えない方がいいと思うんだけど、

相談者:
うーん

三石由起子:
これはね?、結婚して半年の頃お・・あんな事でラジオに電話掛けたなあっていう(苦笑)笑い話い・・

相談者:
あああ(苦笑)

三石由起子:
になるに違いないと思いますよ。

相談者:
あーそうですか。

三石由起子:
うん

相談者:
うん

三石由起子:
ホントにそう思う。

相談者:
うん

三石由起子:
それとね?その・・ご主人がさ・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの「病院行ってみようかな?」っておっしゃったのはね?

相談者:
うん

三石由起子:
多分あなたが気にしてるから、あなたのためよ?

相談者:
あ、そうですよね。わたしが・・

三石由起子:
うん、そうだと思います。多分ね・・

相談者:
うん

三石由起子:
自分はあ・・

相談者:
うん

三石由起子:
どこも悪いと思ってないと思うの。

相談者:
うーん

三石由起子:
思ってないし、

相談者:
うん

三石由起子:
悪意もないって事は本人分かってるから、

相談者:
うん

三石由起子:
あなたを安心させるために・・「行くよ」って言ってくれてるだけでね?

相談者:
はい

三石由起子:
うん。だからあなたがあんまり神経質にならない方がいいと思う。

相談者:
うん、分かり・・

三石由起子:
それともう一つはね?

相談者:
はい

三石由起子:
もし、こういう事が続けば、あなたは、

相談者:
はい

三石由起子:
あの、もう「怖い」っておっしゃるけど、

相談者:
はい

三石由起子:
それをあなた考えちゃダメよ。
これはあの、一緒に寝てたから、

相談者:
はい

三石由起子:
危険だからと、判断すれば・・

相談者:
はい

三石由起子:
あの、ご主人が自分で言うんですよ。

相談者:
うん

三石由起子:
「ちょっと今日はなんか、ストレス溜まってるから」・・

相談者:
うーん

三石由起子:
「またなんか、大声出したり」・・

相談者:
うん

三石由起子:
「足が飛んでくかもしれないから、今日は」ね?

相談者:
うん

三石由起子:
「別の部屋で寝る」と。

相談者:
あ、今そういう・・状態です。

三石由起子:
いやいやいや、じゃ、それはあなたが言った事・・じゃないの?

相談者:
・・あ、あの「別々に寝たい」っていう事?

三石由起子:
うーん

相談者:
あ、そうです。最初、&#、その日に・・

三石由起子:
だからそれ・・ああー、もう間に合わなかったんだ、じゃ。アハハ(苦笑)

相談者:
アハハ(苦笑)

三石由起子:
だからね?

相談者:
はい

三石由起子:
それはあなたが言っちゃいけない事だと思うんだ。わたしは。

相談者:
あ、そうなんですね、うん

三石由起子:
これがほら、例えば妊娠しててねえ?

相談者:
うーん

三石由起子:
これはあの、ボンと当たったら危ないくらいの時期だったら・・

相談者:
うん

三石由起子:
それはあなた言ってもいいかもしれないけど。

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
で、あなた言い直したら?
「別にもう殺されてもいいから一緒に寝る」って。

相談者:
もうホホ(苦笑)、そうです・・◆#$%

三石由起子:
いやいや、そのくらいの事あなた言った方がいいと思うの。

相談者:
ああー

三石由起子:
そうしないとね?

相談者:
ふうん

三石由起子:
あの、あなたがあ・・

相談者:
うーん

三石由起子:
あの、夫に対して、

相談者:
うん

三石由起子:
何か不信感を持ってるんじゃないか?っていう事、夫に思わせちゃう。

相談者:
あ、多分、今は、そう&#△%

三石由起子:
うーん、だからそれは可哀想よ。

相談者:
うーん

三石由起子:
あとね、こう、寝言とかあ・・足のブラブラとか・・

相談者:
うん

三石由起子:
こんな、ずうっとやりますよ、ずうっと。

相談者:
ハハハ(苦笑)

三石由起子:
うん

相談者:
そうなんですね、はい

三石由起子:
それとね?
「意識無く」う、「なんかしてるのが」あ、「怖い」っておっしゃったけど、

相談者:
はい

三石由起子:
は、人間って大抵意識ない・・行動してるらしいよ?

相談者:
ああー&#△

三石由起子:
意識して、なんかしてる方が少ないらしいですよ。

相談者:
ああー

三石由起子:
うん、それがあの、寝てる時い、だったら・・

相談者:
うん

三石由起子:
尚更じゃなですか。

相談者:
うーん

三石由起子:
だから、こういう思いやりというか・・

相談者:
はい

三石由起子:
別う、に、寝るみたいな事はね?

相談者:
はい

三石由起子:
夫側から遠慮させないとダメなんだよ。

相談者:
うーん

三石由起子:
うーん

相談者:
うん

三石由起子:
だからそれはね?あなたね?、折角まだ半年でさ、

相談者:
はい

三石由起子:
まだ、新婚とお・・いう時期なんだから。

相談者:
アハ(苦笑)はい

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
ちょっとお・・「反省した」って、言ってやって。

相談者:
分かりました。

三石由起子:
アハハハ(笑)

相談者:
ハハハ(笑)

三石由起子:
「わたしはもう」あの「怪我してもいい」と。

相談者:
うん

三石由起子:
うん、あの、「やっぱり一緒に寝ましょう」って、

相談者:
うーん

三石由起子:
あなたが言ってやらないと、

相談者:
うん

三石由起子:
これは可哀想よ、優しい旦那だと思うよ、「病院行く」って、言うのなんかね・・

相談者:
アハハ(苦笑)・・そう・・

三石由起子:
いや、ホントに気にしてるんだと思う。

相談者:
うーん

三石由起子:
それってね?

相談者:
うん

三石由起子:
自分が知らないところで、

相談者:
うん

三石由起子:
人格を否定されたみたいな話じゃないですか。

相談者:
うーん

三石由起子:
うん・・

相談者:
&#△%

三石由起子:
ひょっとしてこの自分の人格疑ってんのかな?っていうような、話じゃない?

相談者:
ん、うん、うん

三石由起子:
で、可哀想。

相談者:
うん

三石由起子:
ホント可哀想。だって責任ない事だと思うんだ。

相談者:
うーん

三石由起子:
うん。だからね?、良識ある人だと思うし・・

相談者:
うーん

三石由起子:
遠慮するんだったら、必ず向こうから遠慮すると思うから。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが言っちゃダメですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
もう、ちょっと、帰って来たら謝ってさ、

相談者:
アハハ(苦笑)、分かりました。

三石由起子:
もう、うーん

相談者:
はい

三石由起子:
やり直さんとダメだよ、ここで。

相談者:
分かりま◆#$%□&

三石由起子:
ここでそんな癖をつけたらあ・・

相談者:
うんうん

三石由起子:
ほんとなんか、わだかまりがどっかに残ると思うよ?

相談者:
ああ

三石由起子:
根本ん、のところで・・

相談者:
はい

三石由起子:
信用されてなかったなあ、っていう思いって・・

相談者:
ああ・・うん

三石由起子:
だって30の男ってさ・・言っちゃなんだけどまだ子どもだから。

相談者:
(苦笑)そうです・・

三石由起子:
そうで、そうでしょう?

相談者:
ンフフ(苦笑)はい

三石由起子:
そうでしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
そお、れはね?なんかねえ・・可哀想よ?

相談者:
アハハハ(苦笑)

三石由起子:
ね?

相談者:
はあい

三石由起子:
うーん

相談者:
「一緒に寝たい」と。

三石由起子:
そう、そのくらいの事・・

相談者:
はい

三石由起子:
言わないとお・・

相談者:
うーん

三石由起子:
30の男は幼稚ですから分かりません。

相談者:
はい

三石由起子:
なんか、こ、否定されたなあっていう気持ちだけをさ・・

相談者:
うーん、うん

三石由起子:
引きずったら・・

相談者:
うーん

三石由起子:
可哀想だと思うんだよね?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うーん、もうちょっと大事にしてやって。

相談者:
はい(笑)

三石由起子:
はい

相談者:
分かりました、はい

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、その大事にする、ついでにですね?

相談者:
はいウフ(苦笑)

ドリアン助川:
やっぱりその、叫んで、そこまで怖い夢見てるというのは・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
どっかなんか、あの、圧迫されてる部分があると思うんですね。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
それがもし家庭の中に無いのであれば・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
会社とか・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
他の人間関係で。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、それを・・聞いてあげるっていうのもやっぱり・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
その・・ね?、仲直りの一つの方法かなという気がするし、

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
で、聞いてもらうだけで・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
も、30歳の旦那さん、気持ちが楽になる・・

相談者:
うんうん

ドリアン助川:
部分があると思うんですよ。

相談者:
うん

ドリアン助川:
うん、その・・むしろ夢の・・理由について・・

相談者:
うーん

ドリアン助川:
何か・・あの、起きてると思いますので。

相談者:
はい

ドリアン助川:
それ、聞いてあげて下さい。

相談者:
あ、分かりました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
よ、よろしいですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、では、失礼しまあす。

相談者:
はい、ありがとうございます。

三石由起子:
頑張ってねえ。

相談者:
ありがとうございまあす。




「顔を蹴られて寝室を分けた新妻。「殺されても一緒に寝たい」と夫に言いなさい」への6件のフィードバック

  1. なんだか、相談者
    大袈裟すぎ。
    寝ぼけただけじゃん。 

    子どもができて、一緒に寝てたら、
    それこそ、
    かかとおとしや、ラリアットなんて、日常茶飯事だよ。
     旦那さん、病院予約とか…可哀想。
    この相談者大丈夫? なんだか神経質すぎ。子どもできたら、もっといろんなこと起きるし、大変だよ。

  2. まさに2、3日前、横で寝てるこどものかかとが、私の片方の目にガンと落ちてきて、失明するかと思ったくらい痛かった(笑)

    新婚の頃、泥酔した夫が、部屋の隅に吐こうとするから、トイレに連れていこうとしたら、ものすごい力で振り払われて、ラグと毛布の上に吐かれたこともあったな。後始末が大変だった。私も若かったから、泣きながら、掃除した。翌朝、本人に言うと、全然覚えてなくて、半信半疑の顔してた。

    男というのは、女と比べて、精神的成長が遅いのに、社会で一人前であることを厳しく求められて、大変だなと、今なら思う。が、若い頃は、わからなかったな~。
    もう飲みすぎないでね!とクギはさしたけど。

    私のためにがんばってくれてるんだな~、とか思ってみることにしたら、どうでしょう?

  3. 35歳にもなって、何と優しくない女性でしょう。自分のことよりご主人の心配するのが普通でしょう。
    ヘラヘラ笑ってるのも鼻につきましたが。

  4. 最後まで悩んでいる理由がわからなかった。
    もしかしたら重要なポイントをかくしているのかな?

  5. 離婚すれば!
    五歳年下のご主人も年上の女性の冷たさに、気づいてなんだかギクシャクしそうなところまで来てそう。
    婚前交渉はなかったの?なんか変❗

  6. この相談者 子供が出来たら
    いちいち大騒ぎして子供を病院送りにしそうなタイプだよ。

コメントはお気軽にどうぞ