認知の姉が粗相をしたからと施設に預け甥の為の預貯金を湯水の如く使った内縁男


テレフォン人生相談 2019年10月30日 水曜日

パーソナリティ:  ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女68歳 姉75歳 姉の前夫の息子48歳 内縁の夫68歳

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お、よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい、実は、わたしの、姉、のことなんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
姉が痴呆症になりまして、

ドリアン助川:
はあ、はあ

相談者:
ま、大体・・そうですね・・5年ぐらい・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんですね。
今の状態は・・わたしい、なんか行きますと、わたしとか主人とか、人が行くと、顔が、家族の顔が分かるてい・・分かることは分かるんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あと、話を、しよ、しても・・全然、も、話が通じないけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
家族の、昔の、母とか、姉の名前は出て来ます。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんな程度がうちの姉の状態なんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実は・・義理の兄が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
え、痴呆症に、えー、姉がなりはじめて。え、一緒に暮らしてるのは30年ぐらいなんですが・・

ドリアン助川:
あの・・義理の、

相談者:
姉が・・

ドリアン助川:
失礼します・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
義理の、お兄さんというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
このお姉さんの、旦那さん?

相談者:
旦那です。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
はい。で、30年ぐらい一緒に暮らしてるんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
籍は、なんか入れなかったんですね。

ドリアン助川:
ほうほう

相談者:
あと、そのあと、姉が段々ひどくなりまして、
で、そん時は、姉も、そこに同居してたんですけども、なんかちょっとトイレで粗相したっていうことで、その粗相は
「俺は、絶対、やってあげれない」と。

ドリアン助川:
ふん

相談者:
だから自分は、あのお、その姉を、施設に、入れたんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんで、その、ごめんなさい、前後になっちゃって。

ドリアン助川:
いえ

相談者:
施設に入れる前に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、姉の、預金・・を、姉が、署名出来る、うちにつって、全部、下ろし、て来たんですね。
で、家に、ま、2千・・300万ぐらいの現金はあって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんで、今度「下ろして来た」つって、まず金庫にその1千700万ぐらい入ってたらしいんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それは息子が、も、言ってましたし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたら・・あれよあれよという間に、その、お、金庫に、1千700万は無くなりますし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その家にあった2千、2、300万、を・・が入れたのか?、預金下ろしてしたのを入れたのか?はそれはわたしは定かではないんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
まあ、ザッと考えても、わたしは5千万ぐらいはあるんじゃないかと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
思うんですね。
その、お金を・・湯水のごとく使って・・あ、あの、新しい車、買い換える、
家の中は全部替え、や、やって、い、み、湯水のごとく使って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
い、あの、いても、ま、わたしも、言う、言う権利もない、し、義理、あの、権利がないと思うから黙ってたんですが。
今度、息子が、要するに息子の定期預金が金庫の中に、5、500万ぐらいあったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
「500万のうちのその200万っていうお金を・・崩して」で、「自分の名前に、したい」と。
「自分の口座はいじれないから、その200万を貸してくれ」と。
今度、そうやって息子に・・言い始めたんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
が、世間知らず・・

ドリアン助川:
あのちょっと・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
すいません。じゃ、あの、ここで一回確認させてくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、まずあなた様おいくつですか?

相談者:
えーと、わたしは、えーと68です。

ドリアン助川:
68歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、お姉さまは?

相談者:
はい、75

ドリアン助川:
75歳、じゃ70歳ぐらいから痴呆が始まったということですか?

相談者:
&#で、そうですね・・

ドリアン助川:
ええ・・

相談者:
軽う、ええ、最初は軽かった・・

ドリアン助川:
で、その、問題の・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは?、義理のお兄さんはい、いくつですか?

相談者:
えー68歳です。

ドリアン助川:
68?

相談者:
はい

ドリアン助川:
は、は
そして息子さんは?

相談者:
48です。

ドリアン助川:
48歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
この息子さんというのは前の、ご結婚の・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
時に、産まれた・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
かたですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして今どういう状況でしょうか?

相談者:
はい、それでもう一つ、今の住んでる家が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
息子と・・その、義理の兄と・・半々で、名義で買ってるんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、わたし・・ただ、今回、息子も・・「一回整理をしたい」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、二人、話し合って・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「整理をしたい」と。でもその話し合いの中には・・やっぱり、わたし入らないといけないし・・二人で話し合い出来ない・・ですね。息子も、口もあれですし・・

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
で、わたしは何かあるごとに、こ・・いつも、わたしが、そこの・・何かが、ある毎に・・いつも、その加わってたもんですから、
まあ、一回話し合う、時には、わたしも一緒にいて・・ただわたしは今回、その、お聞きしたいのは、姉が、痴呆症にな、って・・そうやって、ま、姉の、サインはありますけど、そうやって、下ろさした、お金っていうのが、いくらだか分かりませんけれども、ま、少なくっても息子と、その人も、ま・・一緒に、は、いてたんで、半々ぐらいに、なるようにはならないのでしょうか?っていうことと、お金を全部使ってるかどうか、でもあんだけのお金を、そんなに、2年か・・うー、3年の間に、使え・・もしかしたらどっかにあるのかもしれないし、そういう法律的にはどうなんでしょうか?
それでその、それをわたしが、頭に入って・・本人と息子と・・3人で、相談を、したいと、話(はなし)したいと。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういうのがわたしの今日のご相談していただきたいことなんです。

ドリアン助川:
分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは今日の回答者、紹介いたします。
弁護士の大迫恵美子先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「認知の姉が粗相をしたからと施設に預け甥の為の預貯金を湯水の如く使った内縁男」への4件のフィードバック

  1. 相談者は回答者の弁護士に 貴方は何も貰えない という内容を聞かされたあとの、相談者の投げやりな物言いで、彼女の心の内がはっきりと分かりました。
    おこぼれを期待していたのでしょう。
    結局、姉妹とは言え他人の家庭に首を突っ込むな という事。
    認知症の方の財産管理は成年後見人にしてもらうのが流れですね。

  2. 感情が先走ってエキサイト気味の相談者を鎮める大迫先生。
    相談者もハタと気づいて切り替えが出来た模様。
    分けて考えるって大事。勉強になります。

  3. どちらかが財力あっての内縁関係って難しいんだね。これからこういう内縁関係がどんどん増えていきそうだから。最近は事実婚というフランス風のシャレた言い方や、はたまたパートナーとか言ってなんか綺麗なイメージがする言い方に移って来てしまったけど、TVドラマの影響だね!日本は内縁関係って言い方で十分だと思う。イメージがちょっと悪い内縁関係という言い方だったら、こうした関係は良くないって自然と当事者は思うのではないかなあ!私はご相談者さんが本当に甥ごさんの事をご心配されていらっしゃっているのに、大迫先生の冷たい言い方にいつものように厳しいって思っちゃったけれど、だって酷い内縁夫じゃないの?要するに相談者さんも裕福なお姉さんの財産が少し欲しいって事だったのか?妹さんだものこの内縁関係の夫よりは普通の思いだと思うけど。甥ごさん、おばさまもご心配されていらっしゃるけど、この年下の金目当てだった内縁関係の男からお母様の大事な財産を守ってください!って言いたいです。

コメントはお気軽にどうぞ