夫婦ケンカの原因を妻の不幸な生い立ちに求めながら男がのたまう理想の夫婦像


田中ウルヴェ京:
よろしくお願いします。

相談者:
お願いします。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
えっと、お話伺いました。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ちょっと、全く違う質問させてください。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あなたは・・お嬢さんが出来て・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
嬉しかったですか?

相談者:
もちろんです。嬉しかったです。

田中ウルヴェ京:
ね。えっと、なぜ嬉しかったですか?

相談者:
うん・・ええ、ええ

田中ウルヴェ京:
変な言い方ですけど。フフ(笑)

相談者:
はい・・なぜ?もう理由なく、です。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
あうーん・・ん、そうですねえ、なんか、うーん、わたしの親にもお・・感謝だなあ、と思いましたしい・・

田中ウルヴェ京:
うーん

相談者:
うーんーん

田中ウルヴェ京:
そうね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
見えない、今まで見えなかった・・な、感謝なんていう言葉は実は、すうごーく上滑りにもなるかもしれないのに(含み笑い)・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
すんごくその意味が分かったみたいな。

相談者:
そうですね、そうですね。

田中ウルヴェ京:
ね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
うん
そしたら、じゃ次の質問は・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
子どもって、ま、我々大人側にいろいろ教えてくれるわけですよね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そういうお嬢さんに・・ちょっと奥さまのことは置いといて。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
父親というあなたは、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
何を伝えたいですか?
えっと、人生で何が大切だとお嬢さんに伝えたいですか?

相談者:
うーん・・・・うん

田中ウルヴェ京:
これをね?、ん

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
考えて欲しいんです。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの・・わたしも母親っていう立場、です。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、息子も娘もおりますが・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの、わたし達って、こ、子育てをしながら・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
実は親育てをさせられてるわけですね?

相談者:
ええ、ええ、そうです、はい

田中ウルヴェ京:
ね?、で、それって、こ・・あのお分かりになりますでしょ?

相談者:
あはい、はい

田中ウルヴェ京:
あの、自分でもいろいろ、反省したり学んだり(含み笑い)。

相談者:
そうですね、はい

田中ウルヴェ京:
ね?、で、あの、でも、学びながらいろいろこう、ま、あー、なるほど、こういうことかあ、なんて思ってる・・

相談者:
はい、そうですね、はい

田中ウルヴェ京:
ま・・恐らくこれを、そりゃあ、理想としては、奥さまという、立場の人と一緒に・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
頑張って行けたら、そりゃま、いいですよね?

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
波風立たずに行く人生よりも・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
波風があってもどうにかする人生って・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
大事ですもんね(含み笑い)?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
波風立つからね(含み笑い)?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
うん、あの、晴れの日もあるけど雨の日もあるわけで。

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
・・えーっと、わたしなんでこんな、こ、ちょっと離れたところから質問させていただいたかというと・・

相談者:
あはい

田中ウルヴェ京:
喧嘩もするだろうし・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
価値観も違うだろうし・・

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
で、育成環境も違って。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
言い合いになることだってあるけど。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
本・・音でいるってことです(含み笑い)フフフフ。

相談者:
本音で?、はい

田中ウルヴェ京:
ホントの自分でいるっていうこと?

相談者:
はい、はい、はい

田中ウルヴェ京:
要は・・娘や息子お、は、わたしがどんなに装ってても・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
イラついてるのを我慢してるとかしてても・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
背中の雰囲気とかでバレちゃうんですよね。

相談者:
そうですね、はい

田中ウルヴェ京:
うん、なんとなくママが機嫌悪そうとか。

相談者:
はい、はい

田中ウルヴェ京:
だったら・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「すんません。今機嫌悪いです」と。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「でも、あなた達のせいじゃなく単に今日の仕事が失敗したんで、わたくし今イラついてます」と。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ただ・・「あなた達のせいじゃないんで、2時間ぐらいママを放っておいてください」(含み笑い)みたいな?

相談者:
あ、ああ

田中ウルヴェ京:
例えば(含み笑い)

相談者:
はあ

田中ウルヴェ京:
いいことだとは思わないが・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
最悪ではない。なぜなら最悪っていうのは、ニコニコ、ヘラヘラ装って・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「ママ、なんとかよお」とか言っちゃって、背中ではイラついてるママっていうのは気持ちが悪い。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
であれば、最悪がそれだから要は嘘をついてるママって嫌だから、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
少なくとも、ホントのことを言う。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で、なんでホントのことをわたしは言いたいかっていうと、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
この最悪なわたしを、どうにかしようといつも努力してるママです(含み笑い)、みたいな。ハハハ(笑)

双眼鏡
そっか、うん、うん

田中ウルヴェ京:
なんかその、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
もしもあなたがホントに、らっ、ポジティブに、な、ことを、すごく大事にされている方なのであれば・・

相談者:
ええ

田中ウルヴェ京:
ホントのポジティブの意味は・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
本気でいるっていうことですよね?ホントに目の前の事実をちゃんと見るっていうこと?

相談者:
うん、うん、うん、はい

田中ウルヴェ京:
で、分かんないですけど・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
注意点ていうか、ちょっと自分が少し、こ、もし客観的にたまに見れる時があったら・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
俺ってもしかしてウザいかも?っていうことを、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
意識してたらいいかも。

相談者:
・・意識してますね。

田中ウルヴェ京:
うん。なぜなら・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ウザい可能性はある。

相談者:
ウザいでしょうね、はい

田中ウルヴェ京:
うん、そしたら・・ウザいって思われたらこれ向こうにとっては、全然良いことじゃないので、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そのやり方は、ちょっと変えなきゃいけないね?

相談者:
・・あ、そうですね。

田中ウルヴェ京:
うーん。なんか、こ、独りよがりポジティブは、確かにウザくなっちゃうものね?

相談者:
そうですねえ・・

田中ウルヴェ京:
うーん・・ちょっと一回お返ししようかな?ドリアンさんに。

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?・・やっぱりね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、結果的に、例えば10年後20年後に笑っていられるかどうか?っていうとこの一つのポイントは・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
一切期待しないことだと思います。

相談者:
うーん

ドリアン助川:
うん・・奥さんが、自分に辛く・・当たって来ると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
それから、ま、当然・・あなたのお給料から生活費が出てくわけですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ、独身だったら・・使えるお金の大半が、あの、家族のために、消費されて行きます。

相談者:
はい

ドリアン助川:
でね?悲しいんですけども・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでも俺は父親として、この家族守って行くぞと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、どっかで、腹を決めてですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、やって行く日々の中でまた・・木漏れ日のような幸せがこう・・ほのかに・・という日々もあるんですよ。

相談者:
うん

ドリアン助川:
うん。だから・・今、お辛いのは十分分かりますけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた自身はこの家庭を壊そうという気持ちがないわけですよね?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
うん。であれば・・これは今日覚悟決めて・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ
そういうもんなんだと。

相談者:
そ、こういうもんなんだと・・

ドリアン助川:
こういうもんなんだと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、恐らく今日は、ま、おっしゃ、あの、おっしゃってくださらなかたけど、この奥さんにも、とてもいいところがあるからあなた一緒になったわけですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい
えー、今ちょっとそれが見えなくなっちゃってる可能性もありますけども。

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
うん。でも覚悟決めて、こういうもんなんだと、でもこの家族俺が守ってくんだと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。それでえ、一つ、息をつかれてみてはいかがでしょう?

相談者:
・・分かりました。

ドリアン助川:
よろしいですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい・・では、失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい




「夫婦ケンカの原因を妻の不幸な生い立ちに求めながら男がのたまう理想の夫婦像」への15件のフィードバック

  1. ウルヴェ、本音、ホントの自分をさらけ出すす。
    ドリアン、こんなもんかと覚悟する。
    この回答で腑に落ちるのか。
    娘への影響を心配しているのに・・・
    喧嘩の中身とか突っ込んで聞かないから、上っ面だけの回答しかできない。

  2. 申し訳ないけど ドリアン助川が言うレベルの事は既婚男性なら誰でも思い付くと思います。
    相談者の上から目線の夫婦論は、口に出さないほうが良かったですね。奥様の生育環境を言及しても過去は変えられないのですよ。
    変えられるのは自分と未来だけです。

  3. 相談者は、奥さんより優位に立っているつもり。生い立ちは変えられないのに、奥さんが人を信じられないとしても、彼女の責任でも何でもない。彼が理想を語るのは、意地悪なだけ。うざいレベルでは無い。

    回答者次第では、彼にすべて包み込む優しさが、これこら芽生えるかも分からない。
    せっかく相談してくれて、彼が変わるチャンスだったのになぜウルヴェ先生なの?

    とても、残念です。

  4. もっと辛辣な回答が必要だったと思う。
    相談者は明らかに妻を見下している。
    『お前の親と同じ』は絶対に口にしてはいけないレベルの発言だった。何とかやり直してもらえるように妻に謝罪するべき。
    ただ、『両親の仲が良い事が、子どもにとって最良』は全くその通りだと思う。それに協力してくれるように、もう一度妻にお願いしてみて欲しい。

    1. 私もそう思います!
      絶対に言ってはいけないことを奥さんに言った。奥さんは一生忘れない。相談者に絶望しているけど子供がいるから今一緒にいるだけだと思います。

      両親の仲が良いことが子供のため、と、奥さんが得られなかった肉親の愛を重要視するようなことを言いながら、自分の言うことを聞かせようとしてるだけだから。
      侮辱を上塗りするようなやり方で、自分をもっと大事にしろと伝えてくる夫。素直に気持ちを伝えられないし、上からものを言おうとするし、冷たくなって当然だよ。

      男のつまんないプライドが、いかに周囲を傷つけ悲しませ、無言の軽蔑につながるか、この人は知らないまま死んでいきそうだな…。
      吐け口に相応しい嫁には執着して、離婚もしなさそうだし、愛の無い家庭に子供が育つと考えるとやり切れないな。
      ウルヴェ、書き起こし読んでも何言ってるか意味がわかんない。厳しく指摘してくれる先生ならよかったのに。

  5. 毎度の事だがウルベさんの回答は、故障して誤作動している機械の調整の仕方を技術者に伝達しているみたいだ。

  6. この相談者の男、奥さんの生い立ちだけで生きられてる。
    他に何にもない空っぽ男が、子どもにとっていいこととかほざくな!
    子どもにとっていいことは、あんたみたいな父親と離れることだよ!

  7. せっかく相談してきたのに、この回答者ではお気の毒。
    ウルベさんの甘えたような口調、自分の言葉に自分で笑うところ、不愉快です。

  8. はなさんに同感です。
    毎回ウルヴェさんは、最初にいくつか質問して、あとは笑いながら自分の言葉を言う…の繰り返し。何の解決にもなってない。
    ウルヴェさんが回答者だと、聞いていても不愉快になりますね。
    相談者さんが可愛そう。

  9. 管理人さま
    いつも拝見しております。
    途中で、双眼鏡が喋ってしまっていて、クスクス笑ってしまいました。

  10. 子供にとって一番いいのは、両親が揃っていることーーって。
    そういう養育環境にいた自分はまっとうな
    人間で、そうでない妻は、憐れむべき欠陥人間だと言ってるに等しい。
    どんだけ傲慢で、思い違いをしてるか。
    44歳で、そんな考えじゃ、他人と家庭はやってけないでしょ。
    奥さんはこんな奴は早く見限ったほうがいいと思う。

  11. これは解答になっているのか…?という ウルヴェさんのお答え。
    せっかく相談してこられたのに、ちょっと残念に思いました。

    言ってはいけない一言を奥さまに吐く相談者。
    日常の中で 他にも同じような発言があるのでは と思いますが、それをすることで自分を保っているような節が。
    相談者が変わることが、円満への近道なような気がします。
    いくら理想ばかり言っても、上辺だけではどうしようもないので。

コメントはお気軽にどうぞ