離婚した娘から預かる中3孫娘にタブレット与えたら風呂でも手放さず反抗的


テレフォン人生相談 2020年1月6日 月曜日

アイキャッチ画像の意味は最後まで読んでいただくと分かるかと。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女69歳 夫73歳 バツイチの娘45歳 下の子44歳 孫娘中学3年生

今日の一言: 親以外で親の役割をする人がいる時は、子どもの成長にプラスになることがあります。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になります。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
はい。えーと69歳です。

加藤諦三:
69歳、今結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
えーと主人73歳です。

加藤諦三:
73歳・・で今、お二人で暮らしてんですか?

相談者:
あの、孫が・・あ、えーっと、そ、月のうち3分の2ぐらいこちらで・・

加藤諦三:
あっ、お子さんは、何人いるんですか?

相談者:
子どもは二人です。

加藤諦三:
二人、何歳ですか?

相談者:
・・えーと45と44歳です。

加藤諦三:
45と44、それでお孫さんが、しょっちゅう家に遊びに来てるっていうことですね

相談者:
はい

加藤諦三:
お孫さん何歳のお孫さんですか?

相談者:
えっと中学3年ですね。

加藤諦三:
中学校3年、男の子女の子?

相談者:
女の子です。

加藤諦三:
女の子ですか・・

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
えーとですね・・孫のお母さんが離婚をしておりまして。

加藤諦三:
孫のお母さんっていうとこの44歳45どっちですか?

相談者:
上の方ですね。

加藤諦三:
45歳の方ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしの家の実家の近くに、あのお、いるんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
アパート借りて。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その子も仕事をしておりますのでえ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
夜勤とか、しておりますから、

加藤諦三:
うん

相談者:
その孫が・・

加藤諦三:
はい

相談者:
中学校ですので、うちが近いから・・あの、しょっちゅう家(うち)に来てるって、

加藤諦三:
はい

相談者:
いうことが多いんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
月のうちの3分の2ぐらいですね・・

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
平均で。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい
で、その中学3年生の女の子の孫なんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
タブレットですかね?・・やり過ぎて、

加藤諦三:
はい

相談者:
いくら言っても、「やめなさい」、「勉強しなさい」言っても言うことを・・きかない。
それで、も、主人・・も、怒る。
で、主人も怒る時には、まあ、わたしが少し控えるんですけど。また見ると今度はわたしが怒ると、そのこの繰り返しで・・もうストレスが溜まって・・

加藤諦三:
そうすっと学校からまず、お母さんの、いるアパートに帰らないで、あなたの、家の方に帰って来るの?

相談者:
そうです。それで・・

加藤諦三:
はい

相談者:
時期的なものもあるのかも分かりませんけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、わたし達夫婦が言うことはあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほとんど、こう、あの、聞き耳持たずっていうことが多いんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、

加藤諦三:
で、夕食はそうすっとお母さんとこに帰らない?

相談者:
えーと3分の、えーと、あとの3分の1ぐらいはお母さんが日勤とかお母さんの都合で・・家に・・お母さんのいる時は帰ると。

加藤諦三:
あ、お母さんのいる時は家に帰って、お母さんのいない時には、こ、あなたのところに来てると。

相談者:
そうです。はい・・うん

加藤諦三:
はい、それで帰って来て?、要するにその学校の勉強をするとかなんか・・そ、友だちと遊ぶとか、なんかそういうことではなくて、

相談者:
はい・・ん、まあ、友達とも・・

加藤諦三:
スマホかなんかを見・・ずうっと・・

相談者:
いや、友だちともよく遊ぶんですが

加藤諦三:
あ、友だちとよく遊んでんの?

相談者:
はい。ま、引きこもって、そんなんじゃないんですよ(苦笑)。とにかくあの、わたし達がもう、あの、年ですので、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのお、今の子どもに追いついて行けないっていうのが実状だとは思うんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
それでストレスが溜まって夫婦喧嘩になったりとかあ、わたし達の。

加藤諦三:
ストレスが溜まるというのはあなた・・達がストレスが溜まるということね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、わたし達が見てると勉強は疎かになってる。
ほいで家にいる時は、あの、タブレットですか?

加藤諦三:
ええ

相談者:
それでゲームをしたり音楽を聴いたり、お風呂に入った時もそれを持って行ったりとか、も、ホント、タブレット依存症みたいになってる・・

加藤諦三:
も、手、え、もう、手、手放せないわけですよね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
それはね?

相談者:
で、それで・・あの、ま、成績も実際下がったりとか・・するので、ま、わたしも主人もやかましく・・あの、孫に言ったりするんですけど、もう全然&#△・・

加藤諦三:
ん、その何?、ん、やかましく言うってのは「勉強しろ」っていうこと?

相談者:
そうです。
「勉強しなさいよ」って。
え、言っても聞かないしい・・それで早くお風呂・・

加藤諦三:
すと夕食はそうすっと、あなた達3人で食べんの?

相談者:
あ、そうです。

加藤諦三:
それで夕食が終わってからどうなるの?

相談者:
塾がある時はその塾に合わして、

加藤諦三:
うん

相談者:
主人が送り迎えするんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
ほんで塾がない時はもう、食事をしたら、その、「手が空いた、順から」あの、「お風呂に入ろう」って言うんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
もうわたしも&#△%、主人も色々用事があった、手が空いてるのは孫だから「入んなさい」言ってもそれもきかない、グズグズ、グズグズ、こう、するわけですよね。

加藤諦三:
うん

相談者:
そのタブレットの方に気が行っちゃって。

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、んで、え、そういうことでもう、堪忍袋、緒、緒が切れて、大きい声して怒ったりするんですけど。それが全然・・

加藤諦三:
それで寝るのは、そ、と・・

相談者:
はい?

加藤諦三:
ん、寝るのは、あの、アパートの方に帰らないであなたのとこに寝て・・

相談者:
いえ、帰る時もあるんです。塾、へ連れて行ったら塾から主人が自分の家の方に、連れて行く時もあるし、もうお母さんがいない時はうちの方に戻って、うちで寝る・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こともあるんですよね。

加藤諦三:
ていうことは朝・・あなたの、い・・

相談者:
うん、朝そうです。

加藤諦三:
家から学校に行くと・・

相談者:
あ、朝は、うちから・・学校へ行く時と・・で、あのもう、家に方に、なんかこう、あ、科目が、昨日、なくて今日あるいうた時には、科目う、の本が、家にある時は、家の方に、連れて行って本を、取って・・ほいで、そ、家から学校へ行くと・・そういう生活を送っている中で・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、とにかく今は、そのま、中学3年生っていう時期で、ま、受験生、もう、わたしから見たら受験生・・

加藤諦三:
うん

相談者:
と思うんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、とにかくあの、タブレットに、こう、もう、わたしなんかで、も、完全に依存症だなっていうほど・・勉強そっちのけっていう・・そういう・・

加藤諦三:
勉強そっちのけで、&#、じゃあ、あれ、食事中も、っていうこと?

相談者:
いやそれはないです。
食事中は、食事をパッパッと食べます。食べて・・

加藤諦三:
で、あなた達とも話を普通にしてるわけね?食事中。

相談者:
ん、まあ、普通に、「今日あれがあったの?」つったら「はあ」「あん」ちゅうぐらいで、めんどくさがって返事するっていう感じですよね。

加藤諦三:
うん、ふん、うん

相談者:
はい。割とこう、中学校になった時には成績も・・あー、良かったんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、タブレットを手にした途端にもう・・ま、タブレット与えた、まあ、わたしらも悪かったんですけども、
今は、あのお、あれですね、みんなこう持っとってたから・・

加藤諦三:
はい

相談者:
と、思いながら、その、甘いところが、今にこう・・なった原因だろうとは、反省はしてるんですけど。
で・・その、タブレットを今この時期に、あの、わたしらが、その・・
(わんわんわん、わん 犬の鳴き声)
取り上げて・・いい・・のか?、取り上げたらますます、いじけて?・・おかしく?・・

加藤諦三:
要するにあなたは・・中学校3年生で受験ということがすごく気になってるわけですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
で、どうしたらいいか?ということですね?

相談者:
はい・・&#△

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの幼児教育研究の大原敬子先生が、

相談者:
はい

加藤諦三:
いらしてるので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、すいません。

(回答者に交代)


「離婚した娘から預かる中3孫娘にタブレット与えたら風呂でも手放さず反抗的」への8件のフィードバック

  1. 結局 受験生である孫娘の 成績が下がったことには触れずじまい。

  2. 私が反抗期の息子とワチャワチャやってた頃を思い出して、何でも言いたい放題で本音でぶつかってきた息子の姿を肯定してもらったようで、ほっとした。

    相談者さん、壁に名前を飾ったかな?(笑)

    1. 私もダブレット派だけど!
      皆がみんなスマホとは限らない。(笑)は、失礼だ!
      今日の相談内容には、ホッとした。このような相談内容が増えて欲しく思ってしまった。

  3. 「名前だけ書いて、飾っときます」
    すごくいいオチだ
    このおばあちゃん、勉強しろ勉強しろうるさいかもしれないけど、なんかふふっと笑えるようなところもあって憎めない人のような気がする

    それにしても加藤先生&大原先生のお名前を飾っておくの、ご利益ありそうだな

  4. 怪獣みたいに元気で意見をはっきり言う6歳の息子と全力でぶつかって、毎日ヘトヘトですが、先生方の話を聞いて肯定してもらえたようで、救われました。
    祖父母ってそこまで正面からぶつかって行かないです、ふつう孫には。
    相談者の方たちは素敵な方たちだと私も思います。

コメントはお気軽にどうぞ