弁護士が思わず訊き返すアノ回数。息子バラさずとも分かりそうな留守中の不貞


テレフォン人生相談 2019年11月26日 火曜日

長距離トラックドライバーで家を空ける。
帰ってきても妻は避けるように出ていく。
精神的にキツいので離婚したいが、妻は同意するものの、高1の長女が卒業するまでは面倒看てと言う。

相談者の気持ちが固まったきっかけが、社会人になる息子が話した子どもの頃の母の振る舞い。
そして相談者が打ち明ける夫婦生活に弁護士が同情する。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男57歳 妻55歳 結婚27年 長男25歳 長女16歳(高1)

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?

今井通子:
今日はどういった、ご相談ですか?

相談者:
えーと、と妻の、

今井通子:
はい

相談者:
と、男性関係のことで・・

今井通子:
はい

相談者:
&#△相談なんですけども。

今井通子:
はい
あなたはおいくつですか?

相談者:
と、わたし57です。はい

今井通子:
奥さまは?

相談者:
あ50・・5ぐらい、です。

今井通子:
5歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんいらっしゃいます?

相談者:
あはい

今井通子:
上から男女と、年齢教えてください。

相談者:
と、長男、が20う・・5歳

今井通子:
はい

相談者:
でえ、長女が、16歳

今井通子:
はい、まず、ご結婚何年目?

相談者:
20う、7年ぐらいですかね?

今井通子:
はい
今じゃあ、ご一緒にお住まいになってるのは、

相談者:
はい

今井通子:
あの、ご長男も、ご長女もですか?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
まだ結婚されてない?

相談者:
あ、まだです。はい

今井通子:
あ・・あ・・

相談者:
えーと働いて、ます。

今井通子:
あ、働いてらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
あの、ご長男は?

相談者:
はい

今井通子:
はい
まず・・その今日の問題なんですが・・

相談者:
はい

今井通子:
奥さまあ、の、異変に気づいたのはいつ頃?

相談者:
えーとですね、わたし一応トラック乗ってまして、

今井通子:
はい

相談者:
それで週末ぐらいしか家(うち)に帰らないんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ま、今・・

今井通子:
あ、長距離なんですか?これ。

相談者:
長距離ですね、はい

今井通子:
はい

相談者:
それで・・えー、話が分かったのは、あ、4ヶ月前なんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
それがちょっとあの・・長男、と・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、うちのお、嫁と・・

今井通子:
はい

相談者:
言い争いみたいな感じになって、

今井通子:
はい

相談者:
その時に、その長男が・・

s今井通子:
はい

相談者:
あの、小さい時の・・そうですね、まだ小学校ぐらいの時のことを・・

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、えー、話を、全部、話を・・してくれたんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
で、その時、の話い、だと結局・・子どもを置い・・ま、その、今のお、下の娘・・

今井通子:
はい

相談者:
を置いて・・で、その長男に、あ、お守りをさせて、

今井通子:
はい

相談者:
えー、ちょっと、ストレートの・・あの、「男性のとこ」・・

今井通子:
はい

相談者:
「ろへ・・行ってたよ」っちゅうことを・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、一応その、長男から聞いたんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
ええ、そ、それ・・と、並行して・・

今井通子:
はい

相談者:
もう一人の男性が、お、あの昔の同僚がいまして。
・・え、その同僚お・・から、あの、お金をもらって、たりしてたんですよね。

今井通子:
あ・・

相談者:
&#

今井通子:
なるほど、なるほど
お子さんがおっしゃってるのは・・

相談者:
ええ

今井通子:
お子さんが子どもだった頃にお母さんが、

相談者:
ええ

今井通子:
ま、もちろん・・あなたはいらっしゃらないんだろうけど・・

相談者:
はい

今井通子:
その、外へ出てっちゃって、

相談者:
はい

今井通子:
はい
で、男の人と会ってたと。

相談者:
え、男、ま・・本人が言うのは、みんな色んな、飲み友達じゃないけど、

今井通子:
うん

相談者:
そういう「女性とかもいつも一緒にいるんだ」ってんだけど、
ま、息子が言うには・・「いや二人っきりになってたよ」みたいなことを言うんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
で、それで・・で、ま・・その息子が言うには、一応、家に・・その女性が、ま、何人かいる時に集まって・・

今井通子:

相談者:
喋ってる時に・・

今井通子:
うん

相談者:
その「『男性と』・・

今井通子:
うん

相談者:
『肉体関係は、あったんだ』っち話をしてた」ってことなんですよね。

今井通子:
ああー

相談者:
ええ

今井通子:
それはご長男の・・

相談者:
ええ

今井通子:
証言っていうかね?

相談者:
証言で、はい

今井通子:
うん。で、それとは別に・・あなたの同僚と?・・男性?・・

相談者:
はい

今井通子:
からお金をもらってた?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
これも、だから・・そうすると昔の話ですか?、この・・

相談者:
あ、それは、ま、もうつい最近まで、それが分かるぐらいまでずっと。

今井通子:
ていうことは「4ヶ月前」っておっしゃいましたよね?

相談者:
はい、あ、それぐらいまでずうっと。

今井通子:
それは・・

相談者:
もう、何年&#△%・・

今井通子:
その同僚の、

相談者:
はい

今井通子:
男性から・・

相談者:
ええ

今井通子:
ずっとお金をもらっているっていうのは・・

相談者:
はい

今井通子:
今まで続いてるっていうことですね?そうすっと。

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
ちなみにいくらぐらいなんですか?

相談者:
ま、たぶん・・ひと月に1万円、2万円とか、それぐらいは、ま、ありだと思うんですけど。

今井通子:
ふーん・・これはあの・・あなたが困っている?・・

相談者:
はい

今井通子:
ていうかその、お金がない?・・のが前提ですよね?

相談者:
そうですね、ま、そういうことで。

今井通子:
うん

相談者:
&#△

今井通子:
で、実際にあなたが思うには・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、今、家計費その他がひっ迫してんですか?

相談者:
うん、ま、今は、ま、その時は、借金もあって、今は、も、だいぶん減ったんで・・別に、あれなん・・で、渡せば渡しただけ使うような・・

今井通子:
うん

相談者:
ま・・妻なんですよね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
あ、セーブ、こっちでセーブしないと・・

今井通子:
うん

相談者:
渡したらもう、そんだけぼんぼん、ぼんぼん使う、感じなんで・・

今井通子:
うーん
じゃ、あなたが渡してるお金が足りなくなっちゃうと・・その同僚からお金をもらって当たり前みたいな?

相談者:
そうですね、そんな感じで・・

今井通子:
うん、で・・

相談者:
や、やって来たみたいですね。

今井通子:
で・・えー、そうすると・・今日のご相談はなんなんですか?

相談者:
えっとですね、結局、ま、今、その娘がいて、

今井通子:
はい

相談者:
その娘が高校生なんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
嫁が言うには、その「高校出るまで、面倒看てくれ」っていうことなんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
だ、その、「面倒看てくれ」つうのは結局、養育費どうのこうのじゃなくて・・

今井通子:
うん

相談者:
ただ・・「看てくれ」だから、結局う、嫁さんも一緒にいて・・

今井通子:
うん

相談者:
全部を看なきゃいけなく、なっちゃうんですよね、結局それだと。

今井通子:
お嬢さんの・・例えば学校の費用とか・・

相談者:
はい

今井通子:
そういう、経済的なこと?

相談者:
そうですね。はい

今井通子:
はい
それを「高校」お、「出るまでは看てくれ」と・・

相談者:
ええ、ま、それは・・

今井通子:
言ったのは・・

相談者:
もちろん、当たり前と思うんですけど。

今井通子:
当たり前ですよね?(含み笑い)

相談者:
ええ(苦笑)
それ、で結局、家(うち)へ帰って、か、まあ、週末に帰っても・・

今井通子:
うん

相談者:
嫁が・・ま、そういう、態度に、家(うち)へ帰ったらサーっといなくなるような?・・わたしが帰ればどっか出掛けちゃうみたいな・・

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
そういう態度なんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
だから、ま、それじゃ、こっちあのお、気持ち的にやっぱりキツいんで(苦笑)・・そういう態度取られちゃうと。

今井通子:
ええ

相談者:
だから・・出来れば・・離婚、を・・して・・

今井通子:
うーん

相談者:
なんか・・まあ、上手い、あれ、ないんかな?と思うんですけど。上手くやってくような。

今井通子:
あの、奥さまに、「離婚しよう」っていうことはおっしゃったわけね?

相談者:
もう言ってます、はい

今井通子:
はい

相談者:
ま・・「離婚するよ」・・「してもいい」って言うんだけど、結局・・今すぐじゃなくて結局それを、待、「待て」っていうんですよね。

今井通子:
で・・そうなると・・お嬢さんの面倒を看るのはいいけれど・・

相談者:
ええ

今井通子:
奥さまの、な、ね?、あの、今の、よ、状態で・・何もしてくれない、奥さまの面倒まで看るのは嫌だよ、というのがさっきのお話?

相談者:
そうですね、ええ

今井通子:
うん、で、故に?、何がご相談になります?

相談者:
うん・・どういう具合に、今後、や、やって行けばいいか?っちゅうか・・

今井通子:
分かりました、今日はですね、弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「弁護士が思わず訊き返すアノ回数。息子バラさずとも分かりそうな留守中の不貞」への9件のフィードバック

  1. 相談者の結婚生活って何だったのかな?楽しいことってあったのかな?
    こんなぐずぐずした人と話して、家族も楽しくないよな。
    相談者にも原因がある気がする。

  2. ぶっちゃけ、息子さん、娘さん、お二人とも、血の繋がったお子さんなのかしら?
    相談者さんは今のところ、その点に疑問を持たずに、娘さんの養育費を支払うつもりでいらっしゃる様子。さっさと離婚して、気持ち切り替えたほうが、この相談者さんにはいいだろうな、と思いました。

  3. 息子さんも傷ついていると思う。
    私もこういう話し方の方は苦手です。奥さんに原因を求めるばかりではなくご自分のことも振り返ってみたらいかがでしょうか。

  4. ん? 亭主元気で留守がいい のたぐい?

    ①旦那の相手はしないで別のお方と、ましてやお金頂くの?

    ②仕事で運び屋して 帰ったら妻は居ない。
        (俺って家にお金を運ぶだけの運び屋か!?)

    単身赴任や家を留守にする旦那はたくさんいる。
    仕事で帰ってきたら、おかえり♪があれば、仕事がんばろ。
    ってなるかもしれないのに 亭主留守でお金ほしい・・・

    借金もあり大変だと思うが、奥さんの売春は、やめさせて
    「運転気をつけていってらっしゃい。」と奥さんのかわりに。

  5. これって普通なら托卵疑いますよね。
    だから、娘を18歳まで面倒見てって念押しするんでしょ、奥さん。

    1. ↑の方々も ? 
      ↓の方々も ? 内容に ? ありすぎて?
                
       匿名さん 助かって?よかったよかった。
       

  6. 何ですかこの回答、聞いてもない慰謝料の事話に上げて。最後には弁護士に相談しろ?

    あんた何ですか?

    娘の卒業まで我慢出来そうにないんだけど。って相談じゃないの?

コメントはお気軽にどうぞ