両親逝って未婚ボッチ57歳。自分の亡骸を誰に頼めば


テレフォン人生相談 2019年12月19日 木曜日

定年後、自分が亡くなったときの自身の処理のし方。
父方の親戚は関係が良くなくて疎遠。
母方の親戚は遠方で疎遠。
今現在はもちろん、これから先も頼めるような人は居ないと言い切る。
そこはテレ人、ストレートに回答するハズもなく、男の考え方を改めさせようとするのだが・・

パーソナリティ:  柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男57歳 会社員独身 10年前に父が他界 3ヶ月前に母が他界

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?

柴田理恵:
こんにちは

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えー、わたくしい、の・・えー今後の人生設計え、ということで、

柴田理恵:
あーあ

相談者:
ま、お伺いしたいんですが。

柴田理恵:
はい。えと、あなた今おいくつですか?

相談者:
57歳です。

柴田理恵:
えと、ご結婚なさってますか?

相談者:
えー、独身です。

柴田理恵:
独身、はい
えっと、じゃ、ご両親はいらっしゃるんですか?

相談者:
父はですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、約、10年ほど前に亡くなりました。

柴田理恵:
あーそうですか。

相談者:
ええ、母は・・

柴田理恵:
お母さまは、はい

相談者:
3ヶ月ほど前ですかね?

柴田理恵:
ああ

相談者:
え、亡くなったんですよ。

柴田理恵:
あー、そうですか。

相談者:
ええ

柴田理恵:
あらじゃ、お寂しいですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うーん、ご兄弟は?

相談者:
え、わたくしい、一人だけなんですよ。

柴田理恵:
あ、じゃ今・・お一人だけ、になられたんですね。

相談者:
そうです。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
今、お仕事は?

相談者:
えーと、会社員です。

柴田理恵:
会社員、はい、はい

相談者:
はう

柴田理恵:
で、人生設計というのはどうことでしょうか?

相談者:
えーと、具体的に言いますと・・

柴田理恵:
はい

相談者:
今現在、も、身体あ、丈夫なんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと、一応わたくし・・

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、約う・・え、60歳で定年を迎えるんですよ。

柴田理恵:
はい・・はい

相談者:
それで迎えたあと・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、両親はもう亡くなったんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、亡くな、に生前から・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「あとのことは頼むよ」っていうことで、

柴田理恵:
はい

相談者:
母、には、わた、くしが、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、あの、後片付けをして・・そいで、ま、過ごして来たわけなんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
えーっと、その母も亡くなって、

柴田理恵:
はい

相談者:
わたくしが、あのお、亡くなった時に、

柴田理恵:
ふん

相談者:
「じゃ、僕のこと、あと頼むよ」っていう、人が周りにいないんですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
いわばあの、ま、お通夜、葬儀はやるかどうかは別として、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたくしが、じゃ、病院で亡くなったとすれば、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたくしの遺体を運んで?・・少なくても火葬にしなくちゃならないじゃないですか。

柴田理恵:
はい

相談者:
そういうことをやってえ、いただけるという方が・・心当たりがないんですよ、頼む方が。

柴田理恵:
ご親戚とかは・・どなたかいらっしゃるんですか?

相談者:
えーとですね・・あの、父はあのお・・再婚でして。

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと、前妻さん、との間にい・・娘さん一人いるんですよ。

柴田理恵:
あーあ、はい

相談者:
で・・それで、ま、遠方に住んでおられるんですけど、

柴田理恵:
うーんーん・・で・・うん

相談者:
ま、そのお、方とは、ま、あの父の相続う、のことを片付けなければいけないということで、

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと、一度お、お会いして、

柴田理恵:
はい

相談者:
で、ま、無事終了したんですけども、

柴田理恵:
あー、はい

相談者:
ま・・その方あ・・と、も、会ってから、も、一切連絡も取ってませんし、

柴田理恵:
あーあー、はい

相談者:
よく・・遠くの親戚よりも近くの他人ってえ、ね?

柴田理恵:
うん

相談者:
いうもんですからね。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ま、あの、僕が亡くなった時に色々・・頼むっていうのも何かなっていうこともあるんですよ。

柴田理恵:
まあねえ・・で、あのお、じゃ、例えば・・叔父さんとか、叔母さんとか、そういう方は?

相談者:
あ、あの、父のお・・

柴田理恵:
従兄弟とか、うん

相談者:
兄弟?

柴田理恵:
はい

相談者:
妹お・・なんかはいるんですけども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
その人らとも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
仲が悪くて・

柴田理恵:
ああ

相談者:
普段から疎遠なんですよ。

柴田理恵:
じゃ、あんまり、親戚い、とも、そんなに・・仲良くな、仲良くしてないっていうかね?、やっぱり・・

相談者:
そ・・

柴田理恵:
ちょっと・・

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
疎遠にしてらっしゃるんですね。

相談者:
で、僕が亡くなる時は当然その叔父さん叔母さんも、もう、当然ね?

柴田理恵:
うーん

相談者:
失礼ながら亡くなっていると思うもんですから。

柴田理恵:
あー、そうですね、従兄弟もね?

相談者:
え、そうすっと、その子どもや孫っていうことになりますよね?

柴田理恵:
うん

相談者:
その人たち、もとも・・あんまり会いたくないものですから。

柴田理恵:
ああー

相談者:
頼んでね?

柴田理恵:
あー、そっか。

相談者:
それでえ、「僕のあとを頼むよ」っていう、こともね?

柴田理恵:
うん

相談者:
そういうこともあれですし、母の方も、

柴田理恵:
うん

相談者:
親戚が、遠方にいるもんですから、

柴田理恵:
あーあー

相談者:
もう頼めるような状況じゃないんですよ。

柴田理恵:
なるほどお。

相談者:
え、ま、母の・・兄弟とは比較的、良好関係なんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
如何せんちょっと遠くにいるものですから。

柴田理恵:
あーなるほど。

相談者:
ええ

柴田理恵:
ていうか・・もう、その57歳で・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
ご自分が亡くなられたこと心配してらっしゃるんですけれど、

相談者:
あ、はい、そ、あのね・・それえ、そういうふに思われるかもしれないんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
いずれはそういう時来るんですよね。

柴田理恵:
ま、いずれはね。

相談者:
え、それでね・・

柴田理恵:
うん、そうなんですけれど・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
57歳だったら・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
これから結婚、ってことも考えられるんじゃないですか?

相談者:
うん、まね、そういうふに思われるかと思うんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
まあ、僕はもう、このまま一人で、いいっていう風に・・決めつけてるわけじゃないんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
性格上そういうタイプなもんですから。

柴田理恵:
あーなるほど。

相談者:
ま、そういう生き方なんだなっていうふに、

柴田理恵:
あ・・

相談者:
僕自身思ってるもんですから。

柴田理恵:
あー、分かりました。

相談者:
ええ

柴田理恵:
結婚をなさる気はないわけですね?

相談者:
え、ええ、あ、全くありません。

柴田理恵:
あーなる、なるほど。

相談者:
はい

柴田理恵:
そしたら・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
・・例えばね?

相談者:
ええ

柴田理恵:
遺言とか・・

相談者:
ええ、え

柴田理恵:
で、散、骨とか色々あるじゃないすか、今自分のこの・・仕舞い方のね?・・

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
選択。

相談者:
ええ

柴田理恵:
そうことを・・なさるとかって方法もあるけど、まずわたしね・・む・・亡くなる時のこと考えんの早いような気がすんですけど、違いますかね?

相談者:
え、そうですよね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そいで、まあ・・先だってちょっと、うちのお・・両親、の、墓のあるお寺の御住職に?

柴田理恵:
はい・・そ、うん

相談者:
えー、ちょっとお話い、したんですよ。

柴田理恵:
はい・・はい

相談者:
お話だけでもね?

柴田理恵:
うん

相談者:
聞いてもらうと助かるということで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
聞いてもらいました。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ええ
で、それ以外にね?

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、誰か・・最後ね?、あのお、看取ってやってくれる方が、ね?、例えば行政でもあるのかな?とかね?

柴田理恵:
うーん

相談者:
知識がないものですから。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、ちなみに、

柴田理恵:
はい

相談者:
それらのことをすべてやって・・くれる、方が?

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、身内なのか?他人なのか?どうか分かんないんですけど。
そういうこと、がやって、くれる方がおられるんだったら・・

柴田理恵:
うん

相談者:
その方にすべて、相続してもらいたいなっていう気持ちなんですよ。

柴田理恵:
ほお・・あ、色々、相続なさる・・なさってらっしゃる、色々なものが、お有りなんですか?、こ、土地とか。

相談者:
あ、えーとね・・

柴田理恵:
そういうものとか。

相談者:
土地い、と、ま、預金だけですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
あとは、も、なんにもないです。

柴田理恵:
うん・・あーなるほど。

相談者:
ええ

柴田理恵:
ふうん

相談者:
ま、とにかくう・・色々最後はね?看取ってもらって。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そいで、じゃ亡くなったっていう連絡が入ったなら・・ちょっと引き取ってね?・・それで、お通夜、葬儀?、ま、そういうのをやってもらえるかどうか分かんないけども、というか、こ、火葬してもらってね。

柴田理恵:

相談者:
そういうことお、で後始末してくれ・・るっていう方がね?、それが・・身内かもしれないし、ま、身内はないと思うんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
他人、或いは行政かもしれないんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
どういうルート、がね?あるのかなと思いまして。

柴田理恵:
はあ・・じゃ今日のご相談はそういう色んなルートを・・知りたいってことですか?

相談者:
ま、そういうことですね。

柴田理恵:
ああ

相談者:
ええ

柴田理恵:
はい、分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
えー、今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。先生お願いします。

(回答者に交代)


「両親逝って未婚ボッチ57歳。自分の亡骸を誰に頼めば」への16件のフィードバック

  1. 柴田さん、塩谷さんが、友達を作れとか趣味をやれとか、相談者は一人で生きて行くと決めたから相談をしているのに、押し付けていてイライラしました。
    後始末をしてくれる機関がどこかにあるか答えれば済むことなのに、相談者の求めてない事ばかり言って…相談者の生き方を尊重して欲しいです。
    まぁ、機関があるかないかだけ答えてたら、尺が持たないですね。
    ここに相談する内容ではなかったですね。

    1. ホントです
      そもそも相談者はフランクな人付き合いは苦手ぽいし、そういうひとは友達つくっても
      その人に死後のことまで頼むほどの関係にはまずなれない(自分がそうだから断言する)
      だから周りに迷惑をかけない身仕舞いをしたい、
      しかし悪質なところにはひっかかりたくない
      安心や委任先や相談先を訊ねてるわけで
      回答者わかってまへんな
      相談者が一念発起して若い奥さん捕まえても
      奥さんが先になくなることだってあるるだし

  2. おひとり様が死後を託せる組織について以前新聞の広告欄に載っているのを見たが、いまいち信用できない。
    デリケートな問題を扱い、おそらく大金が動くであろう組織になのに法律の裏付けが無いからだ。
    だから回答者の弁護士さんも何も言わなかったのでは。

    1. おひとり様の相談者はこれから入院したり介護を受けたりする場面があると思います。
      その時、保証人 が求められます。
      死後のことを心配されていますが亡くなるまでの長い時間、他人の世話になることが多いのです。

  3. 今の時代同じ事を思ってる人が多いと思いますから
    そういう需要に応じて処理をしてくれる会社とかが出てきそうな気もします。

  4. 相談者はこういうようなことが知りたかったんだよね。
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO46908370T00C19A7000000/?

    一人でしっかりしてる今、こういう準備を済ませておけば、安心して余裕も出て、人付き合いも焦ったり迎合したりせずにできるのに、いきなり誰か死後の後始末をやってくれる他人を見つけようって、そんな失礼な奴と誰が付き合うねん。

    最近、下手に結婚してる男性や相手を見つけようとしている男性より、一人で仕事も生活もやって、一人で充足できる趣味などを持っている自立した独身男性が一番まともだと思うようになった。
    そう思う女性はたくさんいると思うので、死後の始末の仕方を確定させて安心できたら、出会いもあるかもしれないですよ、とアドバイスしてほしかった。

    1. そもそもなんでこの国
      誰か頼って死ぬ前提なの?
      なんで自分の死に方すら
      決められないの?
      たのむから安楽死させてくれよ

      葬式なんからいらない
      頼むから、
      自由に死なせて

    2. 横須賀市の情報ありがとうございます。
      良い取り組みですね!知らなかったです。
      こういう仕組みが、国や全自治体で出来るようになるといいなあと思いました。

      「自分の死」という後回しにしがちな問題を相談者さんは、しっかり考えてると感心しました。変な会社や変な結婚に引っかからずに、いい方法が見つかるといいなあと思いました。

  5. 皆様の意見に賛成です。『人生には様々な喜びがあり、同時に苦しみや悩みもあります』⇒で、様々な主義・信念・人生観をもって生きています。人生相談なんだから『様々な』人がいる事を、回答者さんたちは解って欲しいです。柴田さんも塩谷さんも最近のニュースや世相を知らないわけではないと思いますが。事故や怪我や病氣、通り魔殺人や暴走車は突然襲ってくるし、おひとり様文化はライフスタイルの原点だし、発達障害という対人のハンデを持つ人もおられます。

  6. 自分の身の回りの世話や介護や看取りのために結婚しようなんて思わないで。というか この相談者は全く思っていない。
    正解です! ろくなことないから。

    柴田さん、塩谷先生、57歳で死後処理を考えるのは早すぎる・・って何度もおっしゃっていましたが、
    気が付けば認知症になっていたり体が動かなくなっていたり・・では遅すぎる。
    時間はあっという間に過ぎて行きます。

    とりあえずエンディングノートだけでもきちんと書いて、自分の希望を記録してみては?

  7. なぜそんな死んだあとを気にする?死んだら終わり。その人にとっての世界が終わるんだから、死んだあとは気にする必要なし。残される人もいないならなおのこと。それより生きてる今を重要視するべき。いつ死ぬかわからないんだからいつ死んでもいいように毎日生きる。お金も使いたいように使う。

    死んだら法定相続人に連絡行くだけ。遠くたって金貰えるならやってきて必要な処理してくれる。放棄されたら税金になる。無理して後始末してくれる人を作る必要はない。

    迷惑かける子供もいないのになんで心配するんだろう?
    死んだあとのことなんて本人は知ったこっちゃない。知りようがない。
    私は子供がいるからそうもいかないけどね。

    1. 子供がいようがいまいがそういうあなたも無関係では無いよ。
      「私は子供がいるからそうもいかないけどね」という一文で相談者を侮蔑している場合ではない。
      子供が確実に墓守してくれると錯覚していた?
      相談者がいざ亡くなったら?
      賃貸かマンション住まいなら管理人は事故物件のマイナスイメージに付きまとわれるし、一軒家持でも空き家対策に自治体が追われる。
      相談者は最後のけじめを、誰かに寄りかかるでもなく付けようとする良い志の持ち主だと思う。

  8. どこだか忘れたけど大学病院に献体する約束すると敷地内の納骨堂に入れてくれて供養してくれるらしいよ。
    あとは宗教団体かなぁ?
    超有名な○○○○に入信してた親戚は
    亡くなったら、どういう約束か知らないけど
    ぜーんぶ持ってたよ。(骨も財産も)

コメントはお気軽にどうぞ