10日前に実家を目指すも辿り着けず保護された双子の兄64に迷惑顔の義姉に憤る弟

テレフォン人生相談 2020年10月24日 土曜日

相談者の住む実家を目指すも迷ってしまって保護された兄を自宅に送り届けたら、兄の奥さんが露骨に迷惑そうな態度。
認知症を看てもらうべきだが、訊けば兄は健康保険証がなく病院に掛かれない。

 

ドアを開けたら同じ顔が2つ。
言い合ってるうちに夫婦喧嘩の錯覚。

とかないかしら。

 

退職すると、同時に公的医療保険の資格も失うので、延長するか、国民健康保険(国保)に加入しなければならない。

このとき初めて国保の負担の大きさに驚く人は多いみたい。
延長といったって、それまで会社と折半していた保険料が全額自己負担になるし。

ちなみにアタシがここ1年で病院に掛かったのは3ヶ月おきの歯科検診とクリーニングだけ。

仮に無保険で10割負担したとしても支払った保険料よりは少ない。

だからって、プチ脳梗塞で100万円を超える医療費が、3割負担と高額医療費返還のおかげで数万円の出費で済んだ同僚を見てると無保険は考えられない。

国民の義務(同時に権利でもある)とはいえ、まさに保険。

損保や民間保険みたく、利用に応じて保険料が変わるとかはない。
使い放題。

喘息持ちもアトピーも、アル中もニコチン中毒も、みんな同じ保険料。

我が国において個人医療保険が苦戦するワケだ。

 

アタシだって、今は保険財政を支える側でも、いずれきっと支えられる側に回る。

相談者の兄だって、これから支えられる側になろうというときになって無保険になるんじゃ、一番損な役回り。

だからって、もしいつでも加入できるなら、健康なときに保険料を払う人はいなくなる。

無保険を解消するにあたって、累積の滞納分を請求されるのは公平性の観点から当然といえる。

 

成年後見人に関しては坂井眞弁護士よりも相談者の理解の方が正確。

義姉が娘(独身の長女)の扶養に入っていると言うからには、義姉とかなり突っ込んだ話をしたと思われ。

相談者

『(年金受給の)手続きをしてよ』って言ったら、
『もうしてある』って言うんです

成年後見人の申立書には希望の候補者を記す欄がある。

空欄で申し立てれば、それは裁判所の選任に委ねるということ。

記入する場合は、推定相続人全員の署名に印鑑証明書を添付する必要がある。

兄の推定相続人は妻と娘二人。
たとえ相談者にやる気があっても、候補欄に相談者の名前を書いては申し立てすらできまい。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男64歳 双子の兄64歳 兄嫁70歳前くらい 兄の長女30歳くらい 次女24歳くらい

今井通子:
もしもおし

相談者:
もしもし

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーと・・わたしの兄の家族のことでちょっと相談したいんです。

今井通子:
はい
あなたはおいくつですか?

相談者:
64歳です。

今井通子:
64歳・・お兄さんは?・・おいくつ?

相談者:
同じ、年です。

今井通子:
あ・・双子でらっしゃんの?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・
でどういうことなんでしょ?

相談者:
えーと・・実は昨年ですね、

今井通子:
はい

相談者:
わたしのとこに、あのお、電話が掛かって来まして、

今井通子:
はい

相談者:
兄があのお・・少し離れたとこの消防署に入って、

今井通子:
はい

相談者:
うちは実家なんですけど。わたしの家(うち)が。

今井通子:
あなたのほうがご実家なのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
はい、「そこへ行きたい」ということで・・

今井通子:
ええ

相談者:
電話があったんですね。

今井通子:
うーん

相談者:
「道が分からなくなったから」(苦笑)、「連絡してほしい」っちゅうことで、

今井通子:
うん

相談者:
連絡があって、

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
よく話を聞いてみたら、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと分からないことを言ってるっちゅことで、

今井通子:
ええ、ええ、ええ、え

相談者:
職員が。

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
だから・・電話受けて、ま、とりあえず警察に、「保護してください」っていうことで、

今井通子:
はい

相談者:
こちらから電話して、

今井通子:
はい

相談者:
んん、近くの警察署に、本当に、本人かどうか?見に行ったんです。

今井通子:
あ、なるほど。はい

相談者:
はい
そしたら、本人でしたけど、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、あの、言ってることが、あ(苦笑)、ちょっと、意味不明なことも言うので、

今井通子:
はい

相談者:
痴呆が混ざってるような気がしたんです。

今井通子:
あ、なるほどねえ。はい

相談者:
ええ
それで・・実際に住んでる、場、住所があるから・・

今井通子:
はい

相談者:
そこへ・・とにかく送って行くってことで、

今井通子:
はい

相談者:
警察、から引き取って、

今井通子:
ええ

相談者:
住んでるはずの住所、を、探し出、探し出したっちゅか・・電話番号を、知らなくて、

今井通子:
はい

相談者:
ほいで、兄から、ようやく、あの、仕事場を聞き出して、

今井通子:
はい

相談者:
連絡をしたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
そのときに、もうすでに・・会社は辞めているということで、

今井通子:
はあ

相談者:
そいでびっくりしたんですけど、また。

今井通子:
はい

相談者:
ほいで・・実際に、あの、兄の家(うち)に連れて行ったら、

今井通子:
はい

相談者:
「何ヶ月か前に」、

今井通子:
はい

相談者:
「仕事は辞め、させた」と。

今井通子:
・・はい

相談者:
どうも痴呆で、仕事、が分かんないことを言い出して・・

今井通子:
はい

相談者:
だから、「迷惑掛かるから会社は辞めさせた」と・・

今井通子:
はい

相談者:
いうようなこと言って。
で、「10日ぐらい」・・あの・・「家(うち)を離れて、ようやく、帰って来た」ようなことを言うんです。

今井通子:
・・はい

相談者:
あの、放浪癖みたいなことを言ってて・・

今井通子:
はい
この、10日、ぐらい離れていて、

相談者:
うん

今井通子:
あなたがついてって、あの、帰って来たんじゃなくって、1回、自分で帰って来られたっていうこと?

相談者:
いや、だから、それまで家(うち)を、10日ぐらい、空けてたという話、らしいです。

今井通子:
うん

相談者:
あの、うろうろ歩きまわって。

今井通子:
10日、空けてて、

相談者:
うん

今井通子:
その、あなたが、連れ帰ったわけ?

相談者:
そうです。

今井通子:
あ、なるほどね、はい

相談者:
ええ
そいで、よく聞いたら(苦笑)、もうあの・・家(うち)を出てってほしいようなことを言われて、あの・・要するに兄の奥さんから。

今井通子:
はい

相談者:
ほで、どうも聞いたら(苦笑)・・なんか非常に家族もお、困ってて、

今井通子:
はい

相談者:
もういないほうがいいようなことを盛んに言うんです。

今井通子:
はい

相談者:
・・ほいで・・とにかくわたしはその場で、
「兄は病気だから」・・

今井通子:
はい

相談者:
「医者へ連れてってやってよ」って言ったんです。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら(苦笑)・・「保険証がないから医者には掛かれない」って言われたんです。

今井通子:
あー、手続きをしてないってことね?

相談者:
してないっちゅことです。ええ

今井通子:
はあん

相談者:
それでびっくりしまして、

今井通子:
はい

相談者:
「すぐに手続きをしてください」って言って来たんです。

今井通子:
はい・・はい

相談者:
ほで、そのときの対応も、「お金がないから」・・

今井通子:
はい

相談者:
なんか「借金が」多、「多いからそれを返さにゃいかんから」・・「入れない」っていう、説明だったんです。

今井通子:
はい

相談者:
義理の姉が。

今井通子:
はい

相談者:
で、おかしいねっていうことで(苦笑)、

今井通子:
ええ

相談者:
その義理の姉は・・あとから分かったんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
もう、自分の娘の扶養になってるんです。

今井通子:
・・

相談者:
でなんでそう・・そいで・・いろいろ聞いて、そのときに、ま、「64だから当然」あの、「少し年金がもらえるよね」、「手続きをしてよ」って言ったら、
「その手続きはもうしてある」って言うんです。

今井通子:
はい

相談者:
・・兄の年金は・・もう手続きをしてあると、

今井通子:
はい

相談者:
だけど「保険は」・・「借金があってお金がないから入れない」っていう説明なんです。

今井通子:
はい

相談者:
で、おかしいよねっていう話で、自分の、保険は・・娘の、扶養になってて、なんで、入(はい)、入れないの?ってことで・・

今井通子:
ふん

相談者:
それで・・役所に相談したら「本人が行って手続きをするしかないよ」っちゅう話なんですよ。

今井通子:
・・あはい

相談者:
ほいで・・聞いたんですけど、「その人なら何回も相談来てます」って言われて、

今井通子:
ええ

相談者:
ほいで、家族の人も奥さんからもいろいろ相談かけて・・「子ども達も迷惑してる」っちゅような言い方をされて。

今井通子:
・・ええ

相談者:
ほいで、それって・・保護、放棄みたいな、ことで、で、訴えることができるかな?&#△%わたしは考えたんですよ。実は。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
だって・・昨年電話掛かって来たときに、もう・・3ヶ月ぐらい家(うち)を空けても、何もしない状態なんで、探しもしない・・ような、奥さんなんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
で、完全に放棄してるんですよ。要するにどうなってもいいような、言い方なんです。

今井通子:
はい

相談者:
&#△%

今井通子:
奥、奥さまっておいくつぐらいなの?

相談者:
70、ちょっと前だと思います・・年上です。

今井通子:
ほお・・で、お嬢さんが1人いらっしゃる?

相談者:
あ、2人おりまして。

今井通子:
はい

相談者:
上の子は・・あの・・仕事をして、下の子が結婚しておるみたいです。

今井通子:
で、お嬢さん達はおいくつぐらい?

相談者:
えーっと下の子が20う・・4ぐらいで、上の子が30ぐらいじゃないすかね?

今井通子:
あーなるほど。
・・離婚はしてないんですね?

相談者:
してないです。

今井通子:
はあ、は

相談者:
ほで兄は、「いつでも離婚&#△%」と言うんですけど、い、しない状態で。
義理の姉は、いつでも追い出したいような感じで喋るんです。

今井通子:
はい
その、お家は・・借家ですか?それとも・・

相談者:
あ、あの、借家です。

今井通子:
はあ

相談者:
名義はたぶん兄の名義になってると思うんですけど。

今井通子:
はい
(大きく息を吸って)それで、結局そうすると、今日のご相談はあ、そのお兄さんに、まず健康保険証を持たせて、

相談者:
はい

今井通子:
医者に行かせるにはどうしたらいいかってことですか?

相談者:
そうです。

今井通子:
あ・・

相談者:
あの、手続きが・・身内でもできるかどうか?っちゅ&#△

今井通子:
なるほどねえ。
今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願いいたします。

今井通子:
先生よろしくお願いいたしまあす。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「10日前に実家を目指すも辿り着けず保護された双子の兄64に迷惑顔の義姉に憤る弟」への7件のフィードバック

  1. 正直言いまして、今お兄様が住んでる場所を、一生懸命調べなきゃならないくらい没交渉だったんですよね…。
    それで、お兄様の家庭に今までどういう経緯があったのか、そう言ったことは、全部ブラックボックスで、ここでも語らないし、おそらくこの相談者様は、ほとんど知らないことですよね。

    今までそこまで放置してたのに、これだけ憤る権利はあるのかな。兄の家から出てけ!というほどに。

    もちろん家族がちゃんと、みなければならない状態にあるし、それを放棄していることは、大問題です。

    自分の家庭のことは、自分で面倒を見るのも大前提です。
    兄弟とはいえ、他に家庭があるなら、その家庭でケリをつけなきゃならないことの方が、世の中多いでしょう。

    でも、これだけ没交渉になるのは、それだけの今までの何かがあるんでしょう。
    それは全部棚上げで、お前たちがちゃんとしろよ!と、させる方法はないですか??、私がするのではなく、あの義姉たちにさせることはできないですか?と言いたいのが、すごーーーく見えすいてて、ちょっとうーーーんという気持ちになってしまいました。

  2. この相談者が後見人までいかなくともある程度強くお兄さんを面倒見ようという気概がないと解決しないでしょ。相談者はお兄さんの家族だけの責任にしたいようだが、その家族が背負いきれない責任が相談者の喉元に迫ってきている。

  3. 話し始めの「兄の家族のことで〜」で何となくピンときた。これは何か難ありの相談者に違いない、と。
    期待(?)に反して番組中では何もあらわにならなかったけど、「言っとる意味は分かります」てのも何だかねぇ。何か望んでいた回答が得られなかったようだね。

  4. 身内にすれば、納得いかない話かと思いますが

    妻はともかく…娘まで見放してる状況は、なかなか深い事情があったのかと。
    私の身内にもありました。
    家族が長年に渡り迷惑や苦労の連続での結果。
    悲しいですが因果応報なのかと思います。
    恐らく今回の相談もそうかな?と推測しました。
    こうなれば、当該家族へ何かを求めるのは無理!
    どうしても不憫で放っておけないなら相談者側が代理でやるしかない話と思いました。

  5. 映画「男はツラいよ」にでている放浪癖のある主人公。
    リアルにいたら晩年はこんな感じ。

  6.  相談者さんのお兄さんの年金がどれ位あるかにもよりますが、扶養家族の要件を満たしていない可能性があります。奥さんの方は主たる家計維持者が娘さんであるという事で娘さんの扶養家族となっているのではないでしょうか。相談者さんが覚悟を決めて成年後見人になろうとしても年金を自分のものにしておきたいので奥さんは同意しないでしょう。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。