YouTube毒親講座も効かない無敵の母。娘が望みを託したテレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年11月6日 水曜日

娘とその彼と仲良くしたいのに拒絶されて一月経過。
どうしたら?

不死身の母娘の物語。
母は精神的、娘は身体的。

話の大筋には関係のない無意味な正直さ、
ピントの外れたリアクション・・
アスペのタグを貼りました。

パーソナリティ:  ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女70歳バツ2 夫は5年前に他界 一人暮らし 一人娘46歳同棲中

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いしまあす。

相談者:
よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
えーっと、わたしが今70歳なんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
娘との確執について悩んどります。

ドリアン助川:
はい、お嬢さんおいくつですか?

相談者:
現在46歳です。

ドリアン助川:
46歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お子さんは他にいらっしゃいますか?

相談者:
いえ、一人です。

ドリアン助川:
一人娘さん?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。お嬢さんは結婚されてるんでしょうか?

相談者:
結婚はしていません。

ドリアン助川:
独身なんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、以前は結婚されてたとかそんなことありますか?

(鳩時計の音)

相談者:
あのお、今、一緒に暮らしてる方がいます。

ドリアン助川:
あ、一緒に暮らしてる人がいる?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、同棲っていうんですか?

ドリアン助川:
はあ

相談者:
しております。

ドリアン助川:
なるほど、はい、えー、男性と?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
はい
さあ、何を巡って、いつ頃からどんな確執が、起きてるんでしょうか?

相談者:
えーっと、娘があ、え44年前・・の時に、わたしが再婚しまして、えーと、離婚して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで39年前に再婚しました。

ドリアン助川:
・・はい、39年前に再婚、はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい・・

相談者:
それで・・

ドリアン助川:
その時お嬢さんは7歳。

相談者:
え、6歳・・です・・

ドリアン助川:
6歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はいはい、はい

相談者:
で、わたしが母親としての愛情が、薄くて・・娘に目が、あまり行き届かずに、仕事とか趣味とかに没頭してしまって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ、娘は寂しい思いを、させてしまったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
割と、あの、娘よりも主人ていうような感じ、になってしまって。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで結果あ、娘は、あのアルコール依存性になってしまって、

ドリアン助川:
おいくつぐらいから?

相談者:
・・えーっと、27歳、かな?

ドリアン助川:
27歳から、はい

相談者:
あ、じゃないです、いる、アルコール依存性はもう、もっと前です。

ドリアン助川:
もっと前?

相談者:
で、ええ、えー、20う・・年、くらい前です。

ドリアン助川:
20年ぐらい前に、

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
何が起きました?

相談者:
ビルの7階から飛び降りてしまったんですね。

ドリアン助川:
あらあああ

相談者:
ま、あ、アルコール依存性もあるでしょうし、やっぱりわたしとの・・確執もあるでしょうし、色んな・・

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
悩みで。

ドリアン助川:
ええ、ええ、ええ、で・・

相談者:
で、あのやっぱり・・

ドリアン助川:
7階下りて助かった?

相談者:
助かりました。

ドリアン助川:
あの、なんか・・

相談者:
でも・・

ドリアン助川:
植え込みか何かの上に落ちたんでしょうか?

相談者:
えーっと、自転車置き場の上に・・落ちて植え込みに落ちたんです。

ドリアン助川:
はあああ・・はい

相談者:
でえ・・

ドリアン助川:
入院しましたね?、これ・・

相談者:
退院してから、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
13年ぐらいは、無事に暮らしてたんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
6年ぐらい、前から、後遺症だと思うんですけれども・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
出てしまって。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
身体が動きにくくなっちゃったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、今はほとんどベッドの中で痛みを堪えてるというような感じなんです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ただトイレには・・行かれます。

ドリアン助川:
これはその、20年前の、飛び降り、自殺未遂、が原因ということなんでしょうか?

相談者:
ハッキリそれは言われないんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん、娘もわたしもそうではないかとは思ってます。

ドリアン助川:
うん

相談者:
で、医者には、お医者様には掛かってます。

ドリアン助川:
掛かってるんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん
そして今・・普通にあなたとは会話をするんですか?

相談者:
今ちょっとボイコットされている状態なんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしがすぐあの、娘との会話で、あの、カーっとなっちゃう質(たち)なんですよね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
で、娘も痛みが増してると、やっぱりあのお・・言ったことを、こ・・難しく取ってしまったりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
やっぱり、わたし自身も、えー・・ちょっと、こ、頭に血が上るような、感じで、あの・・揉めちゃうことがあるんですね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
だからその辺の性格が、直ればいいなと思ってるんですけれども。

ドリアン助川:
ただ、ま、「頭に血が上る」とおっしゃってもですね・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、今、少し聞いただけでも娘さんも壮絶な人生・・を・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
過ごされて来ましてね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
何かあ・・意見を言う、まあ、アルコール依存であれば、まあ「お酒止めて欲しい」とか、あるでしょうけども、

相談者:
ええ、ええ、ええ

ドリアン助川:
意見を言うというような・・つまり・・叱ったりするわけですか?

相談者:
今は、あの・・お酒を飲んでない・・飲んでないっていうか、お薬で、飲めないんだと思うんですよね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう一滴も飲んでないんです。

ドリアン助川:
うん、ふん、ふん、ふん
で、今はつまり、会えない状態なんですか?

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
うん、ん・・

相談者:
娘が・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
この・・人生相談をして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「お母さんがちゃんと、どうしたらいいか?の道が分かるまではわたしは会いません」ていう・・

ドリアン助川:
・・ええ?

相談者:
ことなんですね。この、人生相談をずうっと娘が、あの・・寝てる、ベッドに寝てるもんですから、聴いて、たんですね。

ドリアン助川:
聴いて・・

相談者:
え・・

ドリアン助川:
いらっしゃるの?

相談者:
そう

ドリアン助川:
くださってる?

相談者:
ええ・・そうなんです。それで・・

ドリアン助川:
で・・

相談者:
「お母さん人生相談、テレフォン人生相談、電話掛けてみて」「掛けてみて」って・・言って、今、わたし掛けさせていただいてます。

ドリアン助川:
そんな・・そしたら・・責任重大じゃないですか?

相談者:
アハ(苦笑)・・だ・・

ドリアン助川:
ありゃあ

相談者:
だから、わたしも、ええ・・だから・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
その・・

ドリアン助川:
それで、えー・・

相談者:

ドリアン助川:
じゃ、これを、お嬢さんも、あの、お聴き、なると?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
今、聴いてるかもしれません。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの・・ええ

ドリアン助川:
はいはい、分かりました。
それで、えーとお・・じゃ、どれぐらい前から、ボイコットされてるんでしょう?

相談者:
ひと月ぐらいでしょうかね?

ドリアン助川:
えー、ひと月ほど前からボイコットされてると?

相談者:
そうです、そうです。

ドリアン助川:
はい。そのボイコットの直接の、なんか、理由はなんですか?

相談者:
・・あのお・・

ドリアン助川:
ちょっとそこ、具体的に・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
教えてください。

相談者:
テレビで、インターネットのYouTubeっていうんですか?

ドリアン助川:
はい

相談者:
あれで、「毒親の講座」っていうのがあるんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、それを、娘が一生懸命お母さんが、あの・・あ、気づいてくれるように、わたしに&#△気づいてくれるようにっていうんで、ずうっと見せてくれてたんですよね。

ドリアン助川:
「毒親の講座」を?、はい

相談者:
そう。それで、ま、それが結構当たってたんですよね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
で、当たってたからこそ・・うーん、そこのとこで、「いや、こんなじゃないわよ」とかいう、なんていうんですか?、ジレンマみたいのがわたしに出てしまって。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で・・割と、あー、「そうかなあ」って・・帰って来るともう、おー、横になってもこう、洗脳されるっていうんじゃないんですけど、それがあ、「あの時はこうだったな、ああだったな」っていう風に、考えて。
で、結局その、うーん娘にそれを当たってしまった?

ドリアン助川:
・・うん・・
その「毒親の講座」を見たことが原因なんですね?

相談者:
そうですね・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
それも、い・・一部ありますね。

ドリアン助川:
ま、もちろんそれまで・・

相談者:
見て・・はい

ドリアン助川:
溜まってるものもいっぱいあるんでしょうけども。

相談者:
うーん。でも本質的にはすごく娘が・・好きなので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
娘と会話が・・ちゃんと会話が出来るかなとは思ってるんですけれども、

ドリアン助川:
うん

相談者:
でもやっぱり引っかかるものがあって。

ドリアン助川:
はい・・それでまあ、今、あー、娘さんとの会話が途絶えてしまってるわけですけども・・

相談者:
そうですね。はい

ドリアン助川:
お母さんとしては・・どうしたいんですか?

相談者:
あの娘と、上手く、接していかれたらいいなと、思ってます。

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
で、あのお、あ、娘があ、10数年前から一緒に、暮らしてらっしゃる、あの、男性の方がいるんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
すごくいい方なんです。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
でえ、家賃から身の回りの世話からほとんど彼がサポートしてくださってるんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その彼も・・わたしのことがあんまり好きじゃない?

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
だから、その彼とも、娘とも、仲良くしたい。

ドリアン助川:
うーん・・なんだか、でも・・ねえ?、人間の感情・・ありますからねえ。

相談者:
そうなんですよね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
今まで・・して来てしまったことがいっぱい娘の中に・・あって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
結局それが、トラウマになってしまってる・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
と思うんですね。

ドリアン助川:
うん

相談者:
だから・・簡単に、暖かいから氷が溶けるとか、そういう風にして・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
溶けえ、はしないだろうなと思ってます。

ドリアン助川:
お母さん、あのお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あれですか?再婚された・・方と・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
今一緒に暮らしてるんですか?

相談者:
いえ、亡くなったんです。

ドリアン助川:
あ、亡くなったんですか。

相談者:
はい。4年、11ヶ月、前に亡くなったんです。

ドリアン助川:
あああ、ん、ということは、今お一人ですか?

相談者:
一人です。

ドリアン助川:
あ、一人なんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん。娘さんの、そのいらっしゃる場所っていうのは歩いて行ける距離なんですか?

相談者:
はい、歩いて行かれます。

ドリアン助川:
歩いて行ける距離。

相談者:
あの、娘はマンションに、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
二人で暮らしてます。

ドリアン助川:
はい、はい、歩いて行ける距離だと。

相談者:
で、わたしは・・歩いて行かれる距離です。

ドリアン助川:
はい、で、この、い、同居されてる、ボーイフレンドは・・え昼間は働いて、いらっしゃるんでしょうか?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
ということは、まあ、えー、そのあとは、お嬢さんも部屋で一人っきりだと。

相談者:
・・そうなんです。

ドリアン助川:
はい
だけど、んー、入れてくれないと。

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
うーん
まあね・・時間は・・後ろには進みませんので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
やっぱりこれからどうすべきか?ってこと考えるべきだと思うんですけども。

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
はて、えー、何かアイディアがあればいいんですけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでは今日の回答者の先生紹介いたします。

相談者:
はい、お願いいたします。

ドリアン助川:
三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。よろしくお願いしまあす。

相談者:
よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「YouTube毒親講座も効かない無敵の母。娘が望みを託したテレフォン人生相談」への22件のフィードバック

  1. そうなんですよね…今さら謝られたり、反省されたりしたって、あまりに遅すぎる。
    立場が逆転して、親が強い立場でなくなった途端、こどもと仲良くしようったって、虫が良すぎる。
    親が強い立場で、こどもが弱い立場の時に、親がこどもに愛情をかけてこそ、親のありがたみってものです。
    いっそ、仲良くしようと欲張らない方が、こどもも気が楽です。こどもは、どこかに、親孝行しなきゃ、親と仲良くしなきゃって罪悪感もあるのだから、せめて、そんなこといいのよ~と、一人で生きて、こどもの気持ちを楽にしてあげてください。

  2. ↑子供はどこかで罪悪感…分かります。簡単に切り捨てられない気持ちが、辛いんですよね。

    最後、相談者の「とても為になりました」が、すごーく軽くて、何も伝わってないし、自分が娘へ与えた辛さも全然分かってないんだろうな、と残念な気持ちになりました。
    娘さんはきっと、人生相談の先生方からお母さんを、もっと、こてんぱにダメ出してほしかったんじゃないかな~。そして、どんなに自分がひどいことをしてきたか、気付いてほしかった、できれば心からの反省も欲しかったんじゃないでしょうか。

    はたして、娘さんをスカッとさせてあげられたのかな。「あと10年は寂しくやってなさい」に少しひるんでいるようだったのは良かったけど、まだまだお灸が足りない気もしました。

    でも、毒親って絶対に謝らない、とも個人的には思います。自分が一番正しくて、自分のしたヒドイことは忘れているのが、毒親の特徴な気がするので・・・。

    娘さんがこのお母さんのことを早く諦められて、心穏やかに過ごせるといいなあ、と思いました。

    ドリ助さんの「責任重大じゃないですか!」の軽さも、ちょっとひっかかりました(-_-;)
    初コメ失礼しました~

    1. だんごさんと同じ気持ちです。本物の毒親って、何をしても認めない。娘さん、もうあきらめて。無駄ですよ。お母さんを相手にしないで、自分だけ幸せになってください。だれも、責めません。

  3. 三石先生は70代の相談者に、人生20年以上残っていると言う。
    大迫先生は30代はすでに人格が形成されてしまっていると言う。

    つまり、人間は人格が形成されるとそのまま半世紀以上すごす という事。

    社会のなかでつつがなく過ごせる性分なら幸せだが、そうではないなら生涯地獄となる。
     相談者の娘さんは、幼い時に抱いた母への憎しみのまま、身体的に苦しい人生を送る事で相談者への復讐をしているのかも。

  4. 執着の権化
    久々に鳥肌が立った
    この相談者、恐ろしすぎる
    美輪明宏 、曰く魔界人のようなレベルだと思う
    母親が子に芽生える感情ではない
    人の持てる力でない、物の怪のような恐ろしさを感じる
    声を聞くと背中に冷気が走る
    すごいのがいるもんだ

  5. 毎日元気に飛び跳ねるように生きてきた人なんでしょうね。気持ち悪い。
    年相応に静かにしてて欲しい。

    1. 気持ち悪いとは思わないが冷たく自分勝手な人だと思う。
      ただ世の中には子供をほったらかして恋に趣味に仕事に生きて
      自覚の無い親も多いが、相談者は自覚があるだけマシ。
      娘さんも大変な思いをしたが
      人テレに掛けてって言える最低限の関係はあるはず。
      本当に悲惨な親子関係は会話も無く子は親に何も望まない。

    2. 分かります。子どもより、自分の欲望を優先する女は、私は苦手。気持ち悪いです。

  6. 娘さんがアルコールに依存し自殺まで図った。
    そんな時母親は我を振り返り何が悪かったのかと考える。
    娘さんの未遂との因果関係はなかったとしても仕事かダンスか夫を捨てて(或いは全て)娘さんに寄り添うのが大体のパターンだろうけど、この人は自分の生活を全く変えなかった。それどころか娘さんご推薦のYouTube毒親講座を最近になって見るまで何も気づかなかった模様。
    恐るべき鈍感力!
    その鈍感力があれば一生1人で大丈夫。だからもう娘さんに関わらないであげて。
    娘さんは優しい人とずっとお幸せにと願わずにはいられない。

    三石先生風邪でもひかれたかな?
    声が荒れてたな。

  7. 本来人間なんて自分勝手で暴力的で傲慢ないきものよ。
    きちんと子育てして、平和的で思いやりのある人は当たり前ではなく貴重な
    進化した人だとつくづく思います。

  8. 半分寝たきりの娘さんも、『お母さん解ってよ、変わってよ』と思っていて、自己中心的な母親も、娘さんを変えようとして。相手を変えるなんて無理な話なのに。理不尽な相談者・内容に憤りを感じました。孤独を受け入れて、残りの余生も好き勝手に欲望を満たしながら生きるしかないよ。習慣や癖はなかなか変えられないからね。

  9. ほんと今日の三石さん、声の調子悪かったですね。

    今日、國母容疑者が逮捕された。
    彼の過去の名言
    「反省してまーす」

    それと同じくらい今日の相談者の声は実の娘の状況に反して軽かった。

  10. 今頃、テレ人に電話したよ〜、聴いてた〜?とか言って娘に近づいてるんじゃないか?
    人の気持ちを汲み取る事ができない人って、気味が悪いし恐怖すら感じる。

  11. 娘に毒親講座を進められて、落ち込まないで逆ギレするって、凄いな。

    うちも毒親ですが、
    私は絶縁して冠婚葬祭も行きませんが、弟は感情のぶつかり合いをしながら、自分の家族を連れて親と付き合っているようです。
    毒親の本を読んだり、心理学の本を読んで、自分の育て直しをしたんだ、とか、人は変えられない、とか親子問題は終わったかのように言ってますが、
    現実は同居を迫られたり、感情的な喧嘩をしたり、家族のイベントを仕切られたり。
    歳をとるほどに距離を取ることが難しいようです。

    最近は僕が選んでこの親の元に生まれた訳だし、と言い出して焦りました。

    毒親講座を見たりする真面目さを、毒親じゃないモノに向けられたらいいんですが、優しく真面目な人は絶縁の罪悪感にも耐えられず、自分に負荷をかけながら、一生毒親の餌食なのかと思うと、切ないです。

    毒親講座は毒親本人には響かない、
    という現実を見せてくれた、
    相談回でした。

  12. 娘さんの同居人、そのうち娘さんの通帳とカードを持ち出して失踪すると思います。
    もしかして体が変調したのも、彼から何かされているんじゃ…

  13. ちょっと思ったのですが、同棲してる男性が、お母さんと絶縁するように仕向けてるんじゃないでしょうか。
    毒親だからちょうど良かったのでは?
    自分の思うように操るには親族は邪魔ですから。
    宗教の匂いがします。

    1. 可能性は否定しません。
      でも、宗教の匂いはしません。ちっとも匂いません、少なくともこの相談からは。

  14. 私の母も毒親です。私は、結婚して子供もいます。
    同居だったのですが、毒母は、癌になり、私が面倒みていました。
    あの人は、私が20年かけて頑張ってきたことを、
    わしが死んでからやれ!
    と言い放ちました。それをやめてほしいと言っても、三ヶ月言い続けました。あの人にとって、私の人生はどうでもいいんだなぁ。と気がついてしまいました。
    他にも、
    電話はいつでも出られるようにしとけ!
    とか、失敗した時は、
    一生恨んでやる!など、まぁいろいろ。

    結局、触れない、目を見れない、近付けない、過呼吸までになり、
    周りがあの人を施設に入れることを薦めてくれて、今は施設にいます。二度と会う気がありません。
    三石先生が以前言われていた、
    あなたが守るべきものは、今の家族であって、過去の家族じゃない。
    母親は、ヘラヘラしてなきゃ駄目。
    という言葉を胸に、罪悪感は感じなくていいんだ。と思っています。

    あの人を施設に入れる時に、私の思いは全て話しましたが、全く通じませんでした。わかろうともしない。
    娘さん、諦めましょう。
    そして、相談者さんは、娘に近付いてはいけません。

コメントはお気軽にどうぞ