いらぬ苦労を買うな。ボランティアで怒鳴られ毎朝死にたい専業主婦のデジャブ


テレフォン人生相談 2020年1月4日 土曜日

一月半ほど前から毎朝死にたいと思う気持ちがひどくなってきた。
きっかけはボランティアでキツいことを言われたことなのだが、若い頃から仕事でも同じケースの繰り返し。

次男がADHDらしいのだけど、遺伝を疑ってみた・・

パーソナリティ:  今井通子
回答者: 三石由起子:(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 九州なまりの女49歳 夫53歳 結婚18年 長男17歳 次男14歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい・・&#△%

今井通子:
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
はい。あのお・・朝・・&#△起きる時から、なんか死んでしまいたいっていう気持ちが・・あの、続いていて、
それがそのどうしても・・消えないので、相談させていただきました。

今井通子:
あ、はい
えーっと、まずお年は?

相談者:
49歳です。

今井通子:
49歳

相談者:
はい

今井通子:
えー、ご結婚されてますか?

相談者:
はい、しています。

今井通子:
ご主人は?・・

相談者:
はい

今井通子:
何歳?

相談者:
はい、主人は、53歳です。

今井通子:
53歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい・・長男が、

今井通子:
はい

相談者:
17歳

今井通子:
はい

相談者:
次男が、14歳です。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
いつ頃から?

相談者:
はい

今井通子:
朝起きる時から・・

相談者:
はい

今井通子:
死んでしまいたくなっちゃった?

相談者:
酷くなったのは、酷くなっていうか毎日、毎日思い始めたのは1ヶ月ぐらい・・前からなんですが。
その、半年ぐらい前から・・何か・・あの、ちょっと不安定に、なってしまって、

今井通子:
はい

相談者:
で・・えー、1ヶ月・・前に・・前からなんか・・はい、毎日・・朝そんな風に思う・・はい、思ってしまうように・・なったんですが・・

今井通子:
えーっと、ご結婚何年目、でしたっけ?

相談者:
はい。えーと18年です。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
お子さん達は今・・

相談者:
はい

今井通子:
学校ですよね?

相談者:
はい、学校です。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
すくすく育ってますか?

相談者:
あ、はい。すくすく育ってるんですが、ま、下の子がちょっと、あのお、ま、「発達障害気味だ」って言われてるんですが、

今井通子:
はい、どんな感じの?

相談者:
&#△・・はい、「AD、HD気味だ」と言われていますが、

今井通子:
はい

相談者:
はい、ま、特に・・学校に行きたくないとかは、なく、ま、学業がちょっと・・出来ない・・のが悩みなんですが、
ま、なんとか・・なるかな?っていう風には・・はい・・思いながら、はい、やってます。

今井通子:
なんかあれじゃない?

相談者:
はい

今井通子:
一つ事にかけては、物凄い詳しいとか、そういうのない?

相談者:
あ、や、それが・・そこがなんていうか、どっちかっていうと・・あのお、そういうタイプではなく・・なんか・・のんびりした感じで、

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
はい、はい

今井通子:
んで、

相談者:
はい

今井通子:
えー、そうすると・・

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身の・・

相談者:
はい

今井通子:
ことなんですが、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんの時・・

相談者:
はい

今井通子:
といっても、ま、だから・・で、ご結婚前・・

相談者:
はい

今井通子:
に・・

相談者:
はい

今井通子:
その、朝起きる時から・・

相談者:
はい

今井通子:
死に、たくな、ったことってあります?

相談者:
あの・・ま、高校生の時に、

今井通子:
はい

相談者:
え、あの、診療内科に・・通・・行ったっていう覚えは・・ま、あるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
その・・その時い、は、なんか、そんなに、深刻では・・なく・・なんか、おかしいなと思って・・落ち着かないなと思って・・あの、しょ、あの高校生の時に、行った覚えはあるんですけど、&#△

今井通子:
それは何?あの自発的にご自身でいらしたの?

相談者:
はい。あ、そうです。

今井通子:
うん、で、そ、その時はどういう風に言われました?

相談者:
その時には・・特には、覚えてないので・・で、その一回きりで、通ったっていう記憶もないので、

今井通子:
うん

相談者:
その、時は、も、なんかそれで終わ・・ったような気がします。すいません。

今井通子:
そのあとはなかったですか?

相談者:
そのあと、就職をして、でも、いっつも・・辞めたいって・・ま・・最初の仕事は7年、続いたんですけど、
ずっと、なんか、辞めたいって思いながら・・続けていて、
そのあと・・も、そのしご、と(仕事)を、ま・・するんですけど・・必ず、同じ・・理由で辞めて、しまう、今思えば・・辞めてしまうことが多くって、
ですごいキツい方が、職場にいて、その人が・・バーって言われて、それで、もう、辞めてしまうっていうのが・・ずっと続いてしまってるので・・今あの・・

今井通子:
え?、あの・・

相談者:
はい

今井通子:
ちょっと待って。

相談者:
え、え・・

今井通子:
何系の仕事?

相談者:
あ、教育系です。

今井通子:
あ、教育系?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
で、元々は、その、高校卒業したら・・その、料理の方に進みたかったんですけど、
ちょっと父から反対・・されて、その、教育の方に進んではみたものの・・やって行くうちに・・向いてない、向いてないって思いながら・・

今井通子:
うん

相談者:
あの、ずっとこう・・7年、しか続かなくって、
辞め、なんか、辞めたい、辞めたいっていうのが・・今のこの生活と辞めたいっていう気持ちと、なんか・・同じような感じっていうか・・

今井通子:
というのはこのお・・

相談者:
は(わ)、はい

今井通子:
要するに職に就いた時からの、

相談者:
はい

今井通子:
なんか、向いてない、向いてない・・

相談者:
はい

今井通子:
うん
高校生の時の・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、なんだか分かんないんだけど、ちょっと落ち着かないから心療内科行った。

相談者:
はい

今井通子:
この間には、おん、おんなじ感覚あります?

相談者:
ま・・よ、わたしが・・よく、思うのは、なんかずっと・・小っちゃい頃に、ずっと、こ、預けられて育ってる・・ことが・・お、長かったので、
人間関係が上手く・・行かないっていうのがずっと根底に・・あって、
で、教育も、なんか人間関係なので・・なんかそういうのって、高校の時も・・ま、根底にはちょっと・・人とこう、上手く、行かないっっていうのは・・あ、あるかもしれないです。すいません上手く説明が出来ないんですけど。

今井通子:
で・・そうこうしながらも・・男の子さん・・

相談者:
はい

今井通子:
が、いらっしゃるわけでしょ?二人。

相談者:
はい、ま・・

今井通子:
そこのところは・・一生懸命育てたの?

相談者:
あの、自信はないんですけど・・ま・・わたしなりに、はい・・や・・

今井通子:
うん、育てて来られた?

相談者:
うん、はい、はい

今井通子:
そう、にも関わらずう・・

相談者:
はい

今井通子:
なんか、朝起きた時からもう、死んでしまいたくなるのは・・

相談者:
はい

今井通子:
そうすっと、お子さんは原因じゃないよね?

相談者:
そうですね、しゅ、あ、子どもは原因ではないです。

今井通子:
すと、ご主人は?

相談者:
主人は・・5年ぐらい前に、わたしがもう、爆発してしまって、もう・・やって行けないって・・言ったの、怒・・って、それで、なんか主人が・・なんか、そこからなんか少しずつ、変わってくれて、今は・・あの、なんでもか、割と相談が出来るように、なったので、主人でも・・ないです。

今井通子:
朝起きた時に、

相談者:
はい

今井通子:
何をして、いいかが分かんないの?

相談者:
ずっと、その・・同じパターンで辞めて・・仕事を辞めて来てるので・・また、仕事をし始めたら・・お、またおんなじように・・辞めてしまうんだろうっていうのと・・思ったり、あと・・ま、ちょっと、ボランティアサークルに、入っていて、で、そこでも、すごいキツい人がいて・・で、その方が・・
「あなたは才能がないのよ!」とか・・「あなたなんかクビよ!」みたいな、こと、ズバって言われたら、も、それで・・それが、ま、きっかけで、こう、ガタガタガタってなってしまって・・状況なんですけど・・

今井通子:
要するにだから・・自分が生きてる意義を感じないわけね?

相談者:
あ・・そうです。そうです。

今井通子:
それで?

相談者:
はい

今井通子:
今日のご相談はそうすっとなんですか?

相談者:
はい。この・・今の状況を・・どんな風に・・か、捉えたらいいのかとか、あと・・どんな風に考え・・方を・・変え、て行ったらいいのかを・・あの、教えて・・いただ、けたらいいなと思います。

今井通子:
はい
今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい・・はい

今井通子:
先生よろしくお願いしまあすす。

(回答者に交代)


「いらぬ苦労を買うな。ボランティアで怒鳴られ毎朝死にたい専業主婦のデジャブ」への15件のフィードバック

  1. こういう人は死ぬかもしれないという大病になると必死に生きようとする。
    とても恵まれてるであろう環境なのに
    こんな生き方はとても勿体ない

    1. ほんとにそうかな?静かにこの世からフェイドアウトしたい人も、いる。家族のために耐えているだけで。

  2. 利益を生むのもストレスを生むのも人間関係
    利益を生まない人間関係なんぞ切り離してしまえ

  3. 更年期は、ストレスに弱くなるそうです。精神科に受診した方がいいと思います。              次男のADHDは、スルーされてたけど、大丈夫かな?

  4. 専業主婦は働け、という時代の風潮もどうかと思う。総活躍かなんか知らんけど、心を病んでる人までのんびりしてちゃいけないような気にさせる、その不寛容さ。個人の生き方にまで口を出す傲慢さ。
    そんな人まで働かせて、さらに心を病んで自殺に追い込むほど、経済を発展させる必要なんかない。
    国民から取り立てた税金を本当に国民の望むような方向で使っているかの議論をさせず、ただただ働かせようとしてないか。

    1. 同感。20年前から「専業主婦対兼業主婦」の構図がマスコミやらネットやらで煽られた感がある。その結果、尚更日本が経済的にも精神的にも貧しくなった。共感能力は低下し閉塞感が蔓延する。少子化が進んで引きこもりが増えるのも仕方ない。
      ネットの向こうからソファーにふんぞりかえって他人の生き方に言及する「正義の代弁人」が増えた。規制緩和や非正規の増加で労働力は安く買い叩かれる。それでも小市民は「専業主婦対兼業主婦」「妊婦対独女」等とと細かくカテゴライズされて叩き合う。それを東京の豪華なスタジオで画面越しに、したり顔で断罪する知識も品性も浅薄なタレントたち。誰も問題の本質を理解せず、今日も同胞達をスマホ片手に罵り合う。
      「どの生き方も正解。それぞれの生き方で利益を出す」という概念がもっと早く認識共有されていたら。本件の相談者も劣化する社会の波に呑まれた犠牲者の一人。

  5. 全く同感。
    人の生き方はそれぞれでいいはずなのに、そんな風に自信持って思えない日本は本当に生きづらい。そんな所が変わらない限り日本の自殺率は下がらないのでしょうね。

  6. 更年期と巣立ち症候群(?)が重なってうつ病みたくなった友人は子犬飼ってから元気でたよ。
    捨て子犬を飼うのもボランティアだし
    どうでしょうか?

  7. 話を聞いていていらいらする。
    間に合わない人間は家で家事をしていれば良い。私も同じタイプだから専業主婦。
    家でのんびり暮らせば良い。
    意味のない苦労を余分につくらなくてもよい。

  8. 専業主婦だからどうのこうの・・というよりは、どこの集団に所属しても 叱られ罵倒されるということに凹んでいるのですね。
    集団の中で認められたいのに、認められるどころか 怖くてキツイ先輩に「ダメなのよ~」と罵られる。つい最近(半年前?)もそんなことがあったのね。それで死にたくなった。

    これまで(独身の頃から)ず~っとそうだった事が劣等感になってしまって、その理由が知りたかったのでは?

    理由が 自分側にあるとして、
    感性が繊細過ぎるのか、逆に鈍感なのか、悪意に対して異常に敏感なのか、実務能力が劣っているのか、性格が極端に偏っているのか 誰かの逆鱗に触れるような行為を知らず知らずのうちに行ってしまっているのか・・

    そんなテーマで話ができる友人はいないのかな・・
    居ればテレ人に相談しないか。

    1. どこへ行っても繰り返すなら、本人もADHDなんだと思いますよ。
      今はインターネットが普及してるので、リアルな人間関係が全く必要としない仕事をすれば良いと思います。料理作って写真を載せるインスタやブログでも顔出さないYouTuberでも。ボランティアよりは充実すると思います。

      良い時代になりました。

  9. 更年期は知らぬ間に忍び寄って来る。
    大切なのは自分が更年期だと自覚して無理しない事。
    元々メンタル弱いのだからそれも認めて向かない事をしない。
    でも最後の足掻きか動き回って承認されたがるのもまた更年期の特徴。
    自分の身の回りの事だけど。

コメントはお気軽にどうぞ