20代がない独女34歳。練炭買って目張りして終わらせるつもりが生き延びる

テレフォン人生相談 2020年11月3日 火曜日

最近、自死を図ろうした(図った?)相談者。
なんでこうも自分を傷つけてしまうのか?
私生児として生まれ、母の虐待とイジメに遭った10代。

 

冬場になると、テントや車内で暖を取ろうとして、七輪などを使った事故が起こる。
不完全燃焼によって発生した一酸化炭素中毒だ。

これを逆利用する人たちが後を絶たない。

もっとも、相談者みたく室内で目的を遂げようとすると量が必要になる。

練炭一個でも不可能ではないが、進行が緩慢なので頭痛や吐き気などの初期症状の段階で思いとどまることが可能。

ただし中途半端が過ぎると、脳だけが破壊され、生きる屍となる場合もある。

 

「死ねなくて・・」

苦痛に耐えきれなかったか、
死の恐怖か、
生への未練か
はたまた、寝て起きただけか。

 

そんときは冷たく感じた、かつてのスクールカウンセラーの言葉は実は刺さってたのね。
結局は自分を守れるのは自分しかいない。

高校入学後間もない中間テストで周囲の見る目が変わったのを実感し、さらに先生に級長まで託される。

プチサクセスストーリー。
4位という鮮明な記憶。
味わったことのない快感だったのでは。

人間関係そのものに直接抗(あらが)おうとせず、勉強で差をつけようと考えたのは優れた目のつけどころ。

いじめられっ子は参考にするといい。
勉強じゃなくったって何だっていい。

 

続かなかったのはなぜかしら。
勉強が麻薬になったって不思議じゃないのに。
自傷行為に漬かるまでのストーリーは分かりづらい。

優越する快感より、人を助けてあげることの誘惑が勝ったってことかしら。

 

劣等感の激しい人にとって、人の役に立てるというのはとてつもなく価値が大きいのかもしれん。

頼られる高揚感にしなくていいことをする男。

勤務先の痴話に首つっ込んで現実味ない訴訟ブラフに怯えるパパラッチ

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 関西なまりの女34歳独身 母は他界 4人姉妹の末っ子

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談でえす。

相談者:
よろしくお願いします。

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
簡単に言えば死にたくなってしまったりとか、

今井通子:
はい

相談者:
こう、どうしても自分を、傷つけてしまうのはなんで、なのか?とか、ま、そういう・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
感じです、はい

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
34・・

今井通子:
34歳

相談者:
はい

今井通子:
お父さまお母さま、お元気?

相談者:
いやもう亡くなってます。24のときに。

今井通子:
え?ご両親共に?

相談者:
あ、わたしあのお、父、元々いなかったんですよ。あの、認知はされてるみたいなんですけど。

今井通子:
なるほど。
で、一人っ子?

相談者:
えっと、ちょっと、ややこしいんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
上に姉が3人いるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
3人共、結婚も・・して、お子さんもいるんで・・
わたしが二十歳のときに、あの、1つ上の姉はもう・・ま、所謂ちょっと、できちゃった婚で・・その家は出て・・
一番上の姉は・・ちょっとなんか、もう、ごじゅ、50を越えてるんですけど、お父さん違いの・・姉・・

今井通子:
あ、なるほど、なるほど。

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい

相談者:
ま、母が母子家庭、ですけど、一生懸命働いて育ててくれてた、たは、いるん・・分かるんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
なんていうんですかね、あの、

今井通子:
うん

相談者:
柱に縛りつけられたりとか・・いろいろあって・・
言葉で簡単に言うと、「お前なんか産まなければ良かった」とか、
「お前が、いなければ幸せになれたけど」って言われてたので、

今井通子:
ふうん

相談者:
うん
で、同時進行でその、学校でもずっといじめがあったんで・・

今井通子:
・・これはあ、小学校?

相談者:
小学校と中学校ですね。

今井通子:
いじめはどんないじめだった?
やっぱり暴力的ないじめ?、それとも・・こ・・

相談者:
えっとお、中学校までは・・

今井通子:
うん

相談者:
友達同士での、その、悪口・・わたしの、の悪口だったりとか、

今井通子:
ふうん

相談者:
まあ、学校行ったら上履きって、こ、白い靴あるじゃないですか。

今井通子:
ええ

相談者:
あ、あれがこう、ズタズタになってたりとか・・ま、それは何回かあったぐらいで、

今井通子:
それって何?・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、ナイフかなんかで切ってあったの?

相談者:
そうやと思います。(咳)

今井通子:
あらあ、はい

相談者:
で、ま・・端的に言うと、んで、蹴ったりとか、あの、お腹が、蹴って来たりとか、殴って来たりとか、ですね。その、いきなりビンタして来たりとか・・

今井通子:
あらあ

相談者:
男子からはそうでした。女子からはもう無視とか・・

今井通子:
・・えー、ということで、そうすると中学校で、高校には行ってないのね?

相談者:
は(わ)行きました。

今井通子:
あ、行ったの?

相談者:
はい

今井通子:
高校のときはどうだったの?

相談者:
高校のときは、どうしたらいじめられなくなるのか?って・・

今井通子:
うん

相談者:
考えて。

今井通子:
ふん

相談者:
その中学校の、ときに、そのお、まずその、の、わたしが、限界やと思って、

今井通子:
はい

相談者:
先生に、

今井通子:
うん

相談者:
もう・・言ったら、その、先生が「あなた」に、「のは、も、手に負えないから」って言われて、

今井通子:
うん

相談者:
◆#$%◆「スクールカウンセリングに通いなさい」って言われ、たんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
そしたらそのスクールカウンセラーの、ま、40代ぐらいの、女の人に、
「自己防衛しないあなたが悪いじゃない」って言われたんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
で、

今井通子:
はい

相談者:
勉強、ができれば、いじめられないんじゃないかって考えたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で・・中間テストまでは、ちょっといじめっぽいことは、ちょっとはありましたけど、

今井通子:
はい

相談者:
とりあえず中間テストまで耐えて・・

今井通子:
はい

相談者:
頑張って、

今井通子:
うん

相談者:
先生の、言う通りに、に勉強して、勉強して、

今井通子:
ふん

相談者:
いい点取って。

今井通子:
うん

相談者:
学年4位、に、なって、それを見たときにみんなが、態度が変わったんですよ。

今井通子:
なるほど。

相談者:
だから、そっからはいじめられなくなったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
・・なんか・・成績、で、先生に決められたんですけど、
「学級委員長に、なって」って、その、1年生のとき言われたんですね。

今井通子:
あなたが?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
「分かりました」って言ったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、不登校の子が3人いて、

今井通子:
はい

相談者:
うち1人は、保健室登校してる子って聞いて、

今井通子:
はい

相談者:
その、「保健室登校してる子」お、「を」・・「友だちのグループに入れてくれ」って言われたんです。
が・・断れないんで(苦笑)、そんな言われて・・

今井通子:
うん

相談者:
で、「分かりました」って言って、入れたんですよ。そしたらも、そこからもう、女同士のグループでややこしい話になってしまって、

今井通子:
ふうん

相談者:
ここからもうリストカットするようになって、&#△しんどくなって・・

今井通子:
うん
お母さまはそうすると、結局は身体を壊されて亡くなっちゃったの?

相談者:
・・あ、心不全、しん、し・・

今井通子:
あー、心、心不全でね。

相談者:
&#△%

今井通子:
うん、やっぱり疲労困憊しちゃったのね。

相談者:
母が亡くなったときも、

今井通子:
うん

相談者:
姉に言われたんですよ。
「お前は甘えてる」って。

今井通子:
・・あの、一緒に育ったお姉さん?

相談者:
そうです。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
一番、初めの、わたしの姪っ子を、を、妊娠したときも、

今井通子:
うん

相談者:
その、あたしに・・「お金を、貸してくれ」って、言ったり、

今井通子:
うん

相談者:
「ちょうだい」って言って来、来たときも、
正直、わたしからしたら甘えてるのは姉のほうなんですよ、見てて。

今井通子:
ふふん(苦笑)、そうですね。

相談者:
で、車で事故起こしたときも、

今井通子:
うん

相談者:
「助けて」「助けて」って言って来たのは、姉なんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
甘えてるのはそっちなのになんで、わたしが・・お母さんが死んで、悲しいときに、

今井通子:
うん

相談者:
その、「甘えてる」なんて言われないといけないのか?って、も、思って、なんで、もう、そう言われてまで、なんでわたしが・・ん、いい人で、いい子で・・何言われても、ロボットみたいに、

今井通子:
うん

相談者:
「こうですね」って言わないといけないの?って、わたしだって人間やしって(涙声)・・

今井通子:
うん・・なるほど。
そうすると・・そっから先のまた10年なんだけど(含み笑い)。

相談者:
(鼻をすする)はい

今井通子:
そのあと10年って・・ほとんど一人暮らしになったわけじゃないですか。

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
そうですね、もう、正直、未来がない、なあって思って・・

今井通子:
あー、なるほどね。で、じゃ・・

相談者:
もう、この間死のうとして、

今井通子:
うん

相談者:
その、練炭買って、

今井通子:
うん

相談者:
目張りして、

今井通子:
うん

相談者:
て、やったんですけど。
・・死ねなくて・・

今井通子:
うん

相談者:
(鼻をすする)
・・なんでこんなに・・自分を傷つけてしまうのか分からないし・・&#

今井通子:
・・なんか、それってえ、あの、

相談者:
はい

今井通子:
人にいろいろ・・頼まれて任されて?

相談者:
はい

今井通子:
やらされて?
それでこう、えー、自分自身で自分を傷つけてるというよりは、

相談者:
はい

今井通子:
とっても、いい人だから・・
みんなやってあげようっていう心の中で、なってしまったことのほうが多いみたいよね?

相談者:
はい

今井通子:
分かりました。
今日はですねえ、

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
お話を・・伺ってみてください。

相談者:
はい、分かりました。

(回答者に交代)


「20代がない独女34歳。練炭買って目張りして終わらせるつもりが生き延びる」への3件のフィードバック

  1. 相談者さんは、いじめというか(この場合正確には暴力で、犯罪だけど)、暴力にあっていても、助けてくれなかった母親に、当然ながら恨みがありますよね。
    母親が助けてくれなかったことによって、自分は母親にとって助ける価値のない人間だったんだ、と刷り込まれた。自己肯定感の極端に低い人間は、20代後半あたりから、疲弊してきますよね。

    自分の好きなことや、やってて楽しいことを、とにかく探し続けて、それが見つかったら、絶対手放さないことが大切だと思います。
    文学や芸術は、辛い現実から気持ちをそらし、傷ついた心をなぐさめてくれるので、おすすめします。鑑賞したり、自分でも作ったり。
    どうか、相談者さんの今後の人生が、豊かなものでありますように。

  2. 私はかつて発禁本になった鶴見済さんの「完全自殺マニュアル」に救われて、いつでも死ねるという風穴が逆に生命を活性化させるという感触を得た。今の時代にあった、ぜひ改訂版をお願いしたい。
    今はまた進化してもっと楽な死に方を熟知させて毒薬を持ち歩くのがカジュアルな世の中悪くない。遠くない。
    それがますます生命に対する意欲をわかせる

  3. 相談者さんのこと他人事には思えない。
    勉強して学年4位になれたのなら頭の素地は良いのは間違いない。
    それなのに上手く立ち回れず傷つけられて果ては自殺に追い込まれる。
    管理人さんも書いてるけど、劣等感の激しさで少しのことで自分を責めて卑屈になるから、他人からつけこまれる。
    全ては生まれた境遇と家族(母)のせい。
    三石先生のアドバイスは過去のことは捨てて前向きに、という主旨だけど、この人の場合、過去の傷を癒すことも必要だと思う。
    まずは精神科で鬱病診断もらって、旅行でもして、自分を癒して欲しい。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。