嫌われて当然の父親の行動。家を出た娘がそれでもこだわる親孝行もしない自分

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

マドモアゼル愛:
はい
ま、お話い、だけだとね?ちょっとまだ分かんないだけど・・ただ1つだけ分かったことは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんのことを毛嫌いし続けていたのは、あなたの方だったってことだよね?・・ずっと。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うーん
一方で「仲良くしたい」とか、訳分かんないこと言い出しちゃうから・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
そのお、ことに・・終止符が打たれないっていうのはあると思うんです。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
うん、だからお父さんのことが、嫌いで、家を離れて、それだけだったら、もうこいで・・
「あー、良かったね」って話なんだよね、本当だったら。

相談者:
うーん・・&#△%

マドモアゼル愛:
でもそいでも、終わらないわけでしょ?なんか気持ちが。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
どうですか?一人暮らし、楽しい?

相談者:
正直、気は楽、ですけど、

マドモアゼル愛:
ね?うーん

相談者:
ま、逃げて来た自分ん・・がちょっと嫌・・なのもあるしい・・

マドモアゼル愛:
ん?、逃げ、逃げて来たっていうどういうこと?
だって嫌なところから逃げんのは当たり前じゃない?

相談者:
・・まあ、&#ですけど。

マドモアゼル愛:
何も悪くないじゃない?それ。

相談者:
ま、ホントは・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、親孝行してえ・・&#△

マドモアゼル愛:
だって、毛嫌いしてんだよ?あなたがお父さんのことを。

相談者:
(ため息)あ、ま、そうですね。

マドモアゼル愛:
そいで・・「親孝行」って、何したいわけ?だって。
そこがよく分かんないのよね。だから、なんか。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
「お姉さんは」・・「しっかりしていたので」ってのは、さっきすごく言われた時、気になったのね、僕ね。

相談者:
ま、姉ってのは昔からちゃんと自分の意見を持って、ハッキリ言うタイプだったので、

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
父親も、ま、あんまり言い過ぎると、正論で返って来てしまうっていうのもあってえ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あまりいい加減なことを、言えなかったんで・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
姉に対しては、こう・・言うことはなかったんですけど、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしってのが、すぐ感情的になったりして、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、姉と違って・・ふわっとしてるう、んで・・あまり言っても、そこまで・・言い返せない、のがあって、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、わたしにはちょっと言って来ることもあったんですけど。

マドモアゼル愛:
あなたの悩みの根底にあるのが、一人暮らしになったのはいいけれども・・1人でやっぱり社会で、生きて行く自信がないんじゃないの?
仕事もやってるからそんなことない?

相談者:
・・それは、ないと思うんですけど。

マドモアゼル愛:
人間関係っていう意味では?

相談者:
・・あ・・それは、ま、大丈夫う・・

マドモアゼル愛:
親友はいる?じゃあ。

相談者:
あ、友だちはいないですね。

マドモアゼル愛:
・・友だちいないのになんで平気なの?

相談者:
ま、仕事お・・が楽しいからですかね?

マドモアゼル愛:
仕事の楽しさを共有する、仕事仲間とか、それはいるわけね?じゃ。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
普通22歳で、

相談者:
はいはい

マドモアゼル愛:
一人暮らしをして、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
友だちがいなくて、

相談者:
はいはい

マドモアゼル愛:
かといって、社会に、今仕事があるから・・大丈夫だって・・筋は、ま、一見通ってるけれども、
あなたがこだわってるのはお父さんとの人間関係に関してのことなんだよ?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
ここが終わってなくて・・そいで今、自分も・・友だちがいないわけよ?だって。
「友だちがいなくても生きて行ける」っていう強がり、おっしゃるような、ま、状態じゃない?

相談者:
・・ま、そ、あー、うーん

マドモアゼル愛:
ち、父との関係だって、も、ますます関係ないけれども、こだわって、いるわけだよ、やっぱり。
そいで・・

相談者:
うんうんうん

マドモアゼル愛:
自分が友だちが出来ないのも・・異性とも・・深い関係になれないのも、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お父さんとの、この・・ギクシャクした、思いが・・

相談者:
・・ふん

マドモアゼル愛:
根底にあるからだ、ってどっかで感じてるわけでしょ?だから。

相談者:
あ、そうですね。

マドモアゼル愛:
お姉さんとお父さんてのは、もっと自然だったの?じゃ。

相談者:
いや、そういうわけでもなくう

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、姉もお・・父い、から母に対する態度とか見てるんで。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
良くは思ってないですよね。

マドモアゼル愛:
普通の意味では、暴力振るったわけでもないし・・ま、ちょっと変な趣味はあるって、思うけれども、
ま、お母さんとお、お父さんとの、関係は・・絆は浅いけれども・・仲は悪くはないってことなの?

相談者:
些細なことで喧嘩はよくしてます、けどね。

マドモアゼル愛:
それによってあなた達、きょうだいが、非常に深く傷ついたとかっていうことはないわけだよね?

相談者:
あ、も、そういう母を見てえ・・ていうのはありますけど、自分自身が傷つくっていうことはないですね。

マドモアゼル愛:
あと、そうなると・・あなた、お父さんと似てるんじゃないの?

相談者:
・・そうですねえ(含み笑い)。

マドモアゼル愛:
そいでその、似てるところが・・自分にとって、決定的な劣等感になってるんだと思うよ?
そいで、普通22歳で「友だちがいなくて大丈夫だ」なんていうのは・・あんまり有り得ない言葉だと思うの。
だって一番・・生き方とかあ、考え方とか、結婚のこととか、恋人のこととか、話し合いたい友だちがいるのが一番・・その年齢的、なわけじゃない?

相談者:
あ、そうなんですね。

マドモアゼル愛:
ま、一般的にはね?

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
そうじゃなくてもいいんだけれども。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
でも・・あなたには、友人がいないんだから・・友人いなくてもいいんだけれども、別に。
少なくても心が・・開いてる人が・・家庭でもいなかったし、外にもいないってことだよね?今。

相談者:
・・そうですね。

マドモアゼル愛:
うん
じゃ、どうやって生きてこうか?・・それはそれでいい、いいと思うんだけども。
つまらないよね?だって。
お父さんも・・実は・・

相談者:
ふん、ふん

マドモアゼル愛:
・・どこにも、ホントは心、繋がってるところ無かったんだよね?きっと。

相談者:
ああ・・そうですね。

マドモアゼル愛:
だから人が・・自分の心を・・と、出して、さらけ・・て、誰かとつながるっていう感覚が・・あなたの中にもないんだと思うのね、きっと。

相談者:
うん、うん、うん、うん

マドモアゼル愛:
うん、そいで・・

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
仕事が面白いからっていうのは、お父さんが職人としてやっているのと同じ世界だよね?

相談者:
・・はい、はい

マドモアゼル愛:
結構世界観が似てるよね?だからね?

相談者:
あー、そうですね。

マドモアゼル愛:
だからこのままもし・・結婚しても、きっと、お父さんとお母さんのような・・結婚の感じになって行っちゃう、可能性もあるよね。

相談者:
あーあ、そうですね。

マドモアゼル愛:
そういう人生が嫌なんだと思うよ、あなた。
だからよく思い切って、一人暮らししたと思うのよ、僕。
お父さんと違った、視点で・・お母さんともまた違った、我慢するだけじゃない視点で・・やっぱり自分の人生、作って行くしかないと思う、僕。

相談者:
ふうん、◆#$◆#

マドモアゼル愛:
その時・・そこに目を向けないで済むのは、家のことを悪く言っている間は・・

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
自分の生き方の方に目が向かないのよ。
な、家を出たってことは・・もうとりあえず、問題解決も出来ないし・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
一応捨てるんだ、っていうことで僕・・位置付けていいんじゃないかなと思うんですよ。

相談者:
あーなるほど、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん
そいでもう仲良くしたいとか思わない。仲良く、本当にしたくなった時はした方がいいけれども・・

相談者:
ふん

マドモアゼル愛:
今、理想で仲良くしたいなんて言ったって、意味がないんだから。

相談者:
ふん、うん、うん

マドモアゼル愛:
だから・・理想のところの話と、本音のところの話・・ていう、境目がいつもなくなっちゃって、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
都合よく、理想を使う時は理想を使う・・

相談者:
うん、うん、うん

マドモアゼル愛:
本音っていうのを上手く誤魔化すっていう、性格が・・あるような気がすんの。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
もうちょっと自分の本音を見つめてあげないと、自分が可哀想だと思うよ、やっぱり。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
そういう意味じゃ、家を飛び出したっていう行動は・・僕は見事だったと思う。
こっから始まると思う。
自分を出せないから、家の中で変なこともやっちゃってんだよね?きっとお父さんて。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
結構ずっと1人い、な・・人だったので。

マドモアゼル愛:
うん、だからだと思うよ、孤独がそういう・・

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
変質的な行為にまで走らせたんだと思うよ?

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
それだけ・・関心持ってもらいたかったんじゃないの?

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
あなたも本当は、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
本当は・・色んな人から・・もしくは・・誰かから、関心を・・向けてもらいたいんじゃなの?本当は。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
一番の願いは。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
それには自分を出すしかないよ?、正直な。

相談者:
はいはい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
分かりました。

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
子どもである以上は、親を愛さなきゃいけないとかね?
すべての子は、親孝行じゃなきゃいけないとか・・こう、社会って、「常識はこうでしょ」みたいのが・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
多すぎるんですよ。

相談者:
ふん

ドリアン助川:
と、そっから・・外れちゃった自分はおかしいんじゃないか?・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
ということに悩む人いっぱいいるんです。だからあなたも、ま、色んな、お父さん、ん、のことを反感持ってるけど、「でもわたし子どもなんだからいつか親孝行しなきゃいけない」とか・・そういった考えが、あるんだよね?たぶん。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
で、そこと、自分との乖離(かいり)ってのがあるわけですよね?
でもさ・・100人いたら100人の考え方、感じ方があるわけで。

相談者:
うん

ドリアン助川:
まさに・・一人暮らしを始めて・・自分がこれからどういうふに、生きて行くのか・・もうある意味・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
好きなように生きてってやるっていう・・ことで、自分自身の、考えを・・培って行ったらどうですか?っていう風におっしゃってくださったと思うんだけど。

相談者:
あ、そうですね。

ドリアン助川:
うん、それ、物凄く大事なことだと思います。

相談者:
そう、スッキリ、しました。

ドリアン助川:
あ、良かったです。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
はいはい、どうも。
はい、失礼しまあす。

相談者:
はい・・失礼します。




「嫌われて当然の父親の行動。家を出た娘がそれでもこだわる親孝行もしない自分」への1件のフィードバック

  1. 確信ないけど、この相談者いつか東大落ちたってぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ言ってた人じゃない?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。