非常識な義弟と離婚はいいとして幼子捨てようとする妹にモノ言いたい未婚の兄


テレフォン人生相談 2020年6月19日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男34歳独身 一人暮らし 両親は離婚してそれぞれ一人暮らし 妹が2人の3人きょうだい 2番目の妹27歳家庭持ち 小2と年長の娘がいる

今日の一言: 積極的な人は人がすることを放っておけます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
と、わたし34です。

加藤諦三:
34歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
いや、してないです。

加藤諦三:
独身ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
今はお1人で暮らしてんの?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
お父さん、お母さんは?

相談者:
は(わ)、地方のほうに、おります。

加藤諦三:
あ・・分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、きょうだいも、いないんですか?

相談者:
きょうだいは、妹が2人・・

加藤諦三:

相談者:
いますね。

加藤諦三:
はい、分かりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:
えっと、妹の、次女のほうの・・

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚問題について、ご相談なんですけど。

加藤諦三:
はい、何歳ですか?次女の方。

相談者:
と、27歳です。

加藤諦三:
27歳、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、離婚問題はどういう・・

相談者:
次女のほうが・・

加藤諦三:
はい

相談者:
その旦那と、「もう、離婚したい」っていうふうに言い出して。

加藤諦三:
はい

相談者:
娘が2人いるんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
小学2年生と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
幼稚園の年長さん・・

加藤諦三:
はい

相談者:
で、次女のほうが離婚する、際に、

加藤諦三:
はい

相談者:
その「娘2人を手放したい」というふうに、言ってまして・・

加藤諦三:
「手放したい」・・というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう理由ですか?とに、かく、この夫と別れたいから・・それとも、

相談者:
あそうです。

加藤諦三:
その、む・・

相談者:
「とにかく」・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「離婚したい」・・で、離婚するとなると・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「娘2人を1人で育てていく自信がない」とか。

加藤諦三:
あ・・む・・ほ・・

相談者:
経済的にも、苦しいとかそういう・・

加藤諦三:
要するに・・本当は経済的に許せば・・この娘2人はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が連れて離婚したいと。

相談者:
いろんな手当てを・・いただいて育てることもたぶん可能だと思うんですよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
なので・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それがホントの理由かは分からないですよね。

加藤諦三:
夫のほうは、それほど、離婚を、は望んでないわけですか?

相談者:
ま、喧嘩は多いみたいですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
「離婚したい」というふうには言ってないみたいですね。

加藤諦三:
そうすっと、あなたの、目から見るとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの・・次女のほうね?

相談者:
はい

加藤諦三:
妹さんのほうね?
「離婚したい」っていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたから見ると、それほど説得力がないの?

相談者:
旦那のほう・・が、ちょっと非常識な部分が・・

加藤諦三:
はい

相談者:
所々あるので。

加藤諦三:
はい

相談者:
も、わたしも、わたしの母も、

加藤諦三:
あはい

相談者:
「離婚したい」っていう部分に対して納得は・・する部分もあるんですよね。

加藤諦三:
うん。その「夫が非常識な部分がある」ってのは例えばどういうことですか?

相談者:
母方の実家のほうで、

加藤諦三:
うん

相談者:
うなぎが、余ったので、妹、のところに・・あげたらしいんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
そしたら、娘2人にも食べさせずに、

加藤諦三:
うん

相談者:
次女にも食べさせずに、

加藤諦三:
うん

相談者:
旦那1人で食べてたとか。

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
実家の冷蔵庫から、勝手にビールを持って行くとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
旦那が・・友人と、お酒を飲んでて、妹が、迎えに行ったら、そのまま、「ドライブに、行くぞ」と言われて。
ただ妹はその、「次の日も仕事だから帰りたい」って言ったらしいんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
そう言ったらなんかキレられて、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか暴言吐かれて、そのまま無理矢理、連れ回されたりだとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと、なんか・・どうかな?っていう部分も、多々ありまして・・

加藤諦三:
ん、なるほどね。
それで・・妹さんのほうから、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに相談があったの?

相談者:
この間・・ちょうど帰省したときに、妹から直接、聞きました。

加藤諦三:
あー、DVがあるとかそういうことはないわけですよね?

相談者:
えっと・・

加藤諦三:
自己中心で云々というのは。

相談者:
一昨日ですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
母のほうから電話が来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
次女が・・また旦那と喧嘩をして・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
殴られたそうなんですよ。

加藤諦三:
あーあ

相談者:
で、口の中が切れて、

加藤諦三:
はい

相談者:
母のところに、「もう離婚したい」っていうふうに打ち明けに来たらしいんですよね。

加藤諦三:
で今日の、相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうことですか?

相談者:
次女が、

加藤諦三:
うん

相談者:
娘を手放すことに対して、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは反対なんですけど、口出ししていいものかどうか?っていう・・

加藤諦三:
ただあれですよね?、経済的なことですから、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご本人、ではないとちょっと、いろいろ・・話(はなし)しにくい・・

相談者:
ま、そうなんですけども・・

加藤諦三:
と・・だけどもということですね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:
あ、はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、はい

(回答者に交代)


「非常識な義弟と離婚はいいとして幼子捨てようとする妹にモノ言いたい未婚の兄」への3件のフィードバック

  1. 相談者の妹さんが自分の子どもを、血を分けた大切な存在と思うか、それとも自分に暴力を振るう憎い男の子供と思うかで妹さんの子供への対応が異なるでしょう。
    女性は自分の父親に似た男と結婚することが多いらしい。
    だから親が離婚されている相談者の家庭環境からすると、妹さんの離婚は予想されたものだったのかもしれません

  2. 加藤先生の心理的な観点からの指摘でしたね
    実は相談者のタイプは劣等感からくる問題に関わる人なんだよね~
    まず関わる動機なんです表面上は聞こえは
    良いんだけど姉として…
    解決するとかじゃ無く関わること要は
    「あ~だの、こ~だの、非常識だの、子供を引き取らない」
    批判的やら立派な自分を見せたい言動なんだよね本人は自覚はないけど
    無意識化の欲求だから…優越的立場かな
    その姉として…比べたかな~?妹夫婦だし
    加藤先生の「自分のリスクが無い所で関わる」って意味ただ「ワァーワァー」騒いでいるだけって
    相談者に指摘したかったんでしょうね
    本気であったなら可愛い妹の為なら姪っ子達を引き取るはずだしね
    世間一般的に言うなら
    余計なお節介やら出しゃばり、に映るよね
    坂井先生の説明は妹夫婦からの事実確認を
    聞いてみる直接に…作業手順としてアドバイスしたのでわ無いかな?
    加藤先生の「自分の人生積極的にエネルギーを使う」その通りだと思うね
    無意識化には自信も無い不安がある相談者って
    見抜いたのでは…
    まだ相談者はこれから人生あるんだから
    独身だし自分優先した生き方をして欲しいです

  3. 親が離婚すると子供も離婚する確率高い。

    かわいそうなのは娘さん達。
    無責任に子供作ってきちんと育てることが出来ない人間が増えてきた。
    妹婿なんて完全に親になる資格ない。
    妹も見る目が無さ過ぎ。

    相談者さん、なんとか娘さん達を救ってあげてほしい。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。