バツ後にデキた結婚前提の彼の同僚が「あの女だけはやめとけ」不信はそれ言う彼

テレフォン人生相談 2020年7月13日 月曜日

終始、泣きっ面の相談者。
メンタルも傷んでいるとのこと。

随分なこと言う男の同僚には違いない。

彼氏とその同僚との関係を理解するといい。
女のアンタには分かりにくいかもしれんが、マイカー同乗通勤の下りと合わせると、彼氏と幼馴染みは上下関係にある。

会社の役職なんかじゃないよ。
長年のつきあいで培(つちか)われた二人だけのもの。
いうまでもなく、彼氏が下。

それより、
アンタが何気に言ったセリフが引っかかる。
「職場の友人からも、『信じてやれよ』と」

第三の男。
なぜに同じ会社の、それも男性社員に、プロポーズに迷ってることを話す?

やめとけと言った男に正当性を与える地雷女の可能性。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女38歳バツイチ 交際相手50歳

今日の一言: 嫉妬心は人を殺す。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
38歳になります。

加藤諦三:
38歳。結婚しています?

相談者:
現在は独身で、

加藤諦三:
はい

相談者:
1年前までは・・

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚しておりました。

加藤諦三:
あー、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚生活は何年ぐらい続いたんですか?

相談者:
えっと10年です。

加藤諦三:
10年続いた?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お子さんは?

相談者:
いないです。

加藤諦三:
いないですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。
それでどんな相談ですか?

相談者:
1年前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚をしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
現在、パートのほうで、

加藤諦三:
はい

相談者:
働きに行っている・・会社のお、男性と、

加藤諦三:
はい

相談者:
2ヶ月前からあの、お付き合いをさせていただい、てるっていう状態なんですけども、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
お付き合いをさせていただいてる中で、

加藤諦三:
はい

相談者:
彼のほうから・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「結婚を前提に」、

加藤諦三:
はい

相談者:
「お付き合いをお願いします」っていう感じで、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
お互いの両親に、

加藤諦三:
はい

相談者:
一応、挨拶に行きまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
「結婚を前提にお付き合いします」っていうお話になったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
今、わたしが働いている・・会社の、

加藤諦三:
うん

相談者:
同じ職場の、あのお、人なんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それで、その彼の友人も、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと同じ職場の・・で働いている人なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
彼に対して、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしのことを、

加藤諦三:
うん

相談者:
ん、「付き合ってないならいいんだけど」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「この女だけはやめといたほうがいいよ」っていうことを、

加藤諦三:
・・うん

相談者:
そのお付き合いしている彼に、

加藤諦三:
うん

相談者:
その彼の友人が言ったらしくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
お付き合いしている男性のほうから、

加藤諦三:
はい

相談者:
その「友達が、そういうふうに言っている」と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
いうふうな話を聞かされて、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分はあ、彼の友人に対して、

加藤諦三:
うん

相談者:
悪いことをしたとか・・そういう・・身に覚えがない、もので、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうしてそんなこと言われなくちゃいけないのかな?って思いまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
付き合っている彼と会って、一応お話して・・もうお互い、そんなあの、身覚えのないことを言われて、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと精神的にも辛いし、

加藤諦三:
ああ

相談者:
別れたほうが、いいんじゃないか?っていうふうな・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ところまでいったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
でも彼は・・その「別れたくない」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、「せっかく」あの「出会ったんだし」・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「好きだからやめたくない」と・・

加藤諦三:
うん

相談者:
いう話だったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと自分のほうが・・

加藤諦三:
うん

相談者:
その、気持ちの中で、

加藤諦三:
うん

相談者:
彼が、友達に、そういう、ふうに言われたからといって・・

加藤諦三:
んあ

相談者:
それは、プレイベートなことなんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
一応言われても、

加藤諦三:
うん

相談者:
気にしないで、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしのほうに、言わなければ・・自分も精神的に、身体崩したりとか、しなあ、くては済んだん、のではないかな?って思ったんですよね、正直。

加藤諦三:
うん
今、身体の調子が悪いっていうのは、今あなた体調崩してるんですか?

相談者:
病院に通ってるとか、そういうことではないんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ストレスのせいなのか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
1日中もう、寝ても、

加藤諦三:
うん

相談者:
全然疲れが取れなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
気持ちが落ち着かなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
誰かと話(はなし)してるときは、

加藤諦三:
うん

相談者:
そんなふうに考えないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
仕事が終わって、家に帰ると・・

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり別れたほうがいんだろうか?とか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
なんでこんなふうになったんだろうか?とか、
そういうふうな、

加藤諦三:
うん
そんなことばっかり考えてるわけね?

相談者:
ことばっかり考えてしまって・・

加藤諦三:
うん
それで彼と・・その、男性の友人との関係はどうなんですか?

相談者:
付き合っている男性と、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのお、あの、友人っていうのは、

加藤諦三:
うん

相談者:
幼なじみだそうなんですね、小さいときからの。

加藤諦三:
それでこの、付き合ってる男性は今何歳?

相談者:
50歳です。

加藤諦三:
で・・この友人ん・・は、今、結婚してるんですか?

相談者:
はい、その友人のほうは・・なんか離婚をした・・っていうふうに・・

加藤諦三:
あー・・

相談者:
伺ってるんですけど。

加藤諦三:
友人のほうは、

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚をしてると。

相談者:
はい、でえ、子供さんも、なんか娘さんとかいらして、

加藤諦三:
うん

相談者:
大きくなったっていうか・・も、社会人になってるって・・

加藤諦三:
うん、要するに、なってるけど今子供・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、ひと、1人でいるということですね?

相談者:
はい、そうですね。

加藤諦三:
はい
で、このあなたの、今付き合ってるという50歳の男性も、独身で1人だったわけね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
ということは、この2人の、男性、独身で、非常に仲がよ、いいという・・

相談者:
そうですね。会社に来るときもお・・

加藤諦三:
うん

相談者:
その付き合っている男性の車で、

加藤諦三:
うん

相談者:
一緒に、乗って来たりとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
してたみだいなんで。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、&#

加藤諦三:
現実にあなた自身は、

相談者:
はい

加藤諦三:
この友人と言われる人との付き合いは、ないわけですよね?

相談者:
はい
まったく知らなかったですし・・

加藤諦三:
うん、で今、あなたの、今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、こういう関係の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
この50歳の男性と・・やはり、約束通り・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚しようか?、それとも、別れようか?ということが、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
主な、相談ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「バツ後にデキた結婚前提の彼の同僚が「あの女だけはやめとけ」不信はそれ言う彼」への6件のフィードバック

  1. 彼女が彼との結婚に悩んでいるのが分かるような気がする。
    友人から根拠もない批判に、反論もできない彼。結婚しても良いと思う程、良いところを知ってるはずではないですか。口下手と言うなら、こんな話をわざわざ彼女に言わなければいいのに。彼女が嫌な気持ちになるのは当然である。君は人からこんな風に言われる女性だけど、「僕は愛してるよ」みたいな上から目線。「僕は器が大きいから」みたいないやらしさを感じとっているんじゃないの。
    50才の彼も、またその友達も人間的に幼すぎる。

  2. 彼と 彼のおさな馴染みは、実は恋人同士だった・・
    いやはや、妄想です。
    ちょっと向田邦子さんの短編小説を思い出したので。

  3. 相談者は安らぎを求めて結婚しようとするけれど、結婚相手に何を与えられるのだろう。
    一回り年上の彼に父親を求めているのだろうが、彼が相談者に母親の役を求めた時応じられるのだろうか。

  4. 別れたほうがいいのか?
    と考えてる時点で、別れたほうがいいと思いますが。
    本当に一緒にいたい人同士だと、苦労や心配ごとがあっても、磁石のように自然にくっつくものだと思います。(勝新&玉緒とか)
    体調崩すということは、いい方へ向かう恋愛ではないということの現れのような気がします。

  5. 愛先生のド・ストライクの回答に
    本当の自分を気づかされたような!?
    考え方もこれから前向きになってくれたらいいですよね。

    相談者さんは少し?ドヨ~ンと暗い感じ・・・が漂ってましたもん。相談者さんの兄弟家族構成も知りたかったです~

  6. ふぁ~~~、50とかでこんな恋愛ごっこ出来るなんて、ある意味羨ましい。
    登場人物全員気持ちが若いのぉ~~~(笑。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。