身体を壊して零細企業が風前の灯火。「実は‥」「実は‥」の後出し相談


テレフォン人生相談 2019年11月20日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女54歳 夫60歳 自営 再婚同士で結婚15年 相談者の連れ子33歳男 夫の連れ子30歳男

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし

ドリアン助川:
はいよろしくお願いします。

相談者:
今日はよろしくお願いします。

ドリアン助川:
どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい
主人が、1年ほど前に体調を崩して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そのことが、原因で・・自営業をしていたんですけれども、

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
注文が減ったり・・それからあの・・能力が、落ちたりしたこともありまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
もう、あの・・近々廃業をしようという風に、

ドリアン助川:
はあ

相談者:
決めたんです。

ドリアン助川:
はい、はい、はい

相談者:
で、わたしも、あの・・主人が倒れた時に・・(荒い息づかい)

ドリアン助川:
はい

相談者:
往診・・というか、あの・・えーと、リハビリに通うことがあったりして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
仕事を辞めてしまって。

ドリアン助川:
はい

相談者:
今現在はちょっと収入もないんですけれども。

ドリアン助川:
はい

相談者:
これ以上自営業で続けるのはちょっと・・無理かな?と思って。

ドリアン助川:
ええー

相談者:
廃業を決めたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ただですね・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの・・借入金がたくさんあるもので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なかなか廃業といってもすぐに・・出来ない・・ていうことになりまして。

ドリアン助川:
ええー

相談者:
1年ほど前に・・倒れたんですけれど・・2ヶ月で退院したんですけれども、もうそれ以降・・注文が減って、従業員も何人か使ってたんですけれども人件費が払えないものですから・・

ドリアン助川:
ええー

相談者:
わたしの貯金も取り崩して・・

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
住居費とか、支払いとか充ててたもんですから・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう・・もうホントにすぐに・・廃業したかったんですけれども。

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
そしたら・・

ドリアン助川:
お困りですね。

相談者:
なぜか・・

ドリアン助川:
ん、はいはい、あの・・すいません。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、あなたさまおいくつですか?

相談者:
あ・・すいません、わたしは・・あの、54です。

ドリアン助川:
54歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは?

相談者:
60です。

ドリアン助川:
60歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、体調崩してっていうのは、えー、何か脳の・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
脳のことで。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうん
退院されたあと・・脳とか身体の、回復というのはどのぐらいなんでしょう?

相談者:
高次脳機能障害っていうんでしょうか・・

ドリアン助川:
はい、はい、はい、はい

相談者:
ええ

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、言葉が、スムーズに出なかったりとか、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
言い間違いもたくさんあったんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ただ・・自営業ですから・・休めなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
とにかく、事務所に、座ったり、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの、現場に出たりしているうちに・・比較的早く・・その方は・・回復はしたんですけれども・・

ドリアン助川:
回復したんですね?、かい・・

相談者:
でも・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
やっぱり・・あのお、多少、こう言い間違いもありますし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん。上手くこう、言葉が出て来ないっていうのも、時々あります。

ドリアン助川:
そうですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
この、自営業というのは、差し支えない程度で結構なんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
何か物を作る仕事ですか?

相談者:
はい、あの・・金属を使って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ええ、あの・・

ドリアン助川:
金属を使って、あ、その品物を作る?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
はい
で・・何人ぐらいの方、雇ってらしたんですか?

相談者:
5人使ってました。

ドリアン助川:
5人?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい
そして・・えー、ま、旦那さんが、体調崩されて、ま、そういう形になって退院しても、ま、障害が残って・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お客さんが減ってしまった?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、人件費払うだけでも、もう・・限界だったと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で・・お子さんはいらっしゃいますか?

相談者:
えっと、息子が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
33と30の息子が二人・・

ドリアン助川:
あーあ、息子さん、お二人。

相談者:
うん

ドリアン助川:
この息子さんお二人は・・別の仕事をしてらっしゃる?

相談者:
30の息子は、サラリーマンで。

ドリアン助川:
はい

相談者:
33の息子は、

ドリアン助川:
はい

相談者:
フリーターのようなことしていたんですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
えーと、主人が・・倒れてから・・帰って主人を手伝ってはくれてます。

ドリアン助川:
ふうん。じゃ、今、側に、息子さんいらっしゃるわけですね?33歳の。

相談者:
住まいは別ですけれども・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
昼、昼は来て、

ドリアン助川:

相談者:
仕事してます。

ドリアン助川:
あ、そうですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
んー、息子さんはなんておっしゃってますか?

相談者:
もちろん、仕事もろくにしてなかったもんですから・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
あの、今は一生懸命やってはいるんですけれども、

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
・・技術もないし、貯金もないので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、もちろん、自分は、あの、助けたいという気持ちはあるけれども・・

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
廃業しないでくれっていうような、その、商売を継ぐからというような技術も何もないので・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
出来ないなっていう感じです。

ドリアン助川:
うーん・・まあ、踏ん張りどころですねえ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん、で、えー、ま、廃業、を、ご家族で、えーお決めになって、

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、雇われていた方も・・ま・・解雇というか・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
「申し訳ないけども」ということで・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、出て行ってもらったんですね?

相談者:
はい・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、えっと(荒い息づかい)、最初にその借入金の方が・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
3500万ほどありまして。

ドリアン助川:
3500万?はい、はい

相談者:
はい
あの・・それをどうするか?という風なことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
色々、色々調べたり・・したんですけれども、もう、その・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
個人再生も出来ないと。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
個人再生をするには、あの、田舎の方のことですので・・えっと家とか、親からもらった土地とか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
つか、工場が建ててる・・「建ってる土地とかは、自分の物なんで個人の資産が多いから」、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「個人再生出来ない」と。

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
で・・個人再生ですとか、えーと、なんだったかな?、あの、破産、せ、整理、整理なんとかとかっていうの、任意整理か。

ドリアン助川:
はい

相談者:
任意整理っていうのとか、色々、色々考えたんですけれども、
・・弁護士さんに、チラっと、相談してみたら・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
「会社も」・・「破産」。
「個人も、破産で」、

ドリアン助川:
うん

相談者:
「した方が、一番いいんじゃないか」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
言われたんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で・・実は、えっとお、主、主人の方が・・生命保険ですとか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
それから・・隠してた通帳が出て来て(こみ上げるように)・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
1500万ほど持ってたんですよ(涙声)。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でも、「1500万があっても」、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「もう」その、「個人再生は、なかなか・・無理だろう」と。

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
言われてしまいまして。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
うん・・やっぱり破産しか道がないのかな?って、わたしは・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
出来れば、家だけは残したいと思って・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん

ドリアン助川:
ふうーん

相談者:
あと・・えっと2千万、円ぐらいを・・

ドリアン助川:
はい・・あ・・

相談者:
もし、例えば・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
親戚とかから?

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・とか、その・・実はわたしも1千万円ぐらい持ってるんですけれども、

ドリアン助川:
ちょっと待ってくださいよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
だんだん・・「実は」「実は」でだんだん・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あれ?

相談者:
実は実はなんですよ。

ドリアン助川:
実は、え、旦那さん1500万持ってたと。

相談者:
持ってたんです。

ドリアン助川:
んで、あなたも1千万持ってると。

相談者:
それってね・・

ドリアン助川:
そしたらあと1千万じゃないですか!

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
でも・・

ドリアン助川:
これ息子さん、隠してないすかね?、持ってないすかね?

相談者:
あ、でも、持ってるんじゃないと思うんです。じ、実はそこのところがまた・・実は実はになるんですが、

ドリアン助川:
あらあら、はい

相談者:
わたしと主人は・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
15年ほど前に再婚したんです。

ドリアン助川:
ああー、なんか実は実はの物語が・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
また新たに、はい

相談者:
すいません、わたしが要領よくあの・・

ドリアン助川:
いえいえ

相談者:
説明出来(息を吸って)・・15年ほど前に再婚しまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
その時、あの、わたし自身の息子が・・現在33の子なんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もうあの高校卒業して・・プラプラし始めた・・フリーターの、息子だったんです。

ドリアン助川:
まあ年齢の若い時というのは大体ブラブラするもんですよ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
で・・主人の・・方の子どもが、今30の息子です。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、この子は、わたしが・・あの・・まだ高校生でしたので、毎日お弁当作って・・学校へ行き・・大学も・・仕送りをするのを、一緒に、頑張って・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
やらしたんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ですので・・下の息子は、ま、一応、なんとかサラリーマンもやってますし、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
彼は、その、会社あ、も、そこそこですから、例えばそれこそ1千万の借入をすると・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
いうことも可能なのではないかと思うのですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実はその、わたしの1千万っていうのが・・その上の・・わたしの息子の進学費用に充てて・・その、再婚するまでに一生懸命貯めてた1千万なもんですから・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
なかなか出しにくい、て、心情的に出しにくいっていうのがすごくありまして。

ドリアン助川:
うーん・・出しにくいけど、でも持ってるんですもんねえ?

相談者:
で・・そうなんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
も、ここ何ヶ月か・・お、お金のことばっかり考えてたんでわたしももう、何が、ベストなのかが分からなくなってしまって・・

ドリアン助川:
はい、はいはいはい。いや、あの間違いなく、今踏ん張りどころだと思いますけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでは今日の、先生に聞いてみましょうね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弁護士の野島梨恵先生です、よろしくお願いします。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「身体を壊して零細企業が風前の灯火。「実は‥」「実は‥」の後出し相談」への4件のフィードバック

  1. 納税を逃れようとして役所の窓口で泣き落とし作戦を展開している ばばあ の様子でありました。
    しかし結局、思うた通りにはなりませなんだとさ。

  2. 相談以前に
    野島さん、口調が苦手。
    弁護士先生だろうけど毎回、相談者に対してタメ口過ぎ。
    昔の坂井先生は凄く優しかったし他の弁護士先生より上から目線で話してる印象。
    野島さん、情が無さそうだしテレ人の弁護士後継者にしてはイケてない。

コメントはお気軽にどうぞ